ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

どう想像してもこの戦場を生き抜ける気がしない。
映像技術が上がった分リアリティが増して戦争に対する絶望感も増幅する。

それと…日本人として見ると日本兵、米兵のどちらに感情移入して見てるのか混乱して複雑な気持ちになる。
BJ

BJの感想・評価

4.0
アメリカらしい、戦争プロパカンダ的な作品かと思ってたら、また、キリスト教色が強い作品かと思って観たら、そうでもない。
戦争における正義は矛盾だらけで、答えが出ないけども、主人公の強い信念に驚いた、というよりも、あの時代、あのような選択を(色々と曲折はあったとはいえ)受け入れるアメリカという国の、しかも規律を重んじる軍隊で受け入れるという大きさが、個人の権利と自由を大切にするアメリカを象徴しているような気がして。
訓練キャンプ時代に、所属する隊の上官や同僚から酷い扱いを受けて除隊を強要される最中、誰に殴られたのか、一切口を割ろうとしなかったシーンが一番響いた。
イジメに過敏過ぎる昨今の風潮に慣れてしまうと、彼の行動は久しぶりに昔の自分を思い出した。
中学生の頃、自分が仲間と思ってた連中に嫌がらせを受けても孤立しても、負ける事なく腐る事もなく、清い気持ちで立ち続けられた時期。
大人の社会でも普通に存在するイジメや嫌がらせ。あの頃の自分にあって、今の自分にないもの…。
そういう事を考えさせてくれた良作。
沖縄・前田高地(ハクソーリッジ)攻略戦の戦記物かと思ったら、主人公の物語だったのでガッカリ。
主人公の信念と勇気には恐れ入ったが、おいらはそんな信仰心は無いので響いてくるものが無く「そーなんだー」程度にしか感じない。大体、そんなんだったら、衛生兵じゃなく従軍牧師になればいいじゃんと思うのだが…

戦闘描写はプライベートライアン以降良くあるリアル路線の過激描写で迫力があってなかなか良かった。

この映画を見た後、興味あったので主人公デズモンド・T・ドスをWikiで調べたところ、映画では結構改変されてる事が分かった。
先ず、映画には登場しないが姉がいたこと。それから、映画では訓練後初任務がハクソーリッジのように描かれてるが、実際はハクソーリッジ以前にグアム、フィリピン諸島で戦闘を経験していて、既にブロンズスターメダルを受章してるんだよね。だから、ハクソーリッジ以前に日本軍がどんな相手か分かってただろうし、部隊の仲間からそれなりに信頼されてただろうね。
飛び交う銃弾ゃ降り注ぐ砲撃で次々と倒れ、命をおとす米兵&日本兵

頭を撃ち抜かれ、内臓を撒き散らし、千切れ飛ぶ手足の屍を踏み越え交わされる戦い❗

ギブソン監督の戦闘描写ゎ「ブレイヴ・ハート」ゃ「パッション」でも感じたが、リアル過ぎる❗

個人的に好きになれないアンドリュー・ガーフィーが故に借りるのを躊躇ってたけど、ズシリと響く良作🎵で借りて良かった❗

「何があっても生きて帰れ」と教えたアメリカの信念と
「死んでも国を守れ」と叩き込まれた日本の軍事教育との対比も監督の恐怖心と供に描かれていて、オスカーに相応しい重厚な映画だ

ただ、日本人としてゎどうしても玉砕し散っていった同胞達へ想いの方が強いのゎ仕方ない ... ご冥福を m(__)m
chika

chikaの感想・評価

4.0
良い映画だった。
初めてアメリカ側から見た沖縄戦の映画だったので新鮮だった。
ドスの信念を貫き通す姿勢が最後までブレないのが本当にすごいと思った。
キリスト教万歳ではない点も良かったと思う。
mktknk

mktknkの感想・評価

4.1
これは凄えと思いました。
ゴヤの戦争画のようでもあり宗教画のようでもあり。
日本とキリストという主題においてもスコセッシの「沈黙」と対を成す衝撃作。
FUKAI

FUKAIの感想・評価

4.1
戦闘シーンでリアルな描写もあってか、命の尊さが如実に伝わってくる映画だった🎬
主人公のような考え方を貫き通せるのはなかなかできることじゃないと思う😔
久々に感動した映画だった😄
yuuki

yuukiの感想・評価

4.7
いい映画やった。
スパイダーマンの人が主役なのね‼︎
途中の戦闘シーンは目を背けたくなるくらい残酷だけど、こんな事が本当にあったとは…。
自国の為にと志を持ち命を懸けるけど、ほんの一瞬でその命は散るか、数えられる程度の敵しか倒せない。
この戦いがあったから今があるんだと思わないと悲しくてつらいと思った。
命ほど大事なものはないのだから…。
自分の信念を持ち貫くこと。
それがたくさんの人を救い、意識を変えた。立派な人だった。
監督メル・ギブソンなので観てみました。なかなか良かったです。
自分の信じるままに生きることは大変だけど大切なことを再確認できた映画でした。主演のアンディ・ガーフィールドが若い頃のショーン・ペンに似ていましたね。
soyo

soyoの感想・評価

3.5
自分の信念を曲げずにやり遂げた。日本戦が舞台なので、歴史をもっと知らなきゃなとも思った。
>|