ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

久々のメル・ギブソン監督作品。
子供の頃からメル・ギブソンのファンで、『マッド・マックス』『リーサル・ウェポン』は何回も見た。
監督デビューした『パッション』も『アポカリプト』もすごい好きだった。
メルの作る映画好きだわ〜。

戦闘シーンが尋常じゃないぐらいリアルで残酷(過剰演出なところもあるが…笑)
『プライベート・ライアン』『ランボー 最後の戦場』の戦闘シーンに並ぶぐらい凄かった。
くだらないアクション映画に出てないで、イーストウッドみたいに定期的にもっと映画を作ってくれよ〜。
nnn

nnnの感想・評価

4.5
沖縄生まれだからね、
色んな事考えるよね〜

今まで沖縄戦の話は学校からもおばぁからも沢山聞いてきたけど。同じ沖縄戦でもアメリカ視点で見る沖縄戦。1人の兵士にフォーカスした沖縄戦。
何事も、自分が見て聞いているものが全てと思っちゃいけない。色んな視点からひとつの事を観るのは本当に大事だな〜

と思ったり

戦争するなんてアホらしいと思えるぐらいのポンポン人が死んでいく地上戦のシーン

の中でちょっと笑える演出があるのも
結構好き。

個人的にクリントイーストウッド監督が作ったのを観たいな〜〜〜

と思ったり
ベオ

ベオの感想・評価

3.5
ドスへ感情移入する一方、やはり日本の描かれ方にモヤモヤしてしまった…
gintsuba

gintsubaの感想・評価

3.6
良い映画
戦争という世界において自分の信念を貫き通す人がいたのはすごいこと

ただ個人的には演技とか演出が好きじゃなかった
細かいところに目がいってしまった
人が燃えすぎ
笑顔が感じが好きじゃない
あんなに登場人物紹介する必要あるか
など。
WASIO

WASIOの感想・評価

3.5
実話だって言ってるのにところどころモロ映画的な演出があって嫌だったけど、でもおもしろかった
ヘイ

ヘイの感想・評価

4.1
一番の満足点は戦闘シーン!
やっぱ戦争映画はこのくらいリアルな描写で戦場に行きたくねえと思わせられるくらいやってほしい!!
ストーリーもドスの信念を貫く姿がしっかり描かれており満足いくものだった。
Nene

Neneの感想・評価

3.8
ドスの信念が果たして最後まで貫かれるのか最初のうちは疑ってしまった。本当に銃なしで戦争?って思ってしまった初めは。

周りからも臆病者だと非難されていたけど、実際銃を持たずに戦地に向かうほうが臆病どころか勇敢でしかなかった…

殺さずにして戦う、信念を曲げないドスをアンドリューガーフィールド。スパイダーマンの印象が強かったですがまたガラッと違う一面。素敵だった。

あとはわりと戦闘シーンが生々しくて苦手な人はきつそう。はらわためっちゃ食われてた…
何より凄いのが本人の言葉が一番説得力がある。
あのインタビューの全編が見たい。
限界というか、情動に訴えかけてくるのかもしれないが、映画的な嘘でしかなく。
本人から発せられるものに感動を覚えた。
カヲリ

カヲリの感想・評価

3.8
ハクソー・リッジが沖縄のことだったなんて全く知らなかった。
アメリカ目線の映画だから
少し複雑な気持ちになるね。
でも、ドスの精神と行動力は
素晴らしいなって思いました。
げん

げんの感想・評価

4.3
 カインとアベルの描写から始まって、終始宗教的な進行だった。
 ハクソーリッジでの白兵戦の戦闘シーンはプライベートライアンに通じる生々しさ。敵の顔がよく見える点ではさらに怖い。
 ヨーロッパ戦の白人同士の戦いとは違って、お互いの「なに考えてるかわからん人間」との戦いなのが、しっかり描かれていて、かつ日本兵にもリスペクトを持って作ってると思った。
>|