ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.9

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

broccoli

broccoliの感想・評価

3.8
どうしてあんなに
心を揺さぶる、
美しい音楽を奏でる人たちは、
みな不幸な人生を送るのだろう。
ヘロイン、酒、自殺、夭折…
多くのジャズマンの
暗澹たる末路。

甘い歌声とマスクで
人気を博したトランペット奏者
チェット・ベイカー。
薬に溺れ悲しい最期を迎えた彼を、
美しく描いたファンタジー。

流れるジャズも、構図も美しい。
チェット・ベイカーの
甘い歌声には及ばないが
イーサン・ホークはハマり役。
雰囲気が素晴らしく胸に迫る。

演奏することに全てを賭けた
ジャズマンの人生が、
少しでも満ち足りた
ものであって欲しい。
そんなジャズ愛に溢れた映画。
観終わって音楽を聴きたくなる。
モティ

モティの感想・評価

3.8
トランペットのかすれた音色、セピアの色、どこかひんやりと感じるジャズの世界。イーサン・ホークのたたずまいでそれはなお渋みが増す。
泣いてるように笑うってああいうことをいうんだな、と。

演奏中に、青いスポットライトが彼を照らすの、とてつもなくかなしくて、とてつもなくかっこよい。
cinema

cinemaの感想・評価

3.9
イーサン・ホーク良かったぁ〜。ジャズ聞くのですが、このような生き方をした方だったとは初めて知りました。
iceblue

iceblueの感想・評価

4.3
クールでメロウ♪ ジャズがテーマなので、ちょっと退廃ムードがある感じがいいですね。ラストもよかった!
イーサン・ホークの話し方や演奏スタイル、目の演技はさすが。
ジェーンにあたる女性はいないということで半分フィクションとして鑑賞。
映画では彼女の存在感は大きく、恋愛ドラマとしてもとてもよかった。実在していたらよかったのに!
マイルスをかなり意識していたチェット。数々のトラブルを抱えた人生だけど、トランペットを心から愛していたのは伝わる。薬物に頼らないとあの演奏はできなかったのか…?

イーサン・ホークの歌うMy funny valentineがしっとりして素敵。でも本家はもっとゾクゾクしますね♪
himaco

himacoの感想・評価

4.4
ジャズ・トランペット奏者であるチェット・ベイカーの伝記的作品。

ドラッグに溺れ、転落していく人生。
女優ジェーンとの出会い。

車を停め共に過ごす2人の映像がとても素敵。

再生をかけたステージ。
I've Never Been In Love Beforeを歌い始める。
セリフもないまま展開していくストーリーをただ祈るように見守る。
イーサン・ホークの歌声、客席そしてジェーンを見つめる瞳に、曲の後半は涙が止まらない。

あまりにも余韻を後に引きずるので当分は観れない。

これを観て「ローズ」のモデルとなったジャニス・ジョプリンが浮かんだ。
音楽の天才とドラッグ。
こうき

こうきの感想・評価

4.7
チェットの人生が妙に手に取るように分かる演出で個人的に良い作品だったとしか言えない。

最後の選択はどちらに転んでも結局自分の為だから、正しいとかは無いと思う。人生はタイミングの一瞬で乗り越えなきゃいけないものも変わるし、大切なものも左右されるし、結局その瞬間自分にとってベストな選択をしたかどうかだと感じた。
Usay

Usayの感想・評価

3.5
想像してたのとちょっとちゃうかった どんでん返し系かなと勝手に思ってた
結構単調で官能的 ジャズやからスローテンポなってまうんかな
ラスト20分は8mileみたいで緊張した
しかしながらクスリはあかんでー まぁこれぞ真のアーティストて感じなんかな
airin

airinの感想・評価

4.0
My funny valentineが心地よすぎてそのまま寝そうになった。ジャズエイジと、その世代に生まれた人たちがつくるビートジェネレーション、たまらない。リバーフェニックスにしろ、ジェームズディーンにしろ、チェットベイカーにしろ、何でこうも。。。ララランドがすごくチープに見えた。
ジャズ詳しくないけど大学の友達に教えてもらってからチェットベイカーはずっと聴いてる。素人にも分かる格好良さと哀愁。泣く。
ktrmrt

ktrmrtの感想・評価

3.6
なぜだかわからないけどわたしには「イーサン・ホークはほんとにダメな男」というイメージが強くあって、この映画のまあダメダメな主人公を「演じて」いるイーサンを見ていても「ただのイーサンクズ映画」じゃん…と観ていてただただ哀れな痛い感情しか出てこなかったのですが、終盤のシャワールームのシーンから演奏シーン、そしてラストではじわじわ涙が出てきました。
>|