モンテカルロ・ラリーの作品情報・感想・評価

「モンテカルロ・ラリー」に投稿された感想・評価

GaryKing

GaryKingの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

( 」゚Д゚)」おもしれぇ~💦
冒頭、手紙が少佐に届くまでのプロローグを観て、質の良いコメディだろうなと思った通り、モンテカルロ・ラリーを題材に、ラリーはもちろん、各お国柄を踏まえたジョークやスラップスティック満載で面白かった(≧∇≦)b

オープニング・タイトルがアニメーションと遊び心も効いている⤴

スコットランド・ストックホルム・アテネ・シチリア島・リスボンの五ヶ所からスタートし、それぞれのルートを走り、タイム・コントロールでタイムカードにチェックしてもらいながら、フランスのシャンベリーへ向かい、モンテカルロへGO🚗=з

出場するのは、個性豊かな面々。
役に立たない発明家のドーリッシュ少佐、経営権を賭けてるズル賢いオヤジ、賭けの相手の能天気なアメリカ人、目立ってはいけないソックリさん、1万リラの宝くじを車に変えた男と女好きの同僚、かしましい女三人組。

ドーリッシュとバリントンの二人組がツボ。身長差がコブクロ並みだし⤴
「では、祈れ!」に爆笑ヾ(≧∀≦*)ノ〃

クライマックスのラリーは、マジで「あり得ねぇ~~~っ!」の連続⤴
優勝者が逮捕!次点も逮捕!で、アンジェロ&マルチェロのイタリアンコンビが優勝🏆おめでとー( 」゚Д゚)」楽しかったよー💦
トニーカーティス久しぶり。ゴールドフィンガーさんがニコニコしてる。
とにかくひたすら娯楽追求のイギリス映画。1969年という年代考えると、スター集めて自動車レースだ!というテイストの作品は終焉の時期か。特筆すべき出来ではないが、ホッとするのも確か。ダドリー・ムーアが懐かしい。ロン・グッドウィンのスコアもビッタシ。‬
こういうバカバカしいけど心のほっこりする映画いい!!!テンポの良さもキャラクターの面白さもステキ!!
ひろ

ひろの感想・評価

4.5
様々なクラシックカーが雪山を、街中を、カーリング場を、ボブスレーのコースを、時には邪魔し合いながら、時には助け合いながら、時には人を跳ねながら、みんな一生懸命にモンテカルロを目指す映画。笑い死ぬかと思った。音楽も最高‼︎