ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

事実に基づいているからこそ、主人公の精神力の振り切れ方の半端なさがわかる。日本兵がすごく恐ろしく描写されていて、臨場感すら感じる。一見、戦争ヒーローもので綺麗事満載な感じかと思うけど、全そんなことはない。
keko

kekoの感想・評価

4.5
素晴らしい映画でした!
やっぱり実話は重みが違う。
デズモンドの信念を曲げない、貫き通す姿。あともう一人、あともう一人助けさせて下さいと願う場面は心打たれました。
誰よりも勇敢だった。
戦争映画を観るたびに、戦争って一体何だったんだろう、と考えさせられます。
舞台は沖縄戦だけに観ている想いは複雑。
彼は何の為に戦っていたのか、、

天は自ら行動しない者に
救いの手をさしのべない。
- シェイクスピア -
Kazu

Kazuの感想・評価

5.0
今迄戦争をテーマにした作品を沢山観てきたが間違いなくNO.1。
全ての映画を合わせても近年稀に見る傑作だと思う。
戦闘シーンのリアルさ、脚本、演技、全てにおいて完璧な映画。
相手が日本兵だから此れまでの戦争映画のように複雑な心境になるのだろう、と思っていたが全てをリアルに、そしてリスペクトを持って作ったのが伝わった。
戦争という善悪の付けれない難しいテーマにおいて相手側にもきちんと配慮して作ったメルギブソンには賞賛を送らざるおえない。
銃を持たずに戦争に行き、最前線で仲間を助けるだけなんて漫画みたいな話が存在する事自体に驚き。
彼みたいな人が居た事が戦争という最も意味の無い事象において唯一の救いだと思う。
本当に素晴らしいとしか言いようが無い。
この映画を通して宗教は時に人に尋常じゃない力を与えるのだと良く分かった。
そして宗教におけるポジティブな面を改めて感じされられる映画だった。
近頃過激派イスラム教徒による宗教におけるネガティヴな面を嫌という程見てきたからこそ、より感動する事が出来たのかもしれない。
確固たる意志を持った男の壮絶な実話だった
銃を撃たずにモルヒネを打つ、その姿が僕の胸を打つ
武器(銃)を持たない=人を殺めない信念の名の下に戦争を生き抜いたデズモンド・ドス。その人のお話し。
しかも彼、武器を持たない所か負傷兵を救いまくる。ある意味狂気の沙汰です(; ̄ー ̄A迫り来る日本兵も狂気の沙汰( ̄▽ ̄;)
こりゃ自国民にしたら最高の作品でしょーな…。刺し違えてでも、死んで帰ったら恥。この時期の日本兵は完全に操られてますな…。
色々胸が痛い(;´д`)
tomomi

tomomiの感想・評価

4.0
私が日本人だからなのか。
複雑な気持ちで観た。

戦争なんだからどちらも悪である。
そんな中、何も武器を持たず仲間を助ける為に戦ったドスは、真の勇者なのだろう。

戦闘シーンは目を背けたくなるくらいでした。戦争の残酷さを真正面からぶつけてきたメル・ギブソン監督が素晴らしい!
tsura

tsuraの感想・評価

3.4
メルギブソン久々の一作は強烈な作品だった。

戦争映画は時折、偏向気味とか美化してるとか…そういった声が聞こえてくる。

それは映画を作り込む上で仕方がないことかなと思って見ていた作品もあった。

しかしこれは否、戦勝国サイドの描写とは言えアメリカ万歳になっておらずただただ史実をなるべく忠実に描こうとしている辺りは正当に評価すべきところだろう。そして忠実とは言ったがその戦地での戦闘シーン(救出シーン)は言わずもがな。
観ているだけなのに…死ぬ恐怖すら感じるくらいに観客をどん底へ落とす。

何処にも逃げ場所など無い弾丸の雨降る戦地へ。
人が殺し合う事を正当化するという「戦争」
そんな凄惨な映像以上の事が戦争であると映画というフィルターが鈍器となって平和ボケしている人間の本能(とりわけ日本人は)を呼び起こす様な凄い映画だった。

救いの無い地上世界。
でも70幾年の前に実際に日本で起きたこと。

いつまでも忘れてはならない。
何処の国の映画だろうと関係ない。
戦争映画というフィルターを通してでも戦争の無価値を知れるのなら。


沖縄は"ハクソー・リッジ"で起きた事実をデスモンドという一人の銃を持たない(強い信念)兵士の命を懸けた"人命を救う"闘いなのだが…唯一ストーリーとして前半部分が彼を語るうえで"鍵"なのにどうもドラマの描きこみが淡白というか。
勿論、俳優陣の演技は素晴らしい。
父親役のヒューゴ・ウィーヴィングも久々にアツい演技で見る者の心をグッと掴んで放さないのだが…どうも主人公夫婦の描写然り…メロドラマの様な雰囲気が何処かしら漂っていたのが個人的に乗り切れなかった。
かと言って彼のバックボーンであるここの説明を省くと描きこみも全体的に足らなくなるし…、、、

むむむ…。


矢張りこの手の作品は難しい。
戦争前後で意味合いも変わるだけに。
pero

peroの感想・評価

3.5
見る予定はなかったのですが母が見たいというのでレンタル観賞。
最後まで自分の信念を曲げることなく戦い続けた主人公は誰よりも強い。
いい映画でしたが戦争映画はやっぱり苦手。
みーや

みーやの感想・評価

3.8
グロ描写があり、苦手な人は無理かもしれない...
おもしろく、自分の感想ですが、日本人が観ても不審な点はないと思います。
日本兵がちょっと怖いかも😱
>|