マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

4.0

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

panpie

panpieの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「マンチェスターバイザシー」
これを見た時に海沿いの街マンチェスターという意味なんだと思った第一印象。
グーグルマップで調べてみたらどうやら〝マンチェスターバイザシー〟という名前の街があるのだ。
人口5000人強の小さな町だそうだ。
そこが今作の舞台。


主人公のリー・チャンドラーは今日も家の前の雪かきをきっちりしている。
ここはボストン。
少し前にやっと雪かきから解放された我が身としては暫く雪は見たくないのだがちょっと懐かしい。
何故きっちりと雪かきをしているかと言うとリーの住まいは半地下で一つしかない明かり取りの小さな窓から日差しが入らないのだ。
窓がそこしかないワンルーム。
陽の当たらない何だか殺風景な部屋だ。

リーは便利屋だ。
担当する4棟のアパートの住人はトイレが詰まっただの浴室の水漏れだの文句たらたらでムカつくお客にも負けじと暴言を吐いて苦情がくる。
仕事が終わった後に飲みに入ったバーで女性に酒をかけられて声をかけるきっかけがあったのに会話を繋げないで終わっちゃうし挙げ句の果てには向かいで飲んでいた男性二人に「俺の事をなんで見るのか」と因縁をつけ殴りかかって行く。
酒乱なの?

そんなある日。
リーに電話がかかってくる。
マンチェスターバイザシーで暮らす兄が倒れたと言うのだ。
慌てて駆けつけるも死に目には会えず兄は1時間前に亡くなったと言うのだ。
兄は離婚して父一人子一人だったのでリーの甥にあたるパトリックに知らせなければならない。

パトリックは高校でホッケーをしていてリーはそこに伝えに行く。
パトリックがリーの処へ行くとコーチが小声でパトリックの友達に聞く。
「本当にあのリー・チャンドラーなのか?」と。
そこで嫌な空気が広がる。
リー、昔何かやったの?

ストーリーは時折過去を織り交ぜ交差しながら進む。
とても淡々と。

最初にまだ小さかった頃のパトリックとリーとジョーの3人で船上で釣りをしている楽しそうなシーンがある。
終始喋っているのはリーなのだ。
現在の様子からは想像もつかない程よく喋っている。
その時「パパより叔父さんの方が好きだろう?」か「サメに襲われたら叔父さんを選ぶだろう?」といった会話が挟まれているがそれが兄がリーを後見人に選んだ理由なのかもしれないと思った。

ジョーはもう自分の死期を悟って愛する息子の将来を思い考えに考えた末の遺言。
さぞかし無念だった事だろう。
高校生になった息子が後何年かで成人するまではきっと見届けたかったはずだ。
あともう少し!
でも死はそんな都合よく訪れない事も分かっている。
もう一つ気にかかっている事は弟リーの事だ。
もう許されてもいい頃だ。
リーも自分自身を許して前に進んでもいい頃だ。
息子と弟。
どちらも同じ様に愛していて心配だ。
ジョーの決断は最適だったと思う。
別れた妻より壮絶な過去を未だ引きずったまま時間が止まっていて何年も会っていない心に傷を負ったままの弟にも再生してほしい。
そんな願いを込めていたに違いない。
後見人はリーしかいない。
こんなジョーのシーンはなかったけれど私も親だからジョーの気持ちが痛い程よく分かった。

弁護士からジョーの遺言を聞いたリーの慌てようもよく伝わった。
ここに住んで自分が後見人としてパトリックの面倒をみるなど絶対に無理だ。
何故無理なのか?
ジョーは引っ越し費用も用意してあり金銭面においても問題ないし便利屋の仕事が上手くいっている訳でもないし何故?
リーは窓の外をぼんやりと眺め過去を回想して行く。

この回想シーンは全く想像していなかったので衝撃的で体が震えた。
リーが家族を思いやった為の事故。
途中でお開きになった為に飲み足りなかったのもアルコールが入っていたから車で買いに行かなかったのもよく分かる。
あんな事になるなんて!
神様!
自分に起きた事のようにリーの気持ちに重ねて観てしまった。
涙も嗚咽も止まらなかった。

取り敢えず後見人を引き受けパトリックと一緒に暮らし始めるのだが葬儀の問題やジョーの所有している船の問題など人が亡くなった後の後始末の多い事がよく伝わって来た。
加えて別れた妻ランディから葬儀に出席したいと電話がかかってくる。
リーは忘れようとしていた過去を突きつけられ強制的に向かわされる事になる。

パトリックが自宅の冷凍庫を開けると冷凍された食品が溢れでてくるのを見てパニックを起こす所も彼の父への気持ちがよく分かるシーンだ。
パトリック役のルーカス・ヘッジズがとても良い。
彼女を家に連れ込んで泊めたりするのにはえ!と思ったけどジョーは泊める事を了承していてそこは男親なんだなと。笑
それを後見人になったリーもそのまま受けとめていていきなり父親面する訳でもなくパトリックの辛い気持ちをやっぱり1番分かっていて許しているんだなと。

パトリックが彼女と自宅でデートする間に時間潰しの散歩に出たリーがばったりランディと会うシーン。
ここも揺さぶられた。
ランディも前には進んでいるけど過去の気持ちの整理がついていなかった。
私もきっとランディと同じに過去を片隅に追いやって今に進んでいるからリーにばったり会ってしまって心の準備もなく気持ちが溢れ出たのではないかと。
私だけじゃなく大人には多かれ少なかれ辛い過去の出来事が大なり小なりあってそれに無理矢理蓋をして生きている大人が圧倒的だと思う。
そこにいちいち引っかかっていたら今はないし引きこもってしまうだろう。
気持ちを切り替えて生きる事に決めたランディに共感してこのシーンも涙が止まらなかった。
今でもお互いを想い合っている二人だがもう戻れない。
切ない。
人は強いけど弱いんだな。

遺品の銃を売って船のモーターを買い換えパトリックと彼女とリーはクルージングに出かけるシーン。
はしゃぐ若者達を見てリーの表情も柔らかく緩む。
リーはマンチェスターバイザシーに心の準備もないまま半ば強制的に向かわされまだ塞がっていない瘡蓋を何度も剥がしながら少しずつ過去に向き合って行く様が痛い程沁みてくる。

ラストのリーの決断にはびっくりさせられたがきっとまだリーには時間が必要だったんだ。
ボストンの新居に部屋をもう一つ増やさないととパトリックに話すシーンがいい。
とてもリアルな決断。
ここで後見人になる様なら普通のハリウッド映画であって脚本賞は受賞しないだろう。
というか私の中ではやはり今作は作品賞なんだけど!(ToT)
アカデミー賞ノミネートされた中で私には今作が1番沁みた。


久しぶりに泣きすぎて疲れた映画だった。
ネタバレにならずには書けなかった。
書きながら今も涙が溢れる。
こんな辛い経験はした事はないけど観ていて心が潰れそうになりリーにもランディにも異常な程感情移入して観てしまった。
リーの深い傷の瘡蓋が完全に塞がる事はないだろうけどこの帰省が心の棘を少し抜いてくれた事と願ってやまない。
きっとパトリックはリーの新居を訪れるに違いない。
訪れて欲しい。
きっと彼女と二人で。
リーもランディもパトリックも少しずつ前に進んで行ける事を切に願った。
マンチェスターバイザシーの風景が美しく悲しい。
素晴らしい作品だった。
Rumi

Rumiの感想・評価

4.0
起きてしまった事も傷付けてしまった事も全部消えない。
自分を許せる訳がない。
乗り越えられる訳がない。

だけどパトリックの存在はこれから先もリーにとって幸せだったあの時の自分を自分の中に残していける大切な存在だと思う。

マンチェスターの陰鬱な空とケイシー・アフレックのあの演技...ひたすら泣くしかない。
くれ

くれの感想・評価

4.5
冒頭、リーは何て嫌なやつなんだろうと斜に構えながら見てた。暴言は吐くし殴るし。時折挟まる回想ではパトリックに笑いながら冗談を言っていたのに今では嫌な叔父さんだし。
でも、彼の覆すことのできない過去が明らかになってからは見方が180°変わった。過去に取り残されてしまった彼がどう前に進むのか、それを見届けるのに必死になった。回想が挟まるタイミングがよく分からなかったけれど、彼が現在進行形で追体験している過去、苛まれている悪夢だと気付いてから泣きたくてしょうがなくなった。
リーを取り巻く人物も見事だった。父を亡くしたけれど、遺された船やバンドにガールフレンドで前を向いて生きていこうとするパトリック。平気なように見えて死体を見てすぐ立ち去ったり、父が冷凍されるのは嫌だと狼狽する不安定さが垣間見えて少年らしかった。
元妻のランディは、街に残り新しいパートナーを見つけ子を授かっていた。髪型も変え、現在を生きていた。過去も思い出も捨てて街を出たリーとの対比が効いていた。それだけに、偶然出会ってしまったときに、留めていた想いが決壊して、彼女も実は乗り越えられていなかったと気付かされた。
一人の男の喪失と過去の話。悲しい過去は乗り越えても紛らわしても抱えたままでも消えることはない。それでも人は生きていくという生命への賛美を感じました。
Yuuuuusuke

Yuuuuusukeの感想・評価

3.6
ラストいいですね。
内容はなかなか過酷。
あんなこと起これば、
一生自責の念にかられるでしょ。
ケイシーアフレックの荒んだ表現力が
すごかった。
naoshi

naoshiの感想・評価

4.4
殴る。握る。痛む。掴む。全編ケイシー・アフレックの拳で物語が進んでいく。面構えはキラー・インサイド・ミーが再び降臨した感がある。ストーリーの途方もなさと、あの立ち止まるシークエンスに震えてしまった。ミシェル・ウィリアムズとの会話シーンには落涙してしまった。
xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

3.7
これの前にみた「しあわせはどこにある」でも似た言い回しがあったが「他人を幸せにするためには、まず自分自身が幸せになる必要がある」と。ぼくもそれを自分に言い聞かせ、乗り越えてきたつもりではある。

しかし、これほどの苦しみと苦悩に堕ちた人間に他人がそれを強いる事は絶対にできない。男は誰かに頼る生き方は出来ないが故に不器用で脆い。とても重く、とてもリアルな物語。

ただドラン作品とは違って、ささやかながら最後に、再生に向かう姿がみれてよかった。
YUKI

YUKIの感想・評価

2.8
それでも生きていかざるを得ない。
そう、言わざるを得ません。
ezfm

ezfmの感想・評価

3.7
主人公のままならぬ人生が悲しい。
別れた奥さんと話すシーンが強く印象に残った。
watarihiro

watarihiroの感想・評価

4.8
ボストンで便利屋として働いてたリーが兄の死をきっかけに故郷のマンチェスターに戻る。甥の面倒を見ることになるが過去のマンチェスターでの悲劇と向き合う事になる、、、。

ケイシー・アフレックが主演男優賞をとった作品。
WATCHAで有村昆さんがケイシー・アフレック自身も過去の出来事で映画業界で干されていたと説明していました。だから本作の主人公とケイシー自身が重なっていて重みのある作品となっている。

主演だけじゃなく、助演で主人公の甥を演じた人も元妻の女優さんも素晴らしかった。
週終わりの日曜に見れて本当に良かった作品。
>|