ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

クリストファーノーラン監督ということでずっと楽しみにしてました。
内容が難しくて、なるほど!という感じではなかったが、分かる人が見たら面白いと思います!

このレビューはネタバレを含みます

普段戦争映画は見ないけれど映画館でやっていたので見て来た。ちゃんと祖国まで帰れるのかすごくドキドキする映画だった。何度も期待させておいて結局帰れない、の繰り返し。船の中で外からフランス兵に撃たれながら浸水してくる海水を手で抑えるところとかめっちゃドキドキした。
最後に飛行機のおじさんが捕虜になっちゃうオチがすごく個人的に好みでした!
がなず

がなずの感想・評価

3.5
3つの異なる舞台が、小気味良く展開されていくストーリー設計は、観ていて飽きることなく、物語に入り込めました。
もう少し、背景など下調べしてから観れば、尚楽しめたかなと思ってますが、素人目には、迫力ある戦争映画に映りました。
floal

floalの感想・評価

4.2
音も映像もすごいし、ドラマとしてもキャラクターの心情や葛藤が良く描けているし、戦闘シーンも面白いし、3つの時間軸が最後に収束する構成も良くまとまっている。大変優れた映画である。
以下、あくまでそれを前提にしての駄文だが、この映画が公開される前、ノーランに関する始めての研究書という触れ込みで『クリストファー・ノーランの嘘』という本が出た。買っただけでまだ読んでないし、ノーランの映画を全部見ている訳でもないけど、とりあえずこのタイトルから広げると、『ダンケルク』における最大の、明らかな嘘は「ノーランが実話に挑む」というあのキャッチコピーだろう。ダンケルク撤退戦は実際の出来事だが、この映画に登場するのは架空の人物と架空の物語ばかりで別に実話の映画化ではない。作戦に関わったうちのごく一部の (架空の) 人々にスポットを当て、その視点がチャーチルだの作戦の前日談だの、よりマクロなレベルへ広がることはない。
『ダンケルク』をとても楽しみながらも、違和感を持ったのはそこで、戦争を全体のスケールからするととてもミクロなレベルで描いていることが果たして適切なのだろうかという疑問が消せなかった。作戦に加わった多くの民間船がちょっとだけ映るのだが、彼らは基本物語からなんだか忘れられたかのような扱いだ。あれほどの大規模な実話を、極小化された作り話に変えてしまっていいものなのだろうか。他の戦争映画に対して、そういうことは普通感じないのだが、構成によるものなのか、あるいは「実話」を押し出したプロモーションのせいなのか、その辺り自分でも良くわからない。
ぐりこ

ぐりこの感想・評価

2.9
WWⅡの有名な撤退戦をクリス・ノーランが描いた。

おもしろかったのは、観客を主人公にするギミック。
・陸海空の3つのタイムラインをぶったぎって交差させる
・敵軍は決して見えない
何を描いて何を描かないかで、情報ない中脱出を待つ兵士の恐怖を感じさせる努力。
それに成功したし、ヒロイックなパイロットや船長で感動させることにも成功したから、商業的に成功したのだろう。

主観的感想としては、感動はしなかった。
「囮としてカレーに残って玉砕した部隊」や「英軍が無事撤退 万歳ってしてる頃に全面降伏した仏軍」のことを考えてしまった。

最後も「我々は、陸で海で海岸で降下点で(略)戦い続ける。決して降伏しない」だし・・・まぁ実際そうなんだけど。
戦争は嫌いだなぁ(当たり前)

結局のところ、
全方位からの攻撃に共に恐怖して、
脱出できた万歳!と共に感動できるかどうか、
が鍵だったのかな。


なお、綴りをみてダンカークじゃないのかと思ったら、フランス語ではDunekerqueと綴るそうな。納得。
時間の切り取り方が空、海、海岸とそれぞれ違ってて面白い。
マイケル・ケインどこかな探してたけど、あ〜隊長の機体沈んでるし…
君は生き延びることが出来るか?
ハラハラドキドキ感がハンパない圧倒的な画面づくり。
いちおう感情移入できるようにドラマがこさえてあるが、そこは大事じゃないんだなと。徹底的に映像の娯楽作。人類史上初の機関車の映画を観た人はこんな気持ちだったのかな?

このレビューはネタバレを含みます

昔のMRIに入っているような音と閉塞感。
ズブズブの干潟と長い桟橋。
白い泡。
わらわらと集まる小さな船に、歴史は夜作られる、の無線リレーを思い出してじーんときました。
ken

kenの感想・評価

4.2
何度でも見たい!!傑作!

開始1分で観客は戦場に送り込まれる。

そして、常にバックで鳴り続けるサウンド。

緊張感が半端なく、最後まで生きた心地がしない。