ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

bun

bunの感想・評価

4.6
映像がすばらしく美しかったです。心、感情とは何かを相変わらず考えさせられますね。
Annie

Annieの感想・評価

2.8

タイで見た

字幕もなかったので訳がわかりませんでした

という思い出

借りてきてちゃんと日本語つけてみよう
ぺあの

ぺあのの感想・評価

2.5
前作も観たはずだけど全然記憶にはなく、そのためとは思わないが、意味わからず。全体的に冗長で、セリフのシーンも長かったー!
前作はよく分からないけど分からないなりに何かメッセージを感じたんだけど続編は結局分からないまま終わってしまった。
率直に言うと前作の世界観を意識し過ぎてるような気がする。
なんか無理やりこじつけみたいな。
でも映像はさすがに素晴らしかった。
空

空の感想・評価

4.2
う〜んマンダム

違う…

いいねぇやはりいいねぇ〜

今回は音響、これマッドマックスフーリーロードの人やっけ?
音も色もいい

もちろん前作の踏襲もいい
レイチェルはこれそっくりさん?

デッカードもいい歳取ってるし
前作ほどのレプリカントの哀愁はないが同期とかの複雑性が面白い

というかこのジョイめちゃくちゃかわいい!

ようござんした
2018 285本目

ブレードランナーの世界観は好きになれない。
見ていてつらかった。
これこそまさに世紀の大傑作。
とても現代の映画とは思えないほど実験的で芸術的な作品だった。
これほど素晴らしい映画にはもう出会えないだろう。

このレビューはネタバレを含みます

前作を観ないで行ったのは無謀でした。

高画質の悪夢を観てるような感じ。観てて結構つらかったけど、この映画は人生であと三回は観ないといけないような気がする。
☆映画館で見なかったことを激しく後悔した映画☆

あの映像美は絶対にIMAXでみたいよね。荒廃したディストピアを描いた映像の中では屈指の出来、美しさの中に汚さ、歪さも共存している。

映像芸術としては最高なのはもちろん、ストーリーも儚く、美しい。冗長に感じるかもしれないが前作にあったレプリカントとは何なのか?というテーマをしっかりと継承している。前作でのロイの最後の言葉を思い起こさせるラストも素晴らしい。

強いて言えば前作ブレードランナーを大事にしすぎて一歩踏み込んだ内容にはなってないかというのはある。ハリソン・フォード登場シーンやアレやコレを見てると近年のスターウォーズにありがちなほらほらこれが見たかったんだろぅ?どや?どや?的なやつを感じるかもしれない。Kを介してレプリカントの悲哀や儚さを明示してるとも言えるが、せっかくの続編なんだからレプリカントはどこへ向かうのか、批判覚悟ではっきり示してしまってもいいと思った。

今で言うラブプラスみたいな、仮想恋人のジョイが可愛かった。現実でもああいう製品が出てくることを願う。
初見。字幕。
前作の世界観を見事に踏襲した作品に仕上がっております。まず冒頭から圧倒的な映像美で観る者を魅了してくれます。ハイテクと荒廃が入り混じるロサンゼルスの街並みは前作同様素晴らしい。製作者のセンスを感じます。

旧型レプリカントを抹殺する職務に就いているレプリカントの主人公K。レプリカントの出産そしてその子供の存在という謎を追い求める中で自分の出生について苦悩する。AIと恋愛関係になったりと今回もレプリカントの不思議な人間らしさが垣間見える側面があり非常におもしろい。

でも結局謎の部分も多いまま今回も終わってしまう。レプリカントの奇跡が何なのかよくわからなかったし、レプリカントの解放運動も今後どうなるのかがとても気になる。だがこういう曖昧な所がブレードランナーの良い所とも言える。続編の可能性もあるみたいだし期待しましょう。