ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.9

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

TP

TPの感想・評価

3.5
3つの異なる時間軸のストーリーが同時進行…というアイデアは面白かったけど若干密度の薄さを感じてしまった。
kao

kaoの感想・評価

4.0
またしてもノーランの頭の中ってどうなってるんだろう?と頭抱えた。すごい。
ストーリー性は弱いから観る人選ぶ。
あとはトムハかっこよすぎる。
Kazuki

Kazukiの感想・評価

3.3
クリストーファーノーラン監督の作品とハリーが出てるという理由で見に行った。ダンケルクに取り残された兵士の緊張感が上手く表現してた。民間船が救助に向かうシーンで感動できると思ったけど、そこまで感動はできなかった。 でも、CGに頼りすぎない撮影方法を用いるクリストーファーノーランはすごいと思った
うぃん

うぃんの感想・評価

4.0
ノーラン監督の作品が好きで、映画館にてIMAXで視聴。

この映画は、観る人が”何を期待してみるか”で評価が大きく変わる作品だと感じた。

感動とかヒューマンドラマとかそういうのじゃなく、一言で言うと「戦争体験映像」だと表現できる。

とにかく圧巻の迫力で、地上戦では銃声の1つ1つでも自分が撃たれるような感覚を味わえる。
空中戦では戦闘機の旋回を肌で感じられる。
海戦では燃える炎の熱さ、油のベタベタ感まで伝わってくる…
ノーラン監督のこだわり抜いたフィルム撮影が生きている。

評価の分かれる作品だとは見た瞬間から感じたが、私は好きだ。

下手なお涙ちょうだいものよりも、妙に冷めた雰囲気で無駄な演出の中で、逆によっぽど戦争の恐ろしさと伝わってくるノーラン監督渾身の作品だ。
some57

some57の感想・評価

-
自分的にはあまりな印象。というのもカット割りのせいかあんまり内容が入って来ないかなと。でも戦争の無情感や緊迫感は伝わった作品。
Satoru1968

Satoru1968の感想・評価

3.0
インターステラーはかなりハマったけど、個人的にノーラン監督の作品は当たりハズレが大きくて。今作は、やっぱりなあという感じ。人物描写を敢えて排除した作りに挑戦したかったんだろうけど、感情移入出来ず。
aika

aikaの感想・評価

4.2

久しぶりに名画座で2本立てを鑑賞してきました( ∗ ˊωˋ ∗ )💓

フランスのダンケルクに追い詰められたイギリス軍とフランス軍の大規模な救出を描いた映画。初っ端の銃撃戦からぐっと作品に引き込まれました。その後も回想シーン等もなく台詞も少なめで無駄なところがなく、ただひたすらサバイバルでした。

陸、海、空の3つの視点で描かれているけれどもどこの場面に置いても、これはもう無理なんじゃないか、、と思ってしまうシーンばかり😞上げて落としての繰り返しで見ていて心がぎゅっとなりました。また、3つの視点の時間軸が全く違うところも面白かったです!

色々印象深いシーンはあるけれど、満潮になり船が浮かんだと喜ぶ陸と、海に不時着した機体が沈み脱出できない、2つの視点が対比されてた場面は凄くセンスあるなと思いました。

時間も場所も違うけれど、生き残りたい、故国に帰りたいという同じ気持ちが重なって素敵な映画だなと思いました( ᵒ̴̶̷᷄௰ᵒ̴̶̷᷅ )だらだらしてないのが、戦争の緊張感がより伝わってくるので好みでした◎

基礎知識がない私にとっては分かりにくいところが多かったけど、わかるのは戦争ではいろんなところでいろんな死があり、目立たなくても奮闘していた人がいること。
Mina

Minaの感想・評価

3.7
Blind Man: Well done, lads. Well done.

Alex: All we did is survive.

Blind Man: That's enough.
たち

たちの感想・評価

5.0
本当の戦争映画って感じ。
よく見る一人のヒーローとかって話じゃなくて、最前線で戦ってる兵士の心情、死と紙一重の状況での個々人の行動、言動をしっかり現実的に描いてた。

戦争は、簡単に命を奪うってこと、ヒーローはいないってこと、単に銃の打ち合いてことではないこと、人間の本性を出すこと、結局は運ってこと、間接的な犠牲も出てしまうこと、などを教えてくれました。

観ている時は常に緊張してました。個人的には、最後のパイロットの決断には感動しました。