ハクソー・リッジのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

【ストーリー】
幼少時、弟をレンガで殴り、あわや殺してしまいそうになったデス・デズモンド。
彼は母親から殺人行為は最も愚かでしてはいけないこと、神が最も禁じていることと教われ育つ。
また、デズモンドの父は戦争経験者であり、戦争後はアル中となり、子供達に毎日暴力を振るっていた。
ある日、母親を殴っていたのに我慢できなくなったデズモンドは父に銃を向けてしまう。実際には撃たなかったが、心の中で撃ってしまったとデズモンドは後悔し、銃を持たないことを神に誓う。

青年になったデズモンドは真珠湾攻撃に衝撃を受け、自分だけ戦争に行かないでいるのをずっと悩んでいた。
そして、恋人に戦争に志願することを告げる。
兵士となり、様々な訓練を行う中、銃は決して持たないデズモンド。銃を持たない兵士は意味がない、除隊させよと大尉からの命令で、軍曹はデズモンドに精神的攻撃をしたり、仲間から暴力を受けるデズモンド。
しかし、決して自分の信念は曲げず、何があっても銃を持たなかった。
とうとう、軍法会議にかけられるが父が昔からの知人である准将にかけより、デズモンドは銃を持たない兵士として認められる。
そして、1945年5月、沖縄への上陸を成功させる為、デズモンド達の隊はハクソー・リッジへ攻め込む。
死にものぐるいで攻撃をしてくる日本兵。
次々とやられる仲間達。
衛生兵として仲間達を助けるデズモンド。
一旦、攻撃をやめて、退却した兵士達。
しかし、デズモンドは退却せずに残っている仲間達を探し、再び戦場へ。
夜通し、戦場の中を駆け回り、彼は約75人もの仲間を助けた。
そのことがきっかけで、衛生兵で初の兵士として最も名誉である栄誉勲章を授章する。

【感想】
とても面白かった。最初の兵隊たちの戸籍溢れるキャラが面白かった。特にハリウッドの裸体は良かった笑 あと、結構戦争シーンがリアルに描かれていた。日本人と立場として、複雑な立場で見ていた。デズモンドの勇敢な姿に感動した。普通はあんなことできるはずないし、1人助けたら、また1人助けさせてくださいと祈っていたデズモンドの姿に感動した。素晴らしい作品。
アメリカ兵の目線から見た沖縄戦の映画を見たのは初めてだった。
沖縄戦に限らないことだが、日本から見たアメリカはとても強くて脅威だった。しかし、この映画を見て、アメリカ兵や日本兵に関わらず、誰もが戦場に恐怖を感じ、死を恐れるものなのだと当たり前のことに気づかされた。
敵も味方も分からず、倫理観などないような戦場でも信念を抱き続け、敵味方関わらず命を救おうと奮闘した彼の姿と、そんな彼に対して初めは侮辱し嫌悪感を抱いていたアメリカ兵達が終盤では彼を労り、彼の信念を尊重した姿に心から感動した。
戦場の描き方はとてもリアルで恐怖も感じるが、もう一度見たくなる作品。
沖縄戦の話で驚いた。
5回以上アメリカを撃退させてたとは…当時の日本人根性あるなーと。

主人公は銃を意地でも持たない主義で
その代わりに仲間に援護射撃してもらって…ズルいんじゃないかとしか思えない。
自分は殺したくないけど、人に代わりに打ってもらうって…。

ただ映画自体は沖縄戦の様子がアメリカ側からの観点で見られたし
日米どちらも同じように倒れてってるってのも平等な視点で。あっという間だった
しかしこの火炎放射器で焼き殺すってほんと残酷。。
仲間はすでに退却していて目の前の崖を降りればみんなと一緒にテントへ帰れるのに、背後の戦場から聞こえる負傷者の「助けて」「神様」の声を聞いて、「分かりました」とまっすぐ戦場を目指すドスが堪らなく格好良い。生きてる人を探して、手当てをしつつ1人また1人と崖から降ろしていくドスが、「あと1人助けさせてください」「お願いします、あと1人」と神様に祈るのもドスらしい。最後まで信念を曲げず、一度だけ銃を握ったかと思えば担架がわりに使っただけ…。真っ直ぐなドスが眩しかった。
『もう1人だけたすけさせてくれ』

アメリカ人からはあの戦争と日本人がああ見えてるんだなあと
決して信念を曲げず頑なに銃を持ちすらしようとしないドスが唯一銃を持ったのは、崖の上で負傷した上官を引きずって救出するためだった
"ハクソーリッジ"て、沖縄の地名だったとは、、
そのノコギリのようにそびえ立つ断崖絶壁を越えると、迎え撃つは我が国日本軍…

「命の恩人だな」
その言葉にハッとして、医療に目覚めたのかと思えば、、
看護師の彼女にひとめぼれかーい(笑)

「銃に触れないんです」
神に使えし聖人のような描かれ方だけど、、
聖人というか変人??
信念を通すのは立派だけど、周りに迷惑かけてるのがわからない。
聖人だったら、入隊前にプロポーズなんてしないよねぇ。

エージェントスミス?の計らいもあって、
いざ"ハクソー・リッジ"へ。
首がないっ、手足がないっ、
内臓ゲロゲロ、ウジムシウジャウジャ。
なんて凄惨な光景、壮絶極まる戦闘シーンには目を覆いたくなる。
あの火だるまになってるのは日本人なんだなーと思うと複雑。

ワンモア、ワンモア…
とり憑かれたように戦場へ戻る。
普通の人なら絶対こんなこと出来ない!!
やっぱり変人なんだよねぇ(←えーっ)
アンドリュー・ガーフィールドの鬼気迫る演技に涙ボロボロ。。

誰よりも果敢に戦場を駆け回り、
誰よりも勇敢だったデズモンド。
彼のおかげで皆の士気も高まり、ハクソーは落ちる。
結局、終わりよければ全て良しで、
彼は英雄となるわけだけど、、
『ジョニーは戦場へ行った』『キャタピラー』などで描かれた、
手足がなくなり、イモムシのような状態で帰還した兵士の末路に、
そのまま戦場で死にゆき、英雄と呼ばれた方が幸せだった人もいるんじゃないかと思ってしまった。
戦争映画は重いけど
ハクソー・リッジは
重いだけじゃなかった!
衛生兵として戦場に行く強さと
どんな仕打ちを受けても
助ける姿に感動しすぎた
「頑固に意地を張っているだけ」そう最愛の人に言われても信念を曲げない。
それも認めた上で、信念を貫き通す生き様。デズモンド・ドス。こんな人が現実にいたなんて…。胸を打たれました。
にしても彼のような良心的兵役拒否者は、他に何人いたのだろうか。彼は人を救えた上に自分も生き残れたからいいものの、普通そんなことは不可能に近いはず。「デズモンド・ドス」がいなかったら、良心的兵役拒否者の映画は実現しなかったのかも。

前半のドラマパートと後半の壮絶な戦争描写の対比がもう。
死はなんてあっけないのだろうか。前半でキャラ付けされた仲間たちも問答無用で死んでいく。殺しては殺されて、また殺す。死の連鎖に息つく暇もない。上半身だけの死体を盾にするシーンは言葉が出なかった。これが地獄。CGをほとんど使用していないというのだから驚きだ。
前半のドラマパートについても、ほのぼのしてるかと思いきや戦争のかげが見え隠れする。

日本完全悪・アメリカ万歳!映画ではなくて、俳優に日本人を起用したり日本に対するリスペクトがある。こういう小さなところにも気をかけられるのはすごいと思う。私生活ではスキャンダルばかりであまり良いイメージを持てなかったメル・ギブソン。今は尊敬しかないです。
1人の臆病者と言われていた誰よりも勇敢で正義感のある男の生き様。

たった一人で何人もの負傷兵を崖から吊るし助けていく。

これまで何本もの戦争映画を観てきているが久しぶりに本当に感動した。

アメリカ目線なので日本が敵として描かれているのは少し複雑だが、それをも上回る感動作。
差別主義者で変態で人としては終わってるメル先輩…でも映画作らせたら天才😁なんなんだ初代Maxは?

「神さま私にどうしろというのですか?お答えください」心折れそうなデズモンドがその時聞いたのは?
硝煙の中から「メディック(衛生兵)!」彼は「オールライト(わかりました)」と呟いて戦火のなかへ飛び込んでいく

ここで映画館の中のおれは声を殺して泣きました😁

メル先輩…最低のヤツなのになんでこんなに素晴らしい映画が作れるんだろ?
>|