鉄コン筋クリートの作品情報・感想・評価

「鉄コン筋クリート」に投稿された感想・評価

あ

あの感想・評価

4.3
最初のもやもやが徐々に晴れていって最後はしんどくなった。けどはっぴー
より

よりの感想・評価

3.6
衝撃的だった、
子どもが主役やからかな。
シロってすごい。
わたしの理想像〜
自分の好きな世界観として九龍城的な街並みというのがありまして、物凄くベタではあるんですが理想的なのがブレードランナーの世界観。
あの猥雑で雑多な雰囲気、多国籍でよくわからないモノで溢れかえっているワンダーディストピア。あれが好き。

本作の舞台である宝町も古き良き日本の商店街かと思えば、何故か時計台にガネーシャが飾られていたりのカラフルな混沌っぷり。
そんな街中を主人公のクロシロ兄弟が、縦横無尽にぬるぬる"とび"まわるんだから、それだけで堪らない。
クロシロ兄弟は宝町を根城にして、ナワバリを犯す奴には容赦ない制裁を加えるが、自分たちは早く町から出ていきたいという矛盾の存在。
そんな相反する性質は、町を塗り替えようと画策するヤクザや謎の組織にとりあえず喧嘩を吹っ掛けるアクションに繋がるが、町が変わっていく流れは止められないという一種の諦念の現れでもある。
そんな歪な現状を気持ちの良い"とび"はねで足掻いている姿は、エネルギーに溢れていて爽快ではあるが痛々しくもある。

本筋のクロシロと交わりながら進むネズミのカバーストーリーは顛末も含めてまんまヤクザ映画そのもので、映画2本立てのような豪華さがある。
宝町が大好きで、変わらないままの街にいつまでもしがみついていたいという老ヤクザの悲哀はクロシロとの対比にもなっていて印象的だし、色彩豊かでどこかポップなアニメーションの中でのノワールは一層際立つ。

最終的になんか絵も表現も抽象的になりすぎて、結末をぼかされた不完全燃焼感はあるものの、全体的な雰囲気は物凄く好みな一作だった。

声はほとんど俳優業の人で本職ではないけど、慣れてくればそこまで気にならないレベルかな。
ニノ、蒼井優、モックンは最初から上手かった。特に蒼井優のシロなんて結構難しい役だと思うけど、終始違和感なく声が馴染んでいたし。
めちゃくちゃ期待していただけに、すこしガッカリしてしまった。その不親切さが味なのかも。
先日、目黒シネマでピンポンとの二本立てを見た。数年ぶりの観賞だった。
全国上映当時は高校生の私。
大人といえる年齢に達した今、この映画は深い共感を私に与えた。
他人と関わることで、自分の欠けた部分に気付く。他人と一緒に、それらを埋めて、過ごしていく。
それの大変さ、面倒くささ。でも、大事なことなんだよ

劇中音楽のかっこよさに痺れた。サントラ買おう…大人になって気付く、木村と鈴木のかっこよさ。
木村真二の仕事がすごい

こういうBGマッピングしてゴリゴリ動かすの、最近だとペンギンハイウェイあるけど むしろ昔の方が多かった気がする

松本大洋の雰囲気出すために、アニメには珍しく広角多用て感じだったんやが
絵としては強いんだけど映像にするとそこまで快感が無いのが不思議

アニメはやや望遠が1番緊張感あるな

絵と映像のレイアウトは少し違う


すごい金かかってそうな映画だけど、きちんと興行回収できた作品だったのかな
ネズミかっこよすぎ…

終盤が精神世界描写ばっかなのはズルい。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

4.2
すばらしい傑作映画。松本大洋のクセが強い!
この無国籍な下町感の表現は流石のスタジオ4℃ですわ。キャラの魅力もさることながら当然の様に舞台となる“宝町”のビジュアルも主役の一つと言っていいでしょう!!!

そして、シロ・クロに始まり個性豊かなキャラクター達。従来のアニメや漫画の文脈に無い、目の小さなイラストレイテッドなデザイン。人体デッサンも独特なデフォルメがかかっており、他作品に類似性がないユニークさ。

このエキセントリックな作品を、アメリカ人であるマイケルアリアスが監督。この大胆な起用も国際感覚ある4℃ならではだね。
何よりマイケルには原作愛がある。この物語が好きでフィルムの隅々まで手をかけたのが伝わるのが嬉しい。

メイン声優は役者を起用している。クロ役のニノも上手いが、シロ役の蒼井優はレベル違いに上手いな!!!芸能人の起用はもはや珍しく無いが、これくらい上手いと寧ろ脱帽ですわ。
しかも子供の役なのに、割と声が低いんだよね。それが却って効いてる。「あんしんあんしん」などの飄々とした声も良いのだが、悲鳴や絶叫などの鬼気迫る演技の迫力は、その辺の声優じゃ太刀打ち出来ないんじゃないか?

宝町で暴れ回るクロ・シロに、再開発のヤクザらの抗争。
シロを守っている立場のクロだが、実はシロがクロの精神的暴走(イタチの出現)の歯止めになっているという相互補助の関係。
弱い立場なのに強いクロを守っているという、シロの純粋さ故の強さを上手く表現したことが最大の成功の秘訣だと思う。

蒼井優は能年玲奈(のん)に匹敵する才能だと思う。
最近は僕の中でアニメ映画ブームが来ていて、前から気になっていた作品をひたすらに鑑賞中。

これもずっと観たいと思っていた作品。
今日やっと鑑賞することができました!

まず作画が独特で面白い🤣

子どもが描いたような可愛げ(?)のあるキャラデザインの中にどこか寂しげのある作風、不思議な世界観、すごく好みでした!!

後半は僕には少々難しかったのですが、興味深いと思ったキャラクターも多く、映像も飽きさせないものになっていたので全体的に楽しんで観ることができました‼️

声優さんの演技もまぁ良かった。

クロの声はニノで全然合ってると思うんだけど、、
声がよく聞こえんのじゃ、w😅
ニノって声通んないのかな

元々冷静なキャラだから普通に喋ってる分には気にならなかったんだけど
叫ぶときの演技がw


でも結構好きになれた作品でした!
M

Mの感想・評価

4.4
この鉄コン筋クリートの映画はアニメ史に残すべき作品だと思う。

ふと思い返して何度も見に来て、その度にこの世界観の作り込みに圧倒される。

中学生のとき学校に行かず家で何度も見ていた宝町の空気と、エンディングで流れるある街の群青のイントロの心地よさが身体の毛穴に染み込んでる気がする。
僕にとってこの作品はエアコンで肌寒い夏の昼下がりの気だるさ。

ニノの演技は蒼井優がカバーしてくれてるからオッケー。


愛だけは信じろよ。
>|