ダンケルクの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて…

1940年、フランス北端の海辺の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。はるか海の彼方、共に生きて帰ると誓った3人。限られた時間で兵士たちを救い出すために、ドーバー海峡にいる全船舶を総動員した史上最大の撤退作戦が決行される。民間船をも含めた総勢900隻が自らの命も顧みず一斉にダンケルクに向かう中、ドイツ敵軍による陸海空3方向からの猛攻撃が押し寄せる。迫るタイムリミット、若者たちは生きて帰ることができるのか――。

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

あれ?
思ってたのと違った😅

これはたぶん映画館向きの作品だなぁ。映画館の暗さの中で 大きなスクリーンの映像と音響で見たら きっと自分もその世界の中にいるように感じられるんだろうけど おうちのちっちゃいテレビではイマイチでした😢
わー部屋で観てしまったけれど映画館で観るべき映画だった、しまった
会話やストーリーはほぼ無いと言ってもいいと思う、ただ第二次世界大戦下で追い詰められた人たちが生き残るために必死で頑張る
炎、爆発、海、小道具、衣装、汚れ、その他にもすごく作りこまれていてもうなんかとにかくすごかったよ
緊張感がなくなる場面なんてひとつもなかったし、一か所も安心できなかった
エンターテイメント!
こうた

こうたの感想・評価

3.6
飛び飛びで観たせいでよくわからん部分あったけど、映像が綺麗なのはよくわかった

船の底で穴ふさぐシーンで、1人降りたら軽くなってみんなが助かるって言ってたやつ、アホやなと思った
たきび

たきびの感想・評価

3.6
いわゆる戦争映画じゃない。戦争を題材にしたスペクタクルだった。登場人物の背景や関係性について言及されることはなく、淡々と物語は進む。暴力シーンや痛ましい死はほとんどない。
物語の構成と映像を楽しむという意味ではいいかもしれない。個人的には心にずっしり来るのを期待して観たから少し物足りなかった。
ウィキペディア読んだほうが泣けた。
MASARIDER

MASARIDERの感想・評価

3.5
こう言う映画に関しては、人それぞれ価値観や考え方が強くあるので、特別な感想は書きませんが、映像としてホントに良く出来ていて、退屈なシーンが無かったので、最後まで飽きずに観れました。

時間も無駄に長くなかったし。

でも、2回目はいいかなぁー。
見たことない角度とか視点から撮ってる映像は見応えあるけどストーリー性なさすぎて見るのがしんどくなってくる
Shimachi

Shimachiの感想・評価

3.8
目線は新しかったけど、説明、設定がわかりずらかったので、好きな監督ではあるが少しスコアは低いです。
8

8の感想・評価

3.9
ドイツに追い詰められたイギリス軍40万人、フランスのダンケルクから本国へ帰還するための行程を描いたストーリー。

イギリス首相チャーチルには「3万人助かればいい」と言われていたが、有志で小型の救出船を出した民間人の力もあり33万人強が助かった奇跡のダンケルク作戦。特に若い兵士を助けるため軍と民間人の力が合わさり、生き残り撤退するための敗北の話。しかし数多くの命を救ったこの作戦は作中でも出てきた通り、ある意味勝利と言えるのでしょう。

今作もノーランはCGを避けているため、戦闘機スピットファイアは実物を使っているそう。海辺の数千の兵士のほとんどはダンボールを人に似せているらしいです。笑 おもしろい...。

音楽が映画に与える影響の強さを実感した。スリルを与え続ける秒針のような音楽が効果的。人が死ぬシーンで死体をはっきり写すことが少ないため、一般的な戦争映画とは異なる、見やすい印象を受ける。

船に乗り帰還したい歩兵、スピットファイア操縦士の空兵、兵を救うための小船を出す民間人ひとりひとりの物語。それぞれに不幸が続くが、それぞれが成し遂げる、成すべきこと。インセプションとは違った形で進む3つの視点からのストーリーの進み方が特徴でしょうか。

戦闘機かっこよかったし、ノーラン作品はやっぱりすごい。おもしろかったです。
長谷川

長谷川の感想・評価

4.5
さすがノーランと言った出来。
タイムスケールが陸海空で個別に進み、同じシーンを幾つかの違う視点で見せる構成、ノーラン映画らしい効果的な音楽、冷淡な色調の映像が相俟って、非常に緊張感のある作品になっている。
全体的にしっかり纏まった、安心して観れる作品だと思う。
内容が全く頭に入ってこない。
戦争体験のVRというイメージ。