ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の作品情報・感想・評価

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命2016年製作の映画)

Jackie

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへ…

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへの対応に苦しみ、夫の命を奪った犯人に怒り、様々な感情がジャッキーを襲う中、何よりも彼女の心を占めたのは、暗殺されるや否や夫が「過去の人」として語られることへの憤りだった。夫の名が後世まで語り継がれるかどうかは葬儀までの4日間のジャッキーにかかっている ―彼女自身がそのことを一番理解していた。夫が築き上げたものを単なる過去にはさせない― ジャッキーの決意が、最愛の夫を伝説にする。

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」に投稿された感想・評価

shiho

shihoの感想・評価

3.7
ケネディ大統領暗殺事件による妻ジャッキー目線で描かれた物語。

歴史に残る事件でノンフィクションなのでファーストレディの宿命を知る事が出来ました。
ナタリー・ポートマンの演技がとても素晴らしかったです。
薙佐涼

薙佐涼の感想・評価

2.8
ナタリーポートマン年とったなあと思いつつ、やはり美しい。ドキュメンタリー感が強い作りで、歴史を勉強している気分になった笑
でも流石の演技力。綺麗な映画だった。
Gaku

Gakuの感想・評価

3.2
最後までしっかり見たのですが、ケネディに関する知識が皆無すぎて、終始感情移入が難しかったです。
勉強して、またチャレンジします。
同世代の人はしっかり予習した方がいいと思います。
配役ナタリーポートマンは間違いない。
kaede

kaedeの感想・評価

3.5
もっとポップに描かれたジャッキーの伝記なのかと思いきや..終始短調の不安になる音楽が流れる中淡々と進んで行く作品でした。映画よりドキュメンタリーって感じもしたかな🤔
ナタリーの美しさは格別で、声もそっくり!(特にテレビ番組として映されたとき)
もちろんあの衝撃的な彼の死に様についても。でもなんでかなぁジャッキーって意地が悪そうな人見えちゃうのよね
1963年、ダラスで暗殺されたジョン・F・ケネディアメリカ大統領の妻、ジャクリーン・ケネディの話

ナタリー・ポートマン主演です

当時の資料とかをみると雰囲気掴んでるなーと思います
ケネディに詳しくないので情報量が多いのでちょくちょく調べつつ
記録映像のような演出は良かったです
ケネディ大統領が暗殺されて50年は経つんですね
チハル

チハルの感想・評価

3.5
ナタリーポートマンの、鋭くて潤んだ瞳が印象的。
見ました
ナタリーポートマンの泣きの演技が頭から離れない ファーストレディの強さを感じれた

人の歴史に 記憶に残ることって難しいく難しくて 残っていたいって気持ちはわかる部分もある気がする

ただ最初は時系列がわからなかった…
LIAM

LIAMの感想・評価

3.0
ナタリーポートマンの演技の凄さは感じられる作品。昔からケネディ暗殺の裏側はドキュメントで仮説もいろいろ見てきたので、意外な発見、結末みたいなのは予想通りなかった。衣装や内装が効果的に使われてて視覚的にはたのしかった。演出というのは分かるけど時系列はもうちょっと整理して見たかった印象。
ナタリー・ポートマンの泣きの演技が好きだ。
心が波打ち感情が溢れ出る瞬間の泣きの演技。
個人的にはどの女優よりも上手いと思う。

そんな彼女が演じた第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの夫人ジャッキー。ケネディ暗殺からその後の葬儀、埋葬までの4日間を描く。冒頭、記者がジャッキーのもとを訪れ取材を申し出る。物語はインタビューを受けながら、ジャッキーの回想として語られる。

最初にジャッキーの顔が映し出される瞬間、ナタリー・ポートマンは心持ち痩せていて、完全に彼女になりきっているのがわかる。本気の演技。

この映画でジャッキーの様々な顔を見る事が出来る。

ホワイトハウスにテレビ取材が入った際の上品な語り口調。
暗殺の瞬間、ケネディの頭を必死に抑えながら号泣する姿。
憔悴しきった表情で1人ホワイトハウスで過ごす夜。
葬儀ではケネディの棺と共に歩くと気丈に振る舞う態度。

ファーストレディであり、妻であり、母である彼女の強さと脆さの両方が見事に体現されていた。

狙撃の瞬間の描写はかなりショッキングだ。

銃弾がケネディの右側頭部を吹き飛ばす瞬間やジャッキーが思わず肉片を拾い集めようとする姿が生々しい。

暗殺直後、すぐにジョンソン副大統領の大統領宣誓が執り行われ、その時点でファーストレディではなくなったジャッキー。血飛沫が飛んだピンク色のシャネルのドレスを着替える様促されても、そのままの姿で、逃げも隠れもせずに記者の前に出たいと言う姿が印象的。

いかんせん終始重く苦しいものの、知られざるファーストレディの内面を掘り下げた良作。

それにしても、ケネディ役のキャスパー・フィリップソンがそっくり過ぎておったまげた。
cateye

cateyeの感想・評価

3.3
伝記としてはあんまりだった

ただ、映像とか衣装とかはいいし
なにより、ナタリーポートマンが素晴らしい
ナタリーポートマンの映画でしたね
>|