ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

missoyster

missoysterの感想・評価

4.2
この病気がどれだけ辛く残酷な物なのか、この映画を観るまで知らなかった…

病気の進行や、親や夫婦間の葛藤、排泄すら困難になる様子。何より本人が辛くて何度も涙を流しているのが胸に突き刺さる。

息子さんに向けたビデオレターだけれど、これを世界中に発信する事はとてもすごいこと。

泣けて泣けて辛かったけど、本当に観て、知れて、良かったと心から思えました!
直樹

直樹の感想・評価

4.0
今の時間を本当に大切にしたいと心の底から思った。
感動した。
Ayahana

Ayahanaの感想・評価

-
自録のビデオを映画化。ドキュメンタリーと言う枠で括っていいのか?と。
スコアは付けれない。
思うに負の要素しかないような現実に、希望、光を見て行くことが出来る人達で、観る側にも愛、光が届くような映像でした。言葉なし。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

4.0
感動のドキュメンタリー映画です。
この人の精神力が凄いです!
sy

syの感想・評価

3.8
重い話、である

ALSという病気とその家族の実状について知ることができる。そして、この家族と周辺の深い愛情についても知ることができる

スティーブは今も病気と闘い続けている
想像できないほど苦しい思いをして、それでもなお諦めずに生きようとする姿に感動。
ながお

ながおの感想・評価

3.7
初めてのドキュメンタリーでした!
これを見てから1日1日を大切に生きたいと思えた
eri

eriの感想・評価

3.8
久しぶりのドキュメンタリー。いい映画を見させてもらった。ALSについての映画は初めて。
どれだけ苦しくても生きようとする強さは、愛の深さ故だと思う。愛ってすごいなぁ。
スティーブの強さも勿論だけど、ミシェルの強さにも驚かされた。なんだか、ちっぽけな自分を情けなく思った。
観ている間はずーっと泣いてばかりで胸が苦しかったけど、本当に観て良かった。
M

Mの感想・評価

5.0
去年から含めて断トツ。
人生で見てきたドキュメンタリーの
なかで一番素晴らしく一番泣いた。
余命が宣告された瞬間から死んだ後、自分はいったい誰に対して何を残せるのだろうか。と、しみじみ考えてしまいました。