ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

MaKo

MaKoの感想・評価

4.0

ジョン・ウィックの相変わらずなアクション
ルビー・ローズ姐さんのかっこよさ
そして何よりも何よりもイアン・マクシェーンの渋さ。
前作に比べ格段にアクションが増えていて、ほぼ全編に渡りジョンのロジカルで流麗なガンフーを見ていられるのが本当に幸せだった。その舞台もブルーのネオンが美しい洞窟や、異世界感溢れる鏡張りの美術館などどれも魅力的。また前作で言及され、気になっていた鉛筆殺しも見る事が出来たし、物語的には本末転倒だが、冒頭に詰め込めるだけ詰め込んだカーフーも新鮮で、車が人にぶつかる際の音も良かった。
そして前作で好きだった殺し屋世界がさらに掘り下げられて描かれていて、そこも本当に楽しかった。コモン演じるジョンと互角のスキルを持つカシアンや手話で会話するアレスやバイオリン奏者、力士など殺し屋達も個性的で、特にカシアンとの西部劇風の撃ち始めはめちゃめちゃ格好良かった。
鯖

鯖の感想・評価

3.5
不死身かってくらいジョンウィックさんが撃たれても殴られてもぴんぴんしてるのが謎ですけど、おれのかんがえたさいきょうの殺し屋と殺し屋シンジケートのたたかい!がぞんぶんに描ききられていて好きです。防弾スーツとか血の誓いとかアホすぎて最高。すき。
Seiya

Seiyaの感想・評価

3.5
ストーリーはいたって普通だが、世の男共が一度は憧れたシーンを惜しみなく披露してくれる点では傑作かもしれない。
悪胡瓜

悪胡瓜の感想・評価

4.4
とても頭が良い人がよく計算して作った最高にクレイジーな映画(褒めてる)
むちこ

むちこの感想・評価

4.3
いやあ、最高でした。やっと私の地域で見れましたよチャプター2。

評価を見る限り、随分と割れているようですが私はめちゃくちゃ楽しめました。

とにかく轢く・轢く・轢かれる・轢くだった今作。一体、どの位の人と車が轢かれ合ったのか数えきれませんでした。

前作よりもパワーアップしたアクションの数々。ジョンの正確なヘッドショットに流れる様なガン・フー。鳴り響く銃声と肉と肉がぶつかり合う鈍い音が、最高に私の脳漿びしゃびしゃにしていました。

個人的に好きだった点は、コンチネンタルのサービスですね!あれはワクワクする〜!裏社会のサービスにはキングスマンしかり、ワクワクするものがあります。防弾スーツの仕立てや、銃ソムリエ。銃のフルコース…なんというパワーワード。デザートまで付いちゃう。

私はもうこれだけでお腹いっぱい楽しめたのですが、まあ他の人も言っている通り残念な部分も無いとは言い切れない。ストーリー自体は前作の方が良かったとは思います。

まず、引っかかるのが「動機」なんですよね。復讐を燃やすにしても動機が今回は弱過ぎたんだと思います。まあ元々子犬殺されて、車盗まれた復讐に大量虐殺起こしちゃうジョンですし?「家燃やされたから」と言われたら「あ〜、ジョンならあり得る。」としか言えないんですけども。もう少し何かあればもっと良くなったんじゃないかなと。でも今回は犬殺されないだけ良かったね。

後、街中に殺し屋いすぎ問題。もうこの場にいる人みんな殺し屋なのではと思えてくる程のエンカウント率。公共の場でおっ始めるなって。無法地帯かよ。もう、あまりの遭遇率に笑いさえ込み上げてきますwww

ラストでは短気プッツン野郎ことジョン(我慢を知らない)が追放され、あらゆる殺し屋から狙われる羽目になってしまうわけですが、次回作もとても楽しみですね^^期待してます!


最後に、ジョンに鉛筆持たせちゃダメ、ゼッタイ。
yuu

yuuの感想・評価

-
Love the use of music with action. Great cinematography and can't wait for chapter 3.
福介

福介の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

2017.09.23 鑑賞。

ビビるくらい面白くなかったです。

命を懸けて取り戻しに来た大切な愛車を自分からバキバキに破壊する主人公。
チンピラにテキトーな恩をかぶせたら作れそうな”血の契約”とやらがあれば最大の禁忌に近いであろう親殺しも黙認するというオリジナル裏社会。
前作から大きく劣化したアクション。

監督と脚本が「かっこいい設定つくんなきゃ」「もっと展開をインフレさせなきゃ」という呪縛に囚われているように見えました。
タコ26

タコ26の感想・評価

3.7
アクションは前作よりもキレ、量共に増量。
返討ちに合う殺し屋達、とにかくヤリまくってますね、今作。
相変わらず笑えます。
酔っ払って、流し見が最適です。

このシリーズ、緊張感はないんですよね。ウィックがメソメソした奴で、所謂オレ強い系の映画の孤高の存在みたいなところがない。

笑わせる比重が大きいので、本来ならラストは絶望するとこなのに、なんか笑えてきます。

3で流石に終わりだと思いますが、ここまできたらこの笑える路線でいってほしいな。3だけやたら暗いとかやめてほしいかも
JIRO

JIROの感想・評価

3.8
基本的に頭と胸打ちまくる。
3で死亡エンドだろう。
犬は死なないでほしい。