父親たちの星条旗の作品情報・感想・評価・動画配信

父親たちの星条旗2006年製作の映画)

Flags of Our Fathers

上映日:2006年10月28日

製作国:

上映時間:132分

3.5

『父親たちの星条旗』に投稿された感想・評価

かつき

かつきの感想・評価

3.8
善も悪も、英雄も悪者もいない。英雄なんてものは、必要にかられて生み出されるものなんだ。
NEOakiradj

NEOakiradjの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

史上初、日米双方の視点から描いた硫黄島2部大作
- Peter Travers, Rolling Stone

戦争を終わらせた1枚の写真。その真実。
- Gene Shalit, TODAY

ア…

>>続きを読む

「硫黄島からの手紙」のアメリカ視点ver
アイラが酒に溺れていく様…切ないな……
戦争に英雄なんていない、っていうのはその通りなのかもなー

登場人物の名前や戦争を生き残った"英雄"3人の苦悩等、全…

>>続きを読む
ねもと

ねもとの感想・評価

3.3
硫黄島の戦いをアメリカ視点で描いた作品。こうアメリカ視点で見ると、玉砕する日本人は怖かったと思う。硫黄島からの手紙と併せてみるとそれぞれの心情で描かれてるから両方見るべき
toshn

toshnの感想・評価

3.7

硫黄島の戦いをアメリカ側の戦争プロパガンダ的視点で描いているのがユニーク。
硫黄島からの手紙よりやはりこっちの方がイーストウッドらしいし、シニカルで面白い。
戦争に勝利するために失う代償の大きさがや…

>>続きを読む
ゆっき

ゆっきの感想・評価

3.8
2023年 7作目

硫黄島からの手紙を見たのでこちらも
描かれる目線が違うくて驚いた
アメリカらしさが出ていたと思う
アメリカからみた日本は恐怖でしかなかったやろうな
ほりそ

ほりその感想・評価

3.3
硫黄島からの手紙との二部作。アメリカ目線。
生き残った人の、生き残ったが故の苦しみがよく描かれていた。
T

Tの感想・評価

-
クリント・イーストウッド監督が太平洋戦争の激戦=硫黄島の戦いをアメリカ側から描いた戦争映画。
さ

さの感想・評価

-
ふたつの立場から戦争を描写する試みがとてもおもしろかった
硫黄島からの手紙のが圧倒的に面白いけど
たか

たかの感想・評価

5.0

 愚かだ...
 愚かだ...
 愚かだ...
 “本当に戦争を知っている者は、戦争を語ろうとしない。”
 “それは忘れたい出来事だからだ。”
 と言うナレーションで始まり、終始胸が締め付けられる内…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事