ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

Kohl

Kohlの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと長すぎ、割と物事がスローで進むので眠気を誘う。
前作よりも、美術的に洗練されたデザインで、楽しかった。
デッカードの娘は、レプリカントにとって希望の存在だけど、免疫不全であり、ジョーはレプリカントであるがより人間らしい。二人とも完全にはなれないという、ジレンマが最後のシーンでつたわってくる。
Megumi

Megumiの感想・評価

3.6
いや、面白かったんだけど、長かった。一作目見てるけど、忘れてるから見直そうかなぁと思った。
序盤は全然ハリソンフォード出ないし、いつ出るんだ?って思って、ようやく出てからも意外と映画は長い。
Natsuko

Natsukoの感想・評価

3.6
前作を観ていないので、分からない部分もあったけれど、最後が良かった。
さむ

さむの感想・評価

4.0
あくまで個人的な感想ですけど、観てよかった。劇場で観てたとしたらどう思うかわからないけど、レンタルして観る限りでは完璧な映画じゃないですか?映像がとにかく美しい。ミニマリズムを感じる美術は完璧だと思います。ゴズリングにはハマり役というか、こうゆう役が見たい。ストーリーも救いが無い感じがいいじゃないですか。相変わらずハリソンフォードが好きになれない謎。
Shun86gt

Shun86gtの感想・評価

3.1
とにかく長く感じた。また切ない……
前作を見ていなく、世界観が独特すぎてよく分からないところも多々あった。とにかく難しい印象。多分、一作品に収まらない壮大な話なんだろう。

主人公はレプリカントと呼ばれる人造人間で、反乱する恐れのある旧型のレプリカントを粛清するのが仕事。
主人公みたいな職業をブレードランナーというらしい。

人間でないことから、人間に疎まれ、また仕事から同族からも怨まれているため、孤独な生活を送っている。量産されたAIの彼女しか、心を許せる人?がいない悲しい状況……

レプリカントが妊娠した痕跡が見つかったところから話が始まる。主人公は捜査の過程で自分の記憶と合致し、その子供かもしれないと思い始める。

しかし結局、実は記憶は捏造されたもので、主人公は特別な存在でもなかったという話。

とにかく切なく、悲しい話……

登場人物もどんな人なのか、全然把握出来なかった。
見る前に前作を見るべきだった

2018年 39本目
kojiメン

kojiメンの感想・評価

2.5
準主人公ハリソンフォードから「時に人を愛するために、他人にいる方がいい。」とライアンとのやりとりセリフ。
この一言が物語を動かし始めたところから評価できやした!
ミ

ミの感想・評価

4.0
前作にあった独特のカオスな雰囲気が消え、整然とした美しいサイバーパンクに。とにかく画面が美しく、3時間という長さを全く感じさせなかった。

やはり今作でもレプリカントは報われない。それがこの映画の良さでもあるのだけど…。
ぽんた

ぽんたの感想・評価

3.6
サイバーパンク映画を探していて今作を鑑賞。前作もストーリーもよく知らないまま観たけれど切ない……。近未来感、無機質的な建築物、荒廃した地、良かった。それにしても切ない。

ゴーストインザシェルの様なバキバキに戦う映画だと思っていたけど、こちらはそんなに戦闘シーンがないのね。それよりも映像の美しさか。何となく静かな映画だった。家の小さいテレビで見たせいもあって少し長く感じてしまったな。

ゴズリング……(寂)
Beavis88

Beavis88の感想・評価

3.5
そもそも僕はあの続きを観たいのか?
あれで終わりでいいんじゃないのか?でもそこに続きがあるならば観なくてはなるまい
さて....

大きな勘違いをしていました
てっっっっっきり、リドリースコット御大将自ら撮ったものとばかり思い込んでました
兎にも角にもCG CG CG CG...
世界の荒廃感がよう分からんままズンズン話が進む
それでええんか?と思って観てると時間が経つにつれてどんどん世界観が分からなくなる
海かなんか?の死闘の時には透き通るキレイな水が演出なのか?とか気になって集中出来ない
ラスボスもパッとしないし
前作のカオス感が皆無

たぶん視聴環境は大きく関係してるとは思う
映画館でガンガンの音響で観れば山のような CGも看過出来たかもしれない
筋書きも新しくはないけど、まぁ持っていきかたは腑に落ちました
設定やギミックや風景にもう少しディテールがあればよかった
ライアン・ゴズリングの芋演技は覚悟出来てたんだけどなぁ
Nagisa

Nagisaの感想・評価

4.9
「ガタカ」とか「エクス・マキナ」とかが大好きなのでどストライクだった…

お気に入りは「おさけ」「おとくに」