二日間の出会いの作品情報・感想・評価

「二日間の出会い」に投稿された感想・評価

ミネリって本当にすげえと思った映画。ロバートウォーカーとジュディがエスカレーターで出会うシーンと一連のデートシーンは超おもろいし観てて幸せになれる。牛乳配達のシークエンスと翌朝の老夫婦と飯を食うとこが好き。都会の明るいところだけではなく、夜中のバーにいる不安を煽るような迷惑な奴も描いているのがえらい。が、2人が逸れた以降は若干退屈になったかな。ミュージカルじゃないミネリだったら『ボヴァリー夫人』に続いてかなりオススメな方だと思う。
傑作!
ミュージカルでないミネリも素晴らしい。

バスを追っかけて待ち合わせを決めるとこの多幸感から、駅で離れ離れになった時の焦燥感までの感情の振り幅が凄い。
どこまでも二人を追いかけるカメラが出会えない二人の苦しみをこの上なく引き出している。
ラスト、またも駅で別れてしまう二人なんだけど今度は強さが感じられる対比がまた上手い。
holly

hollyの感想・評価

3.5
ミュージカル黄金期の中心であったヴィンセント・ミネリ×アーサー・フリード×ジュディ・ガーランドによる唯一の非ミュージカル作品。
内容は、2日間の休暇でニューヨークにやってきた兵士のジョー(ロバート・ウォーカー)とアリス(ジュディ・ガーランド)が偶然駅で出会い恋に落ちるメロドラマです。
(兵士の休暇ものの映画、多いなあと思った)

ジュディが一切歌わないので退屈しないか不安でしたが、まったくそんなことないです!
電車の行き違いで2人がはぐれてしまうシーンなんかは思わずこちらもハラハラしてしまうほど、ぐっと惹きこまれました。
なんだか現代は携帯一つあれば当たり前のように連絡取れるけど、この時代はそうはいかなくて、48時間というタイムリミットの中で純粋に恋する2人に心洗われました。

皆が幸せに終わるミュージカルとは違って、切なさの残るエンディングも新鮮。
全てにおいて期待を大幅に超えてきました。おすすめ。

余談ですが、邦題よりも"The Clock"のままの方がよかったんじゃないかなー