君がくれたグッドライフの作品情報・感想・評価

君がくれたグッドライフ2014年製作の映画)

Tour de Force/Hin und weg

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:95分

3.7

あらすじ

年に1度、自転車での旅に出る6人の仲間たち。持ち回りで行き先を決めるのだが、今年はハンネス(フロリアン・ダーヴィト・フィッツ)とキキ(ユリア・コーシッツ)の夫婦の番だ。ベルギーと聞いた友人たちは、チョコレート以外に何があるのかとボヤく。だが、ハンネスの選択には、ある深い理由があった―。ALS(筋萎縮性側索硬化症)と宣告された彼は、尊厳死の許される国ベルギーをめざして、これを人生最期の旅にすると決…

年に1度、自転車での旅に出る6人の仲間たち。持ち回りで行き先を決めるのだが、今年はハンネス(フロリアン・ダーヴィト・フィッツ)とキキ(ユリア・コーシッツ)の夫婦の番だ。ベルギーと聞いた友人たちは、チョコレート以外に何があるのかとボヤく。だが、ハンネスの選択には、ある深い理由があった―。ALS(筋萎縮性側索硬化症)と宣告された彼は、尊厳死の許される国ベルギーをめざして、これを人生最期の旅にすると決めていたのだ。真実を知った仲間たちは大きなショックを受けるが、彼の願いを叶えることを決意する。いつものように、旅行中に実行しなければならないムチャな課題を出し、実行するたび笑顔で笑い合う旅は、このままずっと続くようにみえた…。

「君がくれたグッドライフ」に投稿された感想・評価

りさ

りさの感想・評価

3.5
恋人/家族愛/友情愛/闘病/ピリオドの付け方/周りの友達がクズすぎたのが欠点/自然/音楽〇
くみん

くみんの感想・評価

3.5
思いテーマを明るく描く、そんな映画かな。究極の選択をする我が子をああやって静かに見守れる自信がわたしにはない、母親目線になる。ドイツのおうちはどの家も素敵だなー。邦題が意味不明。
人がどう生き最後を迎えるかは
周りの支えによって違ってくる。

主人公の選択は正しいとは言えないかもだけど幸せそうな最後だった‼︎
安楽死をテーマにした映画はたぶん初めて見たから、すごく響いてしまった。音楽も良かったし、笑える場面もあったしすごく感動した。
sss

sssの感想・評価

4.0
難病とかのテーマは結末が見えちゃってるから苦手だけど、これはよかったです。
トータルでよかったなあと。

道中の景色に癒されるし、重いテーマなのに全力で楽しむ姿に明るい気分になる。

ハンネスを忘れないように、旅行を続ける最後のシーンに感動です。
Toku

Tokuの感想・評価

4.2
気になった音楽たち
Rise and Fall/Jacob Westfall
Bigger Plan/Ira May
If I Had Boat/James Vincent McMorrow
July/BOY
Skin and Bones/Ryan Keen
Born Lover/Jesse O’Mahoney
IGA

IGAの感想・評価

3.3
年に1回、自転車で世界を回れる仲間がいる事は素晴らしい。
しかしながら、会話内容に下品さが目立ったために、少し残念。
95点
212

久々に正統派感動映画を観た。泣かずにいられたのは周りの人達がみんな優しかったからかな。
カツマ

カツマの感想・評価

4.0
この映画を見ていると、若くして逝った小学生時代からの親友のことを思い出す。彼の墓の前であの頃の自分は『なに、こんなに早く死んでんだよ、、』と呟いた。果たして彼の人生はグッドライフだっただろうか。それは分からないけれど、自分は彼と親友であれてよかったと今も思う。
だからこそこの映画のラストシーンには共感できた。この作品は死への旅路を描いていて、誰の目線に立って見ていても辛さしか感じない。しかし、大切な人に明確に最後の別れを言えることは、きっとその要素だけは果てしなく優しかった。

年に一度、仲間たちみんなで行く自転車でのツーリング旅行。今年の行き先を決めるのはハンネスとキキ夫妻なのだが、2人は何故かベルギーを指名する。ベルギーには何もないとボヤく仲間たちだが、仕方ないとばかりに結局はベルギーツーリング旅行に賛同。ハンネスの弟フィンも加えた6人での旅路が始まった。
しかし、旅の序盤に寄ったハンネスの実家で、仲間たちは今回のツーリングの真の目的を知る。それはハンネスの持病であるALS(筋萎縮性側索硬化症)が悪化し、安楽死が認められたベルギーで人生に終止符を打つためだった。何も知らされていなかったフィンや仲間たちは動揺するも、ハンネスの最後の旅へと共に進むことを決めるのだった。

この映画は終活の話でもあり、ハンネスの死を知った面々が課題と称して見えないハードルを越えていく、精神的な成長を描いた話でもある。後半になるにつれて一つ一つの言葉は重みを増し、もう残り少ない時間が愛おしいほどに光り輝いていく。

もし、旅立った親友に最後の言葉を伝えられたら自分なら何を伝えるだろう。ただ、この物語のように涙目で強く強く抱き締めるような気がする。愛してると伝えたいけど、最後の言葉は虚空に舞うように消えてしまうから。言葉では足りない想いを抱き締めることで少しでも埋めたいと、思うのではないだろうか。
静かな映画。

安楽死について考えさせられる映画。

安楽死を決意するまでの本人の決断と安楽死をしたいと聞いた周囲の心境がわかりすぎて、、、
だんだん病状が悪化していくのが見てて辛かった...
>|