ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

おわん

おわんの感想・評価

4.6
歴史、特に世界史を学ぶと、事実だけを述べ、物語調にするとどうしても国の代表や司令部などにしかスポットが当たらないような所を、歴史に名を残さないような人を主役に推す事をやってのけてしまう監督の腕は誠に凄いものである。
歴史がよく分かる映画、ではなく、あくまで物語であるが、歴史好きには是非見て欲しい。また、歴史に疎い人でも、単純に物語として楽しめる映画にもなっている。
映画館で二回
海、空、陸からの三視点
英字のタイポが好き
美少年たくさん映像が綺麗
nIa

nIaの感想・評価

3.8
空撮は感動的だったけど 映像としての感動であり 映画としての感動があったかは全編通してもいささか疑問だ
Davy

Davyの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

クリストファーノーランの作品は好きだ。インセプションもインターステラーもメメントも好きだった。
そういう意味で期待をし、且つそれ以外の情報も全く入れないままに見に行ったが、この作品はサイコーだった。映画館で観れてよかった。

この映画で描かれているのは、ただ戦争で行われることだ。音楽は美しいが、だからといってその風景を行き過ぎて過剰に装飾をしているわけではない。
戦争は悪い、起きてはいけないことだ、と、この作品は別に言わない。
なのに見ている私は、もう嫌だと思うのだ。もうあの戦場にこれっぽちも戻りたくない、行くなら、国のために行け、というお前たちが行けばいい、と叫びたくなるのだ。
戦争は国と国との戦いで、兵士は駒のように殺されていく。しかしこのダンケルクにおいて、恐怖は敵ではなく、故郷が目の前にあるのに帰ることが出来ない、ということだ。敵がいれば憎しみが生まれるだろう、その憎しみが生まれないように私たちは考えなければならない。しかし。帰ることができない、という恐怖は、確かに敵が作り出していることではあるというものの、憎しみの相手を見つけることが出来ない。
ただ、居たくない場所に置き去りにされる。トミーとアレックスが乗った列車はイギリスの国民に両手を挙げて歓迎される、次の戦場に送り出すために。
敵はだれだ。どこにいる。誰もが自分が彼らを絶望に陥れているなど思いもせずに、知らぬ間に背中を押していることを、多分この映画は冷たく表現しているのかもしれない。
なちょ

なちょの感想・評価

3.8
セリフも少ないし時間も短いしストーリーも映像も至極シンプルなのに観終わったあとどっと疲れが…
観てよかった! と心から思えるけど 面白かった! とはなかなか言い難い 題材が題材だしドラマチックでもないし……面白いという感覚ではなく心にぶっ刺さって何も言えなくなる感じ、そんな映画だった
YukaOzawa

YukaOzawaの感想・評価

3.8
映像、撮り方が良い。
ストーリーはイギリス万歳映画。
まいろ

まいろの感想・評価

4.0
だいぶレビューが遅くなってしまいましたが、劇場鑑賞してました!

銃弾が本当に目の前に降ってきてるんじゃないかというくらいの臨場感を味わえる音と映像。観ているというより体感しているような感覚だった。

極限の中で、生きて故郷に帰ろうと戦地を彷徨う兵士たちの救出をメインに「戦場、海上、空中」で繰り広げられる3つの異なるストーリーの進行が繋がっていくという壮大なギミック!

それぞれに緊迫感があり、救出が困難な状況になるほどに固唾を呑んで見守ってました…。
かっこいいトムハも堪能できたしなにより劇場で観て良かった!
今日の昼食はダンケルク飯にします←
Yuta

Yutaの感想・評価

3.7
【こんな船になにができるのか?】

この映画は、絶対に映画館で観た方が良いと思いました。そして、活動休止中のOne Directionのハリー・スタイルズさん目当てで鑑賞‼︎

舞台は、1940年第二次世界大戦フランス・北部ダンケルク。
ダンケルクで生き延びる物語。
トミー役のフィン・ホワイトヘッドさんは、主人公で英国陸軍二等兵。
ピーター役のトム・グリン=カーニーさんは、ドーソンの息子。
アレックス役のハリー・スタイルズさんは、英国陸軍の高地連隊の二等兵で初めての映画出演だったのでそんなに出演シーンは少ないかなぁと思いましたが、思ってたよりたくさん出演していました。また、なんかの作品でも良いので出演して欲しいです。
キリアン・マーフィさんは、救出された英国兵。
ファリア役のトム・ハーディさんは、英国空軍のパイロット。映画に出演する時にいつもマスクを付けています。
ミスター・ドーソン役のマーク・ライランスさんは、小型船の船長でピーターの父親。
爆破、炎の海になる所は怖かったです。

CGをあまり使わず陸・海・空の視点でIMAXで観ることは出来ませんでしたけど映像は綺麗でした。
良かったシーンは、イケメンの男性が着水する時、窓が開けることが出来ず溺れかけそうになり小さな船で助け出す所は凄かった。
最後まで生き残ったアレックスとトミーが列車に乗ってる時、新聞を見てお酒を飲んで喜ぶアレックスの姿は良いです。

次の第41回日本アカデミー賞優秀外国作品賞で受賞しそうな感じです。

このレビューはネタバレを含みます

時間が合ったので見た、という感じだったけれど思いのほか好みの映画でした。
ストーリーがドラマ性にかける上に説明が少ない、三視点が並列して進むが時間も場所も割とバラバラなので時系列がややこしいなど、物語に入り込むタイプの映画ではないと思います。私個人はあーここで繋がるのか、みたいな感動がありましたが人によっては全く訳分からないみたいな感じになりそうなので。史実をちゃんと勉強しているとまた違ってみえるのかも知れませんが…
欠点はあれどとにかく臨場感が凄まじかったです。音響と映像などとにかく戦場の緊迫感を伝えていたんだと思います。船内で銃撃を受けるシーンの緊張感とかはなかなか味わえないと思いました。
とっても疲れた。
息つく暇なしってこういうこと
命削られました

にしても、終わった後、ものすごくしっくりくる効果音を思いついたのに忘れちゃった