レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラードの作品情報・感想・評価

「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」に投稿された感想・評価

nago19

nago19の感想・評価

3.5
悪者ばっかりでよく分からなくなってきたけどみんな死んでゆく。メキシコの風景と、銃撃戦だけどアクション感覚で観ちゃう現実離れ感が面白い。アントニオバンデラスの憂いのある美しさは前作の方が。
サルマ・ハエックが回想シーンだけなのでちと悲しい。上映時間が長くなってるので冗漫な感じ。
男くさくてカッコイイ。
悪い言い方をすると「それだけ」
銃撃戦や騙し合いが非常にスリリングなんだけど、なんと言うか「もったいない感」が随所に。
フミオ

フミオの感想・評価

5.0
7,000 → 7,000,000 → 30,000,000

gracias!
fuck off!

とか

ローアングル

とか

manu chao

とか

観る度に好きなシーンが増えるぜー

第四弾、いつまでもー待ってるー
hrt2308

hrt2308の感想・評価

-
今さらながら初見。
8年ぶりの続編でもロバート・ロドリゲスの映像センスが炸裂する。
もう笑っちゃうくらいリズムがいい。
こういうホラ噺を大がかりに作れる実力が改めてすごいと思う。
ジョニー・デップ、ウィレム・デフォー、ミッキー・ロークなど演じて楽しそう。
エル・マリアッチ祭り③

3部作の最終章だが、公開当時シリーズとは知らずにこの作品から鑑賞。
加えて、ロドリゲス監督初体験作品は『スパイ・キッズ』であったため、巷の評価ほど嫌いではない。

ただ、改めて見直すと、ジョニー・デップ as サンズの介入のせいで話が中途半端になってるし、
スローモーションを多用したキメのアクションも無い。
何なら我らがサンタニコ、サルマ・ハエックも回想シーンのゲスト扱いだ。

だがしかし!本作はバンデラスの渋カッコよさでそれをカバーしている!

スローモーションが無くとも、前作より余裕ある応戦で、レジェンドに相応しい男になっていた。

今回、シリーズを一気見して気づいたのが、本作のラストの決着のつけ方といい、そもそもこのシリーズの設定といい、
ロドリゲスの『用心棒』や『座頭市』愛がダダ漏れしてるな、ということ。

この辺がタランティーノ共々、日本人に好かれる所以なんだろうなあ。
一言で言うなら、「カッチョイィ~」。それ以上でも以下でもない!!
アントニオバンデラスはセクシーでカッコよすぎ。ジョニーデップの変人キャラはあんまり好きじゃないけど今作では周りもみんなおかしいからちゃんとハマってたw
頭なんて使わないでセクスィ~な映画を見たい人にオススメ!!
mary

maryの感想・評価

2.0
1作目の方が面白いかな。今回は話の流れがガチャガチャしてた。
目のないジョニーデップがかっこいいよ。
ずみ

ずみの感想・評価

3.1
ジョニーデップが出演している映画。コミカルさとアクションの格好良さが相まって結構いい仕上がりです。
これは劇場に観に行ったんだけどなぁ〜。当時は高校生と言う事でこの作品の素晴らしさに気付かなかったな〜。
ロバート・ロドリゲスらしく全キャラ総立ち😁シリーズを通して描く愛と復讐と言うストーリーはブレませんが、これまたブレないアッサリ感。重そうな話しも弾丸と一緒に吹き飛びます( ^∀^)文句なしです。そしてジョニー・デップ演じるサンズが何とも言えない独特の雰囲気を醸し出します。こういう掴み所のないキャラを演じさせたら最高ですね(^ ^)しかし今観ると若いな〜。
彼の他にもウィレム・デフォー、ミッキー・ローク、エヴァ・メンデスと粒揃いの出演陣。そしてエンリケ・イグレシアスと言う裏技。ややウケです(笑)
アントニオ・バンデラスじゃないんだ( ̄▽ ̄;)で始まったエル・マリアッチ3部作。見事な終幕を見せてくれました👏
>|