アズミ・ハルコは行方不明の作品情報・感想・評価・動画配信

アズミ・ハルコは行方不明2016年製作の映画)

上映日:2016年12月03日

製作国:

上映時間:100分

3.1

あらすじ

「アズミ・ハルコは行方不明」に投稿された感想・評価

相手が自分に対して聞く耳を持ってない時は何を言っても無理。相手が拒否反応をしてる時はしつこくしたら逆効果。好意を取り戻すどころかますます嫌われる。言いたいことを言って去るか言いたいことをこらえて離れた方が良さそうやなと感じた。
女子高生は強い✨💪制服着てたら怖いもんなしで無敵やった🌟人数が集まると最強😊🎀おもしろかった😆👍
「あなたが幸せな暮らしをすることが最高の復讐である」
「消えちゃえば?一度消えちゃうの。消えて生きるの」
yuhei59

yuhei59の感想・評価

3.0
女子高生ギャング団はもっと悪い男たちをボコボコにしてくれー!もう一回見ることはないと思うけど、まあまあ面白かったような、やっぱりつまらなかったような。
キャストは良かった。時系列が交差してどう繋がるのかと探りながら見ていたけど、どこかスッキリしない…
行方不明の女性たちは
どっかで笑顔で楽しく生きてる
そうじゃないと割に合わないじゃない
松山洋

松山洋の感想・評価

3.0
単に構成が下手。時系列をシャッフルして見せる手法ってのはあると思うけどそれはキチンと演出意図に則してやらないと本作みたいに「わけがわからん」で終わっちゃうと思います。

蒼井優さんの演技が相変わらず突出して上手い。

高畑充希さんがこんなセクシーな役を演じているのも珍しくてそれだけは観る価値があるかもです。

作品自体のメッセージはちゃんと受け取れます。が、大半の人はやっぱりわけがわからないと感じると思います。

このレビューはネタバレを含みます

決定的なオチがあってそこに向かっていくというより群像劇の因果関係を敢えてめちゃくちゃの順番にすることで繋がりが一見してはわからないようになっていた。
時系列シャッフルは好きだけど、今作は意図の分からないシャッフル。

所々、言わされているようで不細工に感じる台詞回しもあった。
JOEJOE

JOEJOEの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

女性のための映画と感じた。スコアが低いのは男性???
社会的にも個人的にも精神的にも肉体的にもいつも傷つけられるのは女性だ。
いつ時間軸が繋がるかドキドキして観れたし、いろんな男のいろんな嫌な部分が存分に表現されていて良かった。
悲しみと夢が絶妙に混じり合って、ある種傷ついた人たちへの救済に感じた。

ラスト1時間28分の会話が最高。
◎このままじゃ私が可哀想だから復讐する
◎優雅な生活が最高の復讐である

短期的に見れるか、長期的に見れるか、価値観の違いに依るところが多い復讐の定義。前者的な私は後者になりたい。金言。
カナ

カナの感想・評価

5.0
女子高生たちが、なぜ男性だけに暴力を振るうのか、わかった。

最後の方の女子高生たちを見ると、10代だけではなく、40、50代の制服を着ている女性もいた。それがとてもステキだと思った。
女子高生たちが殴っている男性は悪い人じゃないかもしれないけど、間接的にある種類の男性を殴ってるんだと思う。
蒼井優さんが演じた役、かっけー。高畑充希さんもきゃわ。

あくまで私の考えだけど、この作品は「男女のステレオタイプ」を伝えたいんじゃないかなーって。
この映画の1番のポイントは、アズミ・ハルコの職場。社長(?)と副社長(?)の会話が腹が立った。職場の女性に「彼氏はできた〜?」「結婚して子供産まんと」「女は35過ぎたら終わり」。(今はセクハラになるのかな)
別にあんたらのために生きてねーし。なんで結婚して子供産むことまで決められなあかんの(家族に言われるならまだしも)。勝手に終わりとか決めてんじゃねーよ。なんて、考えたりして

私が尖ってて幼い考えだからなのかもしれないけど、女も男も関係なく、みんな人生があって、一人ひとり違う生き方をしてるから、マニュアルが準備されてる人生なんて生きてけないと思う。

もっと自由に生きる時代。
どんな話だったか覚えてないけど高畑充希可愛いかったのは覚えてる
時系列がめちゃくちゃで
とにかく見にくいし理解不能
ネタバレ考察読みながら並行して
映画観たけどそれでも分かりにくい

ストーリー性についての
個人的な好みはどうあれ、
春子と吉澤さんの絡みは面白かったし
吉澤さんの結婚報告には
私までスカッとして気持ちよかった

「35歳になったら女は終わる」
周りは声に出さなくても
世の中にはこう思われてるのかな
勝手な物差しで測られるの気持ち悪いな
>|

あなたにおすすめの記事