メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「メッセージ」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

3.6
テッド・チャンの小説「あなたの人生の物語」を基にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によって製作された2016年のアメリカ映画

スピルバーグの「未知との遭遇」はあまりにも有名だけど、人類は長い間、それを夢に描いてきた。時に侵略者として、時に新しい友人として描かれてきた宇宙人。なんせ未だに遭遇していないのだから描き方は自由なのだ。どうせなら有効的な方が夢がある

この作品はでは謎の物体。日本では「ばかうけ」と呼ばれ実際に栗山米菓とコラボで宣伝したのは記憶に新しい。そんな謎の物体でやって来た宇宙人とのコンタクトを描いている。彼らはなぜやって来たのか?敵なのか味方なのか?

少しずつ相手の言葉を解読していく展開は面白いし、宇宙人のメッセージ、作品から投げかけられた人類へのメッセージもよかった。人間って生き物は戦争を繰り返すくだらない生き物だから、宇宙人が侵略してくるぐらいしないと団結できないんじゃないかな、なんて考えてしまう

内容が面白い作品だから、あまり俳優の演技に注目する感じでもなく、ジェレミー・レナーとフォレスト・ウィテカーは目立った演技はない。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の得意な美しいヴィジュアルとエイミー・アダムスの美しいアゴに注目してもらいたい

未だに会えない宇宙人
こんな広い宇宙にいないわけない
SFでなく現実に
宇宙人と遭遇する
そんな未来が見てみたい
どうせなら有効的なやつで
kapo

kapoの感想・評価

3.9
洗練された宇宙感と、
抜群の表情で魅せられた
メッセージ。

そのメッセージは、
最終的にわたしの人生にも寄り添ってくれて、
とてもパーソナルな所に着地する
大は小を兼ねる的映画だった。

どれだけ世の中が進化しても、
人類の使命的なものはずっと
変わらずにいることを
感じずにいられなかった。

SF映画はそんなに観ないけど
宇宙は大好きなので、
うわぁ〜と上がる要素たっぷり。

全体感が素晴らしいだけじゃなくて、
観ればきっとそれぞれの人生にも
‘メッセージ’が届くと思う。
muepon

mueponの感想・評価

4.0
テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を原作としたSF映画『メッセージ』(Arrival)。
宇宙から来た知的生命体とのファーストコンタクトものであるものの、侵略や武力衝突ではなく異星人の言語を解読して「対話」を行う言語学者ルイーズ(エイミー・アダムス)の活躍が描かれる。
基本的に静かなトーンで進む映画は内面的であり哲学的。予備知識がない状態では先が読みにくく、独特な重厚な音と共に何処へ向かって行くのか分かり難い部分もありますが、やがて訪れる異星人言語の理解から分かる後半のどんでん返しは衝撃的。
かつて観た「コンタクト」(原作カール・セーガン)や最近の「インターステラー」(監督クリストファー・ノーラン)とも共通する壮大さと重圧感で、言語化出来ない何ともいえない余韻が素晴らしい。難解で全てを理解するのは時間がかかりますが、結末を知った上で改めてもう一度観たい作品です。
http://www.message-movie.jp/
柿ピー🙅‍♀️
ばかうけ🙆‍♂️
あすか

あすかの感想・評価

3.5
記録( ˊᵕˋ )
新しい『未知との遭遇』。
Kouki

Koukiの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

全世界でばかうけ型宇宙船登場🌏
イカちゃん宇宙人🦑
コミュニケーション取れない🗣
イカ墨で丸い文字を🙆‍♀️
時間の概念🕰
イカちゃんが伝えようと👋
未来が分かってしまう🤱
中国語で何かをーーー📱


ざっと見どころ
Bun

Bunの感想・評価

4.1
記録
>|