ハクソー・リッジのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

第二次世界大戦の沖縄戦で武器を一切持たず衛生兵として75人の命を救った、デズモンド・ドスという一人の敬虔なキリスト教信者の実話をメル・ギブソンがドラマ化した作品

前半はデズモンドの少年期から妻との出会い結婚の約束まで。

父親が第一次世界大戦で精神を病み、アルコール中毒で母親にDV。兄と自分も暴力で育てられた環境だった。
子供の喧嘩で兄にレンガを当ててしまい、危うく命を落とす一歩手前の出来事を起こしてから、なおのことキリストの教え『汝、殺すことなかれ』を胸に刻む。

後半は一転して戦地での凄まじい出来事、息を呑むシーンの連続となる。

公開当初、高く評価されたらしいが『ブレイブハート』と『プライベート・ライアン』以来、最も暴虐で血まみれた殺戮‼︎とも言われている。
確かに目を背けたくなる惨虐さがこれでもかと連投される。

日本兵の卑怯さみたいなシーンが最後の方に出て来て日本人としたら不快感あったけど、、作品としては素晴らしいと思った。
殺し合いの戦争をして良い事など一つもないのだから‼️

ドラマの最後に本人、兄、上官が出て来て本心を語る。
本当にあった話なんだと改めてゾッとした。


『1917...』は劇場で観るつもりはないけど、この機会にまた戦争映画を見直してみようかなと思っている。
主役の人を見ていると、どうしてもス○イダーマン(ピーター・○ーカー)にしか見えない。
ニヤニヤ顔が特に。

物語的にラスト前までは主人公の信念、戦争描写など、戦争の悲惨さや酷さ凄さは伝わりました。

しかしラスト前、突然現れたス○イダーマン(ピーター・○ーカー)は手榴弾を敵陣に手のひら返し&キック。
たしか実話の戦争映画でしたよね????それはないでしょ。
ハクソー・リッジが沖縄の地名なのに沖縄を主張してない。米軍側から見た沖縄戦を描いているが敵国に対する侮辱等が無いところも良い映画だと思った。
なので日本人からしても気持ちの悪くなる映画ではなかった。あくまで主役は武器を持たず前線で人を救い続けるデズモンド。
デズモンドは終始ニヤついているしアホかと思うほど頑固なのでちょっと好きになれなかった。しかし短所も長所も元は同じなのだ。
前線では負傷者を助けニコリと笑い話しかけ元気付ける。ひとりでも多く助けようとする強い信念。それもまたデズモンドの性格。
前線にて米軍と日本軍が入り乱れて生に死が混じり合うような戦闘シーンは迫力凄まじい。資料館で見た戦争当時の写真、それがそのまま実写となって色が付いて動いている。
この崖の上の戦闘場面は多くの人に見てほしい。怖いもの見たさでも良いから絶対に見た方が良い。
そしてラストインタビューで終わるところが良かった。実話だと思い知らされる。
めちゃくちゃ良かった……

沖縄戦って聞くと、やっぱり思い出すのはさとうきび畑の唄!
アメリカは自主志願で戦地に行く、まさに英雄なのに対して、沖縄戦の日本軍はほとんどが老人と15歳未満の子供。強制的に戦地に送られたって言われていて、戦うマインドが全然違う。訓練も武器も力も圧倒的に弱くて勝てるはずないのに、めげずに最後まで戦う日本の根性が画面からものすごく伝わってきて泣けた。アメリカを圧倒しているシーンやセリフがものすごくよかった…
かっこよかった。
メルギブソンの日本愛が伝わりました。笑
切腹のシーンもしっかりかっこいい。

さとうきび畑のさんまさんもそうだけど、主人公のデズモンドみたいな命の尊さを知っている人間が、結局人の心を救うんだなぁ。

戦争映画は怖いってゆうイメージを覆すいい映画。これは何回も観ると思う!


⭐️ちなみに、LOTRのアルウェンのパパが出ててテンション上がった。エルフじゃん!ってなった笑
他にも軍曹がGoogleのインターンシップの人で(コメディ寄り)安心して観れた。笑笑 
ボロクソ言われてたのに最後に兵士と呼ばれて鳥肌立った
降伏自爆はズルいぞ日本兵!
メルギブソン監督

沖縄戦のハクソーリッジという日本軍陣地をかけた戦いのなかの実話
銃さえも持たず、誰も傷つけないという考えを持った1人の米兵、デズモンド・T・ドス。
軍隊であるにも関わらずその考えを持った彼は上司、同僚からの様々ないじめにあうが信念がぶれることはなかった。その強い思いに彼女であるドロシーは強く心を打たれる
そして衛生兵としてハクソーリッジをかけた戦いに挑む。150mの絶壁を登った上に待ち構えている日本兵、厳しい戦況の中次々と倒れる仲間達。
あまりの攻撃に撤退を余儀なくされる米軍であったがデズモンドはその中一人戦場に残り負傷した仲間たちを1人救ったらもう1人、もう1人と次々に縄で下に降ろし助けていった。厳しい戦況の中およそ75人もの兵士を救ったデズモンドは英雄となり良心的兵役拒否者として史上初名誉勲章メダル・オブ・オナーを授与した。
ラスト
最後は自分も傷つくも、助かる。
現実のドス爺さんが出てきて、昔語りをしおしまい。

戦闘シーンはなかなかの迫力。
壮絶な戦場というのは分かるが、もう少し緊張感が足りないかなという印象。切腹シーンとかいるのかな、あれ。
普通のアメリカアクション映画になってしまっている。
でも、それはさておき、やはり個人的にはラストが微妙。

はい、あなたたちが見てきた映画の本人たちです!
みたいな感じが、、、まだ当時の本人映像だけならまだしも、年老いた本人のインタビュー映像まで流してて、しかも映画でまさにあったシーンを本人が話してて冷める。だったら映画にしなくてもいい。

せめて、ガーフィールドがアメリカに帰って恋人と抱き合うまで映画にしてから本人映像でもよかったんじゃないでしょうか。
沖縄戦最前線のハクソー・リッジ(前田高地)で衛生兵としての闘いを貫く。

軍隊へ入る覚悟、入隊から武器を持つ事を拒む事、仲間の命をも守る為に武器を持たぬ事は、信仰心だけでは務まらなかったであろう勇気と強い信念に心を打たれた。
当時、良心的兵役拒否の権利が持てる米国と、義務として徴兵召集された日本との大きな違いがあった事も考えさせられた。
戦争に行った人全てにドラマがあって生きて帰還してくれたからこそこんなすごい人がいることを知った
また1人また1人と戦わず助けて行く姿、戦っている相手にまで優しさをあげる姿に感動しました。
もちろん沖縄での戦争なので日本とでしたが、主人公が日本人を助けるところですごくありがとうと思えたし、どちらも生き残りたいから戦っていて胸が苦しくなりました。
最後の本人のインタビューほんとに泣けました。
>|