ファミリー・ツリーの作品情報・感想・評価

「ファミリー・ツリー」に投稿された感想・評価

並

並の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

全体的に決して明るい話ではないけど、それでいて見ていて飽きることがない

開幕らへんのセリフも好きだし、自分の家族をハワイの島にたとえて表現したりするのもすごく賢いなーと感じた

アレクサンドラ役のシェイリーンウッドリーもとても良かったし、家族というものがあまり映画では見ないような形でリアルに描かれていて良かったです

楽しいわけでも、特別何か感動するわけでもないけど、なんとなく見てていい気分になる映画でした
妻が昏睡状態になった男が、破綻した家族を立て直し、相続した土地を処理する話。
やねぎ

やねぎの感想・評価

3.7
作品の7割ぐらいがネガティブな
要素でしたがそれらを跳ね返すぐらい
頼もしい父親感がにじみ出ていました。

共感する場面もありじっくりと
鑑賞してしまいました。
カツマ

カツマの感想・評価

4.2
この映画はラストカットが本当に素敵ですね。家族の理想って、父親の理想って、あの最後のシーンに集約されていたような気がします。家族ドラマの名手アレクサンダーペインは比較的地味なキャスティングが多いイメージなので、ジョージクルーニーはもっと浮くかと思っていたけど、これがまたどう見てもアロハの似合うおっさんにしか見えなかった(笑)
いまや売れっ子になったシェイリーンウッドリーが出演していたり、キャスト面でのセンスも相変わらず発揮されています。

弁護士のマットは妻のエリザベスとはもう会話もない冷え切った夫婦関係。だが、エリザベスはボートの事故で甚大な損傷を負い、植物状態を余儀なくされてしまう。仕事人間だったマットは10歳の娘スコッティともどう接していいか分からず、下宿している長女のアレクサンドラにはどこか冷たくされてしまう。アレクサンドラは母エリザベスとは喧嘩中だったのだが、喧嘩の理由はエリザベスの浮気だった。妻の浮気にショックを受けるマットは浮気相手を探そうとするのだが・・。

ハワイを舞台にしたのんびりとした風景と、それには不釣り合いな重い命題を融合。妻への、母への葛藤を胸にしまいつつ、家族としての在り方を模索していく3人の物語だ。長女の彼氏役がどう見てもバカなのに実は意外といい奴だったりサブキャラも個性的。原題は『子孫たち』。脈々と受け継がれるハワイの血統を背負い、美しい風景を守っていく血の役目が幹のように根を生やし、大きな木となって一つの家族に一本太い芯を通した。ファミリーツリー、という邦題、自分は結構好きでしたね(笑)
舞台はオアフ島サウスショアのワイキキ周辺とマウイ島。誰もが楽園として愛するハワイ。
そこに住む、楽しいことばかりではない生活を送る普通の家族の話。

問題の当事者である妻は昏睡状態であるのに、それに振り回されるという構成がすごく良い。
yama6maya

yama6mayaの感想・評価

3.0
舞台がハワイなのに、ストーリーはハワイアンってよりも現代的なアメリカ家庭の悩みって感じ。盛り上がりがあるような映画ではないけれど、ゆったり深刻なところがいい。あとひたすらにジョージクルーニーがイケメン。
やぐ殿

やぐ殿の感想・評価

3.7
ジョージ・クルーニーもっとこういう役やればいいのに!と思うくらい父親役がハマってた。。

不器用ながらも、だんだんと父親らしくなっていく姿がよかった。

最後のシーン。
娘たちとのあの距離感に憧れるなあ。
美波

美波の感想・評価

-
守るものがある人は、こういう決断をしなくちゃいけない時がたくさんあるんだろうな。
せろり

せろりの感想・評価

3.7
父と娘が仲良く寄り添うところ
いいですね。
Mmasuda

Mmasudaの感想・評価

3.8

他の国の色んな人生を知って学べることはたくさんある
>|