キングスマン:ゴールデン・サークルの作品情報・感想・評価 - 594ページ目

キングスマン:ゴールデン・サークル2017年製作の映画)

Kingsman: The Golden Circle

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

4.0

あらすじ

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営…

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

「キングスマン:ゴールデン・サークル」に投稿された感想・評価

Mi

Miの感想・評価

3.9
2018.1

一作目の方が好き

これも好きだけどちょっとモヤモヤ

チャーリー候補生失格になった時に記憶消さなくてよかったの?
79点。前作よりも更に荒唐無稽に振ってきて、もはやアニメ並。「CGや合成リアルに馴染まなくったって、こんな面白いカメラワークやアクションしてるよ、こんなワクワクする美術設定だよ」というのでやり切っていて良い。

国家レベルのブラックジョークだらけ。エロもグロもちゃんとポップに入れてくる大人向け映画。007にオマージュ捧げつつも、絶対に新しいものにする!という心意気もいい。

ただ、流石に長すぎ。あの人の設定もいまいちグッとこない。あと、こっちに振るなら悪役を前作よりもっと漫画的にしないと…まあサミュエルLジャクソン越えは難しいのだろうけど。

あらゆる面で前作の方が傑作だと思う。

※ネタバレコメント欄に
スカッとアクション!サイコー!

ブラックジョークもサイコー
観てきました。夕べ。うーん。
(キングスマン ゴールデンサークル)は
全然悪くないんだけど、
うーん、面白いとは思うだけど、

半日うにゃうにゃ考えてたんですけど、
結論から言うと、面白いけど
面白くなかったなぁ〜と。
明日また違う感想言いそうだけど。

この映画はね、悪くないんですよ。
最近のハリウッドの流れの
(リセット感)と、これまた
最近のハリウッドの流れの
(前作キャラへの雑な扱い)が、
どーしても、どーーーーーしても、
『面白かったぁ〜〜〜!』と心から
思えなくさせるんですよ。

何度も言いますけど、
この映画は悪くないですよ。

エイリアン2で死に物狂いで守ろうと
したニュートはエイリアン3でどうなり
ましたっけ?そりゃないよって
思いませんでした?

スターウォーズ最後のジェダイ、
マイティソーラグナロク、
スタートレックBeyond、
みんなみんな映画としては
本当に面白かったんだけど、
(都合よく仲間を死なせ過ぎ)
じゃないかなぁと。こっちだって、
それぞれのキャラクターに愛着あるんだ
けどなぁ。

映画はね、面白かったですよ。
20世紀フォックスの上層部からも
前作の熱烈なファンからも、
面白いの作れよーって半端ない
プレッシャーの中マシュー頑張った。
出来れば、もっと吹っ切っても
良かったけどね。

しかしチャニング・テイタムは、
この作品にしろ、(ヘイトフルエイト)に
しろ、よく出る気になったなぁ。
感心するわ。エージェントの顔が見てみたい。
R

Rの感想・評価

4.5
なんなんですかこれは~~!?

友達にオススメされて観たけど、ピタッとハマった。最高でした。
1作目を観ていなかったのですが十分楽しめました。(鑑賞日の夜に即1作目を観たらいろいろ繋がっていたので観てからのほうが良いとは思います。)

まず、スパイ組織の表の顔がスーツの仕立て屋っていうのがかなり粋ですよね。そして、エグジーもハリーも格好良すぎる~!華麗なアクションに目が釘付けになりました。武器が傘?バッグ?ペン…?設定からストーリーまで全てが素敵でした。

1作目には無くて、ゴールデン・サークルにあるもの、それは「涙が止まらないシーン」と「可愛さ」ですね。個人的にはゴールデン・サークルの方が断然好きでした!続編やらないかな?エグジー惚れたよ…
近年、世界問題と化している
「銀魂問題」、それを助長させてしまった今作……何とも心残りでならない。
ここで改めて銀魂問題について、何かを説明しよう!(僕が言っているだけなので知っている人は僕の友達しかいない…つまり、いない)
銀魂問題とは、銀魂、デッドプール、TEDなどに代表される、
分かる人には分かるネタを大衆映画で連発する事により、
観客は元ネタを知らなくても、その場の雰囲気で
「へへっ…(゚∀゚)//」などと周りに合わせて分かっているかのように笑ってしまう現象である。
エルトンジョンが特にそうで、
アメリカの歌手なんだろうな…と思えば観てて分からないって程ではないが、誘拐されて、歌う曲とか、オカマ口調だったり、アレしてたり、分からないけど雰囲気で笑っている人も居るのかと思うと複雑な気持ちになる……。
最近、昔の歌手、俳優ネタとかメタなギャグを挿れるの流行ってるけど、分からない人が同調して
「知ったか笑い」をしているの見ちゃうとなんか情けなくなるって
いかにも僕は全部知ってる風ですが、分からないネタがあると普通困惑するじゃないですか、僕は分からない時、静かに周りを見渡すとワンテンポ遅れて…「へへっ」
と笑う人居るじゃないですか!
アレがイヤだから、分かりづらいネタとかギャグは分かったら笑えるけど、さー、、如何なものか、:)
…と、リックアンドモーティで言ってましたよ。(責任転嫁)
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
昔のスパイ映画を現代アップグレードするという、「オースティンパワーズ」とは別のアプローチでヒットした前作。
特に景気のいい大量殺戮シーンは心底感動したし、こういった下世話な欲望を満たしてくれる映画だと期待して今作も観に行ったが、

これと言って無かった。(人間ハンバーグってさ、、ひき肉にしたらもう分かんないし、人体欠損描写も雪山でチョコっとだったし。。)
アメリカ政府批判(特にトランプ)とか、麻薬問題も、風刺風なのもいいけど結局伝えたいメッセージは
「麻薬ダメ!絶対!」以外に無いのか。
ストーリーとしても、隙があり過ぎでした。アクションのためのストーリーというか、クライマックスにクライマックスのつるべ打ちで誤魔化しきったつもりなのか。
途中そこ伸ばすの!?という、シーンが多い。
(解毒剤サンプル作るからって一本だけ盗むとか、少な過ぎだろ!その後割っちゃう展開ありきでしか無いし、黒幕の動機が取って付けた感が凄いし、というかこの世界にはイギリスとアメリカしか無いのか!?二カ国だけで片付く話じゃ無いだろ!?あ、途中イタリアがあったか…)

ほぼ誹謗中傷だけになってしまったが、凄く良いところもあった。
ジャングルの山奥に50'sアメリカンな街を再現したあのテーマパーク感!よく思いついたなぁと心底感心した。
あと、細かいガジェット、(時計とか、ケース型マシンガンとか、あの傘とか)良かったと思う。
続編は……これ以上何を作るか想像つかないけど、キック・アスみたいに2作目で終わりになったら……
ちょっと寂しいと思う程度に続編が観たいと思いました。
(皇職に就きながらスパイ活動って……どうなるんだ?)
ps:イオンシネマで観たんですが、最悪でした。とにかく客層、
ジジイとババアがやたら多く、銀色のうちわで扇いでるんですよ!
反射するでしょ?オイ💢
マナーが人を作るって映画観てて
テメエは何してんだ!?
ひ

ひの感想・評価

3.8
ちゃんと楽しくて良かった
エグジーかわいすぎる
アメリカの描かれ方ヤバくて笑う
ジュリアンムーアは最高
でも前作にあった英国紳士萌えが全然なくてまるで違う映画だった
七坂

七坂の感想・評価

4.1
あのコラボ商品を考えた奴は誰だ。

前作が好き過ぎて期待度は上がりに上がっていたんですけれども、その期待には概ね答えてくれているように思いました。前作では教会シーンが白眉ですが今回はそのようなシーンが三割増であります。前半のカーアクションで心を鷲掴み、ラストバトルでアガる。それまでが長かっただけにラストの興奮はなかなかのものでした。前回に較べると敵側はパワーダウンしてますけど、当然のように平均以上の代物を観客に見せてくる辺り、流石です。血が苦手なDJ(資産家でしたっけ)に代わるは、ドラッグの元締めであるサイコパス女。キャッチーなキャラクター性に潜む狂気を最初のシーンで持ってきたのは好印象。しかし、美味そうだったなぁ...コラボ商品が是非とも食べたくなりますね。
不満点としては、キャラクターの扱いと大味になり過ぎたストーリーについてでしょうか。ネタバレになるのでコメント欄の方で打ちますが、ストーリーに関しては前作で感じたセンスと小粋な皮肉は感じられないように思いました。やっぱり続編って難しいですよね。ステイツマンと共闘というよりは、あくまでも協力関係を結んでいるだけという感じでしたし、次回作に1以上の驚きと面白さを期待したいと思います。
ファッションや独特なカメラワーク、バラエティに富んだアクション!
楽しめました!!
でも、そこがちょっと自分には飽きつつもあるかな…。
前作からスケールアップしてますねー!
色んなガジェットが出てきて、、なんか漫画やアニメみたいだったり。
気品漂う映画だけど、、まぁグロかったり、ちょいエロかったりで(笑)。

エルトン・ジョンには何度も笑わせてもらった。
ペドロ・パスカルがどうしても月亭方正にみえてしまう…。。。
前作同様、マーク・ストロングはシブすぎるねー カッコイイ。

やっぱり《PRINCE AND THE REVOLUTION - LET'S GO CRAZY》いいねー♪
朝野

朝野の感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

爆音上映

最高!!1よりも面白かった!かもしれない
始まって早々ドキドキな展開で、これがあと2時間も続くのか!て楽しくなりました

エルトン・ジョンが絡むシーンはどれもおもろくて、マーリンが死ぬ時の挿入歌はずるい
人間ミキサーはぶっとんでてキングスマンぽかった

最後の結婚式のときに出てきた指輪が金の指輪で
あーーーだからこのサブタイトルなのね!!てなった