ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

ずっとクリップしてた映画、アンドリューが出てるからなんて軽い気持ちで興味あったけど、、、
他国は、銃を持ちたくないだとか人を殺したくないとか人権を許してくれる軍法があったけど日本だった非国民とか言われて非難されるんだろうなあ戦争は絶対にダメ!!!!!!!!!
久しぶりに自然と涙が溢れ出す映画でした。悲しいとか感動したとか、そういうのではなく、誰のために戦っているのか....残してきた家族の想いを考えると切なくて....
常識では武器を持たずに戦地に赴くなんて、後にも先にもこの方だけだろう。
いつものように、日本軍が卑怯な描かれ方で、歪曲した武士道精神が出てくるし、アメリカ軍を応援していた自分にビックリ。メル・ギブソン監督の思惑にハマってしまった。悔しい。


前田高知は150mある断崖絶壁で、浦添城跡だそうです。
日本軍は、どうしてロープの梯子を切り落とさなかったのだろう笑
登ってこれないから有利だろうに。待ち伏せしたかったのかな。
日本兵は誰一人ヘルメットかぶってないのが恐ろしい...当時の鉄帽は、弾が簡単に貫通したらしく、俊敏性を高める為にも軽量化を目的に被らない兵士が多かったとか。
なんて日本人らしい馬鹿な考え方でしょう。死ぬこと前提ですからね...
物資ないせいかな...弾を節約するために銃剣で刺すシーン多いし、それがかえって、日本兵の非道さが伝わってきた。メルさん上手いね。
日本軍がいた地下壕は、大勢の人が歩ける高さや広さじゃなかったようです。
序盤は主人公の心情が理解できず半ば退屈しながら見ていたが、後半からは映像の迫力が凄く話も非常に面白かった。
こんなの現実にはない話だろうと思っていたら実話で驚いた。
途中まで戦争シーンがこなかったのであれと思いましたが
途中からの臨場感は半端なかった。
信念を貫くことで
自分に何ができるか、置かれた状況でベストを尽くすこと。それを考えさせられた。

バカにされていても
最後はリスペクトされる存在に。
素晴らしいです。

戦争映画なので当たり前ですが
途中からシリアスに一辺倒になったので
最後に奥さんとのイチャつきが個人的には欲しかった笑
otakenoko

otakenokoの感想・評価

4.1
友達からオススメされていたのをついに鑑賞。作品のテーマ的には不謹慎かもしれないけど、シンプルにストーリー展開が面白かった。主人公はもちろん周りのキャラもかなり良い。日本人としては、やっぱり片方の正義目線だとこうなるよなぁとか歯がゆくなるシーンもあったけど、そこはしゃーなし。所々、画角というか演出がダサいなっていうシーンがあったのが少し残念ポイント。
子供の頃から他者を殺めることが最大の罪と教えられ、入隊後も人を殺すことを拒み続け、軍法会議にかけられようとも貫き、ついにはハクソー・リッジでの戦闘にまで足を運ぶも衛生兵として戦場での英雄となった一人の男のお話。

軍法会議でも言ってたように、何人兵士がいようがその中に一人、決して人を殺さない人がいたとしてもいい。 それは女々しいとか臆病とかじゃなくて、一人の立派な男の姿でもあると思いました。

にしてもここまでするかってくらいの戦場シーンがクオリティ高い。 隣で撃ちまくってた仲間が一瞬でマネキンのようにフェードアウトしていくスピード感。 ほとんど爆撃での砂埃のせいで敵の位置が分からなくも、どこからか飛んでくる銃弾。 とかとかまさに決死。
デズモンド・ドス
「人を殺めてはいけない」良心的兵役拒否を希望してる衛生兵の話。
皆からは銃を持たないことでいじめを喰らうが戦争になった。あの時代にドスみたいなひとがいてよかった。
sant4

sant4の感想・評価

4.6
すばらしい伝記。
課題で手にとった映画でしたが、主人公の勇敢さに口が開きっぱなしでした!
sa

saの感想・評価

-
戦争映画を色々観始めたけど、一番リアルでエグめ。
戦場シーンは体に力が入る
相手が日本兵っていうのは日本人目線で見ると若干複雑な気持ちだけど、主人公の勇敢さに勇気をもらえた…

忘れた頃にもう一度みたい
Hikky

Hikkyの感想・評価

4.2
衛生兵を主題にした作品。自分の知っている公園が舞台だとは思わなかった…
>|

あなたにおすすめの記事