ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

tunako

tunakoの感想・評価

4.3
テーマが重いけど、入り込みやすかった。主人公の演技も良い。人間らしいってなんだろう。
lilykamata

lilykamataの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

世界観はすごくよかった。
内容がいまいち掴めなかった。
流し見してしまった。
A

Aの感想・評価

2.1
中身のない物を見せられてる感じ。ブレードランナーのラストに感動した身としてはかなり辛い内容。
初)傑作SF映画の続編。「これは一回観ただけじゃ〜内容はとても理解出来んなぁ〜〜ずっとお手軽アクションばかり観てたんで読解力が落ちてるなぁ〜」が感想…前作同様に必ずしも万人受けする内容ではないので鑑賞の際はご留意を…SF世界観の構築の最上位に君臨する前作の世界観は良い感じで引き継がれ見応えがあるものとなっております。
鑑賞前は前作は勿論ですが…3本の短編作品がユーチューブで確認できます。そちらも確認してから鑑賞してみましょう〜〜

(ノ-_-)ノ~┻━┻彼も彼女も登場します…
前作の方がカルト感があったと記憶しているが、普通にSF映画で、前作を観ていなくても何とかなる。2時間43分と長いし、ちょっと勿体ぶった演出だなとも思ったけど、悲劇のヒーローがこれほど似合う男はいないだろうライアン・ゴズリングがKを演じていて、立っているだけで寂しそうで、母性本能をくすぐらた。
aya

ayaの感想・評価

3.2
人類とレプリカントの存在が揺らぐ。


『ブレードランナー』って雨がとっても綺麗な映画なんですよね。
その雨が強酸性雨っていう設定がまた良い。美しいのに全てを枯らす。
完璧なディストピアSF。すこしふしぎじゃないよ。F.K.ディックだよ。

なんでこんなことつらつらと連ねたかと言うと、必ず寝る作品のひとつだから。今回も寝た。新作なのに。
心地いいんですよ、もはや。美しすぎて。
『2001年宇宙の旅』で寝ちゃうのと同じ。

肝心の内容は、王道を行く感じ。
ディストピアを突き詰めた先に、ユートピアを目指す。王道。

映像技術の拙さが、オリジナルの良さでもあったから、現代の表現を少し危惧して居たけれど、杞憂でした。
やっぱり美しい。
とてつもなく長い時間に感じた。私には難しすぎたストーリー。もう少しまとめて欲しかったけど、ヒロインは何回見てもかわいすぎる。
yukinoise

yukinoiseの感想・評価

3.0
あんまブレードランナー自体すごい好きってわけじゃないことが分かった
「生命」について考えさせられた。

「生命」の定義って、実は今でもあやふやらしい。
数ある定義の中で、一般的に広く認められている一つ「自己複製(自らと遺伝的に類似した子孫を残せる)」は神秘的な能力だ。

命ある者が、自らの命に限りがあることを知ったとき、「命を生き長らせる」ことの次にとる行動は「自分を継承した子孫を残す」ことなのかも。
前者が1作目のテーマだとするならば、今作は後者なのだと思った。

人造人間と人間の区別がほぼ無い描写が多く、人造人間は限りなく「生命」の定義をクリアしているように見える。
それでも、“違い”を探そうとしている自分がいた。
そこに自分たちとは異なる存在を区別(差別)しておきたい人間の性を感じた。
偉大な前作の続編として考えると残念だけど、独立した作品とすればここ数年では美術が優れている。

あの雑然としたサイバーパンクの世界観を整理整頓して作り直したところに続編としての限界を知らされる

音楽のクオリティが格段に下がっている。
無駄な静寂ばかり
そもそもワンカットワンカットが無駄に長い

技術で勝負し過ぎている。
美術で魅せないと10年後20年後にはただの古い映画に成り下がる

演技、それからメイク、現実的である事になんの美徳があるのか
ヒステリックであったり激昂した時のスラングだったり必要とは思えない
特にブレードランナーでは

シナリオやメッセージは映画にとって映像を彩る装飾品であったはずなのに、最近の映画は映像の方が飾りになった。
だから味気ない

レイチェルのルックス酷すぎて笑っちゃった
前作の映像流しといてそれかよ


前作が無ければこんなイライラはしなかった
サイバーパンクってよりかは「メトロポリス」の世界観の方が近い