ハクソー・リッジのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

戦争に行ってもドスは変わらなかった。
信念を持っている男は強い。

信じられないような男の真実の物語。降伏するふりをして手榴弾投げてくる日本兵やそれを素手で払いのけてキックするドスや切腹人を介錯するシーンはちょっとウケた。全員正気じゃない。
グロくて途中リタイアなの初めて…。最後まで見たいけどちょっと精神もたないので保留。
実在する臆病者と言われ続けた男の勇姿。改めて戦争はあってはいけないものだと思いました。周りの兵士は銃を持つが主人公は銃を決して持たない。自分の信念を貫く強さを感じました。

手が血だらけになっても、夜通し瀕死の兵士を崖の下へ運び続けるということは、彼以外の誰にもできないことだと思いました。
会社の人に勧められて戦争映画初視聴

まさかの実話ベースだった

こういう映画って戦争の悲惨さとかを伝える、過ちを繰り返さない
みたいなのを感じさせるものだと思ってたけどあんまりそういう感じじゃなかった

あくまで戦争は物語の背景として淡々と描かれていて、メインは主人公の信念についてのもの
元々ヒューマンドラマ系の映画をよく見ていたから個人的にはありがたかった

はじめは自分の考えが理解されないが、信念を貫くことで何らかの影響を及ぼして
周囲の評価が変わるっていうストーリーはありがちなんだけど、
『戦争』という生と死の狭間の要素が加わることで説得力と緊張感がグッと増える
これは戦争映画の良いところかもなぁと感じた(これは実話だけど)

戦闘シーンはやっぱり息を飲むし、あっという間に命が消えていくので心がどろどろになる
演出とかはよくわからないけど見てて違和感は感じなかった
ただあのわかり易すぎる崖だけはもうちょいなんとかならんかったかとは思った笑

後は親子の関係の話もちょっと絡んでて良かった
心で撃ったという言葉
でもそれは半分はいい意味な気がするね

見終わった後にモヤモヤの残らない素敵な映画でした
国に奉仕したいという忠誠心と信念とのせめぎ合い
両立は難しいし、理解も得られないだろうなぁ
素晴らしい功績を挙げた、勇敢な人物だと思う
心から尊敬する
でもやはり戦場に行くべきではなかった、と思ってしまった…
いろいろ考えさせられるなぁ

日本兵こわかったなぁ
しかし将校は腹切って尊厳のある死を選べていいよなって思った
部下は突撃して撃たれて焼かれて死んでるのにさ…
白旗かかげて騙し討ちは卑怯だ!
って思ったけど、国土侵略されて、もう無理だとなったら自国のためにああいったこともしてしまいそうだ…
それも国への奉仕の形。
平和な国で生かされてる今何も文句は言えませんなぁ。
非常に道徳的な映画でした

この映画は戦争映画であり、
ましてや日本が敵として描かれます

それを『道徳的』というのは
間違いだと言われるかもしれません

人によってはこの映画を観て
気分を害することもあるかもしれません

しかし、私は
『日本人が殺し、殺される』
という点はこの映画が
強く描きたいところでは無いと思いました

銃を持たずに戦場へ向かい、
衛生兵として
75人もの命を救ったデズモンド・ドス

その舞台となったのが
たまたま沖縄戦だっただけで、
これがもし違う場所で起きた
出来事であっても、
この映画は作られていたでしょう

この映画は
『日本人を殺すこと』を
目的として
作られているわけではないのです

ただ歴史的事実として
描いているだけです

そのため、日本人が
敵として描かれることを
あまりネガティブに考えずに観てほしいです

ではこの映画が描きたいのは
何かと言うと、
それは信念を貫きとおすこと

そしてそれを受け入れることです

幼い頃の出来事から
決して殺さないことを
心に誓っているデズモンドは、
陸軍に入ってからも
その信念を曲げず、
銃を持つことすら拒みました

その結果周りから
「臆病者」
と罵られ、
差別的な扱いを受け、
更には暴力を振るわれても、
デズモンドは
頑なに殺すことを拒み続けました

その結果遂に
周りの考えを変えさせ、
衛生兵として
銃を持たぬまま
戦場へ向かう権利を得ます

そしてそこで
75人もの命を救う大活躍を見せたのです

もしその場に
デズモンドが来ていなかったら、
この75人は死んでいたでしょう

銃を持てない臆病者と
馬鹿にしていたデズモンドは、
信念を持つ勇敢な戦士だったのです

こういうことは
現代の社会でもよくあると思います

周りの人とは
一風変わった考え方を見せ、
足並みを揃えない人物

こういった人は
一様に疎まれ、蔑まれます

しかし、そういう
『信念』を持っている人が
時には素晴らしい活躍を見せることもあります

集団の中に1人だけ
信念に基づいて
周りとは違う
やり方をしようとする者がいても、
それを押さえつけたり
排除しようとせず、
その人の信念を貫ける
環境を作ってあげることにより、
思いがけない働きを見せるかもしれない

それを
『ハクソー・リッジ』という映画が、
デズモンド・T・ドスが教えてくれました

こういう、まぁ言ってしまえば
『変わり者を受け入れる』
ということは、
大人でも非常に難しいです

そういった意味で、
私はこの『ハクソー・リッジ』は
子供達に観せるべき作品だと思いました

しかし、戦争映画であり
ショッキングなシーンも多く、
ましてや日本人が敵側ということで、
例えばもし授業で
先生が生徒に観せたりしたら
間違いなく叩かれるでしょう

でも、私は
もし自分に子供がいたら
観せたいと思いました

戦場に持っていったのは
モルヒネと包帯、
そして信念だけ

そんな変わり者デズモンドから、
道徳的な心を学びとってほしいです
こんな画をみるのは映画で十分だと心底思う。
信仰の強さだけでなく、彼の人間に対する誠実さゆえの行動に心をうたれる。
自分がこの立場であったら何が出来るだろう。何も出来ないと思う。

この作品はアメリカからの視点ではあるが全ての人間に対する啓示であり、特に日本に生まれた者として見るべき作品だ。このような戦争映画を見る度に忘れちゃいけないと痛感する。

劇中の日本兵に対するセリフである奴らは死を怖がっていない。諦めない。
という言葉と実際の戦場シーンにある猛進する日本兵の姿が本当に恐ろしかった。
当時の戦争に関わった全ての人々の心を思うとどうしてという無力な言葉しか出てこない。
このアメリカ兵達と同じように仲間を思い、家族のために戦った人々をこんな風に恐ろしい姿に描かせたのは誰なのか。

馬鹿なので上手く言葉にできないのが悔しいがもうこんな事起きないで欲しいと思うしかない。


追記 他レビューをみて
本作は映画としてとても素晴らしい作品だと思う。この真理は「どっち側」というような話ではないと思う。
こうした事実が過去にあり、今生きている私たちはこれからどう生きていくのかが重要なのではないか。
この当時のこんな酷い状況に生きた人を未来の人間が善悪で決める事などできない。
幼少期の出来事、
天使に恋をした青年期、
(キスシーンすっごくスパイダーマンだってなった)
志願して兵役に着いてからの、
軍隊での出来事、
軍法会議での父親との目線でのやり取り、
ここらへんまでは少し現代感が出てるなーって思いながら、少しクスッとする場面とか合って、
いよいよ沖縄入りし、
以前の部隊の衛生兵が入って来た所から
空気感が変わった。
(疲労感・恐怖感がとっても上手くて)
ハクソー・リッジのロープを登る瞬間から全く別の映画ってくらい、前半とシリアス度が変わって一瞬で目が離せなくなる。

戦闘シーンは圧巻。
日本人としては、
やはり当時の軍人さん達の鬼の様な気迫は
相当恐怖だったんだろうなって。
(時代は流れてそんな日本人はもういないのが悔やまれる)

戦艦からの迫撃シーンや、
突撃のシーンは言い表せない。

銃を持たない衛生兵として、
味方が退却した後も逃げ回りながら、
生きてる米兵を探し周って、
崖から降ろして命を繋いで、
手の皮がボロボロなっても
「あともう一人助けさせてください」で戻って行く姿が美しくて。

(壕に入った時の日本人兵士の現代感の演技だけもう少しリアルさが欲しかった。
部活終わりなの?みたいな演技じゃない)

大佐を崖っぷちまで引っ張って行ったあのシーンはリアルなのかな?ちょっと出来すぎな気もするけど…

数日して、
また崖を登ってくってなった時の、
そっかあれで終わりじゃないのかっていう絶望感と戻りたくないって気持ちにさせられたくらいの感情移入させられた戦闘シーンは秀逸だった。

みんな奇跡を分けてほしくて
祈りが終わるまで攻撃開始しない気持ちはとってもよく理解できる。

最後やっぱり日本兵なら敵を道連れにして自滅する選択するよねって思ってたらやっぱり、手榴弾持てた。

あの時の超人的な動作もちょっと疑問?

最後タンカに乗せられて崖を降りていくが、
アングル変わって天に昇ってるみたく思えたがちゃんと生還していた。

本当の強さとは?
愛する人と正面を向き合って会えるように、
心の強さ。
名言
僕は、どこにも行かないよ。
byエズモンド


追伸
過去の悲しい歴史を拝見。
日本人としては複雑な映画。。。
戦争はどちらも幸せではないな。
昨年ダンケルクIMAXリバイバルを見て、しっかり世界史を復習したら、父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙を見たくなって再鑑賞。公開当時も思ったが、硫黄島〜の人物描写と役者さんの演技がとにかく素晴らしい。どうしても贔屓目だからかと思ったが、本国でも硫黄島〜の方が絶賛だったようで。当時の日本兵は圧倒的な戦力を持つアメリカを相当苦しめていたようで、本作にも興味を持った。

訓練で銃を一度も触らずに衛生兵になったデズモンド。宗教は何事をも正当化でき、時に凶器にもなり得るが、彼のように自らもそして他人も救えるのであれば、それこそが本来の宗教のあり方であろう。
少し話が逸れるけど、軍隊って本当にイジメとかあるのかな…。上官が部下の見た目いじったり、男同士のけなし合いって女の私からしたら理解できん…。この世は男社会と言うけれど、男も男で強さを常に求められているのなら、辛いのかなと思った。

銃を持たないことで軍法会議にまでかけられるが、無事無罪となりいざ沖縄戦、ハクソーリッジへ。ハクソーリッジとは米軍が弓鋸にちなんでつけた名前らしい。今まで広島長崎も行ったことがあるし、地元も空襲で焼け野原になり、祖母も家を失ったが、戦闘シーンを見ると、沖縄は空から爆弾が落ちてきただけではなく間違いなく"戦場"だったんだと改めて思い知らされた。

劇中で日本兵が手強いと何度も言われているが、戦争に行き御国のために死ぬことが立派と擦り込まれていた日本兵の士気迫る様子はさぞ恐ろしかっただろうと思ってしまった。死が怖くない日本兵との激しい闘いの中デズモンドは無我夢中で負傷兵を助け出す。彼のお陰でまた家族に会えた兵士が75人。このような兵士がいたことを知れて良かった。

心臓麻痺で死者まで出たパッションを作ったメルギブソン映画だから覚悟はしていたが、戦闘シーンは手に汗握って見入ってしまった。人が一瞬で吹き飛び、人が人を焼き尽くす。たった75年前にこの国であんなにも恐ろしいことが行われていたことが信じられない。実際は暑さに匂いに、映像で見る以上の惨劇だったと思うと想像を絶する。

最後の日本の指揮官の切腹シーン、海外の人からしたら入れたくなるのは分かるし、一人でも生き残りたい米兵との対比として描くのは良いとは思うけど、なんだか神聖な雰囲気になっちゃってて浮いちゃってたな。日本兵は本当に戦地に日本刀を持っていっていたのだろうか?

デズモンドを見ているとつい感情移入してしまうし、戦争なんて二度と繰り返してはいけないが、数では勝てなくても軍部の伝達がうまくいき、作戦さえ上手く練ればひょっとして日本勝てたのでは?と思ってしまった。戦地で散った全ての兵士に合掌。
>|