ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

ジャンル:

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

winnie

winnieの感想・評価

3.6
雨が降り続けるネオンに溢れた近未来の世界が魅力的。水面が映る部屋綺麗すぎ…前作まだ観てないから早く鑑賞したい!
tanaka

tanakaの感想・評価

4.0
ドゥニ・ヴィルヌーブという人選が大当たり。前作のフィルムノワール的雰囲気を見事現代風に昇華し再構築した傑作。

ライアン・コズリングもカッコいいだけじゃなく、仮想の彼女に夢中になる何処か危うげなキャラクターを見事に演じていた。終始このジョーというキャラクターには感情移入しっぱなしだった。

キャストも豪華で、僅かな出演にも関わらずデイブ・バウティスタ、ジャレッド・レトーといった名優始め、アナ・デ・アルマスといった新進の女優を起用してるあたり、気合の入った作品に仕上がっている。

このレビューはネタバレを含みます

2017年。『ブレードランナー』(1982)の続編。ブレードランナーであるレプリカントのKは、旧型レプリカントの抹殺に従事している。上司からある奇跡的事象の追求とその痕跡の抹消という使命を受けその職務に従事するうちに、彼は自身の出自の秘密を垣間見ることになる。ライアン・ゴズリング演じるKは基本的に無表情なのだが、唯一感情を露わにするのが、自分が人間かもしれないと思い当たった瞬間である。「何が本物なのか」という主題が、最後の「大義のために死ぬのは最も人間らしいこと」という真正性を最重視した行動規範に繋がる。
杜口

杜口の感想・評価

4.8
皆、孤独であり、生きる意味を探す。
その中には、マリエットのように集団に属し大義を得る者もいれば、ラブのようにウォレスの使い、または天使として使命を執行することに意味を見出す者もいる。
または、デッカードのように、愛する者のために孤独を享受する者もいる。

さて、主人公のKはどうしたか。これはわからない。最後の行動は大義としてだったのか、個人の意思としてだったのか。この部分の解釈は鑑賞者に委ねられている。

さらに、前作に続き美しいヴィジュアルと音は健在(まあロジャー・ディーキンスとハンス・ジマーだしね。)だが、今作は前作の爛漫としたネオンの街と違い暗く、室内は洗練されたインテリアが並ぶ。新鮮なヴィジュアルを提示してくれた。

この作品で描かれるKの苦悩は生きる意味を失った現代人の苦悩そのものであり、誰しもが見て何かを得られるものであろうとも思う。
斜陽

斜陽の感想・評価

2.9
ドゥニ・ヴィルヌーブ監督が手掛けるカルト映画続編ということで、期待高まる。
舞台は電波で繋がれた近未来。
晴れの日がなく、常に異常気象という世界観が良い。
ストーリーよりも雰囲気を味わう作品かなぁと思った。音がカッコいい。
美少女AIのアナ・デ・アルマスが可愛いすぎてびっくり!ライアン・ゴズリングは感情が欠けた役がよく似合う。
MK

MKの感想・評価

3.0
尺が長い、
けどひとつひとつのシーンが本当に綺麗、絵画みたい、

ホームメイドAIのジョイが可愛かった
最適解と言っても過言ではない問答無用なクオリティ。それでも拭えない一抹の違和感。結局続編なんて要らなかったというのが一番の感想。
Takeshi

Takeshiの感想・評価

3.8
リドリースコット監督の作った全体的に暗く汚い近未来(それが良い)に、ドゥニヴィルヌーヴ監督が映像美と音楽美を流し込んだ今作品。

レプリカントを見ていると、人間の自分勝手で強欲な感じに嫌気がさす。もう人形ではなく、一個体、一生命としてみるべきだと感じます。


ラストでまさかそこが繋がるなんて、、
ライアン・ゴズリングの哀愁漂うラストで満腹です。
公開時に先輩が言ってた「ドゥニちゃんがドゥニドゥニしてない」がなんとなくわかった気がする。でも音がドゥニってる気はした。

前作と同じレベルで内容がむずいのでネタバレ読まないと理解できなかった、
というか正直途中で集中力切れて携帯いじっちゃったのもある。やっぱこーゆー長いのは映画館で拘束されて観るべきだと強く思うのです。家で観ると寝るか集中途切れるか。だめだな。

アナデアルマスたんはやっぱり可愛かった。そしてゴズちゃんのロングコートかっこ良い真似したい。

どこかで見た設定とどこかで見たビジュアルとどこかで見た展開
全ては『ブレードランナー』というSF映画の金字塔を未だに超えられてないってことなんだよね
今回もブレランをなぞるだけになってた
人間の想像力/創造力がまだ30年前のリドリー・スコット監督に及んでいないってのは複雑な心境
ただ初代ブレードランナーが時代を経て
何度も手が加えられて完全版が完成した経緯を考えるとまだ完成じゃないのかもしれない

結局デッカードの映画だったな、って印象
登場した時はおぉ!とはなったけどそのせいでKがおざなりになるのなら出てこなくてよかった

『記憶のない人間は死人と同じ』
人間が人間であるために、言葉を交わし
交流を深めて記憶に残していくのか
人の記憶は不確かだから写真や映像で残すけど、「大停電」のような出来事があったらどうなるのか

人間とはなにか
ってテーマをより深く追求していたとは思うけど、作り手も受け手も人間である以上、現時点での及第点がここなんだろうな


と いくら考えてもキリがないので寝ます

いい夢を見てください
アンドロイドじゃなければね