ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

予告編を見ての期待度が高すぎた。
歴史的な知識が乏しく、よくわからない事も多々あったのが残念。もっと勉強しておけばよかった。ストーリー性を全く感じなくて、なんとも言えない。
ずっとハラハラドキドキして、緊張感があって、疲れたーー。弾丸の音とか、怖い。
でも実際の現場の雰囲気をすごく感じれる戦争映画なのかも。
今まで見てきた戦争映画は、負傷兵とかのグロい、汚いシーン、泣き叫ぶ系、が絶対あったので、なんかわかりやすいエグさっていうのがなかったのが印象的。セリフがまず少ない。
そのぶんわかりやすくない、心にくるものがありました。
おもんなかったなっていうのが第一印象だけど、レビューを書いてると色々良さがあったんだなと思う。そんな映画。
MasayanTK

MasayanTKの感想・評価

5.0
友達と見終わっての感想一言目「疲れた!」笑
1940年仏からの連合国軍撤退作戦を描く傑作。IMAXマジで映像と音がスゴいし、空爆されるわ溺れるわの臨場感で終始汗ばむ笑😧 陸海空の時間軸演出が完璧、飛行機堕としまくり船沈めすぎでなんぼ金遣うねん笑

4年後のノルマンディー上陸作戦でこの雪辱を晴らすのだー! (最後の「この映画をダンケルクでの出来事に人生の影響を受けた者全員に捧ぐ」てのが深くて良かった✨)
Toshiki

Toshikiの感想・評価

4.6
映画館で見て良かった。が、IMAXという存在は知らなかった。それだけ後悔。

そのまま写真にしたいカットがいくつもあった。なんと美しい戦争映画か。
N

Nの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

IMAXのでっかい音と画との相性は抜群。とくに射撃音やエンジン音が素晴らしい。でも個人的には同じ環境でプライベートライアンを観たいななどと思ってしまった。

ノーランにしては時間軸の弄り方が超シンプルでちょっと肩透かし。まぁ実話ベースだとあんまりやりようがないのかなという気もする。

戦争を生き延びることの偶有性、無個性性といったメッセージを強めるためだと思うが、あそこまで徹底してキャラクターを描かないと、正直物語を楽しむという要素はほとんど期待できない、、
本当に戦場における生と死が偶有的なもので兵士とは無個性なものだと言いたいのであれば、例えば主人公らしきキャラクターがあっさり死んでしまうとか俳優とは思えない程ブサイクとか、そういったよりランダムな表現もあり得てしまうわけで、逆にいうと俳優もったいなくね?と思ってしまった。。戦争記録映画じゃないんだしもっと幅のある演技をさせてあげても良いのでは、、、

ということで戦闘シーンの迫力は素晴らしいけれど、物語としては楽しめないし間断ない緊張感で終始煽られるのであまり観ていて気持ちのいい映画ではない。
みーき

みーきの感想・評価

4.9
trial and error。

終始ハラハラドキドキ...
これは無理ゲーや...
大人が始めて子供が戦争にいく。みたいなセリフが心に残りました。
40万投入しておいて引き上げは...個人は数字じゃないのよ...
ノーラン監督こういうの得意よね。
音がこわい...

今観れて良かったです。
従来の戦争映画とは
魅せ方が根本的に異なる
個々の心理描写を繊細に描く
ではなく
戦場に居合わせる
この表現が適切

史実に基づいているので
ダンケルクの戦いについて予習することをオススメ
台詞が少なく
予備知識が無いと状況把握が困難になる可能性アリ
IMAX次世代レーザーのほぼ正方形スクリーンで鑑賞。スクリーンのデカさに圧倒されてしまった。

映像よりも音の方にグッときた。船の底を貫通する弾丸の音に感動した。

ストーリーはあまり気にしなかった。ただただ映像に酔いしれるだけだった。

観終わった後にものすごい疲労感を覚えた。体力を使う映画だった。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

4.6
この映画を観た後、あの俳優が凄かったとはならずに、やっぱノーランすげぇ!ってなるからやっぱノーランすげぇ。笑

セリフも決して多くないし、ストーリーもシンプルで分かりやすいのに心に残るのはなぜだろう。
戦争の臨場感をカメラワーク、音響、俳優の表情で映し出す力に圧倒されました。
映画館推奨。
macha

machaの感想・評価

3.5
映像は迫力満点、常に緊張感があり息も苦しくなるくらいのリアル感でした。死んじゃう!早く敵をやっつけて!…でも敵って?敵国からしたらこっちが敵なのに…。戦争映画を観るといつも思います。
内容は、登場人物の顔もなかなか覚えにくく、ちょっと分かりづらかったです。戦争ものって背景を知らないとちゃんと楽しめないですね。社会科苦手だなぁ…。
クリストファー・ノーラン
彼はまた新たな時間軸のトリックを披露すると同時に、戦争映画の概念を根本から覆してきたか…