ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

4.5
生まれつき遺伝子の障がいによって人とは違う顔を持って生まれてしまったオギー。からかわれたり蔑まれたりする中で必死に生きていくオギーだが、とても魅力的で、人を明るくさせる太陽のような存在。その周りで優しく見守る人たちはそんな太陽の周りを回る惑星。

オギーが学校に通い始めると案の定冷たい視線が降り注がれる。「子どもは顔に出すから苦手だ」とオギーは言う。多くの子が目をそらし、振り返る。子どもは素直で、同時に繊細だから、小さな積み重ねがオギーを傷つける。
しかし、オギーの周りには本当に優しい人たちが溢れている。家族の愛は本当に温かいし、先生や友達も優しい人ばかりだ。

本作において何がよかったかってこの周りの人たちのエピソードもしっかりと描いた点だ。オギーは弟だし容姿のこともあるから手がかかるのはわかるけど、わかってはいても構ってもらえない寂しさを秘めるヴィア。一番共感できたし、どうかしてほしいわけではないけど理解してほしいって思いがヒシヒシと伝わった。おばあちゃんとのシーンは本作において随一の落涙ポイントだと思う。

周りの人は本当にいい人ばかりだけど、ジャックは特にいい奴だなって思う。同時に、本当は親友のはずなのに周りの目を気にして裏切ってしまう辺りの人間らしさは、おそらく多くの人が理解できる部分なんじゃないかとも思う。本作が万人にウケる感動作であり、人権メッセージを持つ作品であるため、多くの人に見てほしい作品なのだが、ジャックの視点を見るだけでも本作を見る価値はあると思う。

メッセージで言えばいじめていたジュリアンなんかにも最初は嫌な奴だと思っていたが、いざ校長室に入った時の姿を見ると本当にかわいそうで。子どもをこういう人間にしてしまうのは親なんだと、子どもにあんな顔をさせてしまうなんて親失格だと、きっとかわいそうに思えてしまう根幹にはそういう感情があるのだと思う。

また、度々出てくる格言の授業も些か狙いすぎな感じはするがよかった。「正しいことと親切なこと 選ぶなら親切なこと」など、その後の展開と絡めていいメッセージになっていた。
あと、地味にスターウォーズファンには嬉しいシーンもあったりした。

唯一、本作は原作小説があるようで、未読なのだがそれに沿った作りになっているのだろうか。別に各パートに分かれる点は問題なく、むしろストロングポイントだと思うのだが、「実は◯◯でした。」というのを語りすぎなのが残念だった。多くの人にわかりやすく理解してもらうには語りは一番いい方法だけれども、小説を読んでるようになってしまうし、映画なら語らずとも表現して勝負してほしかった。まあ完全にこれは自分好みの要素なだけなので、それ以外は文句のつけようがない良作だと思った。
ららら

らららの感想・評価

3.9
いい話だったー!!
泣くポイントがありすぎる。

悩みを抱えてるのはどの子供も同じ。いや、どの大人だって同じ。
みんな嫌な日もあれば良い日もある。友達に嫌われたり親友ができたりする。

ヴィアとミランダの関係がすごく好き。
女の子の友情って難しい。ヴィアから離れてふとした瞬間にヴィアを恋しくなって、けど本人には電話できなったミランダの涙がくるしい。
もちろんオギーとジャックの関係も感動無くして語れない。他の子供たちも大人たちもみんなそれぞれの事情を抱えていて、それがぐいぐい突き刺さってくる、いい話でした!
まにゅ

まにゅの感想・評価

4.2
めちゃくちゃ力を貰える映画でした。

お姉ちゃんの演劇のセリフ、やけにジーンときてしまって泣きました。。
オギーの可愛さ、そして強さにもグッときました。

いい映画に出会えました。
安心して見られる予想通りの映画😊ただ、主人公以外の登場人物の主観で物語が描かれていて、より物語に入り込めた!女はいきなり無視したり仲良くなったり、あんなことわたしもあったなあーって女のめんどくさい友情を思い出した🙆‍♀️
Kakeru

Kakeruの感想・評価

4.1
Heartwarmingな話でした。
これからさらに毎日を大切に生きていきたいです。
ココ

ココの感想・評価

4.8
最後めっちゃ感動した。
とても映画。
kana

kanaの感想・評価

4.4
とても期待してたけど期待を裏切られなくて良かった。
主人公の家族がいい人すぎてほんとそこに関して恵まれててよかった…
お姉ちゃんの葛藤もめちゃくちゃわかる、よくわかるよ…
観終わった後とてもいい後味に浸れて良かった。
Chiyo

Chiyoの感想・評価

-
オギーがかわいい。家族のユーモアさが素敵やった💓心温まる作品。
『ライト』

「ハンデ」を軸にした内容ですが、重さはあるものの全体的にポジティブ感ある展開は考えさせれるも明るさ(暖かさ)がありました。
家族またその周りの人々に「スポット」を当てた展開も良かったと思いました☆
>|