ハクソー・リッジのネタバレレビュー・内容・結末

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ハクソー・リッジで戦う相手が日本軍だと知り、本編とは関係なく戸惑った。

最後に主人公のモデルになった本人のインタビューを流すことにより、記録映画的な印象が強まり、個人的には好みでは無かった。
DVDの映像特典ではダメだったのか。
アメリカ・ヴァージニア州の緑豊かな町で生まれ育ったデズモンド・ドス。兄とともに野山を駆け回る活発な少年だったが、家族に問題を抱えていた。父親のトムは、兵士として戦った第一次世界大戦で心に傷を負い、酒に溺れ、母バーサとの喧嘩が絶えない日々を送っていた。ある日、兄との喧嘩で彼を死なせそうになる出来事が起き、自らを責め、「汝、殺すことなかれ」という教えを胸に刻む。
月日は流れ、成長したデズモンドは、看護師のドロシー・シュッテと恋に落ち、心躍る時を過ごしていた。だが、第二次世界大戦が日に日に激化し、デズモンドの兄も周りの友人達も次々と出征する。そんな中、教えを大切にしつつも、デズモンドは「衛生兵であれば自分も国に尽くすことができる」と陸軍に志願する。 グローヴァー大尉の部隊に配属され、ジャクソン基地で上官のハウエル軍曹から厳しい訓練を受けるデズモンド。体力には自信があり、戦場に見立てた泥道を這いずり回り、全速力で障害物によじ登るのは何の苦もなかった。だが、ライフルの訓練が始まったとき、デズモンドは断固として銃に触れることを拒絶する。デズモンドは、モーセの十戒以外にも銃に触れない理由があった。
軍服や軍務には何の問題もなく「人を殺せないだけです」と主張するデズモンド。グローヴァー大尉は「戦争は人を殺すことだ」と告げ、命令に従えないのなら、除隊しろと宣告される。その日から、上官と兵士たちの嫌がらせが始まるが、デズモンドの決意は微塵も揺るがず、その姿を見ていた周囲もその姿勢を認め、そのうえで除隊を勧めるがデズモンドは従軍する意思を示す。
しかし、出征前に約束したドロシーとの結婚式の日、デズモンドはライフルの訓練を終えないと休暇は許可できないといわれ、命令拒否として軍法会議にかけられることになる。面会に訪れたドロシーに、銃に触れないのはプライドが邪魔しているからだと指摘されたデズモンドは、その”プライド”こそが大切だと気付く。「信念を曲げたら生きていけない」というデズモンドの深い思いに心を打たれたドロシーは「何があろうと、あなたを愛し続けるわ」と励ますのだった。「皆は殺すが、僕は助けたい」と軍法会議で堂々と宣言するデズモンド。窮地に陥るが、意外な人物の尽力でデズモンドの主張は認められる。
時は過ぎて1945年5月の沖縄。グローヴァー大尉に率いられて、「ハクソー・リッジ」に到着した第77歩兵師団のデズモンドと戦友のスミティら兵士達。先発部隊が6回登って6回撃退された末に壊滅した激戦地であった。150メートルの絶壁を登ると、そこには百戦錬磨の軍曹さえ見たことのない異界が広がっていた。前進した瞬間、日本軍による四方八方からの猛攻撃で瞬く間に倒れてゆく兵士達。衛生兵として重傷の兵士達を助けてゆくデズモンド。しかし、一度はハクソー・リッジを占領するも厳しい戦況に部隊は退却を余儀なくされる。その最中、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まることを決意する。
「汝、殺すことなかれ」の信念を貫き、第二次世界大戦を武器なしで戦い抜いたデズモンド・ドスの実話に基づく物語

ストーリーはデズモンドの幼少期〜戦地に赴くまでと、舞台となるハクソー・リッジ(沖縄 前田高地)の戦いの大きく分けて山場が二つあり見ていて飽きず、デズモンドの人間性や周囲との状況が丁寧に展開されている
ただ、最後まで見て思ったのは「何故銃を持たないのか」に対する展開(説明)が弱く、腹落ちしない部分もあった(まあ、人の信念や考えを完全に理解するってこと自体が無理な話だけど)

本作は凄惨な戦闘シーンが特に印象に残る
自分が見てきた今までの戦争映画とは一線を画すほど 目を背けたくなるようなリアルな戦いが描かれてて、見たくないけど、気付いたら食い入るように画面を見ている自分がいた
しかしそんな凄惨な描写の中でも入隊当初デズモンドをバカにしてたスミティが彼を援護して、塹壕で語り合うシーンはぐっときた

ハクソー・リッジという断崖が舞台だったから、その対比として兄弟仲良く裏山の崖登ったり、ドロシーとも同じ場所で熱い抱擁かわしたりさせたのかなと思った
冒頭から象徴的なシーンとして崖(丘?)が上手く使われていた

「one more...one more」と、取り憑かれるように負傷兵を敵味方問わず助けるシーンは、史実として最も賞賛されるべき奇跡的な行動だし、そこまでデズモンドを突き動かすものはなんだったのか、、、感動的で最も印象的なシーンだった
これが、日本人にはイマイチピンとこない信仰心というものであれば、信仰心こそデズモンド最大の武器だったのかもしれない
沖縄人なのに前田高地のこと知らなかったので観た。
宗教上の理由で人を殺せない、というのが通るなんて知らなかった。敵味方関係なく負傷者を助けるって凄いことだし、自分が死ぬかもしれないのに人を助けるために前線に出ていくのはかなりの覚悟ある行動だと思う。ストーリー的にいい話として受け取れたけど、実際にはたくさんの人が死んでいってるし歴史に残らずに消えていった出来事もたくさんあることを考えた。戦争映画は好き好んで観ることはないけど、平和な世の中に生きていると改めて考える機会になるので自分にとってはそういう意義がある。
やっぱりこの映画は完璧すぎる!

ハクソーリッジは映画館でみてまたDVDて借りても見ました!映画館で見た時は、自分が戦場に立っていると思わせるかのような臨場感。
また自分の信念を曲げない心。
とても感動しました😭
仲間から認められず、軍曹からも、しかし
そんな中でも衛生兵として戦場に立ちたいと、自分の信念を曲げずに戦場に立ち、どんどん仲間から認められていく、素晴らしい映画です(๑•̀ㅁ•́ฅ✧
もし自分がその立場だとしたら、すぐ信念を曲げていたと思います。

この映画はいろんなこと学んだり、中身がいっぱい詰まった、作品だとおもいます!

私はまだ映画を見た本数は少ないが、今まで見た中で1番です!!!!!!!!
太平洋戦争末期、沖縄に上陸した米軍は日本兵と熾烈な肉弾戦へ。二等兵であるデズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)はその戦いの最中に負傷、担架で運ばれてゆきます。その時彼の頭には、聖書のイザヤ書40章28節から31節の聖句が思い浮かんでいました……。そして時は16年前へ。米国バージニア州のブルーリッジ山脈で、デズモンドは弟のハルと山道を歩いています。2人は柵のない危険な崖でふざけあうなど、腕白そのもの。近所の人たちはその行状を見て「父親のトムが悪いんだ」と噂します。トム(ヒューゴ・ウィーヴィング)は第一次世界大戦に出兵して以来神経を病み、酒に溺れていました。何かというと墓地へゆき、ブツブツと独り言をつぶやいているのです。今日もトムが墓地から帰ってくると、デズモンドとハルは自宅の庭で取っ組み合いの最中。トムは注意するでもなく、やらせたい放題です。やがて喧嘩はエスカレートし、デズモンドの方がハルをレンガで殴打。あわててトムとその妻ベルサはハルを家の中へ運び込み、傷の手当に大わらわとなります。デズモンドはベルサから「殺人は最大の罪だ」と諭され、呆然として立ち尽すのです。――結局この事件は、デズモンドにその生き方を決める大きな影響をあたえることになります。それから15年経ち、デズモンドは気立ての良い青年となりました。

ある日、彼は大怪我をした男を病院に連れて行き、ドロシー・シュッテ(テリーサ・パーマー)という若い看護婦と出会います。彼女に一目惚れしたデズモンドはデートに誘い、ふたりの仲は急速に進展。自宅にも彼女を招き、家族公認の仲となります。一方、真珠湾攻撃の報が全米を揺るがせ、その影響はドス家にも及びます。ハルが家族に相談もないまま志願兵として入隊することとなったのです。弟の行動にデズモンドも心を動かされ、自分も入隊を決意、ドロシーにそのことを告げます。ドロシーは最初怒りますが、デズモンドにプロポーズされるとそれを承諾。フィアンセとして彼の新兵としての出発を見送ります。訓練基地に入営したデズモンドですが、やがて彼の行動が問題となります。他の訓練は素直に受けていたのに、M1ライフルの射撃訓練だけは頑として拒否したからです。「人を殺める武器を手にすることはできない」というのがその理由でした。上官からは叱責を受け、同じ訓練兵仲間からも爪弾きの目に会います。中隊司令官から銃を持つように強制されますが、それも拒否。おかげで自分の結婚式にも欠席する羽目に陥ります。それでも信仰から生じたその決意は揺らぎません。やがて軍法会議に処すべきかどうかを判断する聴聞会が開かれます。デズモンドにとっては不利な状況でしたが、息子の苦境を見るに見かねた父親のトムが古い軍服を着て聴聞会の席に現れ、今は准将となった昔の兵隊仲間の手紙を裁判官に手渡します。これによってデズモンドの権利は認められ、不名誉除隊も軍事刑務所行も免れることができるばかりでなく、ライフルを手にせずに戦場へゆけることになりました。

そして訓練を終えた兵士たちは戦場へ。1945年5月、激戦の続く沖縄のハクソー・リッジ(前田高地)にグローヴァー大尉(サム・ワーシントン)率いる第77師団が到着します。150mもの絶壁を登りきり、艦砲射撃の煙が霧のように立ち込める中をゆっくり前進する兵士たち。足元には原型をとどめない肉塊やウジ虫の湧く遺体が転がっています。突如、日本軍の弾幕が部隊を襲います。次々と吹き飛び倒れ込んでゆく兵士たち。しかし、デズモンドは嵐のような砲火や銃弾の中を縦横無尽に駆けめぐり、負傷者に次々手当を施します。デズモンドの勇気に打たれ、部隊仲間のスミティも率先して前へ。それまで反目し合っていた二人は互いの窮地を助け合い、いつしか憎悪は友情に変わってゆきます。日本軍が自分たちの陣地に退却した後、塹壕で身の上話をする二人。デズモンドは母親に暴力を振るう父親を銃で殺しかけた過去を打ち明けます。デズモンドが銃を拒否したのはこの時の誓いを守るためでした。一夜が開け、日本軍が攻撃を再開。捨て身の攻撃に圧倒され、米軍は撤退を余儀なくされます。その過程で被弾したスミティは、デズモンドの介抱むなしく死んでしまいます。歩ける兵士は全員が崖の下に降り、尾根では援護の艦砲射撃が始まりました。ただデズモンドはあえて尾根に残ったままです。砲火の下を駆け回り、取り残された負傷兵を一人づつ崖の下に降ろすデズモンド。援護砲撃が止むと、日本兵が再び動き出します。日本兵から逃れるために侵入した防空壕の中で、デズモンドは負傷した日本人にも手当をしてやります。

防空壕から脱出した後も、神に祈りながら不眠不休で仲間を救助。その数は75人にもおよびました。グローヴァー大尉は今までの非礼をデズモンドに詫びます。そして翌日の土曜日の参戦を彼に乞うのです。デズモンドは土曜日を安息日とするキリスト教教派の信者でした。彼は大尉に同意して参戦を決意します。翌日、デズモンドが仲間の前で神に祈りを捧げた後、最後の突撃が始まりました。前日と打って変わって今度は米軍が優勢、日本兵も白旗を上げたため戦いも終了かと思われたのですが、日本兵は降伏に見せかけてなおも手榴弾を投下。手で振り払ったデズモンドは爆風を受け、足を負傷します。米軍はようやくハクソーリッジを占領しました。仲間にタンカで運び出されるデズモンド。崖から吊り降ろされるタンカの上で「主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる」というイザヤ書の聖句をかみしめます。その表情は平安に満ちていました。帰国した彼は良心的兵役拒否者として初の名誉勲章を授けられます。デズモンドの信仰は2006年3月に87歳で亡くなるまで衰えませんでした。その戦場での活躍はいまだに語り継がれているのです。

映画ウォッチより

大学1年の時に視聴。
こんな極限の状態で心を貫けるのか。実際こういう人がいたので驚き。
沖縄戦を舞台にして、映画では日本は敵ですが、アメリカ軍に共感するところがあった。そんな設定もっとあってもいいかも。メル・ギブソンの次の沖縄戦をフューチャーした映画に期待。
本当にこんな勇敢な人が居たのか!とびっくりした。。
最初ゎ何で軍隊に入るんだ?と主人公に対して少し思ったけど主人公の考えを聞いた時こんな考えを持てる人が居るんだ。と凄い!
敬虔なキリスト教徒で、人を殺めることを頑なに禁じている主人公は、銃を持たない衛生兵として軍に志願する。その彼の思想は同じ軍人からは理解されず、強烈な嫌がらせを受けるのだが、彼の信念と家族や恋人の協力もあり、なんとか従軍するに至る。しかし、彼が送られた最前線の沖縄戦の戦況は熾烈を極めて…という話。
メル ギブソン監督作品。

実際に第二次世界大戦に参加した衛生兵の青年の実話。

前半は彼が成長するまでの過程と、信仰の形成および新兵訓練生時代を描いている。一般常識的にも戦争イコール殺し合いなわけで、それに銃を持たず一切相手を殺めることをしないと宣言して従軍するのは、はたから見ていても「ありえない」「空気読めよ」と思わずにはいられなかった。しかし、彼の「地元の同じ仲間が命をかけているのだから自分なりに何か役に立ちたい」思いとそれでも人殺しはしないという信念を両立させて貫き通す強さには惹きつけられてしまった。そんな彼に周りも動かされていく流れが丁寧に描かれていた。
後半はいよいよ沖縄での激戦のパートとなるのだが、メルギブソン監督らしい容赦のない残酷描写が炸裂していて目を覆いたくなるくらいのシーンが満載。でも、リアリティを残しつつも戦争映画特有のお約束な展開もきっちり抑えていて、単純なアクションとしても一級品な出来となってた。メルギブソン作品はいつもすごく満足はできるのだが、観終わったあとはどうしても鬱々とした気分になることが多かったのだが、本作は主人公が人を助けることしかしないので、しかも見捨てることもしないので、非常に安らかな気持ちになれる終わり方となっていた。とは言え、日本人が観るとどうしても複雑な気分になるのは避けられないかと。それでも単純に「アメリカ万歳」な主張はしておらず、戦争の狂気を冷静に描いていたのではないかと思った。日本兵の変な描写はあるけれど。

主演はアンドリュー ガーフィールドで、スパイダーマンの頃のアイドル俳優的な印象は薄れ、すっかり演技派。「沈黙」などにも出てるし。ヒロインがすごい綺麗な人なのだが、この女優さんは僕が満点をつけた「明日、君がいない」という作品で主演していた人だった。当時は高校生役だったのに。ホラーの「ライト/オフ」でも主演なのね。気づかなかった…

武器を持たず、決して人を殺さないという信念を持った男が戦地で英雄になる話。ほんと尊敬に値する。今までの主人公がいっぱい人を殺した英雄みたいな位置付けの映画ではない。
「みんな人を殺すために戦争に行くけど、僕は人を助けにいきたい。一人くらいそうゆう人がいてもいいのでは。」って言葉かっけえ
すごく良くできた戦争映画です。

こっから余談
なんかレビューで日本人を悪くいう人おるけどなんかなー
相手側が日本だから複雑なのはわかるんじゃけどね。
リリコ自身、生まれも育ちも広島で戦争の悲惨さとか平和教育でいろいろ学んできて、原爆の被害者の方のお話もいっぱい聞いてきた。平和記念資料館も何回も行った。
よく特攻の場面で「天皇陛下万歳」とか言っとるシーンあるけど、ホントはみんな泣きながら「お母さん」とか家族の名前叫んでたって話聞いた時は言葉でんかったわ。そもそも戦争をはじめたのが悪い、あの頃の日本はおかしかったとかあるかもしれん。けど、死ぬ恐怖と闘い、泣きながら自分の命かけて家族や日本のために戦った人がいたということを日本人が忘れちゃいけんと思う。ましてや悪くいうのは違うじゃろ。今の自分があるのは誰のおかげなのか。
ガラにもなく熱くなってしまいました…
リリコは、普段は自他共に認めるクズじゃけど、こうゆうのは許せないのです。
長い余談でした。
「アポカリプト」も捨てがたいですが、個人的に本作がメル・ギブソン監督の作品では一番良い映画だと思います。

困難な状況において、自身の信念(時として神に与えられた使命)を貫く様を描く監督の一貫したテーマは変わらず。

一方で特徴的に感じたのは、軍の幹部にデズモンドが「神の声が聞こえるか?」と聞かれて否定するシーンと戦場においてデズモンドが神の声を求めた結果、衛生兵を呼ぶ仲間の声が聞こえるシーン。
メル・ギブソン監督の過去作においては、神の啓示的な色が強かった様に感じますが、本作はそういったある種の胡散臭さ(≒取っ付き辛さ)を無くして、宗教と個人の関係性をより信念や自己肯定に寄せている印象を受けた。
また、信念を形成するものが宗教に加え幼少期の経験や家族との関係性も含まれている点も“取っ付き易く”していると思う。
そして、それだけの情報量をテンポ良く、自然に見せるメル・ギブソン監督の手腕には感嘆させられる。本当にすごい。

映画の3/4くらいは泣いてました笑
まず、最初に号泣させられたのは軍法会議。あれだけエモーショナル(ともすると嫌味っぽく)に息子の戦争参加を反対していた父親がとったあの行動。悲しみを背負いながらも息子の信念に敬意を表したその行動と葛藤には涙を禁じ得ない。
以降は、デズモンドの信念と行動の現れ、そしてそれが周囲に認められる様子、もうずっと泣きっぱなしですね!ありがとうございました!
>|