アズミ・ハルコは行方不明の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

アズミ・ハルコは行方不明2016年製作の映画)

上映日:2016年12月03日

製作国:

上映時間:100分

3.1

あらすじ

「アズミ・ハルコは行方不明」に投稿された感想・評価

蒼井優ハマるね、こういう役
最後のJKが逃走するシーン、蒼井優のセリフの比喩そのものだけど、かっこいいんだか悪いんだかよくわからん不思議な気分になったなぁ

とはいえ面白かった
高畑充希が珍しくはっちゃけた20歳で出てます。謎の暴力高校女子。アズミ・ハルコは行方不明、実際のハルコは自分に自信がもてず、生きている実感がもてない女性を象徴していて、やり場のない彼女達はいったりどこに向かっていくのか…やり場のない憤り
わたか

わたかの感想・評価

3.8
蒼井優と高畑充希が好きな私にとっては好きな映画だった。

JKってやっぱり強いね。
AE

AEの感想・評価

-
毎日 なんか楽しいことない?

なんかないかなぁ?

ってギャーギャー言ってる

ラストがわからーん
ramenman

ramenmanの感想・評価

3.0
原作を読んであざやかに画が浮かぶような描写はいくつもあったのに、いざ映像になってみると、思ってたのとすこし違った。
カケル

カケルの感想・評価

3.5
地方で生きていくことと女性であることの閉塞感を描いた映画。

時系列のシャッフルは話への没入感の維持されたし、2時間を切る上映時間も見やすてよかったが何か物足りなさを感じた。
女子高生は抑圧からの解放のメタファーなのかな。
荒唐無稽なだけかと思ったら、時間軸が相互していて、謎解き的な要素もあった。最終的にどういうことなのか分からなかったけど、現代の息苦しさとか、ジェンダー的なものとか、監督の伝えたい事が点在してるように思えた。蒼井優が素敵。
男に対する復讐のお話し。
個人的に、現実とファンタジーをごっちゃにされると戸惑うのでやめてほしいと思った。(指鉄砲のシーン)
あと、アズミハルコはいつの間に28歳の誕生日を迎えたのだろうか。
ai

aiの感想・評価

3.7
痛々しい高畑充希とメンヘラな蒼井優。

全体的に虚無感とか田舎の若者の気持ちにリアリティがあって良い。

蒼井優のメンヘラ感は上手すぎて
ずっと見ていたい。
marron

marronの感想・評価

2.5
時間軸が よく理解できなかった
女性の監督かと思ったら違った(原作者は女性)

女子高生時代が一番。最強!
というのを見せられると、苦しい 切ない気持ちになる

がんばれ!女の子!!
>|