ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

のん

のんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

話やキャラクターを理解するより先に襲われて殺されそうになるストーリー構成と臨場感のありすぎる音楽で、来るぞ!とわかるより先に来る脅威ってのはこんなに怖いものなのかと。

途中で登場人物のキャラクター性がわからないまま話が進むことによって、主人公や主要キャラだから死なないでしょ〜みたいな安心感もなく最後まで気が抜けない。
敵も人間だというのももどかしい。

生きて帰った主人公?をはじめ、最後は落ち着いて皆幸せになるのかな思いきや
英雄になった空軍兵は、最後に幸せになれなかった所に、誰かが幸せになると誰かが幸せになれない…
どこまでも現実で、生きるのは難しいなと思った。
indstk

indstkの感想・評価

2.5
あんまよくなかった。引き込む音とか臨場感はいいんだけど、とにかく分かりずらいよーノーラン〜
K

Kの感想・評価

3.5
映画館で観て、ネトフリで2回目視聴。
英雄の作られ方を淡々と描いてたり、敗戦なのに国が浮足だっていたように感じたのは私がニヒリストだからなのかなと。
真っ直ぐにみても面白いし、背景調べてから見るのも面白い。
壺尊師

壺尊師の感想・評価

3.0
終盤まで淡々と陰鬱な空気。誰が誰やら分からなくなり、もはや飛行機も敵か味方かわからず。
今何が起きてるの?と思っている間に終わってしまった…。
広大な海の青さが際立つ。これは映画館で見た方が良かったな、と。
誰かに感情移入するようなドラマ性はない。
よく分からなかった。すみません。
戦地からの撤退を描く
鑑賞後には爽やかな印象を残すが、感動して号泣という作品ではないですね
そこにこの作品の語りすぎない良さも出てるのかなと思います。
Losers28

Losers28の感想・評価

1.8
正直退屈に感じてしまった。それぞれの場面での時系列がバラバラに表現されてて、主役は特に誰でもなく、戦争の恐怖と脱出までの救出劇を見ただけな感じ。
ドキュメンタリーと思うにしては説明が足りない気もする。
YO

YOの感想・評価

4.0
迫力がすごい
映画の良質な体験を味わえる良作
netflixで見られるけど映画館で見たほうが楽しい
M2

M2の感想・評価

3.0
革新的な映像が得意のノーラン監督が、どう戦争映画を映像化するのか?そこに尽きると思うが、個人的には名もなき軍人、民間人の撤退と救出、その中にある自己犠牲、愛国心をドキュメンタリー的に、戦争映画にありがちな派手な戦闘、ヒーローの活躍を削ぎ落として、ある意味淡々とした作りに残念に感じた。その際たる理由は誰が誰がイマイチわかりづらく、感情移入しにくい。ただしドイツ軍の攻撃は受けるが姿は見えないし、ハンス・ジマーの終始不安にさせる音楽は不気味だった。

余談ですが、ダンケルクと聞くと子どもの時観たジャン=ポール・ベルモンドのダンケルクの方が、印象深い。
18-44
たぶん事実に近い内容だと思います。戦争中に こんな事があったんだと 知るための映画だと思います。おもしろくはない!メメントの監督が大作戦争映画を作るとは、時の流れを感じる。おもしろくはない!
kurasaki

kurasakiの感想・評価

4.2
ただただ圧倒される
語り継がれるべき作品

英仏連合軍がドイツを攻めるが敗退し
チャーチル首相の命令で
40万人の兵士を撤退させる
ダイナモ作戦を映像化

爆撃で吹っ飛ぶ兵士
臨場感がすごい
映画館で観たらもっとすごかったんだろね

戦争を知らない世代だからこそ
一度は目に焼き付けるべき