ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の作品情報・感想・評価

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命2016年製作の映画)

Jackie

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」に投稿された感想・評価

ナタリーポートマンだから見たけど、正直この映画は好きじゃない。嫌い。
xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

3.2
ジャクリーンの苦悩と多面性を演じ切ったナタリー・ポートマンの演技力に尽きる。

「物事の中心から俯瞰することは不可能です」

「夫のためではなく、私のためだったのです」

「答えはないのだと気づく」

幾つかはっとさせられるセリフも。

ボビー役のピーター・サースガードは最近「スケルトン・キー」でみたばかり、記者役のビリー・クラダップは「君が生きた証」の主演、ナンシー役のグレタ・ガーウィグは「レディ・バード」の監督や「21センチュリーウーマン」、「ハリーポッター」シリーズで知られ、これが遺作となった司祭役のジョン・ハートなど助演陣も実力派揃い。

しかし、わかりにくい時系列の弄り方と音効には大いに違和感。音楽自体はすごく良いんだけど意図的にホラーかサスペンスかという使い方してる。またジャッキーの視点のはずだが、中途半端に架空の視点から観てる感じの撮り方。この3点は大きく空ぶってる感じ。でもアカデミー3部門ノミネートということは自分の見る目がないだけかも。
ルリー

ルリーの感想・評価

2.8
JFKが暗殺された時から ファーストレディではなくなったジャッキーが 葬儀までの段取りを決めていくストーリー
リンカーンの葬儀はどうだったのかを聞いて それに似せようとしたように思いました
Jun1582

Jun1582の感想・評価

3.3
他国やから深く学ばへんってのもあるかもしれんけど、たしかにケネディって何した人なんやろう...暗殺以外で知ってることってなんやろうと思った。
大統領の妻ってラッキーと思われるかもしれんけど、なるべくしてなったというか、やっぱりそれなりの器とか強さがあるからこそなんやな、と感じさせられた。夫が真横で撃たれ脳が自分にも飛び散ってるのに、怖いというのじゃなく、大統領である夫を守ろうとしたり、あれだけの葬儀を取り仕切ったり、他の要人に言うこといったり。精神的に強すぎる。意思が強い。飛行機の中での目の前での宣誓は仕方ないとはいえ中々やった......
hiroki

hirokiの感想・評価

2.8
公民権運動の最中もうひとつのマーチがあったというのがテーマかな。ザ・ウィドウによるキャメロット入城。脇のビリー・クラダップとグレタ・ガーウィグが良い。ジョン・ハートは今にも死にそう。てか遺作か?
夫を目の前で殺された妻
自分の膝の上で血まみれの夫が死んでいる…もっともっと気がふれてしまったとしてもおかしくない。
朝化粧をしていた鏡の前で今は夫の血肉を拭きとっている…
声も体も震わせ唯一人間らしい正直な感情のシーンだったように思う。
em

emの感想・評価

3.7
衝撃的な事件のその後のジャクリーンケネディ。ナタリーポートマンが見事。
aymie

aymieの感想・評価

4.0
当時、どれだけ衝撃的な事件だったことだろう.....

謎に包まれた事件であるため、真実はわかりませんが、夫であるJ.F.ケネディ元大統領を目の前で、残酷なかたちで失い、計り知れないほどの恐怖を体験したことと思います。

ホワイトハウスツアーのシーンで、ナタリー・ポートマンが見事なまでにジャッキーの雰囲気、佇まい、表情、アクセント、声... を再現しており、ナタリー・ポートマンの演技力が光っていた。

知的でエレガントな着こなしが注目を浴びていたジャッキーなので、装いも見どころです。

ヨーロッパから生地を取り寄せ、米国でオーダーメイドされたと言われる、例のピンク色のツイードスーツ。作品の中では"シャネル"協力のもと、現代にアレンジされ再現されており、ナタリー・ポートマンが美しく着こなしていている姿は観る価値があります。

本当に美しかった。

個人的に脇役の俳優たちにもテンションが上がる作品だった。
よしみ

よしみの感想・評価

2.0
記録というか
ドキュメンタリー

全体的に退屈だった

当時の映像も
取り入れてたのかなぁ

神父との会話
重厚感があった

話の内容は
わかったような
わからなかったような😅
aikophone

aikophoneの感想・評価

3.0
王室のないアメリカで、まさに「ロイヤルファミリー」のように扱われてたケネディ家。
そこに興味があって、そこに嫁いだジャクリーンケネディオナシスのことをもっと知りたくて観たのだけど…。
結局、その悲しみは、愛する夫を亡くしたからなのか、ファーストレディの座を失い、ホワイトハウスから離れなければならないからなのか、最後までよく分からなかった。
でも、まるで王室のようなゴージャスな暮らしぶりは観てて爽快だった。
>|