ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

hotaka

hotakaの感想・評価

3.7
これを日本人はどんな気持ちで観れば良いのか、、、血みどろの戦場を描きたかったのか、戦闘シーンが長くてクドい。

日本兵が蹂躙される姿は見て苦しかった。

序盤~中盤は好き。
natsuki

natsukiの感想・評価

3.7
序盤を我慢すれば、ラストにかけて気持ちが昂る。
実話でなければそんなに響かなかったと思うけれど。
なぎさ

なぎさの感想・評価

4.1
戦争映画の中でも「国対国」じゃなくて一人の「人間対人間」であることが一番分かる映画。ずっと目が離せない。
舞台が第二次世界大戦の沖縄戦で敵国が日本だったからかなんでか不思議な感覚だった。
何度観ても泣ける。自分の信念を負けずに貫いてそれを実行する主人公に勇気を貰えるし考えさせられる。生々しい映像が多いけど多くの人に見て欲しい。
AM

AMの感想・評価

-
爆発でぶっ飛ぶ人の体とか、
ヘルメット貫通する銃弾とか、
傷とか内臓とか、
戦争を経験した人には特に苦しい描写。
グロとかそういうのではないと思いました。頼むからそんなことを言うのはやめてくれ。
私の父が経験した戦争で頭を撃ち抜かれて亡くなった親友の遺体の写真を見て毎日泣いていた、と母から聞いたのを思い出す。

親父、生き残ってくれてありがとう。

きっとどこの地獄のような世界にも、
光はある。
無縁のように思えても、
志を強く持って進めば光は射す。

そんな強いメッセージを持つ彼の映画は重厚感があってものすごく刺さるので、大切。
戦争映画は正直苦手だが誰も殺さず助ける主人公がかっこいいなと思った
これが実話っていうのが凄い
山本

山本の感想・評価

4.1
所謂、綺麗事を並べ立てる人や物語は好みではないがこの映画は良かった

言い方は悪いがあれは狂気

実話ベースというのも凄い
はるか

はるかの感想・評価

4.0
最後命辛々降りてきたデズがスミティの亡骸と一緒だったのが胸アツだった、、、

ヴィンスヴォーン、以前から好きなんだけど、尚更好きになりました。
フルメタルジャケットのような軍曹みたいには怖くないし、っていうか全然怖くない軍曹さんなんだけど、情に熱くて優しい性格が透けて見えててよかった。好き。

エンディングでご本人様たちの語らいにもウルウルさせられた。

なんだけど、敵が日本というのが、少し複雑な気持ちになっちゃった。
誰も死なないでほしい。みんな仲良くしよ。
この話が実話を元に作られていることに感動。
戦争映画にありがちな敵国(日本)をめちゃくちゃに描写もしてない。
GURU

GURUの感想・評価

4.0
第二次世界大戦時の沖縄戦。
日本が敵国として描写されている作品を初めて鑑賞したためそれだけでも新鮮なのに、銃も持たずただひたすらに人の命を救い続けるデズモンドの信念には衝撃を受けました。
優にヒストリズムの基準を超えています。
そしてこれが実話だということにも衝撃。
こんな運に守られた人間を初めてみましたし正直じ信じられない自分がいます。でも信じられない自分にも悲しくなります。主は彼を本当に見守っていたかのようです。
私はキリスト教徒でもなければ仏教徒でもないので自分自身の確固たる信念は確実に守っていきたいと思いました。
>|