ハクソー・リッジのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

スパイダーマンぶりのアンドリューガーフィールド。
最初はストーカーかと思ったほど、彼女を見つめるかんじと笑顔が少し怖かった笑
あと、喋りもふにゃふにゃしてたし何故彼女が結婚までしたいとなったのか分からなかった。
そして、彼女がめちゃ美人!
中盤までは特に展開もなく、長くかんじる。
頼りなさそうで弱そうなドスが志願してどうなるかと思っていたら、どんどん見ていくうちにドスの芯の強さに心打たれていく。
銃を持つだけでいいのに!って思って見てたけど、銃を持たない彼が1番強くてかっこよかった。
戦闘シーンがすごいリアルで、戦争を知らないうちが戦争の怖さを近くで見た気がした。
映像も生々しくて、さっきまで話してた人が簡単にふっとんでいき、頭を撃ち抜かれて死んでいく。
見ていてすごい怖かった。
敵国が日本なのが複雑だったな…。
現実でもこんなかんじなのかと思うと、何でみんな死にたくないはずなのにこんな無意味な戦争なんてするんやって見ていて苦しくなった。
ドスが1人で助けていくところは嘘やろ!?って思わず声に出してしまうほどすごい行動だった。
「神様どうかもう1人助けさして下さい」と言いながら、人を助けることをやめないドスに心がきゅーってなった。
ドスが心配でもう助けなくていいよってテレビに向かってつい言ってしまうくらい。
これが映画だけの話なら分かるけど、実際にあった話というんだから凄すぎる。
実際に75人も助けたらしい。
戦争ものは基本見ないけど、ドスの力の強さではなく、人としての強さは見ておくべき作品だと思った。
全く新しい形で戦争の英雄になったある男の話。デズモンドは敬虔なクリスチャンで、ある過去が原因で銃を持たない、人を傷付けないという深い信念を持っている。そんな彼が衛生兵としてどれだけ多くの人を救うのかという所がこの映画の主軸になってる。まず何が面白いってこの映画が自分も含めて日本人にかなり評価されてること。あんだけ日本人を獣として描いてるのに。最初に銃を持たないってだけで小隊でいじめられてた時の周りの人々の視線、戦場で実際に70人近く(日本人2人を含む)の兵士を助けたあとの周りからの畏敬の眼差しがデズモンド視点のカメラワークで撮られてたのがよかった。あとこの作品の特徴として、「死体」とか「怪我」を細かく映してるな思った。自分の一番好きなシーンは自身も怪我をおってハクソーリッジから吊るされて下ろされるデズモンドが聖書を片手に天からの白い光を浴びながら微笑むシーン。まさにクリスチャンとして、自分の信念を貫いた彼を神が讃えているシーンやったなーと。
刑務所のシーンで、彼女が主人公を抱擁するところでは涙が出た。彼女がいたから、彼は信念を貫き通せた。戦場での彼の行動も、傷つけるのではなく助けることに徹していて素晴らしかった。でも気分は複雑。
他の方のレビューを見て色々考えさせられましたが、
結論としては、この映画、素直に感動したとはやっぱり言い難いです。
映画を見ている時の自分の立場、アイデンティティを意識せずにはいられないのです。

これからも映画を見て学びとれたことがあれば、積極的に書いていきたいと思ってます。
久しぶりに好みの戦争映画だったかも。プライベートライアンほどドラマ性はないけど、これまた実話を基にしてるってんだからすごい。主人公かっこよすぎ。
やっぱり何度でもいうけど、いろんな作品が飽和しつつあるからこそ実話というジャンルでどれくらいドラマティックに撮れるかって大事なんじゃないかな。
最後、監督メルギブソンでへーってなった。名優が名監督になる流れって昔からあったのかな?素晴らしい作品だった。
後で知ったけど、監督はメル・ギブソンだったのかぁ
やられたわあ

号泣してしまった

自分が信じるべきものを、何の迷いもなく
選んで、進んで
例えどんなに傷ついても、信念を曲げない
デズモンドは、そんな勇敢な青年

恋愛も人命救助も、ただひたすらに
一途な思いでやってのける辺り
カッコよすぎる・・・😊

頑なに銃を持ちたくなかった理由が
明かされた時、彼の後悔の念をすごく感じた
彼の気持ちが分かるような気がした

彼を馬鹿にした周りの兵士たちも
彼の一途さに、頭が上がらなくなる

戦争映画は、苦手だけどこの映画は
とても素敵だと思う

watchが進めてくれたから
観たけど、本当によかった
ありがとう‼️
沖縄での戦いは圧倒的なアメリカ軍の力によってねじ伏せられたものと思っていたがこんな凄まじい激戦があったとは。激戦の最中、そして味方が退却し、日本兵の攻撃を受けながら、人を殺さない信念のもと、銃も持たず、一人で負傷者を76人も助けだす勇気と良心は超人的としかいいようがない。しかも日本兵も助けた。聖書の影響を受けているにしても、真の英雄とはドスの事だ。
ハクソーリッジ、すべてが圧巻。これは映画館で観るべきだったと後悔。
惨すぎる戦場のシーンは、何度見ても恐怖を感じる。同じ人間なのに、殺しあわなきゃならないおかしい世界。
見ていられないシーンだからこそ、ドスの救助が際立って、感動した。
特に欧米人、日本人関係なく助けていたところに安心。やっぱり日本人だから砲撃されて殺戮されているシーンは悲しくなってしまう。もちろん双方死んでいたけど。
最初観た時は、戦場のシーンに号泣。
欧米人も、もちろん信念や宗教が通じない日本人も、同じ人間で死にたくない。
虚しすぎて、涙が止まらなかった。

ドスが75人を助けていて本当にすごい。
最初、ドロシーにアタックしてるシーンはやばい奴だと思ったけど笑
よく最後まで銃を持たなかったよなーと思う。あんなところにいていつ殺されるか分からないんだったら十戒とか父親とのトラウマ関係なく銃を持つ気がする。
あんな素晴らしい方が本当にいたなんて、、、

そしてノンフィクションでこんなに面白い映画とは。
ドスは長生きしたようで本当によかった。
ラストのシーンでは死んでしまったのかと思った。天に召されたような表現に感じてえ?死んでしまったの?と勘違い!

演技ではやはりお父さんのヒューゴ・ウィーヴィングが素晴らしかった!!
マトリックスから好きだけど、アル中でおかしくなった父親を演じきってた。俳優が好きだから全然嫌いになれなかった、ドス兄弟を毎日殴りまくってたらしいのに。

そして軍隊ではもう素敵なイケメン揃い!!
ハウエル軍曹、スミティ(死んでしまって本当に悲しかった...親友みたいになってたのに)、何よりグローヴァー大尉...!
サム・ワーシントン、初めて知ったけど、素敵すぎる。みんなかっこいい。軍隊ってかっこいい...。不謹慎だけど。

アンドリュー・ガーフィールドも、初めて好きになりました。アメイジング・スパイダーマン見とけばよかった。
どうしても最初のスパイダーマンが好きすぎて、観る気になれなかった...悔やまれる。
彼の狂気をはらんだような笑顔が素敵だった。それにしてもほそい!!

もちろんサブの日本兵もかっこよかった。
個人的に、その行動を推すわけではないけど、白旗上げながら手榴弾投げたり(絶対自分たちは死ぬ)、相打ちで死んじゃったり、とにかく諦めない。とにかく戦う。
美談にするわけじゃないし、ダメなことだけど、先祖は本当にかっこよかった。
国のために、家族のために。同じことは繰り返すべきじゃないけど、これからも映画や本を見て、当時を忘れちゃいけないと思った。次は硫黄島をみようかな。

あー大尉かっこよかったなー。
奇跡を起こしたらあっさり謝って一緒に戦おうとするところ凄くいい。
本当にリアルな映画だった。
これは観るべき映画でした。

ほら、朝布団から起き上がるとき
私は怯えたことはないし、強いて言うなら「学校やだなあ」とかそういうことばっかりでさ。でも、朝日が登って土の布団から起き上がるときの彼らのことを思ったらさ、朝がくることそのものが怖かったんよな。どこにいるかもわからない神に祈ってたんよな、「どうか朝がきませんようにって」

信念を持ってるから、流さなくてもいい血を流してしまったし、恋人を泣かせてしまったかもしれない。けどそれ実は自分を支える杖になってたなんてさ、''持ってたからこそ''の間違いよな

自分なりの最高の敬意を払ってエンドロールまで見つめようと思った話
沖縄戦が出てくるとは。観るまで知らなかった。
夜襲かけてきそうだけどな
敵国の言葉で本来は何言ってるかわかんないんだろうけどわかる複雑さ
日本兵2人もいたって言ってたけどすぐ死んだよって冷たい感じ。
まぁ敵だからそんな対応だよね

色々気になって、あとで前田高地について調べてみると
あくまで今回のメインは武器を持たずに戦地で75名を救出したデズモンドの物語で、アメリカから見た映画なんだなぁとつくづく思った。
戦い方とか民間人

沈黙では神とはなんだってやってて、
今回は神を信じ、信念のもとに生きる役所で。
戦場で一番勇敢な男は、痩せっぽちの丸腰の男だった。

主人公デズモンドは争いを好まず、武器を持つことさえも自分に許さない。
屈強な男は達がいる中、武器も持たず丸腰で戦地を駆け回り70人以上の負傷兵を救い出した彼は英雄そのもの。

訓練中仲間たちに馬鹿にされ、命令違反で牢にぶいこまれる状況でさえ自分を貫き通し通す信念は素晴らしい。

彼の存在が兵士たちに安心と勇気を与え、劣勢な状況を打破していく。
しかし、次々にやられていく相手国が日本なもんだから、おー!!ってなりながらも複雑な心境。
>|