ハッピーエンドの選び方の作品情報・感想・評価・動画配信

「ハッピーエンドの選び方」に投稿された感想・評価

マーク

マークの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

パッケージの印象と内容にだいぶギャップがあり、軽い気持ちで観ない方が良い。

尊厳死を手伝うことに対して最も嫌悪感をあらわにしてした彼女が、最終的にはそれを選ぶ。
しかもそれまで装置を使った二人はともにベッドから起き上がれないような身体的な限界が目に見えていて、心身共に苦痛なのも無理はないと思えたところだが、彼女の場合は体は元気で認知症の進行だけが悩みの種だった。
尊厳死を合法化する場合の線引きはどこに置くべきなのだろうか?
精神的苦痛のみで尊厳死を許可するとなると、いじめや社会的な事情で死にたいほどに苦しんでいる若年層、中年層の自殺も認めなければならないだろうか?

このレビューはネタバレを含みます

「小さなキスを」ー毎日のキスは当たり前ではない

発明大好きおじいちゃんヨヘスケルが友人に頼み込まれて作ったのは、なんと安楽死選択装置。実行するのは一回きりのはずだったが、それは老人ホーム中の噂となり、ヨヘスケルのもとには次々と装置を貸して欲しいと相談の依頼が舞い込む。そんな中、はじめは安楽死に反対していたヨヘスケルの妻レバーナの認知症が進行していく。自分が自分でなくなってしまうことを恐れるレバーナは、徐々に生きる気力を失っていき、やがて安楽死を望むようになってしまう。最愛の妻にヨヘスケルが選んだ究極の愛の形とは、、、。
愛とはなにか。本人の意思を尊重し、尊厳死へ導くことか?どれほど身体的、精神的苦痛を味わうとしても生かし続けることだろうか?家族がもし尊厳死を望んだとき、自分ならどのような選択をするのか、とても考えさせられた。
途中、認知症の進行により、食堂に真っ裸で現れたレバーナが、我に返ってひどく落ち込んでいるのを励ますために、仲間たちが裏庭にレバーナを呼び出し、全員真っ裸でお酒を酌み交わすシーンがある。こんな仲間たちがそばにいてくれるなら、歳をとるのも悪くないなと少しだけ思うことができた。
monica

monicaの感想・評価

3.5
パッケージで勝手にハッピーな映画と思い込んだら重いテーマ、、「尊厳死」私はあってもいいと思うなぁ。。う〜ん、難しい。
ふじお

ふじおの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

発明が観たくて

期待とは少し違う話でした
発明はあくまできっかけであり
安楽死の是非を問うことがメインでした

安楽死を否定する気はないけれど
最後の奥さんの決断は個人的には少し残念でした
映画だからこその強さを見せて欲しかったというか
tarako

tarakoの感想・評価

4.4
最近安楽死のテーマが身の回りに現れることが多く、この前にも映画とは別に実際安楽死を選び、家族に見守られながら死んでいく様子を映したドキュメンタリーを見たことがある。そこでは安楽死を選んだ本人は幸せな人生だったことを口にし、とても安らかな様子で死んでいったのに対し、残された家族は悲嘆の涙を堪え得ずに、その後も沈んだ生活をおくっていた。本人にとって最も望ましく幸せな選択であってもなおそれほどの苦しみを負うのは、それだけ死別と言うものが辛いのだと言う考えもあるが、やっぱり自ら死を選んだ事実が大きいと思う。
選ばなければ今でも生きて会えていた、一分一秒でも一緒にいたい気持ちを、そうじゃないと解っていても否定された気がして、それがやるせないのだと思う。
日本にも安楽死制度が導入される日が来るかもしれないが、映像ひとつにしてもこれだけ考えさせられるのだからとても難しい話だ
あきら

あきらの感想・評価

3.6
善悪がわからなくなる。私自身としてはヨヘスケルの決断は間違っていないと思った。ヨヘスケル自身が死に直面したときにはどのような決断をするのかが気になる。
パッケージ詐欺もいいとこ
予告すら何か気の抜けた感じかと思ったら

エグみがすごい。

仲間、友情、愛のキーワードだけならこういう表現もできようが…
内容がとてもとても受け入れるのには一定の度量が必要になりそう。

この映画を観る少し前まで、自分の親族のこと思うと
真剣に見入ってしまったが
精神力つかうと言えば聞こえ悪そうだけど、それだけ濃い映画ではあった
sommer

sommerの感想・評価

2.5
自分の死を選べるなら、それは幸せなことなのかもしれない。
でも、業深い。
綺麗な思い出だけを持って、綺麗な思い出だけを残して旅立つ。
Kororin68

Kororin68の感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

安楽死の問題を、老人ホームの現場から問う。
もちろん、当事者たちならではの深刻な絶望はある。
若者が簡単にいえることじゃない。
医療が進んだ副産物として、昔よりも無理矢理長生きさせられて、しかも、生き甲斐や人間的な扱いをすることには遅れていて、こどもじみた刺々しい言葉しかはけない、という構造的な問題も・・・

でも、安楽死を正当化して、「私のキライなあなた」みたいなケースも全部認めちゃったら・・・それでいいのか?って思う。
安楽死の是非だけでなく、もっと人の繋がりを深めようって方向性もあるじゃない?
それをしないまま、安楽死だけを取り上げるのは、なんなんだろうなぁ~ってモヤモヤ。
ビス

ビスの感想・評価

4.2

ヒューマンコメディってあったから気軽に見たんだけどすごい考えさせられた作品
(勿論クスッとなるシーンもあった)

安楽死って本当に難しすぎる問題、

+38
>|