父親たちの星条旗の作品情報・感想・評価

父親たちの星条旗2006年製作の映画)

FLAGS OF OUR FATHERS

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

3.5

「父親たちの星条旗」に投稿された感想・評価

戦争とは、アメリカにとって、起きてしまうのではない。起こすものなのだ。政治家にとって、戦争は、ただのビジネスなのだ。それに対する Fuck you. Bullshit. Idiot. この映画から、たまに、そんな声が聞こえてきた。
(硫黄島の戦いをアメリカ視点で描く。)
戦争を知った気になってる奴は大馬鹿だ ?ってその通りです 硫黄島戦闘について色々調べるきっかけになった こういう事知ってる人知ろうとする人はどんどん少なくなっちゃうんだろうな どうしたらいいんだろう。
硫黄島からの手紙の米国視点

戦争メインやなくて英雄がどーのこーのって話しでした
あと時系列が飛びまくります
硫黄島に向かうアメリカの大艦隊は迫力がある
日本も必死で守ったんだろうけど、圧倒的な物量の前には流石に難しいよな〜
戦争映画を見るたびに、平和な世の中に感謝を感じる
はまち

はまちの感想・評価

3.4
こんな話だったのか。。。

英雄は、時には作り上げられるもの 
ってセリフが響きます。
硫黄島の上陸してからの戦闘は圧巻ですね。正に地獄の戦場といった感じに思いました。あんな中で「衛生兵! 衛生兵!衛生兵!」って連呼されたらトラウマにもなります。只空しい美化されない戦争映画ですね。
かみ

かみの感想・評価

3.4
硫黄島プロジェクトの一作目、アメリカ視点。
こちらの映画は硫黄島の戦いというよりは星条旗を掲げた人たちの闘いの後をメインに描いている気がした。
Kentaaaa

Kentaaaaの感想・評価

3.9
硫黄島からの手紙と同時に公開された、アメリカ視点の作品。硫黄島での戦闘が、いかに激しく過酷なものだったか、
戦争を美化していないところが良いと思った。
natsu

natsuの感想・評価

3.8
硫黄島からの手紙とまた違い、戦争に出た人とその身近な人が長い間戦争に翻弄されながら生きていくすがたが描かれている。戦争は時代を超えて人びとのこころに刻まれていくんだろう。
なおき

なおきの感想・評価

4.0
恐らく戦後1番有名な写真となった硫黄島の摺鉢山に星条旗を掲げる1枚。
最初から最後まで、1枚の写真をテーマに重厚なストーリーが描かれます。
アメリカ国民にとって星条旗を立てる瞬間の6人は英雄かつアメリカこそが勝者と確信させます。事実それはプロパガンダとして、お偉い政治家や富豪に利用され続けた若き兵士の苦悩が星条旗の裏に隠れていました。
生き残りの3人が、場面場面で硫黄島での経験がフラッシュバックしてズシンと重い一撃を見ている人に与えてくれます。
深く考えさせられる作品です。
硫黄島からの手紙も合わせて視聴して、想いを馳せるのも一興です。
>|