ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価 - 506ページ目

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

びび

びびの感想・評価

4.5
何回も泣けた
いろんな視点からの映像で変な疑問を抱くことも無く、すごく面白かった!
monami

monamiの感想・評価

-
こんなに終始涙が止まらない映画は初めて、無駄のない二時間だった。キャスティングが素晴らしいしkidsも演技が上手すぎる最高。本買う
「壁は、それを乗り越えられる人の所にしか出現しない」
というような言葉を昔どこかで聞いた。

オギーの場合は、まさにそうだ。
彼は、巨大な壁を乗り越えた。
しかし、逆の言い方をすれば
乗り越えることができるから、
彼はあの顔だったのかもしれない。
彼があの顔で生まれてきた「意味」みたいなものが
ラストの修了式のシーンで、
少しわかったような気がする。

「すべてのことに意味がある」という
言葉も昔どこかで聞いた。
オギーとは比べ物にならないが、
私にも、軽度の吃音という壁がある。
この映画を見て、
私が吃音として生まれたことにも
意味があるんじゃないか、と
そして、いつかそれを乗り越えることが、
きっとできるから、私は吃音なんじゃないか、と
そんな風に考えることができた。



2時間すべて、オギーの悩みだけで終わるのかと思ったが、
友人のジャック、姉のヴィア、姉の親友のミランダなど、
それぞれが、それぞれの悩みを抱えており、
それでいて、映画全体が分散することなく、
ちゃんとオギーを中心に回っていた。
集中して重くなりすぎず。
分散して軽くなりすぎず。
ちょうどいいバランスで
まとめあげた監督の手腕に拍手。
(まったく聞いたことない監督だが、、。)


余談だが、
映画を見る前は、”君は太陽”という
なんとなく安っぽい邦題が好きになれなかった。
ただ、この映画では、登場人物がすべて、
オギーを中心に回っている。
それぞれの悩みの中心に、オギーがいる。
太陽の周りをまわる惑星のように。
「輝いている存在」としてではなく、
「中心としての存在」という意味もあるのなら、
”君は太陽”という邦題もありかと思った。


また、これこそ、まったくの余談だが、
この辺で一度、印象的だった子役を少しまとめておきたい。
あくまで個人的な記録として。
『ペーパームーン』テイタム・オニール
『ブリキの太鼓』ダーフィト・ベンネント
『ベニスに死す』ビョルン・アンドレセン
『スター・ウォーズ』ジェイク・ロイド
『シックス・センス』ハーレイ・J・オスメント
『レオン』ナタリー・ポートマン
『エスター』イザベル・ファーマン
『キック・アス』クロエ・グレース・モレッツ
『ミツバチのささやき』アナ・トレント
『友だちのうちはどこ?』ババク・アハマッドプール
『ニューシネマパラダイス』サルヴァトーレ・カシオ
うーんん、、これくらいだったかな。
もっといた気がする。
まぁ、いいか、また更新していけば。
ここに
『ワンダー』ジェイコブ・トレンブイを
加えておく。

公開:2018年
製作:アメリカ
監督:スティーブン・チョボスキー
出演:ジェイコブ・トレンブイ、ノア・ジュプ、ジュリア・ロバーツ
ひば

ひばの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

予告と印象が違かった、これは太陽と太陽系をまわる星たちの宇宙の物語。昨今では珍しい家族大団円で勝負をかけたこの作品は、外部からの刺激をうまいこと取り込み全員が手を取り理想のステップを一段一段登っていく。暗い宇宙も星が沢山あるから明るくなるのね、太陽が一番なんじゃない、みんながみんなの周りをぐるぐるまわって独自の輝きを放っている。みんな幸せにね…!

お姉ちゃんのオリヴィアと、昔仲良かったミランダの話がマジでやばい。3分の1くらいがお姉ちゃんの話だったりするんだけどこれはやばい。この映画、主人公オギー、オギーの友達、友達の友達とどんどん広まって、オギーのお姉ちゃんの友達の話までやるんですよ!?しかも皆厚みがあるんだなこれが…

子供ながらの
直接言うことができない、という問題への解決策が、ミランダは二人を繋ぐオギーを通して、そしてジャックはマイクラというこの、このいじらしさよ…!

『正しさと親切なら親切を選べ』
これ、本当に重要だと思います。正しいことは勿論大事だけど、正しさというのは目の前の状況でおおいに変わってくる。目の前で苛められている子がいたら、
皆が苛めている=それが正しい
という考えが今回は当てはまるのでしょう。
でも目の前でその子が悲しそうにしていたら、助けを求めていたら、手を差し伸べるのが親切。

正しいことは親切なこと
に繋がると断言することはとても危険なことだと思います。しかし、
親切なことは正しいこと
と思うことは、きっとこの世界をより良くするための鍵の一部になるのではないでしょうか。
『見た目は変えられない、私たちの見る目を変えないと』、良い言葉ですね~
Hayama

Hayamaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

みんな闘っている

大人より子供の方が苦手という感想、
子供の素直で露骨で、時に残酷な言動を
真正面から受けることの辛さが
滲み出ている。
なぜ自分は醜いのかという
どストレートな質問を
涙ながらに母親にぶつけるシーンに
思わず涙が溢れる。

本作、何が素晴らしいかって、
個人的に思うは、
しっかりシーンを区切って
オギー以外にもスポットが当たること。

急によそよそしくなった長年の親友、
弟のことで手一杯である母親、
最近彼氏ができ充実した学生生活とはいえ
やはり心にひっかかるものがある姉もまた
本作の主人公である。

オギーの初めての友達もまた
きっかけは校長先生の一言だったが
実際、打ち解けていくうちに
オギーが最も大切な友人だと感じるも
やはり子供ながら、
ひょんなことから知らないうちに
傷つけた一言が尾を引く。
しかし、悪口を言うクラスメイトへ
ケンカを仕掛けるシーン、
真の友人たる姿勢を見て
これまた主人公であり、
賞賛したい心意気である。

姉の友人ミランダもまた思春期ど真ん中で、
つるむ仲間や自身の容姿を変えたい年頃も、
本当はオギーとその姉を心では気遣い
今度は自分を助けて欲しいとまで漏らす。
蓋を開ければ彼女もまた
複雑な家庭に育ち苦労しながら
ミランダの弟への慈愛と修羅の心に気づき
最後には演劇にて主役の座を渡し
また友人として一緒に過ごす姿、
素晴らしい着地である。

ラスト、修了式における皆の拍手
チューイも含め、
またきっと天国のデイジーも含め
皆オギーを見守り大切に思うがゆえの大団円、
気づけば号泣、素晴らしい作品でした。

さすがに確かにチューイが中庭を歩いていたら
俺でも確実にジロジロ見るわ笑

ミランダが可愛すぎて爆発寸前でした笑
まみむ

まみむの感想・評価

3.5
本編より予告の方が感動したかな。本編は意外とサラッとした感じ。親になるって大変だなと。夫婦仲良すぎ。そしてみんなオギーのこと好き過ぎ笑笑実際にいたら私も好きになると思うけど!
GAS

GASの感想・評価

4.8
とりあえずとても感動した。

主人公だけでなく、主要人物のたち視点からも撮られており各登場人物の細かな心情が描かれていておもしろかった。

ちょこちょこ挟まれるジョークが笑えて感動あり笑いあり友情、家族愛の感じられるとても良い作品だった。
羊

羊の感想・評価

4.0
この映画の主人公はオギーだけでなく彼と関わった人全員だと思う。そう思うぐらいキャラクターが最高だった!多分これは映画の構成のされ方のおかげだと思う。いろんな人の視点からストーリーが展開されていくので、キャラクターに共感できました。

演技もみんな良かったです。特にオーウェン・ウィルソンとジュリア・ロバーツは素晴らしかった。本当の夫婦にしか見えなかった。

嫌いだったのがあるキャラクターが死んだこと。べつに殺す必要は無かったと思う。

心が温まる映画❗
あやこ

あやこの感想・評価

4.6
お涙頂戴系映画ってそんなに好きじゃないけど、これは、ほんとにほんとに良い映画やった、、、終始ボロボロ
オギー目線だけじゃなくて、色んな人の気持ちもちゃんと映されてて、やられまくり。
特にお姉ちゃんの"手のかからない子"は切なすぎる、、、
2時間じゃ足りない。
感涙度97%はダテじゃない!家族ものは弱いんですよ。開始10分で泣いたわ。

800万部突破の小説を『美女と野獣』の製作スタッフで映画化、『ルーム』の天才子役のジェイコブ君のキャスティング、全世界300億円超えの大ヒット、、、
概要がすでに凄すぎる!

上映始まってからは、泣いて笑って笑って泣いて笑って....
もう感情の切り替えが凄いことになってた!笑
勇気の湧いてくる最高の作品でした。