ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.9

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

誰かのなにかのためじゃない。自分には音楽しかなくてだからその一音に一瞬に人生かけていて、あのラスト震えたなあ。悲しい美しい苦しい聴こえる音楽。映画おしゃれ。イーサン・ホークってもう何者だすごいなあ
はる

はるの感想・評価

3.4
最後の選択で、クスリを選んだというより音楽を選んだ。
切なかった。
なー

なーの感想・評価

4.0
薬物に飲まれ歯まで失ったトランペッター チェットベイカーの話。
歯を失い演奏者として厳しい立場に置かれた状況から、復活までの道のりを描いた作品。
この時代のアーティストは本当に薬物使ってる人が多いな。
ラストシーンが良かった。
皮タレ

皮タレの感想・評価

4.5
チェットベイカーってチャーリーパーカーの生き方に影響されて麻薬をはじめたのか…

私を楽器だと想って()
客が音楽を聴かずにおしゃべりしてるのを見ての落胆
チェットの復活、本当にかっこよく描かれてる
バードランドのライブ直前、昔の自分を取り戻すために再び麻薬をやるか、メタドンで我慢するかの葛藤
とにかく音楽がやりたいんだ

どんなに落ちこぼれた者にも成功や達成を喜ぶ権利はある
消えかけの炎は美しいことを再認識できる映画
イーサンホーク、かっこいいけどしなびた感じがとてもいい。チェットベイカーは男の弱さと色っぽさとロマンチックさをぎゅっと詰め込んだひとだな。アーティスティックなひとって、痛々しくて決して幸せには見えないのになぜこんなふうに生きてみたいと憧れさせるんだろ。お酒のみながら本物の彼の音楽ききたくなりますね。
トランペットもジャズも未知すぎて
なにが下手かなにが上手いかわからなかった

んーーー 悔しい
ハク

ハクの感想・評価

4.0
ヘロインやると「テンポが広がる」「一音一音に入り込める」「自信が持てる」とバードランド公演の直前にもらすチェット。
この辺りからラストにかけて、チェットの苦悩や孤独、覚悟描かれており、淡々とした演出とジャズの気だるい雰囲気と相まってやりようのない切なさがこみ上げてくる。
Null

Nullの感想・評価

4.4
Chet Baker.
甘く切ない歌声とは裏腹にこんな苦闘の半生だったなんて。
ただ、この人に音楽のない人生はありえない。いや、むしろ音楽に生きるしかなかった。
最後のトランペットが一層切なく感じられる


イーサンホーク渋すぎるでしょ
MaT

MaTの感想・評価

4.1
薬によって到達できる境地があるのか?
人類の技を引き出すのは薬なのか?

人間らしさを失ってもいい、音楽ができればいい、という弱さに対して、

彼の元を去った恋人の強さ
そーた

そーたの感想・評価

3.3
チェット・ベイカーの音楽に対する想いがラストシーンに全て集約されていた。
イーサン・ホークの演技も生々しく、繊細だった。
>|