ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

Buchapi

Buchapiの感想・評価

3.7
ハリソンフォードなかなか出てこないから、忘れた頃にキターーってなった。

前作の良い所や世界観がしっかり引き継がれていて良かった。

前作観てないけど大丈夫だったじゃなくて前作は絶対観てから行くべし。

2017.11.18
まいこ

まいこの感想・評価

3.8
せつな…
クライマックスに近づくにつれて重りを増やされてくような物語と、整然としたかっこいい映像(どのシーンもポストカードに出来るくらいいかしてる〜)と重厚さもありつつ頽廃した雰囲気のある音楽がいいバランス〜👌ブレードランナーの続編を観てる!という嬉しさあった!

でも長すぎ!寝たよ!
tk

tkの感想・評価

5.0
なかなか都合がつかず、IMAXの上映期間が過ぎていたので、平日の朝一、子供の頃東映アニメフェアとかで通っていた地元のおんぼろ映画館で鑑賞。
前作の上映もここで演っていたであろう年季の入った館内。レイヤーがかった薄汚れたスクリーン。傾斜の低い、画面を見上げるタイプの椅子。そして音割れしているスピーカー。ハードル駄々下がりの中、予告編が過ぎ、いざ本編。

スゲー!!最新SF!!おんぼろエフェクトで未来感3割増しでした!!いつも最新のシネコンで観てるので、ある意味新鮮でとても余韻の残る味わい深い体験となりました。ブレードランナーらしい鑑賞ができた気がします。
ただ今回のジョニーウォーカーのディレクターズカットボトル登場シーンでトイレに行っててちゃんと見れなかったのが少し悔やまれます。
takeshi

takeshiの感想・評価

4.0
やはりこの世界観はいい!
三時間嫌いだったけど長く感じずずっと考察しながら観れてよかった。アクションは少なめ
Kei75

Kei75の感想・評価

4.5
画面作りへの執念が伝わってきた。前作が黒で今作が白と、使う色は違いながらも世界観は紛れもなくあの感じ。これだけでも大仕事なのに、自分という存在に対するKの移り変わりなど、まさに今のテーマだなと感じた。 新宿TOHOシネマズで鑑賞後、歌舞伎町のネオン街を歩くという体験も含めて素晴らしかった。
Kitsune

Kitsuneの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

前のを観てなくても楽しめるとかちらほら書いてあるのみてあまり関連してないのかと思いきや、しっかり前作を引き継ぐどころか壮大に重厚に膨らませてはるかに超えてきたように感じた。今回のだけみてたら三割も楽しめなかったと思う。
前作も今作も、レプリカントは人間以上にもろくて切ないね。最後のシーンの美しさに涙が溢れた。
TAKA

TAKAの感想・評価

4.0
2017-184-140-044
2017.11.2 109C大阪エキスポシテイ Scr.11
IMAX3D

・似て非なる世界
・二人の男の想いをリリカルに
・人間って?
(追記。)
・キリスト教の造詣
・監督の違い(^_^)

オリジナルとは似て非なる世界でした。

30年間の時の流れ。
ウォレスという異能の出現。
世界は確かに変わっていた。

似て非なる世界。
前作の世界をリスペクトして引継ぎつつも、そこに構築されているのはヴィルヌーブの世界。

作品の普遍性を保つ意味で、ヴィルヌーブ登用は成功かと思います。
世界がより美しく拡がった(^_^)

ストーリーは前作にも増してシンプル。
不器用で一途な二人の男の想いが、リリカルに描かれていた。

切なかったけれど。

抱えきれない程の鬱屈と共に生きてきたK。
ジョイだけが慰めだった。
ジョイ超可愛かったっス♪(* ̄∇ ̄)ノ

このまま時を重ねて朽ち果てるのか。

そんな彼のある発見をきっかけに、彼の運命の歯車が新たに回り始める。

ラストに向けた行動をとることで、彼の魂は救われたのかな。(^_^)



だけど人間って・・・

ていうか、昨今こういう物語が多のは、
人間がAIだとかの進歩に伴う新しい知能や疑似生命体の誕生を予感して、
漠とした恐れや不安を感じてるってことなのかもな。

追記。
・ジョイ、とんでもなく可愛かったっスね!
( ̄▽ ̄)b!
天使♪(* ̄∇ ̄)ノ♪

・レイチェルご本人登場、びっくり( ゚Д゚)
あの謎は、最初は(?_?)と思ったけど、カスタムだから、そういう機能があったかも、っていう整理が可能か。
その技術の奪合いがストーリーのKey。
欲しい人、葬り去りたい人、
争い・・・
人って何だ?

・その謎も、俺には取敢えずは(?_?)だったけど・・・恐らくキリスト教に造詣が深いか、生活に根付いている人達だと、もっと趣深い設定になるのかな。処女受胎みたいな。
文化を楽しむのもなかなか大変です(笑)
まぁそういうのも楽しいんだけど。(^_^)

・前作は、ストーリーはラフで謎はそこかしこに仄めかされていて。
本作は繊細な物語だけど、謎はストレートに提示されてる感じがした。
監督の違いって、楽しい(^_^)

・ヴァンゲリスからジーン・ハマーへ。音楽も良かった(^_^)
監督同様天才から天才へのバトンタッチ( ̄▽ ̄)b!

・「美味しんぼ」で、モーツァルトに匹敵する芸術を探すならば、その弟子とかでは駄目で、例えばルノアールを持ってこなければならない・・・そんな話があった。
だからヴィルヌーブ(^_^)
模倣ではなく。
正解だな。
・・・ちょっと違う?f(^_^;
もう一度鑑賞前に前作を見てから今作を見るべき。

前作で問われていた、「人間か、レプリカントか」という二項対立が、より深みを増し、そもそもの二者の境界線がますます曖昧になり、『そもそもなぜ、「人間か、レプリカントか」を問うのか』という疑問符まで浮かぶ。

今作はバートランド・ラッセルによる世界五分前仮説に近いものも感じる。

ますます深みをまし、 展開的にも次回作を作ることは不可能ではない終わり方のため、次回作を期待してしまうが、これ以上の物がつくれるのか、そして、キーになるデッカードを演じるハリソン・フォードは、次回作までアクションをこなせる身体をキープできるのか。
Kuromino

Kurominoの感想・評価

3.7
今作を見る前にもう一回前作をみておけば良かった。
vincent

vincentの感想・評価

4.0
バートランド・ラッセルの世界五分前仮説を思い出した。仮説での対象は知識だが、これを思い出に置き換えればジョーの恐怖や哀しみが私の事として迫ってくる。今私がかつてあったと記憶している人生のあれこれは、本当に自分が体験した事なのか。攻殻機動隊でもモチーフの柱になって居たが、深く考えると心が病みそうである。現に脳は都合の悪い記憶を編集するなんてことを日常的やっているのだから。