きっと忘れないの作品情報・感想・評価

「きっと忘れない」に投稿された感想・評価

ツボでした。勉強だけでない、人生で大切なことを名言を量産しつつ紡ぐ映画。ホームレスのサイモンが「法律とは何か」を教授に答える場面は見もの。あったかい余韻が心に染み渡ります。ホイットマンの詩がまた良い…
Jasmine

Jasmineの感想・評価

3.6
Good.
The theme of this film is human beings.
Nakao

Nakaoの感想・評価

4.8
"裏"人生ベストテン。

ハーバード大に通うエリートとホームレスとの交流を描いた作品。

ヒットもして無ければ、映画賞を取ってもいない。傑作?名作?とも言い切れない。
そう、この映画は完璧な良作だ。

誇りを持って生きるには。と言う問いをジョー・ペシ演じるホームレスのサイモンから教えられた。

ジョー・ペシは、普段キレて人を殴り殺すような役のイメージだからホームレス役は意外、なんか可愛かった。

じーんと胸に来る、そっと宝箱に入れておきたいような映画。
今まで見た映画のリストを作っています。レビューは後で記述します。
あの頃のモイラ・ケリー、とてもキュート ✿ Windows 95 が世界を席巻する前のほのぼのとした時代 …「リアリティ・バイツ」も同じ頃でしたネ ☺︎
eshu

eshuの感想・評価

4.2
ハイウエストのジーンズ
それは1990年代の象徴か

流行は繰り返すからさ。まさにこの年代の格好も最近してる子多いよね。アイスブルーって言うの?色の薄いジーパン。ゴースト、ダンスウィズ、フィールドオブドリームス、この時代の映画みんなお尻すっぽりのパンツを履いていてシャツインかトレーナー。それが良い、とても良い。この主人公の垢抜けない…着こなしも良い。

隠れた名作だよなぁ。これ。

90年代のたくさんの映画の中でも結構上位に入ると思うんだけど…賞もとってないし、注目されてないけど…見落とさないで‼︎って思うわ。
みん

みんの感想・評価

3.6
エリート大学生が落とした卒論原稿を拾ったのはちょっと厄介なホームレスのおじさんで…

名台詞がたくさん出てくる。ブレンダン・フレイザーが若い。名作でした。
はい

はいの感想・評価

3.6
言ってることや内容は良かったけれどなぜか後半まで全く入っていけなかった。
ハーバード大学生と機知に富みすぎてるホームレスの会話が高尚だった。

後半のみんなで車に乗るところらへん(ほぼクライマックス)からようやく入っていけた。

ヤワな論文じゃ人間は救えない 。
ゆりな

ゆりなの感想・評価

5.0
なんかこういう、人間味溢れたっていうんかわからんけど、こういうの好き、
tenkiri

tenkiriの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

いつ見たのかはすっかり忘れてしまいましたが、
何度も繰り返し観た記憶があります。

ジョーペシはこの映画が初見で、
ハーバードでの合衆国憲法の真髄を語る姿に
感銘を受けまくった若き日のわたしは、
その後、西洋任侠映画での彼の姿に
固まった覚えがあります。


合衆国憲法の真髄は変えることができることだ。
建国の父らは、貧しかったが聡明だった。
自分たちが誤ることが知っていた。
だから、過ちをただす術を考えた。
大統領の権限?違うね、彼は民衆から糧を与えられているに過ぎない。ルンペルと同じさ。
だが、託されたものは重い。
責任と誇りだ。

うろ覚え。

あの時代、21世紀初頭、ビジネスマンが
大統領になることを想像したのだろうか。
>|