ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

ステゥーヴと子どもの関係よりも、ミシェルの気持ちとかステゥーヴとお父さんと対話に、なんかもう言葉にしずらい気持ちになった。
途中までドキュメンタリー風の映画だと思っていたから、本気のドキュメンタリーだと気付いた時は悲しみが押し寄せた
こんな残酷な病気を生み出した神よ、、ってやるせなくなる
この病気の人のために組織を設立しようなんて考えつかないかもしれない。
自分がいかに最期まで生きるかを考えて大半の人は終わるんじゃないかな
yukino

yukinoの感想・評価

4.1
見終わっての最初の感想は、妻ミシェル、強い。心底ハッピー人間なミシェルは、いつもフィーリングで生きてる私の母に似ていて、すごく、胸が苦しくなるドキュメンタリーでした。

受け入れがたき、しかし受け入れざるを得ない逆境に対面したとき。それが愛する家族にのしかかってきたとき。。。家族は、張り裂けそうな気持ちを、本人には見せまいと、必死にこらえて。明るく強く、サポートしてくれてたんだなって。
小学校でいじめられてた頃、浪人してうまくいかず半ば自暴自棄になりかけてた頃のことを思い出しました。
goma

gomaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

言葉にできない。
知り得ない。
理解なんて出来る訳がない。



快方へ向かうことなんてない、絶望への片道切符。

だけど、そのなかでスティーブは、光を見つけようとした。

光になろうとした。



“生まれてくる子供のために遺すためのビデオレター”と銘打って始めたけれど、途中からは自分自身への為のような気がした。

自分が自分自身を忘れたくないから。。



綺麗事だけじゃなく、リアルが写し出されていて絶句した。


あらゆることが出来なくなっても、気持ちが言葉にならなくなっても、溢れる想いとクリアな頭。

嬉しくても悲しくても、辛くても。
それを伝える事すらできない。



“俺の幸せを父さんが決めないで”
と言ったときの、やるせなさ。



時が経つにつれ、業務のように淡々とこなしていくミシェル。

そんな彼女を冷たい、と感じる人もいるかもしれないけれど、私はただただ強さを感じた。

変わってゆく人間に、(しかも悪い方へ)変わらないように接することは、とても難しくて大変なことだと思うから。


良くは変わらない、続いてゆく毎日を過ぎるように生きながらも、ポジティブさとユーモアを忘れないスティーブとミシェル。



地位やお金、彼らの性格や生き様、周囲の人々に支えられていまの生活がある。

ALSの患者全てがこんなにうまく生きられるわけがないけれど、少しでも生きてゆく希望が見える世の中になってほしいと思った。


アイスバケツチャレンジや認知活動には様々なやり方があり、賛否両論あるけれど、何をするにも、本末転倒にならないように気をつけていかなければ、と思う。


生きるとは。
終わりなき旅。
おーみ

おーみの感想・評価

5.0
息子にとって最高の父とは。

最初から最後までずっと泣きっぱなし、鼻水じゅるじゅる、映画館でこんなになったのは初めての経験。

スティーブやミシェルの人間味に溢れる考え方、生き方にものすごく刺激をうけた。
映画見てこういうこと言う奴バカにしたくなるけど、言いたい。「価値観変わるわあ」
20代、子供を持つ前にこの映画見れてよかった。

1つ言いたいのは、決してALS患者に密着した「つらいね、大変だね」っていうお涙頂戴映画なんかじゃないということ。
この作品は常に、今生きている、そしてこれからなるかもしれないALS患者に生きる希望、病気と闘う意味を見せ続けている。
そして同時に自分の息子に対して、父親がどんな人間なのか、まったく飾ることなく伝えている。

とにかくまずyoutubeでトレーラーを見て欲しい。

素晴らしい映画 "No White Flag !"
kametake

kametakeの感想・評価

3.4
生きていくことはまるで旅のよう。いいことばかりじゃない。でも決して白旗は掲げない!
Yudai

Yudaiの感想・評価

4.7
何回も胸が熱くなるシーンがあって、終盤涙と鼻水が止まらなくなってしまった。

将来、自分が父になるときに、もう一度観たい。
asako

asakoの感想・評価

4.5
original title ;GLEASON
アメフトの有名スタープレーヤーだった
Steve Gleasonと、その妻、息子、家族たちの人生の記録。

スティーブと、ミシェルと、夫婦愛と、父子愛と、周りのチームとが、ほんとそれぞれ皆が凄い。感動する。
まさにpurpose. 闘病するだけで精一杯なのに、彼は自分にこそできることがあると、社会活動までする。啓蒙のみならず、テクノロジーで新しい器具を作ってもらい、それを拡散し、ひいては保険適応内になるようにアプローチし続け、オバマ大統領のyesをもぎ取る。

本当に素晴らしい作品だった。見て良かった。これは映画ではなく人生の記録。人間の力強さと、愛の力と、心の底から突き上げるpurposeを持った人の力を、思い知った。
ただただ感動した。そして2017年の今もなお彼が生きていると聞いて本当に嬉しく思った。よかった。

さて、明日への自分に何が活かせるか。また考えよう。
づ

づの感想・評価

3.7
映画館でみる
ドキュメンタリー。

ホームビデオ的な感じだから、日に日に変わってく症状と移り変わる気持ちがリアルだった。

こうゆう映画が、知るきっかけ、になればいいなぁって思った。

このレビューはネタバレを含みます

父と息子の関係性は、母とのそれとは全く違うなと感じた。主人公&厳格な彼の父親、主人公&生まれたばかりの彼の息子。2組の「父と息子」ペアを見ているうちに、主人公同様、かっこいい父親って何だと考えるようになる。終盤、主人公を抱きしめ、お前を失うのが怖いと涙する父の姿が印象的だった。手持ちカメラの素材ならではのリアルさ。配給はトランスフォーマー!

途中、泣きたがっている自分がいた。もっと泣かせてくれよと思ってしまっている自分に気づいた。この映画はそんな安いお涙頂戴のために作られているんじゃなくて、ALSへの正しい理解の拡大のため、そして息子への愛情の権化だと感じて反省した、、