ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

切ねぇ。

いい意味で、元祖ブレードランナーを見た人向けではない。設定、キャラクター、小道具を使って作られた作品だが、中身は全く新しい雰囲気になってる。今風のずるさもあり、レトロな風格があるシーンもある。

編集の思い切り方がすごい。重要な部分を残してあらゆる無駄を力づくでカットしている感じがする。恋愛要素やデッカードをもっともっと掘り下げることは出来たろう、中途半端に終わったキャラも数人いる、客が見たいところを見せる作品に出来たろう、けれども主人公とテーマに作品を壮絶に殉じさせている。
いわゆる、想像が捗る、というやつかも。

映画では実際には、壮大なことは起きていない。恐らくこの世界ではこの後にすごいことが起こる。そこが見たい。見たいけど、きっともう沢山ある陳腐な戦争になる気がする。

でも切なすぎて2回見る気がしない。
たける

たけるの感想・評価

3.9
前作の方が面白かった。。

今作においても人間とレプリカントの差別化に考えさせられる内容をとなっており、
デッカードとレイチェルのその後が知れたのが良かったです。
ひろい

ひろいの感想・評価

4.0
これはお金を払って映画館で観るべき映画だなと思います。時間的には短くない上映時間でしたが、体感的には半分くらいで、スゲーもんを見せられて圧倒されているうちに時間がたってしまった…というかんじでした。
ミツコ

ミツコの感想・評価

3.5
近未来の世界観は、観てるそれだけで楽しい。あの都市を観光してみたい。
ノワール感やらハードボイルド感が薄いんで、ブレードランナーの続編としてみるとダメ。
ただ、ディックの原作を基にした映画とすると100点。

と思って見てたんだけど、終盤はちゃんとブレランしてたからニクい。
mahomemon

mahomemonの感想・評価

3.3
ライアン・ゴズリングがイケメンすぎる。。。
前作観てないとおそらくよくわからないはず。前作から観るのがオススメ。
とにかく長くて、テンポ遅い。
見つめ合うだけのシーンに三分ぐらいかけてた気がする。

オスカー取るだけあって風景とかすごく綺麗。
あと、ヒロイン?のホログラムの子がすごくかわいい。
未成年かと思ってビビったけど、まさかの30歳だった。

分かりにくいストーリーでもなかったけど、長さの割に見終わった達成感が全然なかった。
maaaaaao6

maaaaaao6の感想・評価

3.8
外側からオレンジの光で照らされた空間が一作目も二作目も共通して印象的。
エンドロールもめちゃめちゃオレンジだな!
これは何なの?まだ続くの?どっちの味方すればいいのーー!!
87

87の感想・評価

3.0
一応、前作観てないけどストーリーは頭に叩き込んで観た。
映像の美しさは素晴らし買ったのですが、、ストーリーはちょっと眠かった。。
やっぱり前作ちゃんと観るべきだったかも。
「まさかの35年振りの続編。」

傑作SF、まさかの35年振りの続編。しかも監督は脂が乗り切ってるドゥニ・ヴィルヌーヴ。期待と不安がオーバーヒートレベルな続編にファンは夜も眠れなかったんじゃないか。

熱狂的なファンじゃない自分からしたら、つまらなかった訳ではないがイマイチという結果に落ち着く。正直テンポ悪いし2時間40分は長いと感じた。しかも前作の復習必須な物語運びで、最終的に未回収の伏線も多めで終わったという。

前作の記憶があまり無かった中で視聴したんで、前作主人公であるデッカードが出てくるまでワケ分かんない感じだったわ。前作のあらすじを片手になんとか付いていけるようになったが。イマイチな理由のひとつに、今作で新たにばら撒いた伏線が多いというコト。続編作る気があるのかどうかもイマイチはっきりしてないのにさあ。結局ウォレスなんて顔見世ぐらいしか出番なかったじゃん。

とまあ文句も多めになったがKが取った最後の行動でちょい許される感はある。あ、あとヒロイン役の子めっちゃ可愛かった。あれ普通に買えるAIなんだよな。なのにKと相思相愛なのがなんか不思議な感覚。シリアスな笑いとまではいかないが、ぼっち感満載に最初はちょい笑ってしまった。そしてウォレスの部下の女レプリカントが格好良かった。自分も含めMな人には堪らんかも。

次回作はどうなるんだろうか。また35年後になったりしてな。ヴィルヌーヴ監督は大好きだが今作は冗長に感じてイマイチだったかな。大変なプレッシャーの中でここまで作れれば上出来だとは思うが。