ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

hito

hitoの感想・評価

3.3
大切な人は自分のこと信じてくれても、最後まで自分を信じてあげられなかったのね。でもそこに気がつく彼女はやっぱりさすがだなと感じた。悲しい結末。
ぽん

ぽんの感想・評価

3.5
好きなシーンは一つ!
自分の父親からもらったトランペットの部品を、婚約指輪として渡すシーン。物語のある指輪、素敵。。。

なんども薬を繰り返すチェットベイカーだけど、最後の最後、彼の人生の決断までずっと見捨てず、愛で包み続けたジェーンが良かった。
ジェーンの『応援してるけど、自分も大切なの』という言葉が印象的。どちらも上を目指す二人は、どちらかの成功のためにどちらかが犠牲になるようコントロールしてしまったら、関係は崩れていくのだろうなと、考えさせられた。
Luna

Lunaの感想・評価

4.4
歌も演奏も映像も全て良かった。イーサン・ホークに酔いしれた。妻役のジェーンも素敵だった。

マイルス・デイヴィスの偉大さは、ドンチードルの作品より伝わった。その存在を前にした時のチェットの怯える姿は痛々しい。
弱い心が唯一の愛を霧の中で手放してしまう。すがるような瞳だった。タイトルが胸に沁みた。
素晴らしい演技!
よねだ

よねだの感想・評価

3.8
チェットベイカー後期の話。
どんな偉大なジャズマンだって、やっぱり帝王マイルスデイビスにはビビる。
チェットは弱くて脆かった。だけどそこが味であり魅力なのか。
イーサン・ホーク、流石ですね
asaka

asakaの感想・評価

3.6
チェットもジャンキーだったのか…とかちょっと今後曲聞くときに影響しそうなそんな描き方。
しかしこんな悲しい復活があるかね…
イーサンの瞳の色が印象的。
kogacola

kogacolaの感想・評価

3.5
チェット・ベイカー後半の薬の依存。
イーサン・ホークが落ちぶれても、セクシー差が失われない魅力を上手く演じてる。
音への執念よりも薬の依存。
どん底から這い上がる運と実力と不屈の精神持っているくせに

そもそも
どん底に落ちちゃうほど、依存症で脆い。

こんなにいい彼女がいるのになぁ。

でも、こんな繊細な人の奏でるジャズだからこそ、心惹かれるものがあるのかな。

この映画自体、ジャズのような、大人な嗜みの映画。
イーサン・ホークの演技がリアル。

天国も地獄も見たラッパ吹き。

彼を支え続けながらも、自分の仕事も諦めなかった彼女の存在。

彼女がいたからどん底から這い上がれたんだと思う。

選んだ道は…。

自分で選んだ道だからね…。

失ったものは大きい。
りょー

りょーの感想・評価

3.9
音楽とかジャズとかぜんぜんわからんけど聴き入る観入るものがあった
イーサン・ホークが素晴らしい
イーサン・ホーク素敵。
人の合わせ持つ心の弱さと強さが滲み出ている。

バルブリングのプロポーズ、しびれる。
My Funny Valentineずっと聞いていたい...

ラスト。演出がいいな...
美しく甘いジャズと切ない現実がコントラストになってるような。

ああ久しぶりに、トランペット吹きたいな。
>|