レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラードの作品情報・感想・評価

「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」に投稿された感想・評価

海風

海風の感想・評価

3.6
アントニオバンデラスの声いいな。ジョニーデップの役どころ...でもインパクトあるし、ポスター映えするから有りだな。
エル・マリアッチ、デスペラードに続いて、超豪華キャストで贈る今作を観た俺の感想を一言で表現。

「わー。ごちゃごちゃしてるー」
ic

icの感想・評価

2.6
内容はめちゃくちゃだしこんがらがるが何故だろう、かっこよく見えるエルというギター弾き。
かっこつけすぎると潔く絵に見えてきてしまう。
メキシコの街の景色と共にちょっと待ってくれと言わんばかりに過ぎ去っていくシーンの数々。あっという間に最後まで駆け抜けていく映画。
ジョニー・デップがC.I.Aと大きく書いてあるTシャツを着てるシーンでは思わず笑ってしまった。
カメラワークはとてもかっこよくここを撮るのかと目線に驚く。そして早い切り替えがまた、スピード感を誘う。

ささっと観れる映画だった。
琉太

琉太の感想・評価

3.9
やはりダニートレホ良い
スターに混じっても顔面インパクトは負けてない
りーん

りーんの感想・評価

3.5
マリアッチ…というよりバンデラスさんのかっこよさ変わらず!
彼は復讐してばかりだなと思いました。
おなじみのメンバーに加え、意外なジョニデさん。来てるTシャツが面白かった。
話が少し複雑に感じました。
でも、雰囲気と銃撃の派手さは色褪せることなくてよかったです。
Ryuji

Ryujiの感想・評価

3.0
話がちょっと複雑。バンデラスとジョニー・デップの絡みが少ないのも勿体ない。てか、みんな顔面濃すぎだろ。
 「エル・マリアッチ」と「デスペラード」は、話がつながっているようで、つながっていなかったように、本作もまた、「デスペラード」とは無関係ではないけれど、人物設定に違いがあったりします。要するに、エル・マリアッチ三部作は、ギターケースをもったおじさんを主人公にした、異なる内容をもつ作品集なのでしょう。
 本作では、アントニオ・バンデラスをはじめ、チーチ・マリン、マチェーテヘンタイおじさん、サルマ・ハエックなど、ロドリゲス作品の常連が出演していますが、ジョニ・デ氏、ミッキー・ローク、そして、トゥーマイが登場いたします。ロドリゲス氏は、しばしばお金のかかりそうな俳優に演技させていますが、今回はとりわけ大変だったでしょうね。
 本作のストーリーは、ロドリゲス氏のメキシコ愛で満たされています。とくに、ピビルというメキシコ料理がでてきて、それがおいしそうですね。ジョニ・デプ氏の役が、レストランでは必ずピビルとテキーラ・ライムを注文するのです。本作を観ていると、デップがカッコいいから忘れがちですが、彼の役のもうひとつの設定は、レストランのピビルがおいしすぎると(←これは彼の皮肉で、つまりマズすぎると)、そこの料理長を殺してまわる、というものです。ロドリゲス氏はおいしいピビンが食べたい、ということでしょうか。
 足が機関銃とか、股間が拳銃みたいな、アホくさい戦闘グッズも、やっぱり出てきます。ロドリゲス氏の諸々のインタビューを聞くと、彼がかなりまともなことを考えて映画を作っていることが分かるのですが、どうしてこんなにもジョークが低レベルなのでしょうね。ほっこりします。
kuma

kumaの感想・評価

3.5
女優さん超セクシー!ジョニー・デップ格好いい!ストーリーはまぁまぁかな。
 エヴァ・メンデスのロケットおっぱいに目が釘付け。ロドリゲス監督はアホな事ばかりしてて好きです。
当時ジョニー・デップ珍しいな?!と買っちゃった…🤔

マスク・オブ・ゾロ外伝みたいな感じ
>|