#東京国際映画祭に関連する映画 312作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

アマンダと僕

上映日:

2019年06月

製作国:

上映時間:

107分

ジャンル:

3.8

あらすじ

夏のパリ。ダヴィッドは、パリに出て来たばかりのレナに出会い、恋に落ちる。しかし、突然の姉の死によって彼のおだかな日常は壊れていく。悲しみに暮れるダヴィッド。そんな中、ひとりぼっちになった姪…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東京国際映画祭にて鑑賞。 コンペティション4本目は、フランス映画の『アマンダ』。クリップを観ただけでも伝わる映像の美…

>>続きを読む

東京国際映画祭最終日、東京グランプリ受賞作品「アマンダ」を鑑賞。 前情報を何も入れずに見始めたので、突然の展開にビッ…

>>続きを読む

グレイン

製作国:

上映時間:

127分
3.6

あらすじ

いつとも知れない近未来。種子遺伝学者であるエロールは、移民の侵入を防ぐ磁気壁が囲む都市に暮らしている。その都市の農地が原因不明の遺伝子不全に見舞われ、エロールは同僚研究者アクマンの噂を耳に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

今のところ自分の観た映画の中で、『難解でよく分からなかったけどとてもよかったランキング』1位です。 全編シャーブなモノ…

>>続きを読む

東京国際映画祭9本目はコンペティション部門の「グレイン」。 全編、白黒で撮られた斬新なSF作品。冒頭から今までのコン…

>>続きを読む

愛がなんだ

上映日:

2019年04月19日

製作国:

上映時間:

123分

ジャンル:

3.9

あらすじ

28 歳のテルコはマモル(マモちゃん)に一目惚れした5ヶ月前から、生活はすべてマモちゃんを中心に動いている。仕事中でも、真夜中でも、マモちゃんからの電話が常に最優先。仕事を失いかけても、親…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

まず、人が人を好きになるのはどうやら肯定的な理由だけではないようだ。彼がかっこいいとか、彼の性格がいいとかじゃなくて、…

>>続きを読む

不毛な片思いをしてる(してた)全国民に告ぐぅぅぅうううううーーーーっっ!!!!!! 心してかかれぇぇええええーーーーー…

>>続きを読む

勝手にふるえてろ

上映日:

2017年12月23日

製作国:

上映時間:

117分
3.9

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アンモナイトの葛藤! ヨシカ24歳、10年間片想いの「イチ」一途。 突然会社の同期「ニ」に告られ、盛り上がったり沈ん…

>>続きを読む

本作を観てから1ヶ月、「こじらせ女子とは何ぞや」と考え続けてきたけど、つまるところ「自意識過剰かつ自己肯定感が低く、自…

>>続きを読む

シレンズ・コール

製作国:

上映時間:

93分
3.6

あらすじ

再開発ラッシュが進む首都。建設会社勤務の男は醜い都会に疲れ果て、地方でオーガニックな生活を楽しむ女性シレンに会うべく脱出を図るが障害が相次ぐ。消費社会の矛盾や脱出幻想をあざ笑う、残酷でリア…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東京国際映画祭にて鑑賞。 コンペ9本目はトルコの『シレンズ・コール』。 トルコ映画の劇場公開は、ヌリ・ビルゲ・ジェイ…

>>続きを読む

TIFF2018④ 都会の生活に嫌気がさした建築家タフシン。彼は10年ぶりに再会した女友だちから、有機農業コミューン…

>>続きを読む

半世界

上映日:

2019年02月15日

製作国:

上映時間:

120分
3.8

あらすじ

とある地方都市。そのまたさらに郊外に暮らす高村紘とその妻、初乃、息子の明の家族は、父から受け継いだ山中の炭焼き窯で備長炭を製炭することを生業としている。中学からの旧友で、自衛隊員として海外…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

阪本順治は2016年に公開された「団地」という作品で日常と非日常の境目への関心を滑稽なまでに過剰な設定で表明したわけだ…

>>続きを読む

SMAPファンとしては観ておかなければ…と、前売りを買っていたにもかかわらず、観に行ける映画館の上映時間が、1日のうち…

>>続きを読む

ブラ物語

製作国:

上映時間:

90分

ジャンル:

3.9

あらすじ

のどかな町中を走る列車の機関士は車体に引っかかったブラジャーを見つけ、その持ち主を探し始める。まるでガラスの靴の持ち主を探すシンデレラの王子のように。微笑ましいエロティシズムが漂う、美しく…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[幸福を巡る物語、或いは現代のシンデレラ] 100点(ATB) ゲストとして登壇していたヘルマー監督やパス・ヴェガ、…

>>続きを読む

“翻訳なしでどこでも理解されること” 世界平和の根源にあるかのようなこの素敵な試みのつづき。それを逆手にとるように意思…

>>続きを読む

堕ちた希望

製作国:

上映時間:

100分
3.6

あらすじ

人身売買組織の手先として働くヒロインは、逃げた娼婦を必死に探す。しかし、自らの妊娠を機に人生を変える賭けに出る。ナポリ郊外、イタリア屈指の無法地帯と呼ばれる荒れた海辺を舞台とした、激しく美…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

常に天気の悪いナポリ郊外の町。 いつも雨か曇りばかりで地面も湿っている。 これが主人公の心の中を表してるみたいで苦しく…

>>続きを読む

2018東京国際映画祭、最優秀監督賞、最優秀女優賞授賞作。 エドアルド・デ・アンジェリス監督。イタリア映画。 タイト…

>>続きを読む

ザ・ウォーク

上映日:

2016年01月23日

製作国:

上映時間:

123分
3.7

あらすじ

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センター、NYにそびえ立つ摩天楼の中でも王者と呼ぶにふさわしい荘厳なツインのタワー。この間をワイヤーロープ一本でつなぎ、命綱なしの空…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この作品、前々から気になってはいたんですが、スリルを求めるだけの映画かと思って敬遠してました。見るまでは実話に基づいて…

>>続きを読む

後半30分怖すぎぃぃぃ!!!! 高所恐怖症ではないが、めっちゃ怖かった あのトレードセンターの間を綱渡りすることにか…

>>続きを読む

三人の夫

製作国:

上映時間:

101分

ジャンル:

3.5

あらすじ

半人半魚伝説が残る香港の港。ボートで暮らし客を取る不思議な娼婦。人間離れした性欲を持つ女は3人の夫に愛され、ひたすら行為を続ける。セックスを通じて時代を風刺し激烈な生への希求で溢れるF・チ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東京国際映画祭にて鑑賞。コンペティション部門1本目。 フルーツ・チャンの新作。日本でもシネフィルの間では名が通ってい…

>>続きを読む

上映中のほとんどの時間が喘ぎ声だったような......。 セックスシーン満載、なのにどこか御伽噺で不思議な浮遊感があっ…

>>続きを読む

ROMA/ローマ

上映日:

2019年03月09日

製作国:

上映時間:

135分
4.0

あらすじ

政治的混乱に揺れる1970年代のメキシコを舞台に、アカデミー賞受賞監督アルフォンソ・キュアロンが、ある家族の姿を鮮やかに、そして感情豊かに描く。

おすすめの感想・評価

観たよ これほどまで愛おしい映画に今出会えた事をとてもとても嬉しく思う 序盤の単調さも何もかも全てが愛おしく、ま…

>>続きを読む

つくりすぎていない、とても誠実な映画だった。 エンディングの最後の最後まで 街のざわめきや子ども達の声、 鳥のさえずり…

>>続きを読む

女王陛下のお気に入り

上映日:

2019年02月15日

製作国:

上映時間:

120分
3.8

あらすじ

18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。人々は、アヒルレースとパイナップル食に熱中していた。 虚弱な女王、アン(オリヴィア・コールマン)が王位にあり、彼女の幼馴染、レディ・…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

三人の主人公が絡み合う、奥行きの深い、重厚感のある映画だ。 前半、アビゲイルのしたたかさ、明るさ、美しさ、が際立つ。立…

>>続きを読む

食物連鎖の頂点を目指し、血しぶきの宣戦布告! 女王の手綱を握るサラ、そしてそれを奪おうと男の手綱をがっつり握りしめる…

>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター

上映日:

2018年03月01日

製作国:

上映時間:

124分
3.8

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画で重要なことは、面白いか面白くないかということではない。 これは映画への深い愛情がたっぷりつまった映画である。…

>>続きを読む

幼き日のデル・トロ監督が夢想した、もし『大アマゾンの半魚人』が最後に殺されることなくヒロインと結ばれていたら?を実現さ…

>>続きを読む

草原の実験

上映日:

2015年09月26日

製作国:

上映時間:

96分
3.8

あらすじ

その少女は、大草原にポツンと立つ小さな家で父親と暮らしていた。家の前には家族を見守る一本の樹。毎朝、どこかへと働きにでかける父親を見送ってはその帰りを待つ。繰り返される穏やかな生活に、少女…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

セリフの無い、心地よい風の音が印象的な映画です。 結末は正直タイトルで読めてしまったところはありますが、それでも綺麗な…

>>続きを読む

前情報なしで見たほうがいいかなって思いますね。ゆっくり暇な時に鑑賞されてください。 何も知らないで見てたら、『初…

>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの

上映日:

2016年12月17日

製作国:

上映時間:

101分
4.0

あらすじ

終戦直後、デンマークの海岸沿いに埋められた無数の地雷の撤去作業に、敗残ドイツ軍の少年兵が動員される。憎きナチ兵ではあるが、戦闘を知らない無垢な少年たちを前に、指揮官の心情は揺れる。憎しみの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2017年3本目の劇場鑑賞。 第2次大戦直後のデンマークで、 同国に残されたドイツ人少年兵たちが、 ナチスが埋めた地…

>>続きを読む

第二次大戦後のデンマーク。ナチスによって埋められた地雷を撤去するために約150万人のドイツ敗残兵が駆り出された。その大…

>>続きを読む

ブルーム・オブ・イエスタディ

上映日:

2017年09月30日

製作国:

上映時間:

126分
3.3

あらすじ

時は、現代。ナチスの戦犯を祖父に持ち、家族の罪と向き合うためにホロコーストの研究に人生を捧げる研究者のトト。そして、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持ち、親族の無念を晴らすために、や…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

色んな意味で進みすぎてる映画。 ジャンル的にはホロコースト映画なんだけど、もうホロコーストというのを一つの背景にしてそ…

>>続きを読む

監督はたぶん高畑勲みたいな生真面目な人間なんだと思う。ジョークのマニュアル本買っちゃうような。 重いテーマをブラックユ…

>>続きを読む

レット・ザ・サンシャイン・イン

製作国:

上映時間:

94分
3.5

あらすじ

中年に差し掛かったイザベルは、シングルマザーのアーティスト。恋愛意欲は盛んで、残りの人生の伴侶を求めてデートを繰り返す。しかしどの相手にも一長一短があり、なかなかうまくいかない。やはりこの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東京国際映画祭25本目は、ワールドフォーカス部門の「レット・ザ・サンシャイン・イン」。 ジュリエット・ビノシュ主演の…

>>続きを読む

クレール・ドゥニは、どちらかというと苦手な映画作家である。公開作の『パリ~』『~ボニ』も1年後位にVHSで観たし…

>>続きを読む

ある誠実な男

製作国:

上映時間:

75分
3.7

あらすじ

かつて愛した女性とその息子に振り回される青年の困惑の日々を描く。トリュフォーをはじめとする珠玉の仏映画の伝統に沿った爽やかな傑作。リリー=ローズ・デップ共演。サンセバスチャン映画祭コンペ作。

おすすめの感想・評価

#東京国際映画祭 ⑩ 映画祭ラストはコレ! 今年は、昨日既に授賞式が終わっていて、その後から今日まで受賞作が観れるチ…

>>続きを読む

東京国際映画祭にて ああ、これ好きだなぁ いかにもフランス的な恋の四角関係+子供一人 クスクス笑わせる軽妙なところが…

>>続きを読む

ノン・フィクション

製作国:

上映時間:

108分

ジャンル:

3.5

あらすじ

書籍編集者と小説家を軸にした群像ドラマ。ネットと既存文化との関係が真正面から議論され、恋愛模様もふんだん。

おすすめの感想・評価

TIFF2018 今までのアサイヤス作品とは少し毛色の違う、しかしなかなかの秀作。ぶっちゃけここで話されている「も…

>>続きを読む

〈東京国際映画祭 ワールド・フォーカスにて〉 【省略レビュー🇫🇷】 『アクトレス 女たちの舞台』『パーソナル・ショ…

>>続きを読む

テルアビブ・オン・ファイア

製作国:

上映時間:

97分

ジャンル:

4.1

あらすじ

パレスチナの女スパイがイスラエル将校と恋に落ちる昼ドラが大ヒットしている。制作現場に入るパレスチナ人AD青年は、ふとしたことでイスラエルの検問官から脚本の着想をもらうが…。複雑な中東情勢を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東京国際映画祭にて鑑賞。 コンペ6本目はイスラエルの『テルアビブ・オン・ファイア』。特集上映を組むなど、イスラエル映…

>>続きを読む

おおおおおおお面白い〜〜!!!!! 東京国際映画祭一本目から大当たりを引いて大満足!!! オチのうまさには「最高かよ.…

>>続きを読む
>>|