ブレードランナー 2049の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ブレードランナー 20492017年製作の映画)

Blade Runner 2049

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:163分

あらすじ

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じ…

追われるのはブレードランナー?世界を滅ぼす鍵を握るのは―。 舞台は2049年のカリフォルニア。ライアン・ゴズリング扮する“ブレードランナ ー”(※人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官)Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っている。 冒頭でデイヴ・バウティスタ演じる男に、デッカードの行方を問いただすK。 レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レトー)は、「“彼”が鍵を握っている」と言うが、彼とは誰を指すのだろうか? そして、デッカードの居場所をつきとめたKは、過去に何があったのかを彼に問う。前作『ブレードランナー』でレプリカントの恋人レイチェ ルと逃亡したデッカードがその後どうなったのか・・・

「ブレードランナー 2049」に投稿された感想・評価

Yarrtt

Yarrttの感想・評価

3.5
コケたと聞いたがそんなことは無かった。
内容自体は単純で、描写のわりに深く切り込んでくるものは無かったものの、

随所的に的を射た言葉を台詞そのままに挿れてくるこの監督が好き。
tkhy

tkhyの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

頭使った、でもそれも楽しい
ただ、構図はシンプル
前作、短編集は見ててよかった。

優しさ、愛がある。
23

23の感想・評価

3.2
やりたいことはわかるけど少し長すぎるかなと。
tarupon

taruponの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

細かい突っ込みどころは多々あるけれど、よい作品だったて思う。人間たらしめているのは何なのか、レプリカントと人間とを分けるもの、その中で感情をどう扱えばよいのか、結論はでないけれどいろいろ考えさせられる。頭の中で思考を転がしているうちに、これってカズオ・イシグロの「私を離さないで」とクローンとレプリカントという違いはあるけれど、共通のテーマだなと思った。そして前作の舞台の2019年に限りなく近い今、状況は違うけれど何かが掛け違っていけば、私達はこの映画に感じる恐怖や戸惑いや悲惨さと隣り合わせにいるのかもとも感じた。
最後なぜ、Kが彼女こそがその子どもだと思ったのか、全く腑に落ちなかったのだが、いろいろ考えるうちに、最初に殺されたレプリカントが「私は奇跡を目の当たりにした」←こんな意味だったと思います の奇跡は、単にレプリカント同士から子どもが生まれたにとどまらず、そこからレプリカントではないもの、オリジナルが生まれたということも奇跡なんだなと、だから彼女がその運命の子なんだと納得した。
ととし

ととしの感想・評価

4.0
スクリーンで観てよかった(^人^)
面白かったか?と聞かれれば「そんなにw長かったし」と答えます(^^;)が、ライアンゴズリングが素晴らしくて緊張感を持ち続けられた(しっかり寝てから行った(^_^)v)のと、D.ヴィルヌーブ監督の画が美しくて見飽きなかったのでこのスコアに♫
スペインのホラー「サイレントウェイ」で見初めたアナデアルマスが今作でメジャー女優になるかと思うと寂しい気もしますが、ルックスだけが魅力じゃないと知らしめられた(?)と思うので今後が楽しみです(o^^o)
ヴィルヌーブ作品といえば音楽ヨハンヨハンソンですが今作はハンスジマー御大♪ヨハンだったらどんな曲が聴けたのかが心残りではアルマス(下手w)
yuse

yuseの感想・評価

4.2
前作をもう一度見直してから、鑑賞した。
世界観、ストーリー構成非常に素晴らしい。人間とは何か?アンドロイドとは何か?そんな哲学的なテーマを投げ掛ける映画が好みであるからか、物凄くフィットした映画だった。
監督さんすごい、メッセージも観たいと思った。
最後のシーンでは泣けなかったが、デッカードはやはりレプリカントのように思えてしまう。
P1島

P1島の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

娘が成長して記憶メーカーになるまでの過程に関する疑問が多くて、全てが疑問が解消されるアハ感は得られなかった。ピースを一つなくしてるパズルを完成させてもモヤモヤした気持ちにしかならない、みたいな。
でも、んなことはどうでもいいくらい綺麗だった。「1000年後に観てもきっと美しい」っていう売り文句がそれほど大袈裟ではないという驚き。

古い名作映画がリブートされる度にハリスンフォードは息子が増えてるから、あのミスリードは天才的だと思う。

レイチェルの場面は『ローグワン』のターキンと同じ技術を使ってるのかな?口の動きを極力見せないことで嘘っぽさを隠そうという意図が読み取れた。

このレビューはネタバレを含みます

VRの先を見た気がする。
ゴズリングも可愛い系が好きなんだね、とにやけてしまった。と同時に、空気人形の彼女やらと2.5次元しか愛せないゴズリングの切なさ。。
その2.5次元のジョイさんのなつきっぷりがまた可愛いんだ!実態がないからご主人を助けられない、触れたくても触れられないなんて。
そんな感じですかね、感情移入のしどころは笑

で、映画のルックはというと。無菌空間のような画作りをするドゥニ監督は流石です。お話の押し引きもお上手で、ラストのくだりなんて、バンって暗くなってから、ハッとしました。

ちょっと気になったんですけど、ドゥニ・ビルヌーブはガラスのこっちと向こうみたいなの好きなんですかね。前作『メッセージ』でも出て来たし、『ボーダーライン』はタイトルがそんな感じだし。なんなんでしょう。
A

Aの感想・評価

3.5
より曖昧になった人間とレプリカントの境界線。人間を人間たらしめているものはいったい何なのだろう。

数日前に観た前作に完全に心をもっていかれていて、途中長さに気持ちもきれてしまったけれど、あのシーンには自分でも驚くほど心が揺さぶられてしまいました。人にとっての記憶の存在ってなんなのかな。雨の降る夜の新宿で観たのは正解でした。
前作観てない人が観ても1割ぐらいしか楽しめないのではないでしょうか…

とりあえず前作の靄が晴れてそれだけでも観る価値はありました!
流石に約3時間もあって丁寧に作り込まれてますね…ディストピア感も増して、これぞSFだなと改めて思いました!

ライアンゴズリングの演技もめっちゃ良かったなぁ。あとアナ・デ・アルマスとシルヴィア・フークスな…🙏(語彙力)