IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.5

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの…

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。 真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価

みっつ

みっつの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

イケメンだらけ。
弟が結局戻ってこなかったのは悲しい😢
ハッピーエンドがよかった、、、
kohey

koheyの感想・評価

2.0
劣化「STAND BY ME」ほんのりホラー風味。普段手を出さないジャンルに挑戦してみた。・・・正直挑戦が過ぎた。某政治家ではないが、「ホラーじゃなきゃ駄目なんですか?」と問いたくなった(自業自得)
Kanahigu

Kanahiguの感想・評価

4.0
スタンドバイミー要素は結構感じた。ホラーとして思ったより怖くて元々苦手なピエロと風船が更に怖くなった、、😨
思春期という年頃の少年少女のそれぞれ抱えているものをうまく織り交ぜながら描かれていて、誰もがどこか共感したり思い出したりする部分はある気がする。
血まみれのバスルームをみんなで掃除したり、、なんかね。

キャストの子供たちは行動を共にするシーンが多いしメイキングも観たけれど役を演じた子供たち自身が打ち解けあい、仲間になった姿が演技にも自然と表現されていたと思う。もう少し大人になった彼らの姿をまた見てみたい気もする☺️
aki

akiの感想・評価

3.0
子どもの頃からピエロが怖い自分にとって、トラウマを呼び起こす作品でした。
ホラーなのか青春映画なのか。
オチは半分くらいのところでわかる
茶姐

茶姐の感想・評価

3.0
やってはイケないと思いながら、ついついTVドラマ版のITと比べてしまう
原作も大好きだったので7人の関係性や役回りの違いにうずうず
町の歴史を語るのはマイクじゃなければ、大人になってからの職業が…
ビルとベンとヴェバリーの関係性が…
と細かい所が気になるものの概ね満足なリメイク作品でした
怖がらせ方は今作の方が上なのではないでしょうか
ピエロの変顔に3点!
表情にしろ、動きとか絶対に笑わせにきてる。怖くないけど、面白さで言えば楽しめた作品
うえ

うえの感想・評価

3.8
めちゃめちゃ怖いといいなと思いつつ鑑賞。


4人組の子どもたちがメインだったり、からかう意味で相手のママの悪口を言ったり、なんとなく『スタンドバイミー』っぽさを感じるな〜と思っていたら、原作はスティーブンキングなんですね!納得!!
(それを知って加点した部分もあるかも 笑)

ジャンルはホラーに分類されていて、もちろんそれで合ってると思うのですが、最後まで観ると個人的にはホラーという印象ではなくなりました!
たしかに、ビックリするシーンや子どもたちが叫びまくってるシーンが多いです。
(全部合わせて30分ぐらいあるんじゃないかと思うほど 笑)
でも、それだけじゃない!
この映画には“青春”がたくさん詰まっていました。
言ってしまえば、恐怖でいっぱいだけどワクワクする気持ちもある夏休みの冒険です。
深読みをすればするほどそういった要素が見えてくるような気がします。
ラストがいい!ああいうの好きです。美しくすらありました。

大人になると見えなくなってしまう“それ”ってたくさんあると思います。
“それ”もそれに気づいたのかもしれませんね 笑

この映画、もしや第2章なるものがあるんですかね?
あるなら楽しみに待ってます!
あと、古い方も観てみたいな。

このレビューはネタバレを含みます

ホラー映画があまり得意ではないため、かなりビクビクしながら、めちゃくちゃ整った顔をしているスタンリーくん目当てで見に行ったが、思っていたよりもホラーではなく、スクールカースト、いじめシーン、微グロがダメな人の方が苦手かなと…

ペニーワイズそのものの怖さを例えるとびっくり箱から突然人形が出てきたような怖さ。でも、彼が出てきてしまえばこっちのもの、仲間とともに恐怖を克服したキッズ達がピエロをボッコボコにしてしまう。(ちょっと笑った)

ペニーワイズが見えるのは子供だけ、大人は見えないのではなく、見ようとしない。ベンがいじめっ子に酷い いじめを受けていても目をそらすところなど、嫌なものに目を背けるというシーンがあり納得した。それ以外にも最初になんでだ?と疑問に思う細かい設定が言葉での説明もなくわかっていく所が面白かった。個人的に1回目はペニーワイズにたくさんビビって、2回目以降は1回目で見逃した細かい設定を整理して見る感じだったので何回見ても面白いかも!

ただ、字幕ではオブラートに包んで比較的柔らかい表現にされているがかなり汚い言葉を叫んだりしている😅

ガラスで切った血まみれの手で手を繋ぐ所などとにかく私の性癖に刺さるようなシーンばかりだし、スタンリーくんはじめ子役のオフショットがめちゃくちゃ可愛い。最初の兄弟が抱き合うシーンは綺麗すぎて自然に涙がこぼれ落ちるので初っ端からハンカチ用意必須です。
原作もTVスペシャル版も読んだし観てます。どちらも「良い時のスティーブン キング節」が炸裂していて本作も楽しみにしてました。想像以上にグロテスクなシーンも沢山。そりゃ年齢制限食らいますよね。気狂いピエロも怖いけれど、主役となる少年少女が置かれた環境も恐ろしい。地獄です。本来なら陰惨な物語になり一部のホラーマニアしか支持しない作品になりそうなところを、キングさんは「かなり奇妙なジュブナイル」の味付けを施すのが天才の天才たる所以か。チャプター2に続く事になってますが、チャプター1だけでも片はついてます。更に楽しみたい人はチャプター2もどうぞ。って作りは好感。最近遠慮なしに1だけ観ても意味がない続かせる映画が多いですからね。しかし出演している子供達がかなり酷い目に合うのだけど、子役の親達はよく出演okしましたね。視聴制限受けている年齢の子供達が観るどころか出演しているんですからね!僕が彼らの親なら出させたくないなぁ。何せ可愛らしい子供に「皆殺し!皆殺し!」と叫ばせるんだから...