ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

TS

TSの感想・評価

4.0
NFLのスーパースターが
引退後、ALSと宣告され
ALSと向き合う家族の
リアルビデオドキュメンタリー映画

時間が経つごとに
体の変化・生活の変化を
目の前にした時
自然と涙が出てきました

元気がもらえる作品です!
aiko

aikoの感想・評価

-

将来わたしに子どもが生まれて新しい家族ができたら、周りにいる大切な人を尊敬し、愛することができる人になってほしい。
もちろん愛される人でもあってほしい。
そんな風に育ててあげたい。

海外だと、キスとかハグとか身内にもするし、愛してると伝えるよね。わたしも日本人じゃなければそんな風に思いをストレートに伝えることができていたのかな。



父親は子どもの前で1番いいところを見せる
わたしに涙を見せたことないお父さんに重なる言葉。
僕のことは愛せなくても、自分の子どもを愛してほしいという願いも。

お父さんの写真とか動画とかいつもお父さんが撮影者であまり残ってない。こころに残る大切な記憶をたくさん残してくれたけど、わたしは映像でも残したい。今の家族、そして未来の新しく加わる家族。わたしの旦那さん。どんなに子どものことを大切に思っているかを残したい。

いつかこの夢がきっと叶いますように。
「ALS」、日本ではアイスバケツチャレンジで知った人もいるかもしれません。これを扱った映画は結構あり、ホーキング博士夫妻を描いた「博士と彼女のセオリー」、ALS患者を演じたヒラリー・スワンクの熱演「サヨナラの代わりに」等。ALSは脳が筋肉とのコミュニケーションが取れなくなる病気とのことです。

やがては呼吸を司る筋肉までが動かせなくなる。そして進行が早く、発症からそのときまで2~5年。本作は、NFLの元スター選手が、発症直後に妻の妊娠がわかり、その子のためにビデオレターを残す日常を撮ったドキュメンタリーです。

NFLのスター選手だった彼が、病状が進んだあるとき、教会へ行き、信仰治療として牧師から「あーだこーだ」と言われた後、走るシーンが泣ける。選手時代の時のようにしゃがんで片手を地面につけて1歩、2歩と走ろうとするが、4歩目を終えたところで倒れてしまう。さらに病状が進むと頭と肩のバランスが悪くなり頭が大きすぎて不自然なこと、それほどまでに肩の筋肉が落ちたことに胸を突かれるが、それでも車椅子で子どもと遊び、外に出ることを諦めない彼ら家族の姿が素敵でした。

もう回らない口で父親と信仰の議論をするところ、辛く落ち込んだところも映るけど、それ以上に彼らの前向きな姿勢、しゃべれるようになった息子との会話、介護を手伝う陽気な友達、他の患者のための活動などなど、決して暗い話ではありません。

主人公は前述のように呼吸ができなくなるという状況になる。その後どうするのか、延命治療か、安楽死か、
延命治療でもとてもお金がかかる。(ちなみに95%の人が治療を諦める)
いろいろと考えさせられる作品でした。

おすすめです。
south

southの感想・評価

4.7
自分の一番いい部分を子どもに贈るんだ。
嘘のないドキュメンタリー。
みんなに見てほしい。
『白旗は掲げない』
肉体的な限界による最後の選択。人の心の中は分からないので、どの様な気持ちで[それを]選択したのかは誰も分からないが、結果としてそれは白旗を掲げないという選択肢になった。

本人の言った『これは映画ではなく、人生の記録だ』という言葉に嘘偽りはない。
誰かの手による恣意的な編集も行われているとは思うが、それでもかなり平等に編集してあると思う。

本気の弱音と本気の決意。
観る側を気持ちよくする展開などなく、人間の弱さと強さを知らしめられる。

ヒーローであった自分との葛藤、病気に関係無くその部分だけでも大いに考えさせられる。

これはALS関係無く沢山の人に観て欲しい一本。
全編暗い話ではないし、とにかく人の強さを知る事が出来る一本、これはドキュメンタリーにしか出来ない事でしょう。


本当に観れる機会があるのであれば絶対に観た方がいい、そんな映画である事は間違いないよ。
ゆ

ゆの感想・評価

4.5
父親にむかって、僕はもう救われている、と宣言したシーンが一番印象にのこった。

次に奥さんが、川を泳ぐスティーブをみて、彼は本当に病気なんだ、打ちのめされたところ。

ALSは本当に辛すぎる。
いろんなところから崩そうとしてくる。

病気になったからといって、全て不幸だということはない。
でも病気の苦しさがあるからといって、普通の人と同じ苦しみがなくなるわけではない。

ケンカやすれ違い、意見の相違などがあったときに、相手を説得するために、慰めるために思うことを自由に話すことや、ひとまず距離をおくことなどができない。
笑顔やボディタッチでコミュニケーションをとることもできない。

想像以上に過酷だった。

もちろん子どもが成長していく場面、陽気さを失わないよう努力する彼とその家族もすてきだった。
怒り・痛み・悲しみや喜び、
伝えたくても伝えてくれるのは機械から発せられる自分の声。

感情を表現できない、
つながれた人工呼吸、
排便・排尿も全ては機械があるが故、

それでも彼は息子のために生き続ける、

ALSと戦い続ける彼の人生は言葉では表せられないほど心に響くものがあった。
heyhey

heyheyの感想・評価

5.0
今まで見てきたALSを扱った映画の中で1番リアルに丁寧に描かれてた。ドキュメンタリーが故に。

1番印象に残った言葉が『夜は怖い、昼は耐えがたい』

この言葉に彼の弱い部分が詰まってる。どれだけ病気に対してポジティブに捉えていても、弱くなるときは必ず来る。だからこそネガティブになるときはわかりやすく伝わりやすい。

でもそんな自分や病気を乗り越えて平均余命2〜5年と言われてる中今もまだ元気に暮らしている(闘病生活6.7?年目)と聞いて彼の生き様に圧倒されました。
knaru

knaruの感想・評価

3.5
難病ドキュメンタリーなのだが、親子もの、夫婦ものとして傑作。

父親との対決シーンが泣ける。
世界で一番の味方であるはずの親が、世界で一番分かり合えない相手だと知る孤独。それを死に向かう病の中で受け入れ、生まれ来る息子のために自分について語ろうと苦心するスティーブ。

生まれてきた息子が愛された実感を持ち、幸せな人生を送れますようにという祈りを感じる。病と対決し続ける彼と家族に幸多かれ。
パンダ5

パンダ5の感想・評価

3.5
本当に観て良かった。
介護される者とする者の本音炸裂の会話の全てに自分だったらどうだと考えさせられた。
奥さんがネチネチとスティーブに文句を言われた時、自分に腹が立ってるのみたいなことを言って彼に謝る姿は、もう人間の度量を超してる。