スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

2019年2月NETFLIX 奇想系の映画にありがちな、入りは強烈なのにオチがもやもやっとしたものや何となく終わってしまうものが好きではないのだけど、これなどはいっそ豪快に放り投げられて逆に気分が良かった。何一つ筋の通らない、いい話なの?と思わせてちっともいい話にならない、見たまんま客に屁をぶっこいてトンズラかますような、豪腕でかわいらしくて頭のよろしくない映画だった。時間もちょうどいい。 
トム

トムの感想・評価

3.0
無人島に一つ持って行くなら何という質問の正答はダニエル・ラドクリフ(死体)だったのかあ。
しもむ

しもむの感想・評価

4.0
ミシェル・ゴンドリーのナイーブさに下品さを足して混ぜ合わせようなエキセントリックな世界観が炸裂してた。

閉じた世界のお話なのに反面、エネルギーに満ち溢れた作風が新鮮。
監督コンビのやりたい事やってる感が凄く伝わる。
ハマる・ハマらないはけっこう分かれそうだけど、この圧倒的なイマジネーションは一見の価値ありかも。
ポッターの尻…………
そもそも映画知識の乏しい自分ですが、本当に初めて見るタイプの映画でした。
ポール・ダノのダサさがたまらない。
他人への依存性が高い人、自分の理想と社会とのギャップを強く感じている人は結構刺さるものがあるんじゃなかろうか。
わからない人には1ミリもわからないらしい。おもしろかったらしいがコメディとして楽しんでいたみたい。
私は楽しみつつ最後ボロ泣きした口です。
下品さへの嫌悪感が凄いので良さが伝わらず損してはないだろうか?ただ今さらほんわかハートフルコメティになったとしても物足りないけれど。
Delpy

Delpyの感想・評価

3.3
天才か変態か狂人かスレスレの映像作品
zhengyuuu

zhengyuuuの感想・評価

3.4
んーwwwww
笑える下品さだけどwwwww
なんか結末が裏切ったから結局なにがしたかったのがよくわからんかったw
Chelsea

Chelseaの感想・評価

-
ダメ。。。私には無理だった汚すぎ。
ちょっと笑ったけど!!下品すぎて結構辛かった、ギブアップしそうになったもん。
ちょっと可愛らしい所もあったけど!!ただ正直ダニエル・ラドクリフよよく引き受けたなwwwwwwやばwwwwwwwwwwちょっと可愛いwwwwwwwwwともなりました、はい。
とても下品。
だけど、謎の友情を感じる不思議な映画。

最後はちょっと不気味。
いい話風なんだけど、なんだかぞわぞわする。
>|