ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

ぺん

ぺんの感想・評価

4.0
主人公の狂気すら感じるほどの強い信仰心、そこから生じる誰も殺さないという信念は一本筋が通っていて引き込まれる。
彼と家族との関係性を序盤から丁寧に描いているので、武器を持たないと決意した過程も共感しやすい。
後半は惨い戦闘描写、切羽詰まるシーンの連続の中、繰り返されるデズモンドの人命救助は美しく、眩しいです。

しかし展開上、戦闘が行われるのが高地のみなので、規模がかなり小さく思えてしまった。
更に現地の民間人の描写が一切抜けている。
が、デズモンドを中心に描く以上これで良いのだと思います。良いと思うのですが、少し落ち着かない気持ちにもなりました。

個人的な話ですが、自分の祖父はまさに沖縄戦を経験しました。当時の話、実際に犠牲になった民間人の話も聞いていたので。
スクリーンに映らない部分に犠牲があることを少し匂わせて欲しかったな、とはどうしても考えてしまう。

祖父は捕虜になり米兵に親切にしてもらったことがキッカケで、英語を勉強し、海外もよく出かけていました。
家では頭の固いジジイでしたが、生きていたら一緒に観に行ったかもしれないなぁ。何と感想を言っただろう。
最後のインタビューを見ても、戦時経験者が減っていく中でこういった作品は貴重だと感じました。
汝殺すなかれ

心に響く響きました。
Sakura

Sakuraの感想・評価

1.7
戦争映画でこんなこと言うのも何だけど、、、、つまらなかった、、、。。。。
T

Tの感想・評価

3.6
正直なところ圧倒的な映像美に目を奪われてしまい、怖いとかいう感情が出なかった。「サウルの息子」とか「野火」の不気味で逃げ出したくなるような閉塞感がなくて「ドッカーン!すげえ」みたいな…でもメルギブソン的なヒロイズムは控えめで中立だと思ったし、何よりこれが実話であることに感動
傑作。
確かにこれでR指定じゃないのか!? と疑うような容赦ないゴア描写が次々と展開され、万人に勧められる訳じゃないけど、そんなゴア描写も戦争とはどういうものか、を真正面から描こうとする覚悟ゆえ。

そしてだからこそ武器を持たず救命兵として戦場を駆けるデズモンドの狂気と隣り合わせとも言える強さが活きる。

そしてそんなギリギリの絶妙なところを表現するアンドリュー・ガーフィールドもお見事。
戦争映画ではあるけれど、実は前半は人間ドラマであり法廷ものでもあるのでキャストの演技力(特にヒューゴ・ウィービングは過去ベスト級の演技)も丁寧な演出がピカリと光っています。

そうやって前半で積み上げたものを後半の戦争映画にシフトしていった段階で壊していく。絶望的なまでに壊されそうになっても最後まで残ったものが………
という構成は王道だけど、確かな技術がないと作れない。

改めてメル・ギブソンの天才的作家性を感じた傑作でした。
AiMaru

AiMaruの感想・評価

4.1
実話。
最後に救った人数がでてきてびっくりした。信念を貫くって難しいのに。しかも戦場で。。。
戦場の恐ろしさも伝わってくる映画。素晴らしかった。
Hanna

Hannaの感想・評価

3.9
"Please help me get one more." のセリフがすごく印象的で、頭から離れない。1人救っては "あともう1人だけでも"、と何度も戦場へ向かい、負傷した兵士を助けに行くシーンに一番心打たれた。
アメリカの映画だから、沖縄戦の日本人の描写は少ないが、誰に非難されようと曲げようとしない、デズモンドの強い信仰心と信念に心を打たれた。1人であれだけ多くの人を戦地から助け出した彼の姿は、本物の英雄だ。
Kosuke

Kosukeの感想・評価

3.6
これはSaving Private Ryanも越したかもしれないぐらいの凄さ
とても詳しく戦場の恐ろしさを撮ってた
Cooper

Cooperの感想・評価

2.0
他の優れた戦争映画と比べて分かったのですが、この作品は残酷描写は沢山あれど、戦争の悲惨さを伝えたいのではなくて、いちカソリック系クリスチャンの神への従順さを描きたかったんですね。
sawako

sawakoの感想・評価

4.2
アメスパのアンドリューくんがこんなドロッドロになってるのすごい
>|