20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 176ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

rena

renaの感想・評価

4.5
冒頭のtalking headsが流れた瞬間からずっと最高だった
aipon

aiponの感想・評価

4.0
めっちゃ好き!
何が?って説明できないけどめちゃめちゃハマった。みんなごく普通の人たちなんだけど、すごいドラマチック。お母さんかっこいい。
Yuki

Yukiの感想・評価

4.1
オーガズム

タバコ吸わないのにとにかくタバコ吸いたくなるし夜の公園に行きたくなるしクラブで踊りたくなる映画
an

anの感想・評価

4.5
なんかもう、色々よかった。帰宅してTalking HeadsやらDEVO祭りを。
moe

moeの感想・評価

4.1
この監督の作品を観るのは2回目だけど
前作同様、登場人物全員愛おしかった。

生き方もいろんなカタチがあって、
みんながちゃんとお互いを認めて
みんながちょっとずつ成長している。

そして、音楽もファッションも
古臭さを感じなくて
ステキな映画だった。
TomMichi

TomMichiの感想・評価

4.1
いや〜ものすごくよかったよ👏👏👏
型にハマらないのはこの監督のスタイルなんやろな。
映像が美しくて、ストーリーも決めつけるようなものではなくすごくフラットに観続けられる。
時代をシンクロする中でも新しい作風が新鮮で、人生はビギナーズも観たいなーって思いました!
相手とちゃんと関わろうとしている人ばかりだった
Tシャツがすてき
昔なのに昔って感じしなかったなぁ笑
おしゃれで淡い空気感、優しく流れていく時間、そんな雰囲気を感じた

なんか難しいなぁ、とか思う部分もあるけどそう言う言葉学んだりいろんなことを知ってくことが成長なんやろうなぁと

てか面白いのが全員が全員それぞれの成長をしてるってとこだよね
ジェイミーを成長させることがメインかと思いきや母親が色んな若者文化に触れたり自分を見つめ直すことで成長したり、アビーもジュリーも自分とはっていうのをつき詰める経験をして成長してたよね

周りの環境とか周りの人によって影響を受けて、与えて、そうやって人は成長すんやなぁ
女性の強さとか女性ってなあに?みたいな話にも深掘りしてて興味そそられてそこんとこも面白かったなぁ

飽きちゃう人もいるかもだけどおれは好きな映画だったねえ
なんかやるせなくなった時とか思いつめたら見て見るといいかもって映画
maiho

maihoの感想・評価

5.0
70年代を舞台にしているけどノスタルジーの押し付けがなくて、内容は"今の"私たちに突きつけられ、心にしっかりと刺さった。フェミニズム(女性の性や生理のことなども)の話題が特にタイムリーなものだと感じたし、ボウイにまつわるものが散りばめられていたのもグッときた。あの頃ペニーレインとのラッセルも演じていたウィリアム役のビリーは70s'ヒゲおじさんがとてもハマっていた。
雰囲気とか色合いとかストーリーとか全部好きやった。
何よりエルファニングがかわいすぎた。