20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 176ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

パピコ

パピコの感想・評価

3.8
とにかくエルファニングの可愛さよ😂
ジェイミーもまだ子供っぽさがあるのにカッコいい。
そして何より母がカッコ良い。
シングルマザーで男の子育てるって大変そうだし、思春期の複雑おセンチな息子なんてほんと何考えてるか分かんないよね!
近すぎてもダメだし、ほっとき過ぎてもダメだけどこの親子の距離はちょうどいいのかもしれない。
母さんがいれば大丈夫なんて、なかなか言ってくれないよ〜きっと。
ハヤテ

ハヤテの感想・評価

4.7
なんて、書けばいいか分からないけど、僕はこの映画が好きです。
matskei

matskeiの感想・評価

4.0
「人生はビギナーズ」に続いてのマイク・ミルズ監督作。エル・ファニングも出るし、見るしか無いなと。
明るめの絵、インディー系の良い音楽、写真使いが作風なのかな。何か言うようで、結論のない話も含めて、前作に続いて好き。
たむ

たむの感想・評価

3.6
舞台となる1979年のアメリカにいられたわけではないですが、凄く懐かしく、感傷的な映画です。
タイトルが素晴らしく、当時の女性の世代的な葛藤と母と息子の葛藤がうまくミックスされて描かれます。
もと

もとの感想・評価

4.7
めちゃめちゃめちゃめちゃくちゃ良かったです…
あと1回観てパッケージも買おう
そして映画見た足でタワレコ向かってサントラ買いに行ってる(劇場で売るべき!)
とまと

とまとの感想・評価

4.2
トイレ我慢出来なくてまさかのラストシーン見逃したのでまた観ますね〜(^ω^)
アタフ

アタフの感想・評価

3.3
『20センチュリーウーマン』という題名の通り、20世紀を生きる女性を描いた映画。ただ主人公は女性ではなくシングルマザーに育てられる1人の息子の15歳のジェイミー

彼は幼馴染がエル・ファニング演じるジュリーであり彼女とはいつも一緒に寝ているほどの仲だ、今作でもエル・ファニングの美しさは圧倒的であり、もはやエルフや妖精などの類の存在ではないだろうか!?
そして同居人のグレタ・ガーウィグ演じるアビーからはパンクについてや性についてを教えられる。男にとってはなんとも羨ましい境遇のジェイミーが、彼女たちから影響を受けながら”複雑な時代”の1970年代を育っていくという話。

穏やかな情景が印象的な映画でしたが、1970年代のアメリカというものを理解できていないとこの映画は分かりにくいのかもしれません。実際僕もどう受け取っていいかわからないシーンが結構ありましたし。また刹那的な青春を描いた映画でもあったような気がします、ラストの彼彼女らのその後を観ていると…

そしてこの映画が僕に教えてくれたことは、生理は英語で"Menstruation"だということ。
ゆき

ゆきの感想・評価

5.0
登場人物が皆素敵だった。
監督のお母さん、すごくカッコイイ人だったんだ。ラストの飛行機のシーンに感動。
冒頭のジュリーのくわえ煙草にグッと来た('ー'*)
予想外の人生のくだりに共感。
り

りの感想・評価

4.0
公開初日に観たものの、うまく感想を言えず。結局今になってもきちんと言い表すことができないのだけど、じわじわ、じわじわキテる。「ああ、とても好きな映画だわ」と。登場人物それぞれの不完全さに強く惹かれた。
けろえ

けろえの感想・評価

4.2
人の生き様っていろいろ。今が大変でも、後になっていい人生だったと思えるような生き方をしたいな。