ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

しん

しんの感想・評価

4.0
静かでしっとりとしたメランコリックなSF映画。ウォレス社の建築が明らかに日本の現代建築を意識していてハッとなった。サイバーパンク的な要素は勿論、聖書の暗喩的な部分や、その他諸々の謎。かなり作り込まれた、愛のあるSF作品です。

「ブレードランナー」から「ブレードランナー2049」の間にも実は作品があります。「ブレードランナー2049」の前日譚として描かれる三作品。YouTubeで公式に公開されております。

・「2036: ネクサス・ドーン」
・「2048: ノーウェア・トゥ・ラン」
・「2022: ブラックアウト」

ブラックアウトとは、ウォレス社とは、サッパーとは。
2049を観る前に見ておいた方が本作は楽しめるかと思います。
natssh

natsshの感想・評価

4.0
とりあえず前作を観直そうと思った。
革命前夜の話?設定、世界観を壊さずにミステリー要素を組み込んでる。
とりあえず前作を観直す。
音楽が良い。
アナデアルマスが可愛い
相変わらずの暗くジメジメしたなんだか憂鬱な世界観と壮大なテーマは素晴らしい。進化と荒廃を混ぜ混ぜにしたような映像もよくできてる。しかし、全体的にずっと映像も内容も暗いな。よくできてるけどちょっと崇高な感じがして盛り上がりに欠けるな~。
たなか

たなかの感想・評価

3.8
前作より哲学表現に重心が乗った気がする。
デッカードはちゃんとお爺ちゃんになっていた。
やくわ

やくわの感想・評価

3.9
前作に次いで作品の雰囲気世界観が好きすぎる
ハリソンフォード歳取ったなあ…
都

都の感想・評価

4.5
最高の音楽と美術。
現代サイファイの最高峰。
小さな演出がにくい。
xyz

xyzの感想・評価

3.6
近未来SFハードボイルド・ミステリを継承しているし、テクノロジーが進歩している分、見応えがある部分もある。
人間の命令はどんなことでも実行する仕様に進化した新型レプリカントの悲哀も見事に描かれている。旧型レプリカントの奇跡はどうなのかと思うが、デッカードが人間かレプリカントかも分かった。
しかし、圧倒的に何かが違う。何かが足りない。
2019(便宜上オリジナルのブレランをこう表記します)から主題が変わっているので当然だ。
レプリカントとしての存在の悲哀とか奇跡ではなく、普遍的なことをテーマにしないと2019の続編とは言えない。


最近、3Dホログラムだかのバーチャル彼女のニュースがあったけど、あれはキモくて、2049のバーチャル彼女は何とも切ない。これがリアルとフィクションの違いか⁈


2049年の現実世界を見てみたくなった。
内容が、、、シンプルすぎる。
SFの世界が壮大すぎるだけに、俳優たちの行動が、貧相に見える。
すべての場面展開が遅すぎる。
2作続けて見てやっと謎が解けた感じがする。2作目が1作目のフォローをしつつ話を進めてくれるから合わせてみることをお勧めします。


古い作品にあんまり手を出さなかったけど、とても深かったりするからどんどんチャレンジしていこうと思いました☺️
mal

malの感想・評価

4.0
1回目だとあまり理解できず、悔しかったので2回観ました!


結論。

かなり丁寧な伏線がはられていてサスペンスとしても面白い!

前作があまり好きでなかったのでしばらく敬遠していたのですが、観てよかった!

付箋が回収された時のカタルシス凄かったです。声に出して、「あーなるほど!」言っちゃうレベルでした。

でも、何より印象的だったのは、Kがすっごく可哀想だったこと。こんなのってないよ!

感情表現があまりされない分、1回目が見た時は彼の境遇の悲しさにあまり気づけなかったのですが、2回目の視聴時に感じた切なさといったら!

希望や期待が反転していく感じ、自分が主人公でないと気づいてしまった時など、これはもう辛いよなぁって。

辛さや悲しさが大げさに演出されていないでそっと提示しされているだけなのが、また切なさを誘います。


確かに上映時間が長く、冗長に感じる場面が結構ありました。

動きのある場面も少ないし、眠くなるのも無理はないとは言わせてください!

だから、そのすみません…二度目は倍速で観てしまいました。

また前作の主人公であるデッカード。

今作でもキーパーソンであり、話自体の重要性で言えば主人公のKより圧倒的な重みがあるのですが、活躍があまり無いという…。

というか、ほぼお荷物のようにも見えなくもないような。