ハクソー・リッジのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

人を殺して英雄になるのが戦争、を覆す内容。

自分の信念を貫き、人を殺さず、人を救う事に徹した主人公がカッコよすぎる。
衛生兵にスポットを当てた珍しい戦争映画というのも評価が高い!

また、ハクソーリッジの戦いといって、舞台が沖縄で相手はもちろん日本軍ということで抵抗ある人もいるかも知れないが、日本人なら絶対みてほしいと思った。

圧倒的兵力差がありながらも一時的ではあるが米軍を押し返したり、アメリカ兵に「恐ろしい日本人」と恐怖に陥れたなど、
日本軍の奮闘をも描く内容ともなっており、亡き先祖を改めて尊敬した。

歳上を敬えと、年配者が強く言うのがよく分かる。あんなものに参加させられたり、身内が出兵したら当たり前に考えることだと思った
あんなに一度に凄技やったわけではないらしいけど、でも実際にやったことばっかり描写してるらしくて、最強すぎ主人公、日本兵の恐ろしさ
良かった
戦争の惨さが出てる 戦場に出てる人達に勝った負けたとか関係無い
ただただ目を背けたくなるような現実.....

アメリカ側から見た主観 でも日本兵から見たアメリカ兵も同じ様に見えるんじゃないかな...

アメリカがとか日本がとかそんな事言ってられない殺し合いの最中に武器も持たずひたすらに人を助ける主人公

実話だからこそ響く何かがあった
戦争のリアルと主人公のリアルがバランスよく表現出来ててただただ平和を願いたくなった
戦場のシーンの迫力が凄かった。
沖縄戦をアメリカ側から見た話だけど、どっち側から見ようと戦争が悲惨なことに変わりはない。日本兵が死ぬところもアメリカ兵が死ぬところもただただ見てて辛かった。

訓練の時は嫌がらせしてきた奴と戦場で打ち解ける場面が好き。嫌味な奴がそれを自覚してるようなこと言うのが微笑ましかった。

信念を持ってそれを貫き通せる人は凄い。まして自分の命が危ない状況でそれを捨てないんだから、尚更。
グロ描写が凄いっす。
メル・ギブソン監督は容赦なく真摯に
リアルな戦争シーンを作っています。
前半からの落差もあって余計
後半の戦闘シーンの迫力を感じます。

舞台は沖縄戦。
日本兵のまさしく捨て身の攻撃。
悲鳴、怒号が鳴り響き、
内臓や手足が飛び散る状況下の中、
ただ一人、殺すのではなく
敵味方問わず命を救い続けた衛生兵の
苦悩と信念を描いた、
実話が基の素晴らしい映画です。
実話。沖縄でおこった日本×アメリカの戦争のお話。
主人公は暴力を振るうことを嫌い人を傷つけないことを自分に誓っていた。
しかしそのせいで仲間ハズレにされ、いじめを受けていた。
いざ戦争が始まり、彼は自分がボロボロになりながらも、ひたすら死にかけの兵士を助け続け、いつのまにか周りから尊敬と、信頼を得るようになっていくお話。
かなり泣けます。
第二次世界大戦の沖縄戦で銃を持たない衛生兵として負傷兵を助けたデズモンドの実話をベースにした作品。主人公の信念や行いは素晴らしいですが、戦場の描写がリアルすぎて観ているのがキツかったところもありました。
ラストの切腹シーンは必要だったかも私は疑問でした。
デズモンド・ドス!覚えました。こんなおったまげぇな人がいたんやな。
アンドリューは演技うまいけど、いつもリア充役やからムカつくけど、すっこいこの映画良かった。
メルギブソンは完全に復活やね。私生活ではクソ野郎かもしれんけどやっぱり俳優そして監督として素晴らしい才能を持ってんねんな。
戦闘シーンは相当凄かった。どうやって撮影したんやろうって感じで、プライベートライアンを超えてるって意見は当たってる。
https://www.jubilove.com/entry/hacksawridge
良心的戦闘拒否https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/kamiyamaz/entry-12287979804.html%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoATgA
前半のDesmond Dossに突き付けられる、銃を持って人を殺すか、もしくは戦わないか。志願の理由のDossの台詞にも出てくるけど、当時のアメリカは真珠湾攻撃に酷くショックを受けていたことが読み取れる。9.11のように。
統一した規律と規格が求められる軍隊。そして銃を持たないための軍法裁判で「憲法で規定されている」というのを観て、ああこれは監督自身のことなのだろうなあ、と。
戦時中にも拘わらずアメリカ本土があまりに平和で。しかも銃を持たない自由も認められる。この差は何だろうと思ったら。

戦場での残虐さに呆然とした。
その目的を思えば、手足はちぎれ、内臓は食み出し、頭が裂けた人間があたり一面に転がり、放置された遺体をネズミが食い荒らしているのが当然で、その現実を目の当たりにする兵士がPTSDになるのも無理はないのだと。
戦争の悲惨な現状がテレビで流れることがまずないことを思うと、Mel Gibson監督は肉体損傷の描写に力がこもっていて手抜きがない上に、過去では許されないのではと思うほど容赦ない。同時に日本人の描き方が酷いなあ、という思いも。

Dossは一見細身に見えるけど、Dorothyとのシーンでは逞しい上半身が映る。だからこそ後半で不死身な活躍ができるのだと、その伏線だったと観終えた後に気が付く。
衛生兵とは、怪我人を救ってもその兵士は再び戦場に駆り出されるわけで終わりがないものだと感じていたけれども、その役割は「死を防ぐ応急措置」をするのだと。治療できる場所に運ぶ前に死んでしまわないように。作品の中でも負傷した兵士がDossの顔や声を聞いて安堵していたのを観ると、兵士の士気高揚や気休めとして重要な役割なのだと。
自国にさえ理解されないその思いを携え、聖書の愛を説きながら戦場に向かう気持ちは、気持ちの折り合いは、という思いを馳せながらの鑑賞。

原題「Hacksaw Ridge」の意味は、弓のこで真っ二つに切ったかのように切り立つ断崖。
Hacksaw = 弓のこ
Ridge = 崖
沖縄県浦添市にあった日本軍陣地「前田高地」に対する米側の呼び名。浦添市では住民もこの戦闘に巻き込まれ、当時の浦添村民の44.6%が亡くなったと。*浦添市ホームページ http://www.city.urasoe.lg.jp/docs/2017052900033/

この作品は米軍と日本軍による死闘の中で、衛生兵Desmond Dossという実在する人物の「人を殺さないという信条」と「米軍撤退後の奇跡的な活躍」に焦点が当てられ、犠牲になった沖縄県民がいっさい登場していないのを観るとこういった背景は知っておく必要があると思いながら。
○爆音映画祭にて2度目の鑑賞。

○大きく3度のアクションシーンが展開されるが、飽きさせず魅せる力はさすが。「ブレイブハート」の時と同様、戦場に放り込まれたような感覚に陥る。

○父の母への暴力からか、やはり主人公は少しアスペルガー症候群持ちなのか。彼女や周りの軍人との会話でそう感じる。

○最後に主人公は神となる。監督の宗教観が今作でも強く見られる。
>|