ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.9

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

画家モディリアーニの伝記映画「モンパルナスの灯」を心の額に飾っているくらい、人生を芸術にかけた人間のドラマが大好きなんだけど、だからこそ大好物なテーマとドラマであるからこそ、もっと没入したかった!という不満が先に出てしまった。

画面が綺麗過ぎてショーケースの向こうにある世界に見えてしまって、技術的なことはサッパリわからない感情論なんだけど、没入できそうでできないもどかしさが最後まで続いてしまったというか、演出が全く肌に合わず、上部をなぞって「それっぽく」しているようにしか感じられなかった。
ただ、それを補って余りあるほどイーサン・ホークの演技が素晴らしく、彼1人でこの作品の魅力全てを担ってしまったんじゃ!と言えるレベル存在感は最高だった!!!
だからこそグッと映画に入りたい!ってジャンプしつつも届かない辛さが。。

伝記物でチェット・ベイカーの人物像が前提としてあるから一見さんは知ってから来てくれよってのは仕方ないし、「こういうものだ」と言われたら観客側が補間するしかないんだけど、伝記部分を取っ払って映画単体で見るとキャラクターの感情がイマイチ掴みづらく、天才トランペット奏者のどん底からの立ち直りって軸の裏にある深遠な愛をテーマにしながらも2人の互いに対する愛情がイマイチ伝わってこない。
展開はシンプルながらもハマれたら泣けるドラマだし、伝記だからってのを別としてもラストは映画の魅力を象徴しているようでとても良い。
そら吉

そら吉の感想・評価

3.6
今ホーム画面で流れているジャズを
聴きながら、このレビューを書いてます。

そのホーム画面がカッコ良すぎる!!

無駄な色合いを付けずに
白とブルーだけで書かれてる
「BORN TO BE BLUE」の文字…

そして、イーサン・ホークの
トランペットを持つ姿…

これだけでも、痺れまっす((((´Д` ))))


自分が少しオシャレになった気分w


内容は、実在したチェット・ベイカーという
トランペット奏者が、ドラッグに溺れていく
姿を描いたもの。

イーサン・ホークが
素晴らしい演技しとるけんね♡


ドラッグに溺れるダメダメな生き様を
これでもかと魅せてくれる。


特に、前歯がダメなり入れ歯で
一人お風呂場で練習するんだが…

血まみれの中もがき苦しみながら
演奏する姿に、もうやめてー!って思いました。


このチェット・ベイカーを
心の底から支えたジェーンという女性。

彼女なしでは、彼の成功はなかったと思う。


ドラッグの禁断症状を和らげるメタドン
より、彼女といることが…
彼女の愛こそが、禁断症状を和らげる
唯一の存在だったといる思う。

だから、ラストの切なさね…(ToT)

「ララランド」並みの切なさが味わえます。


皆さんも、その切なさの中で
ジャズに酔いしれてみては、いかがですか?
ジャスというものの危うさをよく表現している
ドラッグに人生を翻弄されたチェットベイカーの伝記的な映画
心の支えとなる恋人がチェットをつなぎとめる過程が美しい
最後はそうなるかという展開
ジャスって耽美でいいな〜
Born to Be Blue

西海岸?の美しい情景に感動

イーサン・ホークのしゃがれた綺麗な声してるなー

チェットベイカーの繊細で危なっかしいさ
それにジャズにかける思い

正直ジャズはビルエヴァンス、ルイアームストロングぐらいしか知らないど素人ですが

鑑賞後にチェットベイカーの演奏を聴いた時にヘロインに依存したり弱い一面を持つ彼だからこそ出せる繊細な音と歌声だなって思いました
kanape

kanapeの感想・評価

3.5
イーサンホークが素晴らしい。でもって今までジャズに無関心だったけど聴いてみようと思った。刹那的な人を見ると胸がキューっとしますね。
tmm719

tmm719の感想・評価

-
痛い。こころが締め付けられる。
イーサン・ホークのハマりかたよ。
才能を無駄にした男。いいね。大好き。
実家に帰りたくなるね。
キュートな恋人、いいなー。
堕ちる時ゃ堕ちる。
知ってる、
知ってるよー。

マリアッチコスイーサン。
おたき

おたきの感想・評価

4.2
たんたんとお話が進んで退屈かもしれませんが、ラストまで見ればその衝撃は計り知れないはず。

人というものを考えさせられました。
りま

りまの感想・評価

3.4
麻薬怖い


61
skk

skkの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

チェットベイカーの人となりに関する知識ほぼゼロで見ましたが、なかなかよかったです
血を吐きながらトランペットの練習するシーンといい、ラストの演奏前の選択といい(あそこで常識的な選択したら、話として小綺麗に収まってしまうものな…)、表現者としての業の深さみたいなものを感じました
全編通してジャズなBGMも◎
>|