ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価・動画配信

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

なぜかわけわからんくらい泣いてしまった。なんだかんだ人生、家族とか友達とか恋人とか、そういうのが一番大事なんじゃないかと心底思えました
クッソ良い映画
これからの人生参考にもなる。

個人的には『許す』ところが、
好きすぎた。
ぽてと

ぽてとの感想・評価

4.4
2021-5 15作目
涙止まんなかった...こういうのほんと弱い😭😭

主人公の子だけじゃなくて周りの人達にも注目してる映画なのびっくりした、それがあってこそ良すぎる映画になったんだと思う
君は太陽→私は太陽のまわりをまわる惑星 とお姉ちゃんの話に展開していくところに意外性もあり引き込まれた.

過去の自分ともう会わなくなった友達に想いを馳せ学生時代の良いばかりではない思い出も過去とはまた違う見方ができるような気がしました

お姉ちゃんの舞台での「時の流れは速すぎて私たちは顔を見る時間すらない」という台詞になぜだかぐっと来て、最後のセリフとも繋がっている気がしてさらによかったです
いまは何を観ても人間が恋しくなりますね、、
Gugus52

Gugus52の感想・評価

3.8
最高の映画!


障害について
いろんな角度から考える映画

気を使う事って平等じゃないよな

日本はまだ考え方が遅れていて、
気を使いがち、、
そういった考え方が変わる、考えさせられる映画

とくに”羨ましい”って部分も描かれていて素敵だったなぁ

内容は最高だったけど、
3.8にした理由は、もう少し音楽でラストを盛り上げて欲しかった!そうすればもっと号泣できるとおもったから笑
オヤジと2人で見たけど
爆裂泣いた
Waka

Wakaの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

外見が人と違うからといって普通の人より幸せに生きられないわけではないのだなって思った。
主人公と友達になった人たちが良い人すぎてこっちまで嬉しくなった。主人公のお姉ちゃんが病弱の弟のせいで親に構ってくれないのを見てたら心がキュッてなった。そのあと親がそれについて理解してくれたシーンは泣いてしまった。
この映画は涙なしでは見れない!!
明るく強い気持ちになれる
ほんと5分に1回泣くくらいめっちゃ泣いた〜

主人公オギー君は周りと違う顔をもつ小学5年生。今まではホームスクーリングで学習していたが、5年生からは学校に登校することになった。

その中で起こる子供同士の暖かい友情!
本当に泣ける場面ばっかりでみんな優しい!

また、オギー君だけじゃなくて周りの人も様々な悩みや葛藤の中で成長して行く感じ!泣かせに来てる!

暖かい涙が溢れる映画でした!!
>|