赤い風車の作品情報・感想・評価

「赤い風車」に投稿された感想・評価

ayaco

ayacoの感想・評価

3.0
絵は知っていたけど彼自身については知らなかったので鑑賞。
低身長を演じるのに膝立ちで撮影した苦労がみえるカメラワーク。

ソファや小物、室内インテリアが可愛い。ファッションもレトロでおしゃれ。
Shima

Shimaの感想・評価

-
当時のムーランルージュの猥雑で陽気な様子や、人々の服装や室内の感じや、印刷所なども見ていて面白いです。(リトグラフの石版の大きいことと刷りの試行錯誤とプレス機で一気にすごいたくさん刷っていたことにワクワクしました)

しんみりした気持ちにはなったけど、彼は生涯絵を描いてそれが後世に残っている点で、酒場や路上のアル中の人々と違っていると思います。
全体的に淡々と進み、リアリティがあり、ラストシーンも救いがあったように感じました。
akira

akiraの感想・評価

3.0
ロートレックの絵だけを繋いだカットが多用されていて、歴史の授業で観る映像みたいだった。衣装に凝っている。
ラストは不幸なようで幸せそう。
ロートレックの伝記
あのキャッチーおしゃれなポスターたちを書いたのは足のわるいデカダンな生活にひたった孤独な伯爵だったみたいです知らなかった ロートレック展予習(ちゃんといこう) 舞台ベルエポックのパリ、ムーランルージュ 。ミュージカルのほう観たい…
ごじ子

ごじ子の感想・評価

2.5
一見実直で淡々とした伝記映画だけれど、現実のロートレックの出生、障害、才能がこれ以上になく劇的であり、これにムーランルージュの描写が加わることで静かながら濃密。美術史には疎いのですがそれでも濃密。
ハリウッド映画あるあるだけどロートレックの生涯を英語でやるってのにはやはり違和感しかなかったけど、ホセ・ファーラーの演技や工夫された撮影の甲斐もありロートレックをよく表現できていたし、何より夢幻的で哀愁溢れるラストが泣けた
わたしも間違えて借りてしまいました
が、ロートレックは面白い男だった
アパートがかわいい
kujira0420

kujira0420の感想・評価

3.8
ムーランルージュ違い、観たかったのこれじゃない。
けど、面白かった
エレファントマンほどではないものの足の短い薄気味悪い画家=ロートレックの伝記映画。
内容はほとんど覚えてないが、カラーがけばけばしくて良かった記憶あり。
ムーラン・ルージュ(赤い風車)の常連だった画家ロートレックの伝記映画。
恋愛面では不遇過ぎる短い生涯だけど、静かな情熱や生命力を感じられ、なかなか良い映画だと思います。足のこといじられるたんび激ギレすんの可愛い。佳作。
>|