20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 176ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

ゆ

ゆの感想・評価

-
I love you. に対して、It's not me. It's your version of me. 辛い!!!!!!

けど、本当にこれは恋や愛における不変の問いでは…… しかしmy version of you を愛することはそんなにいけないことなのかな?

他者に対してどういう形で誠実であるべきかっていう問いのある映画かなと思った。
み

みの感想・評価

5.0
試写会でマイクミルズ監督生で見てきた、、、、相変わらず今回も最高でした。センスがドツボなのはもちろん、女性に囲まれて育った監督ならではの人生が投影されてて、出てくる女性たちもかっこいいし、その間に揉まれて生きる少年の青春映画みたいなのも良かった。素敵な年代と場所だったなぁ〜
PAGE

PAGEの感想・評価

3.9
子育ての苦悩がヒシヒシと伝わってきた。
そして、男性からみて女性の理解しがたいところも表現されており、共感しながら観れた。
『人生はビギナーズ』より一層人生感がでてるようで、この映画もまたすごく良かった。
imLISAstmc

imLISAstmcの感想・評価

4.2
本日試写会で観てきました。

舞台は1979だけれども、フェミニズム運動が活発なこの時代にとてもしっくりきている気がする。昨今の世界は、女性が取り繕うとか、男性の理想に収まる時代ではなくなってきている。(と思う。)

そして、女性の多い環境で育ったマイクミルズ監督と、同じく女性の多い環境で育った私の弟を重ねざるを得なかった。

若者ほどシンプルに物事を洞察していて、歳を重ねる毎に色々な事を複雑化してしまう。

世代の違い、性別の違い、恰好の違い、理解しようと努力する事は大切だけれど、分かり合えないからって愛していないと言うわけではない。恐れずにありのままの自分でいる事が大切だし、違いがあっても時には包み隠さない事も大切。

世の中の男性が全てフェミニスト化しろとは言わないけれど、監督の女性への敬意は本当に素晴らしいものだと思った。

私も男性からも尊敬される自然体な女性でありたいな。

あとスタイリストが素晴らしいとおもいました。パーソナリティが服の着こなしだけで見事に表現されているし、お母さんがシャツを着回すリアリティ!素晴らしき!
ヨラ

ヨラの感想・評価

3.9
マイクミルズはすべてが好みなのであらがいようがないおじさん
y0k0m

y0k0mの感想・評価

4.7
最初から最後まで、好きな要素が詰まった映画!
音楽、景色、70年代、流行、テクノロジー、思春期、恋愛、親子、フェミニズム、写真、SantaBarbara、キャストも良かった😊
siho

sihoの感想・評価

3.8
現代の子供たちは、おませているせいか大人っぽく見えた。
それに比べお母さんは天真爛漫の子供のようだった。
みんなそれぞれ自分の心に正直。

相手のことが好きすぎて心配すぎて逆に気づかなくなっちゃうことも、向き合ってみたら最終的にはとってもシンプルなことだったんだぁって。
あっそうだったんだぁって(*^-^*)

理解できないかもしれないことも、とりあえず覗いてみようとするお母さん、無邪気な姿もたくさんあって可愛かった。いつも着ている柄シャツも可愛かった。

エンディングは、速足だったと思った。
Ali

Aliの感想・評価

4.2
サンタバーバラを舞台にある50代半ばのシングルマザーと15歳の息子、2人の女(+ひとりのおじさん)の1979年を中心に切り取って。私にとっては濃密かつ、あれもこれも。 トーンも自分に合ってた。
音楽も良いー。70年代を知っていたらよりまた、見えるものも違うのだろうな。
マイク・ミルズを漁ろう。