父親たちの星条旗の作品情報・感想・評価・動画配信

父親たちの星条旗2006年製作の映画)

Flags of Our Fathers

上映日:2006年10月28日

製作国:

上映時間:132分

3.5

あらすじ

みんなの反応
  • 硫黄島の戦いをアメリカ側から描いた戦争映画
  • 英雄は人によって作られるもので、プロパガンダにされることもある
  • 戦争が終わってからヒーロー扱いされ翻弄された戦士たちの人生の方に焦点を当てた異色の戦争映画
  • 戦争が生んだ悲しみや苦悩、差別などを描いている
  • 戦争は本当に怖く、人を殺してはいけないというメッセージが込められている
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『父親たちの星条旗』に投稿された感想・評価

mogtan

mogtanの感想・評価

3.5

戦場の現場の兵士と本国の人々や政府とのギャップ、帰還後のPTSDなどよく描かれている。
が、兄弟作品の「硫黄島からの手紙」と比べてしまうと、ストーリー、メッセージ性が少し弱い気が。
とはいえ、さすが…

>>続きを読む
tiara

tiaraの感想・評価

3.0

太平洋戦争末期の硫黄島。多数の戦死者を出しながらも、6人の米兵がその地に星条旗を立てた。やがて、その写真に国民が熱狂し、生き残った3人は英雄として祖国に帰還する。しかし彼らは、戦地に残した友を思い、…

>>続きを読む

戦争を分かった気でいる奴はバカだ
特に戦場を知らぬ者に多い
皆単純に考えたがる

英雄とは人間が
必要にかられて作るものだ そうでもしないといのちを犠牲にする行為は理解し難いからだ
父と戦友たちが危…

>>続きを読む
ayako

ayakoの感想・評価

-
登場人物が多すぎて、戦場で出てくる誰が誰か、誰と誰が家族か分からなくなる。
Masaki07

Masaki07の感想・評価

3.1
旗立てただけで英雄扱いされて、戦場から帰らされて国際買いましょーってやらされてたことを初めて知った。
37

37の感想・評価

3.6
アメリカと日本両サイドの視点で観れる貴重な映画。善悪つけられない。

戦時中の民間人の生活って日本とアメリカでこんなに違うって知らなくて驚いた。
matico

maticoの感想・評価

3.8

「英雄とは人間が必要にかられて作るものだ」

敵も味方も、
国に翻弄され、
戦争の犠牲になるのは、
いつもやさしい若者たちだ。

生き残ったとしても、
心の傷は一生消えない。

家族を、仲間を守るた…

>>続きを読む

硫黄島からの手紙を観た後に観ました。
知識が浅いので実際はよくわかりませんが日本が家族にもう二度と会えないと思えという考え方なのに対して生きて帰って恋人たちに会いたいだろという考え方に日本とアメリカ…

>>続きを読む
すがし

すがしの感想・評価

3.7
戦地で地獄を味わい、帰還後戦争プロパガンダにされて、その後はPTSDに蝕まれる
双方の国どちらの視点も救いがない
SANAWO

SANAWOの感想・評価

3.5

戦争が生んだ英雄のその後 #父親たちの星条旗 硫黄島2部作の一作目。戦争から凱旋した3人の英雄の苦悩を描いた物語。硫黄島での戦いを同じ監督が同時期に日本アメリカの両側面から描いているのが何よりも価値…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事