ファミリー・ツリーの作品情報・感想・評価

「ファミリー・ツリー」に投稿された感想・評価

最後のアイスのシーンがよかったな、ほっこりして。

ジョージクルーニーがこういう役する映画は、まぁまぁツボにハマる。
決して愉快な内容じゃないのに、ハワイアンミュージックと風景、時間の流れにゆったりしてしまう。
心の移り変わりを写すように。

浮気相手の奥さんがお見舞いに来たとこねー。そうなるよね。
シドが意外にいいアクセントに★
netfilms

netfilmsの感想・評価

3.9
 ハワイの美しい海を走る船艇の上で、思わず女は笑みを浮かべる。その天国のような多幸感が、次の瞬間悪夢に変わるとは思いもせずに。ハワイ州オアフ島のリゾート地ホノルル、天国のような土地で暮らす弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は友人から羨望の眼差しで見られているが、実際は仕事に追われる日々で、自宅にも滅多に帰らない仕事人間だった。約160年間にも渡り、先祖代々受け継いだカウアイ島の広大な土地は、7年後の信託を前に売却するか維持するかの選択を迫られていた。ゴルフ場が立ち並ぶ肥沃な土地は、先祖代々受け継いで来た家族の財産だが、売却すれば自然は失われるものの、数億ドルもの資金が入る。彼の親戚達は売却益を分けることを望んでおり、仕事人間の彼も売却益で妻とゆっくりした生活をしたいと望んでいた。そんな矢先、妻エリザベス(パトリシア・ヘイスティ)がモーターボートの事故で頭を打ち、意識不明の重体となる。10歳の次女スコッティ(アマラ・ミラー)はショックから情緒不安定になり、様々な問題を引き起こす。次女の反抗に、3歳の頃から妻に育児を任せっきりだったマットは手を焼いていた。そんな中、全寮制の学校へ通う長女アレックス(シャイリーン・ウッドリー)の迎えに行った父親が母の病状を伝えると、動揺した彼女は父親に、母親が浮気をしていたことを告げてしまう。

 ハワイに住みながら、仕事一筋で家庭を顧みなかったマット・キングの姿、父親とコミュニケーションが円滑に取れない2人の娘たち。『アバウト・シュミット』では定年退職をした男が突然、妻を失い生きる意味に迷ったが、今作では仕事盛りの主人公が、妻の昏睡状態により、一切の会話が出来なくなる。一見、他人も羨むような裕福な家庭に見える4人家族には当初から亀裂が見える。2人の娘の荒廃した行動を見れば、家庭環境が上手くいっていないのは明らかだろう。おまけに妻の浮気の事実が露呈したことで、マットは初めて妻との結婚生活を顧みる。妻はいったい誰と、どんな目的で男女の関係になったのか?男は一切自分自身を顧みることをしないまま、Eが重なるスペルのジュリー・スピアーという男の幻影に固執する。アレックスが連れて来た恋人のシド(ニック・クロース)を苦々しく思い、かと思えば浮気相手の留守番電話にメッセージを残すマットの姿は、これまでのアレクサンダー・ペインの映画のように、哀れな負け犬そのものに他ならない。男勝りだった妻が生前残した事前指示書、昏睡状態の妻にぶつけた怒り、妻に言えなかった感謝の言葉。土地の売却と不動産業者の関係性が見えた時点で、このような結末になることはある程度予測出来るが、マットたち家族の絆はその凡庸なプロットを乗り越える。カリフォルニアを縦断した『サイドウェイ』同様に、ハワイの晴れた青空は家族の絆に一石を投じる。言えなかった優しさの言葉は過去でも現在でもなく、未来へ向く。
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

3.7
ハワイのさわやかな景色と、主人公家族の悲しい状況の対比がいい。ちょっとおじさん感増し増しのジョージ・クルーニーに、がんばれーと声をかけたくなる。映画館を出るとき、ハッピーな気持ちに。大きなアイスクリームカップを抱えてソファでゴロリと家族が並ぶシーンが好き。
Hendo14

Hendo14の感想・評価

3.8
もちろんハワイ加点有りですが(笑)
家族の再生っていう、仰々しくなりそうなテーマなんだけど、押し付けがましくなくて良かった。全員キャラがたってたし(シド笑)。
シャイリーンが美少女すぎて驚いたよ!ナチュラルだとあんなに可愛かったのか!
うん、やっぱりハワイはいいなー。
2018-49 シナリオ秀逸。なんだかんだgentrificationのことを描いていたり、ハワイの問題をこういう形で伝えたのはすごい。
YUKI

YUKIの感想・評価

3.1
ブレないハワイ描写。起きている事は中々ハードだけど、どう考えても楽園みたいな生活なんだからいいやん‥と日本の住宅街に住む私は思ってしまう説得力の無さ。を愉しむ映画。
幸せな人生を送っていた弁護士が、妻の事故を切っ掛けに人生の岐路に立たされる姿を描いた感動作!

人の不幸を笑ったらいけないとは思うのですが、、ジョージ・クルーニーの走る💨姿がなんとも…必死な表情を見てると可笑しかった(車で行ったら⁈って思いまして) (^^; それと長女の彼氏のキャラがいいんです(笑)馬鹿正直な彼氏に一発殴ってやりたいと思いますがね!

とても重い話なんですけどねー、父親のあたふたするところや娘達との会話などのバックでハワイアン・ミュージックが流れるので暗くならずに、なんとなくホンワカ気分で見れてしまうんです(^_^)

とにかく気持ちが伝わってくるジョージ・クルーニーの表情が素晴らしかった!
最後もニンマリ!良い映画でした🎦
154

154の感想・評価

3.9
綺麗事じゃない夫婦・家族が描かれていて、だけど、とても美しかった。
yoko

yokoの感想・評価

4.3
まず、ジョージ・クルーニーの声が好き!低音で鼓膜に響くナレーション最高。
内容的にはかなりシリアスだけれどハワイの雄大な景色やハワイアンミュージックがうまく緩和材になっている。
中盤あたりのキーパーソンとの接触が絶妙なタイミングかつドキドキする。
あることがきっかけで家族の距離が縮まり絆を深めていくんだけど、思春期の姉妹を持つ世のお父さんは大変だなと思った。
実体験と重なる部分もあり思いのほか大号泣。
ワイハでマハロ~って言いたい。
ペロン

ペロンの感想・評価

3.9
それぞれの感情が少しずつ読み取れて 静かにストーリーが流れる作品。

こういうの好きです。

シド役の彼 これから確実に人気でますね。
>|