ニューヨーク・ギャングスターの作品情報・感想・評価

「ニューヨーク・ギャングスター」に投稿された感想・評価

GoIzumi

GoIzumiの感想・評価

2.8
ニューヨークギャングスターって邦題かよ(笑)ヒロインがバ○ア過ぎないか?いやマジで。
まー

まーの感想・評価

2.0
ヴィンセント・ピアッツァ&パトリシア・アークエットのボードウォーク・エンパイアキャストが、マイケル・ピットの「ニューヨーク ザ・ギャング・シティ」と同時期(ゴッティ裁判)に起きた事件を描く…って偶然じゃないでしょw
違うカップルだけどやってることはほぼ同じだし。一緒に作れば良かったのにねぇ…
ジャケ借り失敗〜
みんなのレビュー見てから借りれば良かった〜
主人公もイマイチだけど、ヒロイン〜これは酷いだろ〜(>_<)
もっといい人いただろ〜に…
kirito

kiritoの感想・評価

1.0
【ギャング映画の末席にも入れたくない映画】

ジャケットのシーンはありません!
繰り返す。
ジャケットのシーンはありません!

マーティン・スコセッシ製作総指揮!!!

ええ。それだけでレンタルしてみましたよ。前評判を聞かずに。

1992年。ニューヨーク。
マフィアに入ることに憧れる青年は5大ファミリーの1つガンビーノ家に入るために陪審員の1人をすり替える計画を思いつき…

ふむふむ。実話に基づくものがたりらしく、つかみはいい。

……………………。


……………………。


そして30分後kiritoは思った。
つ、つ、つまらなねぇぇぇぇ。

え、本当にスコセッシ製作総指揮したの?
名前貸しただけじゃないんすか?これ?


まず、主人公の考えが浅はかすぎる。
こんなんでマフィアに入ろうとか笑止。
次に、他の方も書いてたけど、結婚相手になるローズがどう考えてもお母さんにしかみえないw

そして、アクションシーン無し!
どんぱちやってるシーンは広告詐欺か何かですか?


確かに、よく言えばボニーとクライドなんですけど、それとは雲泥の差。

出てくるギャングも全然怖くないし、5大ファミリーとか謳うならそれらしく描いてほしかった。

スコセッシが作ればもっと違うのができたのでは?と思えるだけに非常に残念。


まはや名作『アメリカンギャングスター』に邦題を似せてきたことにもイラっとする。
原題は『The wannabe』。

名作の多いギャング映画だけに視聴者の審査も厳しかっただろうに…

怖いもの見たさでの視聴もおすすめできません。
そっと閉じましょう。

2016.8.5
miho

mihoの感想・評価

1.1
ゲオでパッケージ観て借りたのですが駄作。最後まで観た自分を褒めてあげたい(笑)
まず主人公と恋仲のはずなのに、主人公の母親にしか見えない彼女に終始違和感。また主人公の薄っぺらい人生観。この映画は実在する事件の映画化。ということは、きっと実際に起こった事件も犯人もしょうもない故の映画のつまらなさなんだろうなーという結論に。とにかく、面白くない!の一言。
レンタル
現代版ボニーとクライドと言う程でもない。
アクション大したことない。
パッケージの場面無い。
少し期待し過ぎた。
パトリシア・アークウェットの老けっぷりが残念過ぎる。
黒羊

黒羊の感想・評価

1.0
つまらな過ぎてびっくりした!

マーティンスコセッシは、実在したギャングの考証の為だけに名前貸しをしたんかなぁ??

いやぁ〜清々しい!

この映画を観たからでしょうか?何故か部屋の風通しが良くなりましたありがとうございます!

などと叫びたいほどに!


清々しく最初から最後までつまらない!


途中で停止ボタン&2倍速で観る事をしなかった自分を褒めてあげたい。


「いいか観るなよ?絶対観るなよ!?」な前フリではなく、

自信を持って、スルー推奨な、
万人に絶対お勧めしない映画でした!
感想川柳「期待した ギャング映画じゃ なかったな」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

5大マフィアのボスの一人ゴッティの裁判が行われてる中、ゴッティのグループに入りたいトーマスは手柄を立てようと陪審員を買収しようと画策する。しかし逆にマフィアに目をつけられてつまはじきにされてしまう。そしてその最中に出会ったローズと賭場荒らしに興じていく…というお話。

現代版ボニー&クライドと銘打たれてた実話なので気になって観てみましたが、主人公はギャングスターどころかチンピラ以下だし、パッケージのような銃撃戦もないしハードル上げすぎた感は否めない。(。´Д⊂)

しかもトーマスの行動もよく分からんし共感もあんま出来ない(゜Д゜≡゜Д゜)いったい何を描きたかったのかな?