ハクソー・リッジのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

武器を持たない、人を殺さない
人を助けるために戦地に行く
フルボッコにされたり、何度も辞めるように仕向けられて、挙げ句の果てに軍法会議にかけられさえも信念を曲げなかった。
結果的に信念を変えず戦地で人を助け、皆に信頼され、英雄に。そんなお話。

後半の戦地からはとにかくグロい!戦争だから仕方ないけども直視できなくて結構早送りしました(;_;)観てるだけで自分の体が痛くなるし食べたものが出てきちゃいそうな気持ちに…泣

日本兵が不気味。なんていうのかな、奇襲?待ち伏せ?夜もヤバい。地上戦が怖いくらいに激しくて、この舞台が沖縄だったなんて今じゃ考えきれないです。悲しい過去であり事実だよね。平和な時代に生まれて本当によかったなぁ…

最後のエンドロールに本人、同僚たちからのインタビューがありますけど、それのせいで一気に奇跡体験!アンビリーバボー感がしてきます。無くても良かったんじゃないかな…なんかこういう終わり方はあまり好みではないw
本作品は歴史に残る大激戦となった沖縄戦・前田高地の戦いにおける、奇跡の実話の映画です。
「プライベート・ライアン」を超える衝撃と前評判でしたが、銃撃戦はすさまじいものでした。改めていうべきことではないが、戦争は愚かな行為です。この悲惨な状況を描いたことに、メル・ギブソンのメッセージを感じました。

日本降伏の3ヶ月前には、もはや日本軍に勝利がないことを日米軍とも把握しています。その中、沖縄本島に上陸したアメリカ軍に対し、日本軍に課せられていたのは時間かせぎでした。本土侵攻を1日でも遅らせること。それだけを目的に、兵士たちは命を投げ出し、捨て駒になって戦いました。自分が死ぬときには、アメリカ兵を1人でも多く道連れにして死ぬ。そんな戦い方です。このような日本軍の状況は、作品の中ではいっさい説明されないため、日本人以外の鑑賞者には、ほとんどわからないのではないでしょうか。死を恐れずに突っ込んできて、ゲリラ的な攻撃もするし、汚い手、卑怯な手も使う日本兵は、とにかく不気味で野蛮な民族にしか映りません。

せめてこの当時の日本の状況の説明をテロップだけでもよいから加えていただきたかったです。実際作品中では銃撃戦が盛んにありましたが、日本軍の弾薬はすでにほとんどなかったように思えます。そこで日本軍は地下壕を深く掘り、艦砲や空爆に耐える戦法をとったのです。砲撃に耐えた後には、アメリカの地上軍が前進してきます。

日本軍は敵を一旦通過させてから、その背後や側面を襲います。しかも夜襲です。昼間に真正面から攻撃しては、簡単に全滅します。これが兵力や火力に劣る日本軍にしか出来ない戦い方でした。

この作品の演技面で特に光っていたのは、デズモンドの父親役ヒューゴ・ウィーヴィングです。初めはこの父親を、偏屈で子供にあまり目をかけていない愚父と思いましたが、息子の志願を知ったシーンや、過去の夫婦喧嘩の顛末のシーンでは、完全に覆されました。

メル・ギブソン監督作品には「ブレイブハート」「パッション」「アポカリプト」と一貫してキリスト教的なモチーフが随所に散りばめられていますね。

デズモンド(イエス・キリスト)。
ドロシー(聖母マリア)象徴として不自然な程「青系」の洋服を多く着用しています。
ラストシーンで負傷したデズモンドが担架で空中を運ばれていく様は、伝統的な「キリストの復活」を強く連想しました。


同じ世代の子を持つ親ならば、彼の熱演を心穏やかに見ることなどは出来ないでしょう。
スミティーーーーーーーーー😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭
みんなが銃を持つなか、持たないという信念を貫いた主人公は本当に覚悟のある人物だと思った。
妻の言ったように持つだけで撃たないことをすれば信念を曲げることにはならないのに、そうしなかったのはプライドが理由ではなく撃たないことを絶対に実行するためだったのか。
戦争でも個人の選択で人殺さないっていう提示はすごく好きだったのに、結局アメリカ万歳戦争大好き!って映画だった。反戦映画どころか米軍のプロパガンダ映画。

物語としては面白かった。あと久しぶりに体がバラバラになって内臓撒き散らす戦争映画みれたのは満足。

そこまで来たなら縄ばしごせめて切り落としていけよ!
アメリカ・ヴァージニア州の緑豊かな町で生まれ育ったデズモンド・ドス。兄とともに野山を駆け回る活発な少年だったが、家族に問題を抱えていた。父親のトムは、兵士として戦った第一次世界大戦で心に傷を負い、酒に溺れ、母バーサとの喧嘩が絶えない日々を送っていた。ある日、兄との喧嘩で彼を死なせそうになる出来事が起き、自らを責め、「汝、殺すことなかれ」という教えを胸に刻む。

月日は流れ、成長したデズモンドは、看護師のドロシー・シュッテと恋に落ち、心躍る時を過ごしていた。だが、第二次世界大戦が日に日に激化し、デズモンドの兄も周りの友人達も次々と出征する。そんな中、教えを大切にしつつも、デズモンドは「衛生兵であれば自分も国に尽くすことができる」と陸軍に志願する。
ハクソー・リッジで戦う相手が日本軍だと知り、本編とは関係なく戸惑った。

最後に主人公のモデルになった本人のインタビューを流すことにより、記録映画的な印象が強まり、個人的には好みでは無かった。
DVDの映像特典ではダメだったのか。
アメリカ・ヴァージニア州の緑豊かな町で生まれ育ったデズモンド・ドス。兄とともに野山を駆け回る活発な少年だったが、家族に問題を抱えていた。父親のトムは、兵士として戦った第一次世界大戦で心に傷を負い、酒に溺れ、母バーサとの喧嘩が絶えない日々を送っていた。ある日、兄との喧嘩で彼を死なせそうになる出来事が起き、自らを責め、「汝、殺すことなかれ」という教えを胸に刻む。
月日は流れ、成長したデズモンドは、看護師のドロシー・シュッテと恋に落ち、心躍る時を過ごしていた。だが、第二次世界大戦が日に日に激化し、デズモンドの兄も周りの友人達も次々と出征する。そんな中、教えを大切にしつつも、デズモンドは「衛生兵であれば自分も国に尽くすことができる」と陸軍に志願する。 グローヴァー大尉の部隊に配属され、ジャクソン基地で上官のハウエル軍曹から厳しい訓練を受けるデズモンド。体力には自信があり、戦場に見立てた泥道を這いずり回り、全速力で障害物によじ登るのは何の苦もなかった。だが、ライフルの訓練が始まったとき、デズモンドは断固として銃に触れることを拒絶する。デズモンドは、モーセの十戒以外にも銃に触れない理由があった。
軍服や軍務には何の問題もなく「人を殺せないだけです」と主張するデズモンド。グローヴァー大尉は「戦争は人を殺すことだ」と告げ、命令に従えないのなら、除隊しろと宣告される。その日から、上官と兵士たちの嫌がらせが始まるが、デズモンドの決意は微塵も揺るがず、その姿を見ていた周囲もその姿勢を認め、そのうえで除隊を勧めるがデズモンドは従軍する意思を示す。
しかし、出征前に約束したドロシーとの結婚式の日、デズモンドはライフルの訓練を終えないと休暇は許可できないといわれ、命令拒否として軍法会議にかけられることになる。面会に訪れたドロシーに、銃に触れないのはプライドが邪魔しているからだと指摘されたデズモンドは、その”プライド”こそが大切だと気付く。「信念を曲げたら生きていけない」というデズモンドの深い思いに心を打たれたドロシーは「何があろうと、あなたを愛し続けるわ」と励ますのだった。「皆は殺すが、僕は助けたい」と軍法会議で堂々と宣言するデズモンド。窮地に陥るが、意外な人物の尽力でデズモンドの主張は認められる。
時は過ぎて1945年5月の沖縄。グローヴァー大尉に率いられて、「ハクソー・リッジ」に到着した第77歩兵師団のデズモンドと戦友のスミティら兵士達。先発部隊が6回登って6回撃退された末に壊滅した激戦地であった。150メートルの絶壁を登ると、そこには百戦錬磨の軍曹さえ見たことのない異界が広がっていた。前進した瞬間、日本軍による四方八方からの猛攻撃で瞬く間に倒れてゆく兵士達。衛生兵として重傷の兵士達を助けてゆくデズモンド。しかし、一度はハクソー・リッジを占領するも厳しい戦況に部隊は退却を余儀なくされる。その最中、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まることを決意する。
「汝、殺すことなかれ」の信念を貫き、第二次世界大戦を武器なしで戦い抜いたデズモンド・ドスの実話に基づく物語

ストーリーはデズモンドの幼少期〜戦地に赴くまでと、舞台となるハクソー・リッジ(沖縄 前田高地)の戦いの大きく分けて山場が二つあり見ていて飽きず、デズモンドの人間性や周囲との状況が丁寧に展開されている
ただ、最後まで見て思ったのは「何故銃を持たないのか」に対する展開(説明)が弱く、腹落ちしない部分もあった(まあ、人の信念や考えを完全に理解するってこと自体が無理な話だけど)

本作は凄惨な戦闘シーンが特に印象に残る
自分が見てきた今までの戦争映画とは一線を画すほど 目を背けたくなるようなリアルな戦いが描かれてて、見たくないけど、気付いたら食い入るように画面を見ている自分がいた
しかしそんな凄惨な描写の中でも入隊当初デズモンドをバカにしてたスミティが彼を援護して、塹壕で語り合うシーンはぐっときた

ハクソー・リッジという断崖が舞台だったから、その対比として兄弟仲良く裏山の崖登ったり、ドロシーとも同じ場所で熱い抱擁かわしたりさせたのかなと思った
冒頭から象徴的なシーンとして崖(丘?)が上手く使われていた

「one more...one more」と、取り憑かれるように負傷兵を敵味方問わず助けるシーンは、史実として最も賞賛されるべき奇跡的な行動だし、そこまでデズモンドを突き動かすものはなんだったのか、、、感動的で最も印象的なシーンだった
これが、日本人にはイマイチピンとこない信仰心というものであれば、信仰心こそデズモンド最大の武器だったのかもしれない
沖縄人なのに前田高地のこと知らなかったので観た。
宗教上の理由で人を殺せない、というのが通るなんて知らなかった。敵味方関係なく負傷者を助けるって凄いことだし、自分が死ぬかもしれないのに人を助けるために前線に出ていくのはかなりの覚悟ある行動だと思う。ストーリー的にいい話として受け取れたけど、実際にはたくさんの人が死んでいってるし歴史に残らずに消えていった出来事もたくさんあることを考えた。戦争映画は好き好んで観ることはないけど、平和な世の中に生きていると改めて考える機会になるので自分にとってはそういう意義がある。
>|