ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

3.9

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

jrs

jrsの感想・評価

2.5
長かった
1時間にまとめられたんじゃないかと思う。
大筋は好きでした。
しゃも

しゃもの感想・評価

5.0
よかった!
前作が上手く終わってたのでどう繋げるかドキドキしたけど杞憂だった
AIの恋人がほしくなる映画

難しいな〜

解説を読んでなるほどという感じ。。
結局ライアンはレプリカントだったってこと?
バーチャル彼女との関係に終始する恋愛描写に未来を感じました。
素晴らしいシーンしかないんだけど、劇場のシーンの悪夢っぷりは抜きん出てた。
続編だし期待してなかったけどなかなか良かった!
また見たいかも知れない。
marbo917

marbo917の感想・評価

3.3
30年前に観た躍進的な映像技術に驚いた。
レプリカントの短命な儚さと自由の尊厳とシンプルなメッセージだったが、今回もどんなインパクトを与えてくれるのかと期待をしてみたが‥ガッカリ。

ホログラムの恋人の必要性は理解しがたいし、レプリカントの反乱軍を見せて欲しかったのが心残り。
tomokoishi

tomokoishiの感想・評価

5.0
シリーズ初見族ですいません。


とはいえ哲学性にぞっこんです。
オリジナル作品ではなく、フィリップ・K・ディックを読了。


人間とは、永遠に考えさせ続けられるロマン溢れるテーマに、乾杯!
解

解の感想・評価

3.7
 日本語字幕版で鑑賞しました。
 前作の「ブレードランナー」は80年代に一度観ましたが、昨年ファイナル・カット版を観ております。

 賛否両論の評判を聞いていましたが、本編を観終わっての感想はシンプルに"面白かった"です。

 木馬の伏線はサスペンス要素でしたが、基本的にはSF、ミステリ、アクションの複合ドラマでした。

 とても繊細に作り込まれたセットや衣装や小道具の素晴らしさもさることながら、163分の長尺であるにも関わらず飽きること無く最後まで見ることが出来たのは、複雑にしすぎない謎解きとわかりやすいドラマにあったと思います。

 「前作を観ていないからわからない」という事は当て嵌まらないくらいドラマでは丁寧に語られていました。恐らくSFの前提である設定(本編の場合はレプリカント)がはじめに飲み込めて無ければ、途中で何度もわからなくなるのかもしれないと思いました。

 劇中に気になった点としまして、データ解析で使う古いコンピューターが、やや草臥れたおじさんの日本語の人工音声でしたので、とても違和感を感じ苦笑を禁じえませんでした。他にも、町並みの看板の文字が日本語表記が多かったりと、日本を用いた演出が前作に引き続き多く確認できました。(前作は街頭ビジョンに映し出されているコマーシャルが「強力わかもと」でした)

 82年公開のブレードランナーはサイバーパンクの代表作となっていますが、主観では寺沢武一先生の78年の漫画作品「コブラ」の影響を強く感じます。余談として同じサイバーパンクの作品である、88年発売のコナミのPCゲーム「スナッチャー」は完全に「ブレードランナー」に影響されていました。もうひとつ主観的な余談としまして、本編を観た流れで、サイバーパンクを演出された故・出崎統監督(あしたのジョー2等)の1999年TVアニメ作品「白鯨伝説」を通しで観てみようと思いました。

 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督についても書いておきます。2013年公開の「プリズナーズ」からほぼ毎年のペースで本編を公開しているようです。今年に入って「メッセージ」を観たばかりだったので、とても早いペースでコンスタントに良質の長編映画を制作しているようです。本編は本当に大作でした。

 主人公K役のリドリー・スコットはラ・ラ・ランドの主役の記憶があります。本編では役柄的に感情を表情に出さない演技を見事に演じていました。そしてアクションがとても良かったです。イケメンでスタイルが良い俳優さんなので、どこを切り取ってもとても良い画になっていました。

 オチについては全く読めませんでしたが、満身創痍のKが階段で横たわる長い描写のあとに、あっさりと切り替わったカットで綺麗に落ちて思わず膝を叩きました。

 最後は、10分以上あるエンドロールが圧巻でした。音楽も独特で未来感があって良かったです。
10回くらい空飛ぶ車カッコいいって思った。特に窓割って入ってくるところ。実際には見たことないのにね!

ライアンゴズリングかっこいいのと、前作のレイチェルの美しさを改めて感じた。