プラハからのものがたりの作品情報・感想・評価

プラハからのものがたり1966年製作の映画)

Tales From Prague

製作国:

3.4

「プラハからのものがたり」に投稿された感想・評価

pika

pikaの感想・評価

4.0
作品鑑賞を補う素晴らしいドキュメンタリー番組。インタビューの焦点が良い。前半はストップモーションアニメを用いる独特な映像制作についてまとめられ、後半は『攻撃的なシュルレアリスト』と評されるシュヴァンクマイエルの制作背景について語られる。
ドキュメンタリー撮影時制作中の「スターリン主義の死」は「100年後には理解されない。登場人物は意味を成さない。」と語りながらも自身の懸けてきたそれまでの集大成のように見える。それまでの作品の中で最も政治色の強い作品であること、なぜそういった意図を込めるのかということ、チェコ人なら誰でもわかる寓意を簡潔に説明し作品を補ってくれている。

非常に興味深いのは現代のシュルレアリストであるシュヴァンクマイエルによるシュルレアリスムについての部分。
シュルレアリスムとは美学ではなく哲学だと言う。二つの大戦の間に起き、失われていったシュルレアリスム運動はチェコの地下で生き続けていると言う。
アニメを用いる理由も語られる。『アニメの技術は現実にあるもののそれ自体のもつ魔法の力を引き出す。ありふれたもの同士の触れ合いに魔術が忍び込むと見慣れたものがいつもと違う顔を見せる。』

なぜシュルレアリスムなのか。
『映画の源は幼年期と夢』
不安や恐怖によって人は作られる。幼年期はそれらが具体的に自身を脅かす時代であるから。フロイト流に解釈すると幼年期は無垢ではなく人間の邪悪さが具現化される時代である。
シュルレアリスムとは性的な妄想であり政治的社会的因習に対する妄執である。(マイケル・オプレイ)

マニエリスムに触れて育った感性がゆえか、代表的な画家であるアルチンボルドとの共通点が見えてくる。幻想的で抽象的な作品でありながら細部のモチーフはリアルである。
とも

ともの感想・評価

-
ヤン・シュヴァンクマイエルのドキュメンタリー

あれはアニメーションなのかってなった。
撮影はとっても大変そう。豚の内臓の所は衝撃だった。

歴史的なことをもっと知らなければと思った。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.4
ヤン・シュヴァンクマイエル短編集より

監督のドキュメンタリー。
見た目は普通のおじさんだった笑
すごい政治に影響されたんだなあと思う。
Noir

Noirの感想・評価

3.3
前半はシュヴァンクマイエルのことがわかりいいが、後半は歴史・政治的な内容がどこまで連関があるのか怪しく退屈した。
短編ドキュメンタリー
私たちの革命はいわばオペレッタだった

調べると制作年がいくつか引っかかるんだけど、66年じゃなくて90年じゃないのかなぁ…作中に80年代の作品でてくるし…笑
幼少期と夢への回帰
裏側の話
ヤンシュヴァンクマイエルのドキュメンタリー映像

2017.4.13
Y

Yの感想・評価

3.0
シュヴァンクマイエル氏のドキュメンタリー映像。
ほんとにこの人の作品奇抜なんだよなあ…
彼の作品がどういう考えによって作られているか知ることができたし、他の作品ももっと観てみたい。
【幼少期】ヤン・シュヴァンクマイエルの脳を覗こう【夢】

彼と作品を結び付けるもの、またそれらが何処から来たのかを知ることが少し出来た。
まだまだ勉強したい事が沢山でてきた。そして彼の作品を全部観たい❤︎( ᵒ̴̶̷̤﹃ ᵒ̴̶̷̤ )

2015.09.07DVDレンタル
*『ヤン・シュヴァンクマイエル短編集』収録
KSat

KSatの感想・評価

3.2
「スターリン主義の死」を撮影中のシュヴァンクマイエルを取材した、BBCによる短編ドキュメント番組。
ドキュメントとしては薄味。

実は「博士と彼女のセオリー」のジェームズ・マーシュが監督。