ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

大好きなチェットベイカーの知られざる半生
とても繊細で人一倍努力家
吐息のような囁きに
淡いモノクロがブルーに見えてくる。
イーサン・ホーク氏のMy Funny Valentine最高だった。
YM

YMの感想・評価

4.0
これは好みが分かれそうな映画。
退屈なお話に「お洒落」な海岸とジャズが添えられた映像達は雰囲気映画と揶揄されてもしょうがないよなぁとは思う(笑)
チェットベイカーやジャズが好きだったら楽しめると思うけど、興味がない人にはあまりお勧めしない

劇中の演奏シーンをもし本当にイーサン・ホークさんが吹いていたとしたら彼はありえん天才だ、マジで。ボーカルも上手だけど、特にあの独特の歌心が感じられるのはトランペット。半年でここまでいけるっていうのはどういうことなんだろうか…天は二物を与えすぎだ。
最後のイーサン・ホークの目で語ってくる演奏シーンは特に圧巻だったな。眼力の説得力が凄いし、曲がエモ散らかしてるので最高でした。
ももり

ももりの感想・評価

3.7
イーサン・ホーク、老けたなぁというのが第一印象。
けどそれがまた良い味出してた、、、
出し過ぎていた、、、、

チェットベイカーの何一つ飾らず自然体で生きている様がとてもクール。
ある意味でのBorn to be blueなのかな、なんて思ったり。

ブルーノートに一度しか行ったことのないにわか者だけど、チェットベイカー聴き始めました。
どうやったらこんなに哀愁漂う音色が出せるんだろう、、、
彼のマイフェアレディアレンジが素晴らしいので是非一度聞いてみてください
yume

yumeの感想・評価

3.7
現在を生きることが出来なかった彼と、その代わり未来にまで色濃く残る彼の音
「hello,fear. hello,death. fuck you.」
イーサン・ホークの掠れた甘い声が良かった
この時代の三大ジャズミュージシャンのチェットベイカーの話なんですが、物凄く良かった。邦題もいい。ミュージシャンにありがちな女酒麻薬が深く関わっている。芸術家や天才にある心の脆さやそれに対する乗り越え方が凡人からすれば何故そうする?と問いたくなるが彼にとってはそれが正解なのだろう。愛のために奮起するが最後に愛を裏切るような行為をしてしまい、ほかのミュージシャンはだまくらかせても、愛の前では技術など身につけたものは全部透き通ってしまうんだなぁと思った。ブルーに生まれついて、というタイトルのブルーも憂鬱など気持ち的なブルーや名曲のタイトルとしてのブルー、そしてジャズ界での俗語でのブルーもかかっていてうまいこと出来ているなとそこも凄い。

このレビューはネタバレを含みます

ジャズファンだけど、チェットについては詳しくなかったからちょっと分かりにくかったなあ。
でも、公式サイトにあった「チェット・ベイカーについて」を読んでやっとわかったし、勉強になった。

まあやっぱり、バードランドでのアウェイ感は凄かったでしょうね。
マイルス・デイビスの威圧感がスゴいし(笑)。
それにディジー・ガレスピーも出てきて、あのシーンはジャズファンにはめちゃ美味しかった♪
それに、後にディジーガレスピーがチェットを助けた話も、良いエピソードだった。

あと、パシフィック・レーベルのディック・ボック(リチャードボック?)とのやりとりなんかも良いね。
この頃のミュージシャンは、レーベルとの関係がいかに重要かがわかる。

チェットの歌は、今聴くと、こういうのもいいなあと思うようになったけど、若い頃は特に好きじゃなかったから、きちんと聴いたことがなかった。
この機会に聴いてみようかなという気持ちもあったから、私としては、イーサン・ホークでなくチェットの音源で聴きたかったんだけどね。

あと、イーサン・ホークはデイブレイカーを見てからというもの、吸血鬼に見えて困る(笑)。
イーサンは渋さ全開だけど、本来のチェットはもっと甘い感じだったのではないかな。

公式サイト
http://borntobeblue.jp/sp/index.html

このレビューはネタバレを含みます

チェット・ベイカーを演じたイーサン・ホークの色気。

あんなにもボロボロで、すきっ歯だったり、ヘロインでヘロヘロだったり、なのに、とにかく色気。

ジェーンとの痴話喧嘩、からの婚約指輪とプロポーズの流れが、可愛らしかった。

たとえベタだとしても、良いものは良いのです。

スタジオでのセッション「マイ・ファニー・バレンタイン」の渋さ。

そして、バードランドの楽屋での緊張感。

たまらなかった。

もちろん、誘惑に負けず、ジェニーを裏切らずに、ステージでの演奏に挑んで欲しかったが、あの選択は、弱さであり、業でもある。

哀しいが、人間味だ。

嬉しい時には10秒以上、喜ぼう。
ゆっこ

ゆっこの感想・評価

3.4
映画館で見れなかったのでNetflixで配信あってわぁ!!ってなってイーサン・ホーク見たさに見ますた!ジャズと女優(脚色らしい)ララランドと内容は、ちゃうけどオーバーラップしたっ!!!最近のイーサン・ホークは、し・ぶ・いね〜ビフォアサンライズが大好きですけどねっw以上
Megumi

Megumiの感想・評価

4.3
イーサン・ホークが主演を務めなきゃ完成し得なかったと思う、これは。

音楽家の伝記映画はいくつか観たことがあるけど、成功を収めてからの堕落を描いてることが多いイメージだった。これは、堕落後の再生・復活のお話。チェットの音楽なし、音楽を人前で奏でることなしには生きられない人柄がよく描かれてた。そして敢えて脚色として登場させた実在はしない恋人・ジェーン。彼女の存在が映画としてのドラマ性、チェットの人間性を引き出すうえで最高のスパイスになってると思う。

ジャズは軽く聴く程度だけど、チェットのトランペットも歌声もどこか儚さや物悲しさが一音一音に含まれてる気がしてとても好きだった。まさかこんな壮絶な再生劇があったとは。
一世を風靡した二大トランペッター、マイルスとチェットの関係はこんな感じだったのね。めーちゃめちゃ好き。マイルスの映画も観たい。
伝記だから知識があったらもっと入り込んで観れたと思う。
でもそれがなくても、イーサン・ホークの演技が素晴らしくて、感動できた。なにより色気・洒落気。
>|