ジャッキー ファーストレディ 最後の使命の作品情報・感想・評価

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命2016年製作の映画)

Jackie

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:99分

3.2

あらすじ

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへ…

1963年11月22日、ジャッキーの愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディの人生はこの日を境に一変した。テキサス州ダラスでパレード中、夫のジョン・F・ケネディ大統領が、目の前で暗殺されたのだ。しかし、彼女には愛する夫の死を悲しむ時間はなかった。葬儀を執り仕切り、代わりに昇格する副大統領の大統領就任式に立ち会い、更にホワイトハウスから出て行かなければならない。事態を飲みこめない幼い二人の子供たちへの対応に苦しみ、夫の命を奪った犯人に怒り、様々な感情がジャッキーを襲う中、何よりも彼女の心を占めたのは、暗殺されるや否や夫が「過去の人」として語られることへの憤りだった。夫の名が後世まで語り継がれるかどうかは葬儀までの4日間のジャッキーにかかっている ―彼女自身がそのことを一番理解していた。夫が築き上げたものを単なる過去にはさせない― ジャッキーの決意が、最愛の夫を伝説にする。

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」に投稿された感想・評価

かわせ

かわせの感想・評価

2.5
JFKのファーストレディを中心に暗殺前後の部分が元になってるけど、盛り上がり等にかける部分が多かった。
ナタリー・ポートマンの演技力は良かったけど、それ以上に感じるところがなかった。
凪風

凪風の感想・評価

3.3
ケネディ大統領暗殺事件を取り上げたわけでもなく、その後の家族の様子を取り上げたわけでもなく、ひとりのケネディ大統領夫人のそのときの様を取り上げた作品、また、 ナタリーポートマンの演技力を見ることのできる作品。
芯の強い女性を見事に演じきった…一見すごく地味で終始平坦なストーリーだけど彼女の心の様子がわかりやすく描かれていた。
となりで見ていた旦那に、この人、レオンの女の子よ〜( ゜o゜)!!と言うと驚いていた。
ちえお

ちえおの感想・評価

3.2
JFK暗殺。
妻ジャッキーへのインタビュー形式で進み、暗殺直後から悲しむ時間もなく大統領夫人をやりきった姿がたんたんと流れます。

葬儀の段取りもついてないのにホワイトハウスから出ていく準備もしなくてはならないとか…残酷なことにとてもシステマチック。

妻ジャッキーの台詞にはならない怒りや悲しみ、強くあろうとする姿が切ないです。

そんなジャッキーを当時のスタイルを再現して演じたナタリー・ポートマンの演技力、やっぱり彼女凄いのね〜

「謎の多いJFK暗殺事件」と都市伝説のような知識しかなくて…
時代背景がよくわからないまま観てしまいました。
Toku

Tokuの感想・評価

2.6
気になった言葉
すみません。ジェームズ・ガーフィールドをご存知?ウィリアム・マッキンリーを知っています?2人とも在職中に暗殺された米国大統領よ。
リンカーンは何をした人か知っています?(南北戦争の勝利と奴隷制度の廃止です)そうよ。ありがとう。
お願い、リンカーンの葬儀に関する本を手配させて。

気になった音楽たち
Intro/Mica Levi
Lee Harvey Oswald/Mica Levi
Camelot: Finale Ultimo/Richard Burton
みかん

みかんの感想・評価

3.3
今でも人気の高い歴代アメリカ大統領の1人J.F.ケネディの妻、ジャクリーン・ケネディの大統領暗殺から葬儀までの激動の4日間をメインに描き出した伝記ドラマ。

突然真横で夫が撃ち殺された、想像を絶する悲劇。運命の荒波に立ち向かう凛々しさ、家族への愛情に尊敬でした。


ジャクリーンは、資産家の令嬢として生まれ、社交界でも注目の才色兼備な女性として育ち、新聞社に就職。記者として働き始め、パーティーでJ.F.ケネディと出会い、24歳で結婚。1961年夫の大統領就任により、31歳でファーストレディに。

洗練されたファッションセンスは当時の女性の憧れの的で、その愛らしいルックスは「ジャッキー」の愛称で親しまれ、熱狂的な人気を集めた。

1963年テキサス州ダラスにてオープンカーでパレード中、夫が狙撃で暗殺される。

34才で幼い子供2人を抱えた未亡人となり、夫の血が全身についたまま呆然としているうちにも、大統領暗殺のニュースは世界中に駆け巡り、ホワイトハウスは対応に追われて激務の中、副大統領が繰り上がりで大統領就任。

もうファーストレディではなくただの一般人になったジャクリーンは、ホワイトハウスでどんどん自分や子供たちの居場所が無くなっていき、ケネディも過去の人になっていくことに気づく。

人々から忘れられないために、夫の葬儀はどうすべきか?夫の名誉にふさわしい規模とは?お金をかけ過ぎて非難を浴びないか?地味すぎてひんしゅくを買わないか?命を狙われる危険はないか?
などなど、考えることだらけ。

宇宙開発、キューバ危機などケネディ大統領の功績を称えるにふさわしい葬儀を執り行い、「伝説」にするため、悲しみの中、ジャクリーンはファーストレディとしての最後の仕事をやり遂げていく、、。


ナタリー・ポートマンの熱演が素晴らしく、また勇気を振り絞って一変する運命に立ち向かっていく姿に胸を打たれました。

波乱万丈な人生だったので、もうちょっと全体的に扱うのかと思ったら4日間に絞ったものだったため、(幅広げすぎると収拾つかなそうなんで、一点集中で潔かったといえば潔かったですが)もう少し色々観たかったかなぁと思いました。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.0
「J.F.K.」の妻《ジャクリーン・ケネデイ》の物語。

大統領の空白を避けるためとはいえ、愛する夫を目の前で暗殺され、その後わずか2週間で葬儀〜自宅(ホワイトハウス)の明け渡し…てのは酷でしかない。
そんな急転直下な出来事を《ナタリー・ポートマン》が熱演しています。

…が、淡々と進んでいく感じが物足りない。
アメリカ人じゃないからかな。
目の前でJFK暗殺を目撃した悲劇のファーストレディ。彼女の決意とそれに翻弄される人々をドキュメンタリータッチに描いた作品。

主演のナタリー・ポートマンの本人にしか見えない名演技が堪能できるが、JFK暗殺事件の裏側を暴くサスペンスものを期待すると痛い目に遭う。あくまでジャスリーン・ケネディの物語である。

メリハリはなく終始地味だし、演技以外は特に印象に残るものがなかった。何より衝撃的な暗殺からラストシーンまでが冗長に感じた。大切な人が突然いなくなる悲しみを胸に、今側にいる者のために生きていく勇気・勇敢さを表現するのはいいが、より簡潔に纏めることもできたはずだと思う。

悲劇とは相反する幸せな時間も描写してバランスを取ってもよかったと思う。全体的に画面がどこか薄暗く、少々気味が悪い。

嫌いではないが、好きにもなれない、何とも言い難い伝記映画。
hase3001

hase3001の感想・評価

1.0
歴史的な事件に関連して、
自分自身、興味はなかったので、
ストーリー自体は退屈でしかなかった。

ただ、突然の死に対する、心の着地点を
どう考えるか?

それは、偉人の親族であっても、
悲劇的なことであっても、普遍的な
感情と、前向きな志は、人である限り
変わらないということだった。

映画というのは、そういうことを、
センセーショナルに、様々なアプローチで
表現できるモノであって欲しい。

ただ、この映画を見ても、それ以上に
個人、個人のもつ、死生観に勝るものは
ないように思う・・・

現実において、神は何も言ってくれないし・・・
救ってもくれない・・・そういうことなんでしょうね。
なるほど。
大統領を伝説にするために頑張ったんだなぁ。
でもリアリティないなぁ。
ケネディ大統領夫人の話です。
大統領が暗殺されてから葬儀までの日を追った作品で、ケネディ大統領については沢山の本を読みましたが、彼女については暗殺の日以外の知識がなかったので鑑賞しました。
淡々と物語は進みますが、観ている途中で私が知りたいのは彼女のそれからの人生だと気付きました。
大統領が撃たれた後の彼女の行動も色々な見方、説があり、その答えを自分なりに見つけたくなりました。
それにしても哀しみと虚無感を漂わせるナタリー・ポートマンの顔が真っ白で怖かったです。
>|