神様の思し召しの作品情報・感想・評価

「神様の思し召し」に投稿された感想・評価

龍馬

龍馬の感想・評価

3.8
映画の賞で一番信頼が出来る賞は何ですか?
と聞かれると、

ボクは迷わず、「観客賞」と答えます。
アカデミー賞でもなく、ゴールデングローブ賞でもありません。

評論家や映画関係者が選ぶ賞よりも、
「観客賞」は政治的からみがないので一番信頼が出来るから
です。

この作品は2015年度の「東京国際映画祭観客賞」を受賞した
イタリア映画です!

久しぶりに映画館で爆笑。
ちょっとしたイタズラ心で始まった嘘。

その嘘から「負の連鎖」が始まるのですが、通常なら暗くなるのですが、負を逆手にとってコメディーに仕立てる所は、さすがイタリア映画です。

真逆な2人が出会う「最強のふたり」と比較するには、少し感動が少ない分、無理があるかもしれませんが、想像もつかないラストには衝撃を受けました。
Osamu

Osamuの感想・評価

4.2
高慢ちきの外科医トンマーゾが変わっていく姿を映すコメディ。

おもしろかった。

トンマーゾがちょっと風変わりな神父との交流を通じて自分以外のものに目を向けるようになっていく。

近くにいる人が悩んでいたり、困っていたりしてたら、少しだけ寄り添ってあげればいい。そうすれば、自分の人生もこの世の中も、今よりもきっと良くなる。そんなことをしみじみ感じた。

トンマーゾの娘の夫がいい味出している。神父に思いがけず出くわすシーンは爆発的に面白かったし、父娘の抱擁シーンはほのぼのと面白かった。


結婚記念日に妻と観賞。プレビューに「冷え切った夫婦」とか書いてあるのを前の夜に見つけて、結婚記念日にはミスチョイスだったかもって思ったけど、結果的にはベストチョイスだった。

観た後、珍しく二人で映画の振り返りで盛り上がった。「答えは観た人それぞれの心の中にあります」系の結末の行方について、妻が結構鋭く考察していて驚いた。映画については僕の方が遥かに分かっていると思っていたのでとても驚いた。

あ、俺も高慢ちきだ、と気付きました。反省します。
megumi

megumiの感想・評価

4.0
イタリア映画ならではのコメディタッチで、テンポよく笑いありで観やすかった。しかし、ただのコメディ映画ではなく、宗教と科学の対立というありそうでなかった難しいテーマを上手く描いている作品。
最初は宗教臭くてあまり得意ではなかったけど、だんだんと主人公の変化が読み取れていくにつれて引き寄せられていきました。
結末については、一人一人の想像にお任せしますと監督が仰っていましたが、まさにこのタイトルにピッタリでそういうことなんだなと。
gm

gmの感想・評価

4.3
たくさん笑って、最後は温かいものがストンと心に落ちる気持ちの良い映画だった。

それにしても、神父さん、イカしてる♡  最初は、私もお父さんと全く同じ気持ちになったけどね(笑) 


以下、ネタバレ
やなぎ

やなぎの感想・評価

4.0
神様は誰だと思う?って問いかけの答えが素敵だなって思った

ラストの梨が落ちて笑顔でその場を立ち去る姿が色々な受け取り方できる終わり方で何回も見たくなる!
dayama

dayamaの感想・評価

3.5
Loro chiと振り回す、回されるが逆
面白かった
大事に育ててきた医大生の息子が、
急に 「神父になることにした」って、
医学を投げ出したら!

家族大パニック〜(笑)

【good】
・設定面白い
・ちょくちょく笑える
・神父がイケイケで面白い
・お父さんのキャラ面白い

【bad】
・イタリア語に 日本語字幕のせいで たまにテンポ悪く感じる


感想・ネタバレ

面白かった!
なんか目が離せない(笑)



凄腕で傲慢な外科医のお父さん率いるハイソな家族。
いろいろ問題抱えてる家族。


ある日
息子が思いがけなく「神父になりたい」と告白。

家族は動揺。


トンマーゾ(父)は、
息子が慕うピエトロ神父の正体を暴こうと、信者を装い教会に潜り込み
神父の粗探しを始める。(笑)

粗探しのために
身分を偽って潜入信者をしてたので
偽家族を使って神父を騙す。
すごいな(笑)



いつしか
エリート医師と
前科者のカリスマ神父の間に
友情が芽生えていく。

型破りなカリスマ神父との交流を通じ
人生を見つめ直す人間ドラマ。
mossan

mossanの感想・評価

4.0
面白かった!
zak

zakの感想・評価

3.3
久々にイタリア映画観たくなって今作をチョイス。87分と言うコンパクトな上映時間にギュッと凝縮された面白さ!

傲慢な天才外科医の主人公。後を継いで医者になってくれると思っていた息子が神父になりたいと言い出して…っていうお話。

とにかく登場人物たちのキャラがいちいち濃い!(笑)
息子が感化された神父の本性を暴いてやろうと、親父が周りを巻き込みながらあの手この手で迫るんですけど、終始クスクスしてしまう笑いのセンス。
偽りの家族を演じるくだりなんか爆笑必至です!

そして親父も神父と接してるうちに、上から目線だった自分を省みて、人に優しくなっていく展開はベタかもしれませんけど、ハートフルで良いです!

唯一不満だったのは、息子、そして神父が迎えるラストの展開。思わず、ん?ん?ってなっちゃいました…

でも何かあった時にボーッとできる素敵な場所があるのって良いなぁと思いました…そう考えるとエンディングはアレで素晴らしかったと言わざるを得ない。
>|