いつも月夜に米の飯の作品情報・感想・評価・動画配信

「いつも月夜に米の飯」に投稿された感想・評価

ろく

ろくの感想・評価

3.3
メンヘラパワー全開である。

主人公は山田愛奈。母親(高橋由美子。まあ老け演技がはまること)はやっていた小料理屋を捨てて家出してしまう。残るは従業員のアサダさん(和田聰宏)。

で、二人は小料理屋を維持するために一緒に働く。いやハートフルコメディかと思うじゃん。そしたら山田のメンヘラにびっくりなのよ。

普段はぼそぼそと話す癖に急にテンションあがると大きな声。まずアサダに結婚してもいいって言うんだけど振られる。その後失踪した母、高橋が帰ってくると(普段は喋らないくせに)激高。母緒に対し怒鳴りまくる。母も茫然とするけど見ている俺も茫然。でも和田は高橋の事が好きなので山田をフォローしながらも高橋側につく。夜には高橋と和田がキスしているとこを見てしまう娘山田。熱視線。怖いっす。

山田はあてつけのように酒屋の若者とホテルでH。服着ながらベッドで横たわる山田(謎演技)。そして酒屋の若者が仕事に帰るっていうと「まってよ!」とでかい声できれ(激高二度目)、トラックのハンドルを左からぐいってする。当然交通事故。

結局和田は帰ってきた高橋と結婚するといい、ともに結婚式をあげる。その結婚式の最中にまた山田のキレ演技。「私は浅田さんと結婚したかったのよ!でてけ~」結婚式場で母娘殴り合い(激高3度目。男なのに泣いちゃうぞ和田)。

その後は和田も夜中にひっそりと家を出る(当然結婚破棄)。そこにたたずむ山田(これはホラーですか)。「いかないで!」四度目の激高。いやこんな女子と付き合ったらダメ。和田は振り払って(でもちゃっかり彼女にキスはして)別れる。

最後は高校を辞め働く山田。ああ、これで終わりとおもったらなんと就職先は和田のいる小料理屋。ストーカーですか。なのになぜか笑顔の和田。もう一回いう。ストーカーですよ。

海辺を二人で歩き山田のアップ。「また食べたい?」

怖いっす。ほんと怖いっす。こんな女子に捕まったらダメだという映画ですよ(違)。あ、でも嫌いじゃないです、この映画。新潟の食べ物もおいしそうだし。

高橋由美子が信じられない老け役。しかも上手。うーん、「南君の恋人」が好きだった自分としては複雑です。人はだれでも年を取るんだね。
其処にある想いに気づかない振りをするのは人の業の基本的な形ですがこの監督の映画は面白いです。
淡々と進んでいく少女の淡い恋心😊
なのに終盤あんな事になるなんて…😱
でも、結果オーライか…

このレビューはネタバレを含みます

2021年215本目
母親と離れてくらす千代里ちゃんはある日母親が失踪したことで、新潟の母の小料理で暮らすことに。そこの板前さんのアサダとその料理、優しいお客さんによって尖っていた心が丸くなり、アサダさんへ恋が芽生える。しかし、アサダさんはチヨリの母が好きであることが発覚、絶望していると 母がひょっこり帰ってくる。紆余曲折あり、母とアサダは結婚することになるが、結婚式でちよりは気持ちをアサダに伝え、式をめちゃめちゃにして結局母とアサダはダメになる。
最後は高校を中退し、調理師になった?ちよりはアサダさんの勤める店に面接にいって幕。
感動系お料理映画と思ったら裏切られてある意味面白かった。序盤のアサダさんが母が好きだと言うシーンとか、結婚式ぶちこわすシーン、母親が失踪してる理由なんかあると思ったら何もないなど、予想裏切られて笑った。最後の面接にくるところとかホラーかとさえ思った。あんまり料理食べるシーンなかったけどどうでもよい。あまり見たことなかったけど主役の子が美人で不幸少女かつミステリアスな雰囲気うまく出してて良かった。
abemathy

abemathyの感想・評価

1.5
初っ端からツッコミどころ満載だったので、ひっくり返してほしいと思って観ていたら、ラストシーンで背筋が凍った。そういうんじゃない。

おにぎりがあんまり美味しそうじゃなかったな。
2021年 465本目

主演の山田愛奈ちゃんと監督の加藤綾佳さんが私と同じ新潟出身ということで鑑賞
山田愛奈ちゃんは、「シグナル100」の印象

千代里とアサダさんの関係性はよかったのだが、千代里の母親が最悪だった
勝手に男作って、千代里に迷惑かけたのにも関わらず反省する姿が全く見えなかった

食映画というより、ドロドロした恋愛映画のようだった
pi

piの感想・評価

-
2021.08.10. Amazon prime video.
え、どうしてなのどうゆうことなの、恋話なのに、やだ、なに、これ、物凄く怖い。異常。ホラーというかゴキブリと似た場所から湧き出て来る生理的嫌悪が漂っていて震えるというかめちゃくちゃ気持ち悪い。でも、山田愛奈が超絶美少女。
アヤ瀬

アヤ瀬の感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

おいしい料理に”深夜食堂”顔負けのお客さん
お母さんとの確執も癒されての片想いも儚く
みたいな想像も儚く散る千代里の執念でした
minamo

minamoの感想・評価

2.8
想像してたのと全然違った。
終始更にあらぬ方向に行かないかとドキドキしながら見てました。
>|

あなたにおすすめの記事