父親たちの星条旗の作品情報・感想・評価・動画配信

父親たちの星条旗2006年製作の映画)

Flags of Our Fathers

上映日:2006年10月28日

製作国:

上映時間:132分

3.5

「父親たちの星条旗」に投稿された感想・評価

クリント・イーストウッド監督の硫黄島プロジェクト2部作。こちらはアメリカの視点から。

硫黄島攻略戦を取り上げた派手な戦争映画ではなく、硫黄島の星条旗の写真を取り巻く話がメイン。

写真の彼らが戦時国債を売るための広告塔としてツアーに連れ出される。
式典の花火で戦場がフラッシュバックしたり、生き残って帰還している罪悪感から酒に溺れたり。このあたりの苦悩は後の作品のザ・パシフィックでも取り上げられてた。

ネイティブアメリカンのアイラ・ヘイズのエピソードが印象的。
先住民こそが本当のアメリカ人だと言われながらもアメリカの軍服着ることができて誇らしいだろ?と言われたり、酒屋からインディアンは出禁だと言われたり。
アルコール依存症に苦しむのも、現在もネイティブアメリカンにアルコール依存症が多いことを考えると気持ちが暗くなる。
そこを出してくるのもイーストウッドっぽい。

硫黄島上陸はプライベートライアン並みの銃弾や砲弾が飛び交う演出で良かった。
sayaka

sayakaの感想・評価

-
こちらもなかなか観るのが辛かった💦
目の前でどんどん人が死んでいく描写が凄い。あの現場にいたら頭おかしくなっちゃうな。

戦争って勝っても負けても多大なる犠牲の上に成り立ってたんだなぁと改めて感じる。
普通の人達だったのに訓練されて人を殺したり、殺されたりする。
国のためというより一緒に助け合った仲間のために命をかける。

そこにいない人達が戦争の正当化のために英雄を飾り立てる。
どんなことが起きても大きな権力を持つ人達で、都合の良いように物事は進んでいく。

そうやって世の中は成り立ってるのかな〜

2020年165作目
donk

donkの感想・評価

3.5
戦勝を象徴する一枚の写真を政治、経済的な理由で利用されて、あげく勝手に英雄視されて戸惑う主人公たち。

連日、アメリカ各地を凱旋して祝賀会に参加するシーンから、国全体が勝利に対してお祭り騒ぎなのを見ると、日本人としてはやや複雑。
kei

keiの感想・評価

3.5
「硫黄島からの手紙」と重なる場面もあり硫黄島の激戦が見受けられる。エンドロールの写真まで印象に残った。
風神

風神の感想・評価

3.3
クリント・イーストウッドらしい作品。

戦争のアメリカ側の苦悩を描いた
作品かと思いきや
プロパガンダに利用された人たちの
苦悩を描いた作品でした。
きょう

きょうの感想・評価

3.6
こちらの作品、以前劇場で観たハクソーリッジと重なる点もありまして…
戦争映画なので激しく残酷なシーンもあるのですが、どちらかといえば、この星条旗を掲げた写真に対してのアメリカ側の戦争の裏舞台、人間ドラマなどが大きく取り上げられています。
英雄にさせられた生き残っている3人の若い兵士は違和感を感じながら宣伝して動きまわり…真の英雄は戦場で勇ましく戦い亡くなった兵士であると訴え…
こちらの作品も内容的に深くいろいろ考えさせられました。
クリントイーストウッド監督らしく、優しく誠実に内容が伝えられているように思います。
日本側の視点から描いた硫黄島からの手紙も近々観てみようと思いました。
Yu

Yuの感想・評価

3.6
アメリカから見た太平洋戦争・硫黄島の戦い

硫黄島に掲げられた星条旗の真実

正義、英雄とは何か

華々しい功績、英雄、大義の後ろには政治があることもある
硫黄島の手紙は有名だから名前は知ってたけど2部作でアメリカ目線があるのは知らなかった。

“今”と戦場を行ったり来たりする構成だからか、独特の緊張感みたいなのがいちいち途切れるのはあんま好きじゃなかった。
ただ、
上陸作戦時の戦艦、駆逐艦、空母が連隊を組んで島の周りを囲むシーン。映画ではCG技術駆使して映像化してるはずなのに、エンドロールで流れてきた当時の写真がそのシーンのCGと全く同じ いやそれ以上の迫力で、映画を超えたノンフィクションが現実にあったことがなによりの衝撃だった。

エンドロールではその他にも当時の写真が何枚も流れてきたけど、あの状況で写真が残ってるのがなにより凄い。

この作品のテーマでもあった“写真”
50年、100年後に 我々が生きた“今”を伝える写真はどんな一枚か。

2020.296
Gatt

Gattの感想・評価

3.7
「硫黄島からの手紙」は鑑賞していたものの、未見だった本作。クロスオーバー部分は勿論あるものの、全く違う別のストーリーでした。

硫黄島で撮られた一枚の写真を巡って、英雄として祭り上げられた青年たちの真実と虚構の物語。決して感動作とは言いがたいけれど、戦場を体験した者こその深い悲しみと葛藤を感じる作品でした。

政治に利用されたり、ネイティブ差別を描いたエグさは好きですね。
白ケーキにストロベリーソースの下品な鮮やかさ、印象的でした。

正直、写真の撮られた背景について知識なく観ると、解りにくい。掲げられた写真の旗は、大佐の私利によって下げられた1枚目と違い、再度掲げられた2枚目の星条旗で、掲げたメンバーが違うということが前半では分からなかった。
あと、みんな同じ戦闘服で顔が3分の1隠れるヘルメットでの戦闘シーン、人物把握が正直大変だったので、ちょっと睡魔が、、、戻って再確認しちゃったのも事実。

思ったより心に響いて来ないのは、戦勝国の話だからだろうか。いや、きっと、好きなイーストウッドとは言いつつ、苦手な、スピルバーグの戦争モノという色が僕には強く及んだからなんだろうと思ってる。

明日は「硫黄島からの手紙」を再鑑賞します。
イーストウッド、車のエンジン音で車種当てられたりしそう。一方僕はどの名前が誰を指してるのか最後まで分からなかった。横並びに対して縦に並んで歩くことの孤独とアメリカ映画感。
>|