アズミ・ハルコは行方不明の作品情報・感想・評価・動画配信

アズミ・ハルコは行方不明2016年製作の映画)

上映日:2016年12月03日

製作国:

上映時間:100分

3.1

あらすじ

「アズミ・ハルコは行方不明」に投稿された感想・評価

Chloe

Chloeの感想・評価

2.0
ずっとイライラ、終始うるさい奴がいる、無理だわこれ原作誰だと思って見たら『ここは退屈迎えにきて』と同じ人だったので笑った
Kino

Kinoの感想・評価

3.3
共感はできないけど、幸せを見せつけるのが最高の復讐ていうのはわかる。
ai

aiの感想・評価

2.0
原作未読。映画のみだとなんだかよくわからなかった。出てくる男性はみんなひどいし、女性ほ可哀想、JKは自由の象徴?
俳優さんはいいんだけど好きな映画ではない。
うんピ

うんピの感想・評価

3.8
アンチ女性差別のお話だった
蒼井優が出ていたので観た、やっぱり蒼井優は最高の女優だった
JK可愛かったけどファッションダサいのが残念だった
ちょっと何伝えたいかイマイチ分からなかった本読んでみようかな
pm

pmの感想・評価

3.7

理解しきれず解説ググっちゃった。

そういうことか~!!入り乱れる時間軸に混乱しながら観て理解できない部分もあったけど面白かったです。

邦画いろんなの好きで観たけど一生映画評論家にもマニアにもコメンテーターにはなれそうもないや。
血迷って目指さなくてよかった!!笑

あと関連する映画も観ようかな。
よしき

よしきの感想・評価

3.1
モンタージュの組み立てかた、流れが自然でうまいなぁと思った。蒼井優ももちろんだけれど、高畑充希の演技の幅の広さ?を感じた。
na

naの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

断片的なシーンを頭の中で拾って拾って組み合わせて、終わりにようやく完成形を見つけられる構造。作り込まれたこの感じが気持ちいい!!!(そして私の中の完成形は本当に完成形かわからない)
切り替わるシーンは繋ぎが毎度唐突で、演劇的だと思ったのは私だけだろうか。そもそも演劇的って何(?)
いちこ

いちこの感想・評価

3.7
時間軸の把握が難しくて、2回観た。それぞれ役者さんがいい味出しているというか、ハマってるというのか、全員とてもよかった。

春子の鬱屈とした毎日と、ユキオと学と愛菜の落書きアート、女子高生の集団暴行が対比的。もやもを晴らすみたいだった。

一部アニメーションや無敵の女性みたいな抽象的表現で作品のテーマがぐんと浮かび上がってきて、心地よかった。女性の方が共感できるシーンは多いかもしれないけど、性差関係なく、これを観て感じられる何かがあったら嬉しいなとか思ってしまった。
竹内

竹内の感想・評価

4.6
もっと暗い映画だと思っていたけどそんなことなくて、ラストでなんだかすごく元気づけられました。

「優雅な生活が最高の復讐である」

人の悪意に傷つけられてしまっても、自分が間違ってしまったとしても、これが全てだなと思う。

明確な悪役がいるっていうより、見方によって悪役が変わるところがすごい。
時系列がわかりづらいって言われてるけど、丁寧に観ればわかると思った!
ひゅーいさんのクズ男の演技めちゃめちゃ良かったな。
Kazuhiko

Kazuhikoの感想・評価

2.4
「なぁんだよこれぇーー!」

一体何の映画を観ていたのか、わからなくなった。
行方不明になったのは僕の方。

この監督は、買い物を後ろから追って撮影する手法にはまっているようだ。
臨場感はよく伝わってきた。
>|