君がくれたグッドライフの作品情報・感想・評価

君がくれたグッドライフ2014年製作の映画)

Tour de Force

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:95分

3.7

あらすじ

年に1度、自転車での旅に出る6人の仲間たち。持ち回りで行き先を決めるのだが、今年はハンネス(フロリアン・ダーヴィト・フィッツ)とキキ(ユリア・コーシッツ)の夫婦の番だ。ベルギーと聞いた友人たちは、チョコレート以外に何があるのかとボヤく。だが、ハンネスの選択には、ある深い理由があった―。ALS(筋萎縮性側索硬化症)と宣告された彼は、尊厳死の許される国ベルギーをめざして、これを人生最期の旅にすると決…

年に1度、自転車での旅に出る6人の仲間たち。持ち回りで行き先を決めるのだが、今年はハンネス(フロリアン・ダーヴィト・フィッツ)とキキ(ユリア・コーシッツ)の夫婦の番だ。ベルギーと聞いた友人たちは、チョコレート以外に何があるのかとボヤく。だが、ハンネスの選択には、ある深い理由があった―。ALS(筋萎縮性側索硬化症)と宣告された彼は、尊厳死の許される国ベルギーをめざして、これを人生最期の旅にすると決めていたのだ。真実を知った仲間たちは大きなショックを受けるが、彼の願いを叶えることを決意する。いつものように、旅行中に実行しなければならないムチャな課題を出し、実行するたび笑顔で笑い合う旅は、このままずっと続くようにみえた…。

「君がくれたグッドライフ」に投稿された感想・評価

肉体だけが命じゃない、ってことかな。

ハンネスとキキの最後の2人の夜のシーン。素晴らしかった。
HIDE

HIDEの感想・評価

4.2
未知のものを恐れるな

心には安らぎがある

僕らは骨と皮だけじゃない
ALSの人やその家族が観たらイラッとするに違いない。どの国でも安楽死が認められる訳じゃないし
友情関係や、夫婦関係の話も描きつつ、尊厳死について述べられていて命について考えた。
最後は友達などに看取ってもらって死ぬっていう洗濯を取ったハンネル。最初は現実から目を逸らしてたけど、ハンネルの意思を尊重して最後まで旅をしてあげた友達は最高の関係やなと思った。
とりあえず、課題ゲームやりたい思った(笑)
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.1
課題を出し合いながら進んで行く仲間との自転車旅行。
安楽死を見守るのが1番の課題な気がした。
安楽死をするために向かう旅行、どんな思いで一緒に旅に出るのか想像もつかなかった。
ar1shi

ar1shiの感想・評価

3.0
『尊厳死』

治らない病気を告白されて、
今後の選択まで告げられて、
告げられた直後の動揺とか
会話やったりあれほど辛いもんない。
どっちかというと辛いのは病気の当事者やのに、、

いざ自分の身近で告白されると
どうやって向き合えるやろうとか
そもそも受け入れれるかとか考えるけど、、
そんな時、迷って過ぎていく時間さえ惜しい

いつも相手にとって、自分にとっても
その時々に何がベストか前準備して考えれてたら
どんな時でも後悔なくベスト尽くせる!

いつもの時間があたりまえに続くと思ってるから
変化に対応できんくなってまう
ひろし

ひろしの感想・評価

3.0
内容は重たいけど、ある意味理想で幸せかもと思う。しかし付き合う周りの人間には辛いね。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.8
そう言えば、苦しんでる危篤の母親に思わず「もうちょっとで終わるからね」と呟いてしまった事があったなぁー。 後で考えたらまずい事言ってしまったかもって思ったけど、一瞬自分が当事者になったらそんなに風に思った。

つまり安楽死は本人の為に有りまわりは辛い。自分がこの物語の母親だったら精神崩壊、100%反対するだろう。でも本人だったら50%に近い位選択肢に入るし家族や友人が居なかったら、もうそうしてもいいかもと思うかも知れない。
その位本人と遺族との感覚が違うのだから難しい問題だ。

ベルギーのこの行為を見て思った事は、違うけど殺人に似ている。或いは自殺に似ている。
そして実際には遺産や保険や年金多々色んな事を操作出来てしまうのではないかとか色々考えたらさせられた。
父同様、ALSを発症した主人公の、ベルギーでの尊厳死への旅。
自分が主人公の立場だったら、親・恋人・友人の立場だったらどうするだろうかと、考えさせられました。
(WOWOW)
逃げたのでは無い
立ち向かったんだ

自分の為では無い
妻の為、母の為、弟の為、友の為

違う形ももちろんあるだろう

批判を受ける選択かもしれない

でも『覚悟』をもって決めたこと


それならば……


寄り添うしかない!

応援するしかないや!

彼を『尊重』するぞ!

それが愛のかたち


 

旅の途中で
一人ひとりが『課題』に取り組む

友人から出された課題
自分が克服するべき課題


人生には、
勇気を出して取り組む課題が必要だ

ムリだよ
そんなこと到底出来ない

って思う事でも、

仲間の力を借りて
勇気をもらったら
案外すんなり出来てしまうんだ

すると、不思議!
見える世界が違ってみえる



『課題』も然り

だけれども

今回の旅の命題は激しく心を揺さぶる『命に関わること』



でも、彼と過ごしたこの旅は

確実にみんなの生きる姿勢を変え

『生きてきた』事への愛を明確にさせ

再び『生きる』勇気を与えた


ことは間違いない
>|