メッセージの作品情報・感想・評価

メッセージ2016年製作の映画)

Arrival

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

「メッセージ」に投稿された感想・評価

Kenkichi

Kenkichiの感想・評価

4.0
映像と話しのまとめ方に、へ~、と思った作品でした。話の方向が直角に変わる様な、えっ、そっち?みたいな展開は好きではないのですが、この映画は上手いなぁと思ったのです。
あゆみ

あゆみの感想・評価

4.0
父が借りてきてたのを勝手に見たらすごくよかった。
インパクトだけのSFではなくて、ストーリーも色んな感情もしっかりと描かれている。
yuma

yumaの感想・評価

2.7
どちらがメインなのかわからない
ストーリーは好きだったが、展開が走っていた場面があった。
ミト

ミトの感想・評価

4.4
儚く美しい映像美。音楽のつけ方も控えめで美しい。記憶の中のシーン、ラスト付近、泣けて泣けて仕方なかった。この監督やっぱり大ファン。
のら

のらの感想・評価

4.0
突然やって来た宇宙人の伝えてきたメッセージを解読するという、地球の静止する日や未知との遭遇に似た映画なのだが、宇宙人のメッセージを解読するというのは、あくまで話の表層の部分になっている。

これはどういう事かと言うと「あなたの知らない物語」という原作タイトルから分かるように"あなた"というのが誰のことなのか?というのを探る話になっている。

ただこの部分が、この映画の映像的なトリックの核になっている部分で、話の途中でヒントというか完全な種明かしがされるのだが、それに気付けるかどうかで、印象がだいぶ変わる映画になっている。
nike

nikeの感想・評価

3.6
あらすじの「美しく、そして残酷な」という文言を実感。言語学者すごい…。

頭が弱いのですべての意味を
回収できていない気がするし
絶対にまた見ると思うけど
とても深くてじんわりと自分の中に
理解が広がって行くような話だった。

派手な展開がなくても、それを
美しいと思えるようになった
自分に驚いた、かもしれない。歳かな。

音響がすごく綺麗で、映画館で
見たかったなって。

どう言えばネタバレにならないのかは
分からないけど、時の捉え方が変わりそう。
ジン子

ジン子の感想・評価

3.5
不思議な雰囲気の映画でした。回想などを織り交ぜてのストーリーでしたが、また新しいSF映画だと思いました。未知の言語で会話するシーンは印象的でした。
booga

boogaの感想・評価

4.3
いまのとこ2018年 ベスト映画◎

ワンシーンだけだけどエイリアンの情が出たとき鳥肌たった、(観た人は共感してくれるはず…)

エイリアン?と主人公メインのシーンと主人公が頭の中で見えるものの
映像の色素薄めなのが良い、好き
ガチャガチャしてなくて落ち着いた感じが好き、(伝われえ……)
見終わった後の全体的な描写が、すっごい落ち着いたSF映画、
あと、音楽も良いと思った、映画の雰囲気をメチャメチャ支えてる、

物語の全体は ああ~ってわかるけど、感覚的にしか おもしろいと思えないのが惜しい、

マジなんで 奴ら来た?ってのが頭から離れない
というか疑問が多すぎる、気になるところあり過ぎる、興奮する


見終わったあとは、なんか自分の人生、生き方 考えようと思った、SF観てこの感情は不思議、私の中でSFは恐いというイメージを覆した映画、

是非この映画を観て疑問を持ってほしい
nameless

namelessの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

情報過多に思える構成に巧妙に隠されたトリック…初見では体感型SFとして楽しめて、2巡目ではヒューマンドラマと哲学的要素に思考の拡大を促される…これは得難い経験✨

まず初見…感情が上滑りするような冒頭からの異星人の到来。言語学者ルイーズの視点で進むストーリーは理解不能な存在とのコミュニケーションへとシフトする。彼らの使う表義文字や各国の対応に、冒頭のシーンは記憶の片隅で小さくなっていく。

ルイーズが異星人ヘプタポッドたちの言語を理解したところで、ようやく観る側は自分の立つ位置を認識し始める。

そこからの展開が秀逸でした。

非線形な時間…円環が繋がるクライマックス。ルイーズの体感した感覚が、スクリーンのこちら側と同期します。

そしてラストシーン。記憶の隅にあったはずの冒頭が…2つのワイングラスの意味が…フラッシュバックを起こす。

過去と現在と未来を同時に理解。
現実ではあり得ない現象の追体験。

円環描写のエフェクトを、そこに!?
簡単に思いつきそうで、無かったよね?
驚いてポカーンとしてしまった。

冒頭のシーン…そういうことなんだねって、ようやく作品そのものを理解する。

そこに至って、ヒューマンドラマのコアになる母と娘、そして父に意識が向く。

絶対に二度見して欲しい。
表層的に見えていた情報。そこに隠された理由や裏付けが随所に溢れていた。

娘の台詞の中でルイーズの夫が娘を見る目が変わった理由…もしくは娘が母へ放ったヘイト…夫との離婚の直接的な原因は、彼女の得た力が招いたというのが窺える。

ここでありがちなパラドックスの解消を行おうとすると、途端に下らないご都合主義に成り下がってしまったと思う。

それをせず、人の感情を落とし込む事で、この物語は単なるSFではない、メッセージ性のある傑作になったんだと思います。

そして表層的に見えていた異星人とのやり取りは『コミュニケーション』と『調和への挑戦』を表現していたのだとも…

ヘプタポッド。理解不能な存在。
防護服を脱いで接触を図ったルイーズと対照的に描かれていたのは世界各国の対応。
特に中国とそれに追随する諸国。
『歩み寄る姿』と『拒絶』

歩み寄る事には恐怖が伴う。
その恐怖に対する姿勢の対比。

例えば…街中で、英語じゃない言語を話す外国人に声を掛けられたら?相手が何を意図しているか解らない恐怖に、日本人は笑ってイエスと言うのかも。それも言語相対性仮説から来る、日本人の思考なのかもしれませんね。

交信断絶…歩み寄りとは程遠い行為。
それは疑心暗鬼を強め、自己防衛の為の攻撃性に繋がり、作中での『宇宙戦争』なんて言葉に繋がっていく。

人間対人間のコミュニケーションでも、それは同じことが言えると思います。

それを広義的に『不和』だとして…どのように『調和』すべきなのかを考える事が必要なんじゃないでしょうか。

ヘプタポッドが武器と言ったものも、必要なツールですよね。相手との意思疎通を図る方法。

答えのひとつとしての…非ゼロ和。
NON-ZERO-SUM…全員が勝者になれる関係性…奇しくもルイーズが口にしていた『win-win』や、ライアーゲームでカンザキナオが目指し続けた解決方法(謎)ヘプタポッドが3000年後の問題を解決する為に人類に接触した理由。調和への足掛かり。


歩み寄り、調和に満ちれば、互いが向上していく。それはきっと過渡期を迎えた人類にさらなる進化を促すものになる…やるのは『今』を生きる私達だ。


そんな愛に溢れたメッセージ。

長々と書いてしまいました…
それぐらい分厚くて、恐ろしく深い。
それとないシーンにも意味がある。
(; ̄ェ ̄)

要約すると…

ヴィルヌーヴ監督…マジで変態!((;゚Д゚))
>|