ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

にゃん

にゃんの感想・評価

3.4
そのままの戦争って感じ。これ観る前にチャーチルの映画観たほうがなんとなく全体像がわかる
Seiji

Seijiの感想・評価

3.8
色々な視点からの1つの場面が繋ぎ合わさる時がすごく気持ちが良い

映画館で観た方が確かに良さそうな映画

普通に良い映画とは思うけど、
少し期待を寄せすぎた感は否めない
mk

mkの感想・評価

2.8
話全体がのっぺりしててわりかしに退屈。同時刻の違う場面を切り貼りして繋げる演出はまあええとして、大作然としてるくせに空戦シーンツッコミどころ多すぎて見る気なくす。映画館で見ればまた違ったんかも。
これまでのテンプレ戦争映画と違う事したかったんは分かるけどそれがおもろいかは別。おもろさが価値の全てではないけど。

同じ撤退作戦の日本映画のキスカと比べると救出作戦の描き方に差がありおもしろいかも。
イッサ

イッサの感想・評価

3.0
みなさんのレビューを見ましたが、この作品は劇場またはそれなりの音響システムがある中で観るべき作品だったのかもしれません。
Yumi

Yumiの感想・評価

2.0
ダンケルクって場所なんだ
英 仏vs独ってこと?
見た目区別つかないよね
戦争にヒーローはいない。クリストファー・ノーランは淡々とダンケルクの救出劇を描いている。主人公のいない戦争映画。きっとそれが許される時代になったんだろう❗
MOKA

MOKAの感想・評価

3.5
この前チャーチル観たから理解しやすかった。淡々としてるけど、見入っちゃう感じだった。
imil

imilの感想・評価

5.0
つらすぎる。
溺れ死ぬのもジョージが死んじゃうのもつらすぎる。
朝ごはんに食パンとイチゴジャムの日にゃ1日ダンケルクな心になる。
正直一回観ただけじゃ良さがわからない。
陸、空、海の三軸で時間も場所もそれぞれの戦いがあり、観れば観るほどノーラン監督作品の良さに気付かされます。
ハンス・ジマーの時計のカチカチ音楽がハラハラさせてくれる。

よくある戦争映画ではなく、撤退と救出をテーマにした映画なので流血シーンなどはありません。
ただ生き延びることの大切さを感じさせてくれました。
Aya

Ayaの感想・評価

3.4
クリストファーノーラン監督が好きなのでやっと見れました!

情景描写がほぼないので、結構背景とか事前知識がないとなかなか理解するのが大変な映画でした。非常に感情に焦点を当てず粛々と情景描写し、ただし、第三者的には観た人にこう思わせたいんだろうという思惑の元編集されてる、といったところでしょうか。

そして元々そうだったけど、これまでのクリストファーノーラン映画の中で最も音による緊張感の煽りがすごかった…。。。
会話が非常に少ないので、ほぼ音楽で状況説明していると言っても過言ではないレベル。地獄の黙示録…と言うと言い過ぎかもしれませんが、元々音による緊張感の煽りは上手かったですが、100分間ずっと音楽に緊張させられていた感があります。

空の青と海の青がとてもキレイで、起きていることとの対比が際立ちました。撃たれた戦闘機の煙が飛行機雲に見える。

戦争映画なのにセリフも顔も敵が一切出てこないのが、とても特徴的な戦争映画でした。空軍の少なさに驚きですが、あの場で職人のように1機ずつ敵機を撃墜していたトム・ハーディが最後敵に捕まるのが切なかったです…あの人が実在の人なら助かっていて欲しい…

クリストファーノーラン節はとても生きていましたが、インセプションとかダークナイトみたいな現実世界が舞台のフィクションの方が向いてる気がしました。