ハクソー・リッジのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

中盤から終盤にかけてはずっと泣いてた。
戦争ものはほぼ観ないけどこれは周りの評判が良く観てみたところとても良かった。
最初の行き過ぎた兄弟喧嘩が終わった後の絵を観ているとドス少年のシーンでポロリ。父が戦友のお墓参りをしているシーンでポロリ。父に息子2人が戦争に行くと言うシーンにもポロリ。とにかく泣きっぱなしだった映画でした。
やっぱり戦争ものだけあって戦いのシーンは少しグロかった。だけど本当に良い映画だった。初めて映画館で2回観ました。
終わった後の余韻が幸せで映画ってやっぱり好き!!!!!ってなりました。
戦争映画がとにかく苦手で、見る気は一切なかったんだけど
流れで拉致されてまさかの公開日に鑑賞

彼女とのきゃっきゃうふふなラブストーリーや入隊直後の人間ドラマや親子の絆
そこからガラッと変わってあまりにもリアルな描写

突撃シーンはずっと震えが止まらなかった。
涙は出ないけどただ恐怖
とにかく日本人が怖かったし、仲間が撃たれるたびに辛かった
けどこれが逆目線だったら普通にアメリカ人が怖い
自分自身戦争を経験したことがないから、どっちに主観を置くかで変わってしまう
ノンフィクションなんだけど現実味が湧かない
そんな自分がなんだか能天気で嫌になった

肩こった映画
カタルシスのある見応えのある映画だった。主人公の変態性についてとりあえず良しとして、何よりもあの1度撤退したハクソーリッジに、翌日また行け!と命令されることの絶望感たるや、心が折れました・・・。沖縄決戦も、見ないとな、と思わされました。エンターテインメントとして、やはり素晴らしいものを作るなメル・ギブソン。期待にこたえてくれました!
武器を持たないと決めたデズモンドに9条死守の日本が重なった。
沖縄戦での日本兵の体格の良さが気になった。
ガーフィールドは華奢なイメージがあったけど兵士を抱えて運んだり、印象変わった
敵と味方。
どちらか一方が殺られ、どちらかは殺す。
生きるか死ぬかの緊迫な状況、必死な形相が凄く伝わってきた映画。
特にアメリカ兵と日本兵のぶつかり合うシーンや顔が映り「あー!」と叫ぶシーン。

デズモンドは自分の信念を最後まで曲げなかった。そして多くの命が救われた。
それも武器を持たずに。
これは本当に凄いことだと思った。
みんなが彼みたいな考えだったら戦争は起こらないのに…

がしかしそれと同時に多くの血が流れたことも事実。
彼を守るべく盾があるから。
武器を持たずとも多くの仲間が彼の銃となっている事も忘れてはいけないと思う。
単純に人を救いたい、助けたいを映しているだけなのにそれがグッとくる。
ボロ泣きしてました。
戦争というリアルもきちんと描いてるからこそ、信念を貫く姿がとても印象的だった。
先に出兵した人達と、今から行く人達の顔つきの違い…あれはどうやったら出せるんだろう?セリフじゃない部分に沢山、色んなものが込められていた。
気づいたら上映館ほとんどなくてなんとか観にいけた。
できればこれは映画館で観ておきたい作品!画面の情報量的に映画館のほうがより入り込めると思うので。

実話ベースの話でした。米ヴァージニア出身の信心深い青年が主人公で、舞台は第二次世界大戦中の沖縄。
ということで戦争の相手は日本だったわけだけど、アメリカ側の視点で観てると「日本こわい!」「アメリカ兵がんばれ!」って思うし、日本兵がやってくるところをみると「敵がきたー!」って思うので戦争は恐ろしい。
それぞれの背景を知れば、生身の人間なんだって思うのにね。自分たちにできるのは、この先こういうことがないようにすることのみです。

あとは旧日本軍の規律がひどいものだったっていうのがなんとなく頭にあるから、その分アメリカ軍の寛容さに驚いてしまうというか…。
デズモンドが軍曹のこと笑ったとことか、旧日本軍だったら大変なことでは…!?とひやひやしてしまったけど、怒鳴られるだけだったし…。
除隊騒ぎのときも上官がデズモンドの命のほうを心配してたのが伝わってきたし。よく描いてる部分もあるかもしれないけど。

もちろん自分の持ってる情報自体がメディアなどを通して得たもので、誇張されていたりマイルドにされていたりするかもしれないけど、アメリカ軍ものの映画をみるとやっぱりそこのとこ感銘をうけるな。
あと気になったのは、黒人の兵士ってそういえば描かれてるの見ないけど、実際にいなかったのかなあと…調べてみよう。当時はあったとしても別部隊だろうけど…。

それから、デズモンドが日本兵を助けるシーンがあったのもよかった。そこは分け隔てないのね、と。それにしてもモルヒネ、と英語で言われたところで毒かも!って思ってあんなにじっとしていないのでは…?感。気持ちが伝わったのかな。

それにしてもドロシーがかわいい!髪型も服もかわいい!独房のデズモンドに会いに来た時の髪飾り!なんてかわいいのよ!!😍
素敵なひとに出会えてよかったなあと思いました。

いろいろ書きましたがとにかくいい映画でした。信念をあれほど曲げないという生き方はなかなかできるものじゃないよね…しかもあの極限状態で。かっこいい男の話でした。ひと段落した時の、心から信頼しあった目がよかった。
パンフレット買った。これから読みます。
今年観た映画で一番面白かった。
面白いと言うのも、ガーフィールドの信念と真逆の戦争に対してどう対応していくか
というとこで人を助けて行く姿には涙が出た。そんな彼を反対してた同じ軍の奴らが最終的にはガーフィールドの崇拝を待つ様子は号泣だった。
敵は日本兵だったため思うところはあった。アメリカサイドの映画のためどっち目線で観ようかも楽しめた。色々考えさせられる映画だった。
17.08.10 @アップリック渋谷

久々のアップリック、奥渋は相変わらず平和でした。

色んなテーマが扱われた映画でした。「戦争」から「恋愛」や「信念」、「宗教」、「親子」、「人類愛」…これら全部ドスのライフのキーワードかもしれません。

けっこう自分好きのは、親子関係。お父さんは第一次世界大戦を参加し、彼意外戦友が全部亡くなって、それでずっとアルコール依存(戦後PTSD)で、典型的な廃人おじさんになった。ドスはその親父が嫌悪でした。戦友がなくなることによって、親父が廃人化になり、つまり、戦友なくすことで自分を含む、生き残ったの人たちが親父のように、戦後PTSDになってしまうの感じ、戦友を助かりにいくではないか。深読みかもしれないが、深読みさせるのもこの映画の醍醐味かもしれません。

あと、「まなざし」ですね。ドスにとって映画最初の「まなざし」のようなものは、最後自分の逆転劇の伏線かもしれないが、世の中に他のたくさんドスのように自分の「信念」を曲げなく生きていく人たちは、一体逆転できのか?「まなざし」はやはり地獄です。
懇切丁寧、エンタメ戦争映画
〜信仰は素晴らしい、いついかなる時も。

トップカット

ラストカット
光に包まれる主人公


訓練→裁判→戦場。
飽きない構成、ストーリー。

わかりやすい戦争描写。
カメラパンして打たれる兵士たち。

イカした銃撃描写
接写で、飛び散る薬莢のハイスピード
俯瞰で、飛び散る薬莢のハイスピード

兵士たち、上官たちとの軋轢。

天に召されるような、
崖からの美しいラストカット

聖人すぎるキャラ、が、
ノンフィクションで納得。
時々垣間見せるサイコ野郎感で納得。


リアリティ感。
さすがに除隊では?父と総司令官の関係性

日本兵の終わらせ方、雑。
切腹したらからフィニッシュ?
地下道の対処法はどしたのか?

下で待ってるヤツら。なぜ待つのみ?

戦場リアル描写において、
プライベートランアン越。ほどではない
高知戦のやや上?程度。

美談だが、沖縄民間人死者のことは?
○●
信仰に対する解。
が無神論者に、理解できる。
>|