ハクソー・リッジのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

今年観た映画で一番面白かった。
面白いと言うのも、ガーフィールドの信念と真逆の戦争に対してどう対応していくか
というとこで人を助けて行く姿には涙が出た。そんな彼を反対してた同じ軍の奴らが最終的にはガーフィールドの崇拝を待つ様子は号泣だった。
敵は日本兵だったため思うところはあった。アメリカサイドの映画のためどっち目線で観ようかも楽しめた。色々考えさせられる映画だった。
17.08.10 @アップリック渋谷

久々のアップリック、奥渋は相変わらず平和でした。

色んなテーマが扱われた映画でした。「戦争」から「恋愛」や「信念」、「宗教」、「親子」、「人類愛」…これら全部ドスのライフのキーワードかもしれません。

けっこう自分好きのは、親子関係。お父さんは第一次世界大戦を参加し、彼意外戦友が全部亡くなって、それでずっとアルコール依存(戦後PTSD)で、典型的な廃人おじさんになった。ドスはその親父が嫌悪でした。戦友がなくなることによって、親父が廃人化になり、つまり、戦友なくすことで自分を含む、生き残ったの人たちが親父のように、戦後PTSDになってしまうの感じ、戦友を助かりにいくではないか。深読みかもしれないが、深読みさせるのもこの映画の醍醐味かもしれません。

あと、「まなざし」ですね。ドスにとって映画最初の「まなざし」のようなものは、最後自分の逆転劇の伏線かもしれないが、世の中に他のたくさんドスのように自分の「信念」を曲げなく生きていく人たちは、一体逆転できのか?「まなざし」はやはり地獄です。
懇切丁寧、エンタメ戦争映画
〜信仰は素晴らしい、いついかなる時も。


訓練→裁判→戦場。
飽きない構成、ストーリー。

わかりやすい戦争描写。
カメラパンして打たれる兵士たち。

イカした銃撃描写
接写で、飛び散る薬莢のハイスピード
俯瞰で、飛び散る薬莢のハイスピード

兵士たち、上官たちとの軋轢。

天に召されるような、
崖からの美しいラストカット

聖人すぎるキャラ、が、
ノンフィクションで納得。
時々垣間見せるサイコ野郎感で納得。


リアリティ感。
さすがに除隊では?父と総司令官の関係性

日本兵の終わらせ方、雑。
切腹したらからフィニッシュ?
地下道の対処法はどしたのか?

下で待ってるヤツら。なぜ待つのみ?

戦場リアル描写において、
プライベートランアン越。ほどではない
高知戦のやや上?程度。

美談だが、沖縄民間人死者のことは?
○●
信仰に対する解。
が無神論者に、理解できる。
ふう。やっと観ることが出来た。
いやーすごい。噂に違わぬ地上戦描写、とにかくこれに尽きる。比較されることを避けられない『プライベートライアン』の場合、冒頭に地上戦を見せて観客に大きな衝撃を与えたが、本作は物語のクライマックスが地上戦。この違いは大きく、映像の衝撃プラス登場人物への感情移入で、わたしの隣で1人で鑑賞していたおばあさんの悲鳴が漏れてしまったような吐息のような何かが忘れられない笑
裁判で銃を持たないことが認められてから、すぐに沖縄地上戦という流れ、この間の物語があっても良かったのでは?衛生兵としてアンドリューガーフィールドの成長や仲間から徐々に認められる描写を観たかったかも?と少し思ったが、そういう場面はなかったからいきなり地上戦なのだろう。あの地上戦で彼は初めて認められたのだ。その辺りにドラマチックではないリアルを感じた。
アンドリューガーフィールドが洞窟で逃げ回ってる時の日本兵に緊張感がなさ過ぎて残念。日本人スタッフ入れて、日本目線でチェックを入れたりしないのかなあ。
あま色々あるけどとにかく地上戦に尽きる。メルギブありがとう( ´ ▽ ` )ノ
これはすごい。。。

小腸ぜんぜんみえててガン見しちゃった…

ドスが戦争に参加した理由が国の勝利のためとかではなく、
人を救いたいってところに一貫してたのに心打たれた。

戦争がエグくなってくにつれてドスの個性が光るのは、その場において異色すぎたからなんだろうな、、

久しぶりに、作品自体にもっとお金払いたいと思った。
人は殺さない,銃は持たないという信念を戦場でも貫いた男性の戦いのお話。
戦闘のシーンでは、丸腰で戦場に立つことがいかに恐怖か、いかに尊いことかを全身で感じさせられる。映画として素晴らしかったと思う。
彼が戦争を生き延びたのは奇跡的だと思うけど、それはきっと、どんな状況でも誓いを破らなかった彼への神様からの返答だったんだろうと思った。
汝、殺すなかれ。

これが実話なんだから、奇跡的な展開を変に気にせず観れてよかった。

CGをほとんど使わない戦闘シーンもすごい迫力だった。塹壕戦や命を惜しまない日本兵の戦い方や切腹シーンなど、日本人に余計なことを喋らせたりしないでも(「腹減ったなー」はめっちゃ言ってたような気はするが…)日本軍ぽさを表現できてて、メルギブソンさんすごいと思った。デズモンドさんの人格形成の過程も然り。

でも、戦争映画って難しい。
日本人の感覚では多分、沖縄戦は沖縄の人たちの犠牲なしには語れない。
あの場であんなまともな人たちばっかりなわけないし、戦闘以外の悲惨な出来事もあっただろうと思う。かと言って、いかに悲惨だったかを全てを再現すればいいわけでもないし。戦争映画って難しい。

どんな大義名分の元でも、「戦争は人を殺すこと」だし、私はいま人を殺すことを拒否することがまともなとこで生きてて幸せだなと思ったので観てよかった。

米兵と日本兵と沖縄の人たちに想いを馳せすぎて長い文章になってしまった…(・Д・)
信念の物語でした。
最初の幼少期から妻となる女性との出会いが丁寧描かれていることが、後半のハクソーリッジでの戦いの時のデズモンドを彼の行動や信念、言葉をより際立たせていると思いました。

臆病者と嗤われた男が戦場で活躍し最後には守護神として務めを果たす。
がしかし、エンドクレジットの前に本人のインタビュー映像を入れることによって、”映画の中で救世主や英雄のように描かれているけど、彼は信念を基に行動したただの人なのだ”と示されたと解釈しました。

狂気と正気が融合した戦場はあっぱれの一言、これを機にメル・ギブソンの作品を観ようと思います。
観てよかった〜と心底思える映画に出会いました。
最初はいじわるだった人が結局はいい奴になって最終的に亡くなってしまう展開は毎度泣ける。
前々のレビューでも書かれてたように、プライベートライアン並みの、本当の戦争が描かれてた。今の時代だから簡単に武器を持たないほうが良いって言えるけど、この時代は自分の命を守ることに必死で、でもその中で自分の信念を貫くデズモンドはとてつもなく強かった。このような人を自分ような人間が軽々しく語ってはいけない気もします。
>|