オリバー・ストーン オン プーチンの作品情報・感想・評価

「オリバー・ストーン オン プーチン」に投稿された感想・評価

歴史に残るインタビューだろう。
どこまで本音かという問題はおき、自己正当化を含めたプーチンの論理が垣間見える。
オリバー・ストーンの厳しい質問に対しての応答はさすがの一言。

日本の政治家でこれだけ歴史から経済、社会まで語ることができる政治家がどれだけいるのだろう。
むしろ、そのような政治家が出ないのは日本が恵まれているからだろうか。

このレビューはネタバレを含みます

6年前の映画だがプーチンの思想信念主義主張に一歩近づくにはこの上ない良映画じゃないだろうか。

オリバーストーンの踏み込んだ質問
それに切り返すロシア大統領プーチンの知的な返し。
とてつもなく見応えがある。

勿論検閲もあっただろうし全ては鵜呑みには出来ないが。

必見。
mizutama

mizutamaの感想・評価

4.5
今のウクライナ情勢を知る上で必見です。
プーチン自国戦略を喋り過ぎで笑笑。
武力行使で他国を占領するとかこの時代に考えられない。でもプーチンの欧米に対しての思いも分からでもない。この映画で。
ゼレンスキーのアジテーションよりも遥かに聡明で理知的なウラジミール・プーチンの弁と表情に驚かされる。
オリバーストーンの追求を軽くいなし、自論を無理なく展開する様に呆気に取られるが、映像化の条件として検閲が無いはずは無く、これ幸いに巧妙にこのインタビューを利用したとも言える。
メディア戦略の重要性を知るプーチンならではの名演に隙は無く、彼にとって無駄なカットは無い。

監督主演ウラジミール・プーチン
制作オリバー・ストーン・スタジオ。
そんな印象。

撮影前の条件交渉に始まりプーチンサイドとのやり取りを収めたドキュメンタリーと後日譚を見てみたい。

〜〜

今日の一曲

オリバーストーンからのスライストーンでご勘弁

Sly and the family stone - Stand

https://m.youtube.com/watch?v=lg41AW3Ynvs
KT

KTの感想・評価

4.4
プーチン大統領とロシア政府視点の歴史と国際情勢が凄くよく分かります。
また、プーチンが隙のない負けず嫌いな人って印象を持ってしまうのは自分だけでしょうか。
ロシア視点のクリミア半島併合のあらすじが良く分かりましたわ。
jeanoak

jeanoakの感想・評価

3.5
今まさにプーチン大統領を、ロシアを、理解するのに最適な作品。数年前とは言え、4時間に渡る現職大統領へのロングインタビューは見応え十分であった。
オリバー・ストーンの質問力、プーチンの切り返しの攻防が静かに濃密に続く。

いまこのタイミングでインタビューをしたらどんな話を聞き出せたのか?そこへの興味も湧いてくる。

ロシアで高い支持率を得続ける理由がわかった気がする。
原題は「プーチン·インタビュー」
頭が切れ凄い男、スターリン崇拝者、ロシアを帝国にアメリカと対等にが夢か?
現在のウクライナ侵略の原点が垣間見る。
こんな真向かいで並んで顔を合わせて、しかも言いたい放題のインタビューに応じるプーチンの自信と迫力。さすがストーンとも言える。
どんな経緯で撮るに至ったドキュメンタリーなのか興味が湧く。

オリバーストーン監督が
プーチン大統領に対して
ここまで鋭く質問をして
2人は元々交友関係があったのかな?

政治や世の中の情勢に詳しい訳ではないので
一度で理解出来なかったけど
貴重なドキュメンタリーだと感じた
QM

QMの感想・評価

4.5
今東欧で起こっていることの最中色々とロシアの映画やプーチン関連のドキュメンタリーを見ているがオリバーストーンがこんなインタビューをしていたとは。
2014年マイダンからの流れについては昨今あちこちでよく説明されてるが、91年のウクライナ独立からの流れについてロシア目線でプーチンの口から説明されるのはなるほど説得力ある。 (国のトップなのだから当然だし側近からのフォローが入ってるのを編集してるのかもしれないけど) プーチンは自国はもちろん他国のことまで幅広く詳細に掌握していて自国のデータなんかは細かく数値指摘してきたりする。とにかく話が端的だしどんな質問にも整然として冷静な切り返し。これではスタンディングオベーションすら台本が必要なうちの国のどの政治家が横に並んでも小物感しかないだろう。
オリバーストーンの人懐っこいキャラクターにプーチンも心を開いてインタビューを続けていたが、最後はさすがにピリッとしてた。
でも「経済優先」って繰り返し言ってる割には今の状況理解できないんだよなぁ。

・「ロシア国民には不安を植え付けられない」→メディア統制?
・性嗜好と性自認の話ごっちゃになってた
実に優れたインタビューだった
今作が米国で味噌糞に言われたってのは良くも悪くもそれだけ衝撃が走ったということなんだろう

質問するオリヴァーストーンの知識も凄いのだけど それに応えるプーチンの頭の良さ!事実と数字に基づく説明から彼がとても論理的な思考を持つ人間だというのがよくわかった しかも驚くほど雄弁で人間味もある もちろん信用できるかというのは別のはなしだ

書籍も出ているようだけど プーチンの話す内容より 応える際の表情や間(ま) そして嘘をついてない(ように見える)話し方のほうが個人的には興味深かったな そういう意味ではこれは映像で観るべきものだと思う

一般的なメディアから伝わってこなかったプーチン像が新しかった 物事を異なる視点から見るということは大切ですねほんとうに
>|

あなたにおすすめの記事