ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

Vanillaice

Vanillaiceの感想・評価

3.5
今回良かった所はコンチネンタルでの仕立てのシーンとお姉さまがあえて自分で死ぬ所ですかね!
お姉さまの魅力が短いシーンだけで伝わってくる。
あの弟では跡継ぎには向かないわな!

アクションすごいけどやっぱり前作のが楽しかったしノレた!
セイゴ

セイゴの感想・評価

3.9
本作も、舞のような銃アクションが輝いていました~!!

雑魚キャラには、丁寧にとどめの1発を放つジョンさん!!
かっこいいッス!!
ただ、とどめの1発をしなかった敵が2人いました!
情けとかではなく、戦友として見ているんだろうな!(ケンシロウ)
恐らく、その2名はチャプター3でジョンさんの味方になるであろう!!
そのように、思いましたね!!

個人的には、前作と同じぐらいに楽しめましたー!
もう普通の作品になってしまって残念。
最愛の妻からの贈り物を心無い者に奪われ、怒りに燃える最強の暗殺者が、バシバシ敵を倒す、それが前作の良いところ。大いにカタルシスを感じられる良いところ。

今作は、ただのアクション映画。敵も前作の方が、完全にジョンを舐めてるアホ息子でキャラが立ってた。
他にもコンチネンタルで襲ってくる女暗殺者は、金に目が眩んで浅はかだなと思わせる良いキャラ設定。

今作はサイレントビューティーなボディガードくらいか…

ストーリー、キャラ設定、なんだかんだとノレナイ。

私の中でジョンウィックは終わった。
人がやっているゲームを隣で見ているような映画。
ジョンウィックが最強なのは爽快だが
1のほうがスピード感もありテンポよくて良かったな。
大した内容じゃないけれど
まだまだ続編を作ろうという感じが
恐ろしい。
このペースで闘ってると地球上の人間みんな殺しちゃうんじゃないかというくらい
孤独。
平穏に暮らしたいだけなのにね。
rena

renaの感想・評価

4.0
殴り合いをしてるときに、無意識に出てる声がまるで自分達で効果音付けてるように聞こえてちょっとおもしろかった。
前作も面白かったですが、こちらも良かったです。
みやん

みやんの感想・評価

3.9
前作も面白かったけど今作も良かった。アクションは相変わらずキレがあってテンポが良いんだけど(ただガンフーとかいう名称はホントやめて欲しい…)、それとは反対に傷だらけになってどんだけ戦っても報われないジョンの立場が切ない。

キアヌの演技はもちろん脇を固める闇社会の重鎮のおじさんたちも雰囲気あり過ぎで素晴らしい。

前作見て面白いと感じたら是非見て欲しい作品。他の方も言っている武器とスーツの仕立てシーンは超シビれる。
最強の男ジョン・ウィック。アクション映画ってあまり観ないけど、これは1からハマった!キレッキレの銃さばきと格闘。でもジョン・ウィックはあまり頭良くないのか?笑 そらそんなんしたらそーなるわ。っていう下りも好き😁
NAGISA

NAGISAの感想・評価

4.0
敵とバーで酒を飲んで会話したり顔を合わせたり出来るのは、コンチネンタル内では人を殺してはいけないというルールがあるから。目の前にいるのに殺せない。新鮮な設定だと思う
相変わらず、リズミカルにテクニカルに殺していく様は軽くマトリックス越えです。
shotaro

shotaroの感想・評価

3.9
本当に芸術。殺しの芸術。
銃殺メインだけどやり方こんなに多彩なんだなあ。噴水のシーンとか美しくないですか。美術館での銃撃戦も美しすぎる。やっぱり映画で魅せられ無いと意味が無い。アクション映画って,時に音楽を超える芸術なんだよね。第一弾は爽快ながらもまだありふれた部分があったけれど,当作ほど突き抜けていたら,「殺しの芸術金字塔」として後作に影響与えるんじゃないかな。
『ソナチネ』(1993)のエレベーターシーンを少し彷彿した。

当作では,4ヶ月の過酷なトレーニングで体得したというカンフーとガンアクションの組み合わせ(ガンフーと呼ぶらしい)が実践的かつ先鋭的というコンセプトで創出されたそうだけど,第三作では発想の新しさに引き続きこだわって「殺しの芸術」を更にクリエイティブに追求して欲しい。

キアヌの悲愴感が堪らなくgood。あと個人的に第2弾で名技「鉛筆で人殺す」が観れて大満足。