ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

きむら

きむらの感想・評価

4.0
中盤あたりはずっと泣いてた。
胸がいっぱいになった。
良い意味でものすごい疲れた。

ドキュメンタリー要素強すぎたのがちょっとマイナス点ではある。(スティーブ本人もこれは映画ではないって言ってたし笑)

スティーブ本人だけじゃなくてスティーブを支える周りの人たち1人1人も素晴らしすぎる。
奥さんが最後に言ってた、ユーモアは忘れてない、はとてもとてもとても印象に残った。
高額な医療費、専属スタッフ、最先端医療、電動車椅子とそれで走り回れる広い家、電動車椅子での海外旅行、延命治療、全ては経済力があるからこそ出来る事でどうしてもやっぱりセレブは住む世界が違うって思ってしまうしもし自分が同じ病気になったらただ惨めで苦しい死に方しか出来ないんだろうなぁと思わざるをえませんでた。

でもスティーブの凄いと思ったところはそんな自分の立場を理解し自分にしか出来ない事を家族より優先してやっていき道を作り、同じ病気で苦しむ人達のために活動し法までも変えたところ。そしてちゃんと家族の元に戻り家族を最優先にしたところ。

過去の栄光が耀ければ耀かしいほど変わった自分を見せるのは勇気がいる事で世間の思う姿と本当の姿のギャップが苦しいはずで日々当たり前が当たり前じゃなる事に絶望する事もあったはずなのにどこまでも強い姿と精神力、だからこそスーパースターになれたし病気になっても変わらず献身的に支えてくれる最愛の人にも巡り会えたんだと思います。

この作品が素晴らしいのは難病と戦う姿を無駄に涙を誘うありがちな薄っぺらいドキュメンタリーにしていないところ。本人の言うように『人生の記録』に仕上がっているところ。人生と自分に真摯に向き合う姿に心は打たれるけど涙は誘わずALSと言う難病への理解と啓蒙を促すような作りになっているところ。

映画作品にはない素晴らしさがありました。
たかぴ

たかぴの感想・評価

5.0
ミシェルの大きな愛があったからこそ彼は真の男に、そして良い父親になったんだと思う。

実際の映像だけで作られた為、より近い位置で、よりリアルにこの映画のメッセージを沢山感じ取る事が出来た。

終始涙無しでは鑑賞出来なかったけど、父と息子が本気で対話するシーンで大号泣。

この映画にありがとうって言いたい。
いい作品でした☆
主人公の前向きにすすもうとする
姿に胸があつくなります。
「白旗は上げない」をずっと貫き通しそれを支えた家族や周りの人達も最高でした。
泣きました。
悲しすぎてしんどい場面もありました。
TJ

TJの感想・評価

4.3
ドキュメンタリーだからこそ響いてくる生きることについての強いメッセージを感じました
多くの人に見てもらってALSの実態を知って欲しい
M

Mの感想・評価

-
スティーブ・グリーソンも言っていたように、これは映画ではなく人生の記録。そこから何を学んだかという視点で、評価はせず。

病気とは、私の中で「非日常」というカテゴリーに分類されるものであったが、病気を抱えている人もその家族も生き抜いている毎日が日常なのだと、当たり前の事を痛感させられた。
病気だからという理由でネガティブな事を受け入れなければならない社会ではなく、病気であっても平等に選択できる社会であって欲しい…

それと命って自分のものだけど、その人のことを思う人達のものでもある。だから、命をかけて生きてきた証を、自分の事を思ってくれる人に残したり伝えたくなるのかな…。
伯爵

伯爵の感想・評価

3.6
ALSになってしまった元アメフト選手のスティーブ・グリーソンを追ったドキュメンタリー。

てっきりフィクションだと思って軽い気持ちで鑑賞してみたら、ドキュメンタリーでまさしく「リアル」にALSという病気をカメラが収めていて、、、。
面食らってしまいましたし、こんなとこまで写してしまうんだ、、、とソワソワしてしまいました。しかし、これは目を逸らしてはいけないな、と。
彼の必死に生きようとするサマはあまりにも「リアル」で見てられないところもあったけど、目を伏せてしまうのは彼に対して失礼だし、生きることを考える良い機会になるな、と。

何故こんなにも拙い言葉でしか伝えられないのだろう。とてもそれがもどかしいのですが、家族がほしいなと強く思ったし、生きたいなとも思えました。
それだけのパワーがある。ドキュメンタリーだからこそ、ですかね。
台本もストーリーもない、実話。こんな映画初めてみた。