ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

ドキュメンタリー作品。説得力が違います。病気が進行していき、かつてのスーパースターが病気の進行で自分で思うように出来ないもどかしさや苛立ち、奥さまの介護の様子や大変さ、周りの方のサポート。何よりALSの啓発活動に尽力されていることに頭が下がります。バケツに氷水をいれて被る運動、大きな社会現象になったことを思い出しました。記録。
ALSを宣告された元アメフト選手が、
生まれてくる息子に残したビデオレター。
ドキュメンタリーです。

スティーブの不屈の精神力、
ミシェルの覚悟とユーモア、
リヴァースの無邪気さ。

1人じゃない強さと、1人じゃないからこその辛さ。

嗚咽レベルに泣いた。

「未来は過去より楽しい」
「悪人にもなりたくないけど、聖人君子にもなりたくない」
セリフじゃない言葉たちはとても重く、突き刺さってくる。

アイスバケツチャレンジを、わずかなALSに関する知識とともに傍観していた数年前の自分が恥ずかしくなった。
絶望する状況でもユーモアを忘れず、未来の方が幸せだと信じ行動する力、愛に溢れた人達、観て良かった。
夫婦二人の信頼関係が分厚すぎる。二人の愛はでかすぎて、そこには必ずユーモアが添えられてて、すごく健やかな愛であって。スティーブが悲しげな時はダンスするってやつ、グッとくるなぁ。

結婚したり、子供が出来たり、大切な人が自分の周りに現れると、自分の人生が自分だけのものではなくなってくる。
それは何となく気付いているけど、(生命保険のCMでよく聞くし……)
でも、この家族は、そんな綺麗な意味の"人生"ではなくて、もはや三人でひとつの人生を歩んでいるような感じになっていた。家族がとてもひとつになっていた。
へい

へいの感想・評価

5.0
「悪魔は嫌だけど聖人にもなりたくない。人間でいたい。」

奥さんの妊娠が分かっている、ALSを患った元アメリカンフットボールプレイヤーの夫のビデオ記録。[ガチのドキュメンタリー]

時々どうしようもない苦しみ、叫びがビデオに映される。
それでも、死と向き合うことで精神的な自由を持ち、よく生きることを実践していく。そして、社会をも動かす。

奥さんも育児と介護の両方をやらないといけない過酷さで、時折夫を適当に扱ってしまう。
ベッドで夫が話しているのに受け流してしまう。それでもユーモアを忘れず、夫婦でポジティブに生きてる。

夫のオヤジさんは、宗教に頼って親子関係は上手くいかない。最後まで、信仰については噛み合わないが、ボソッと言った言葉はよかったな。

旅行とか遊んでる時の音楽がいいんだよな。

身体的自由とは関係なく、内的な自由は存在するのが現実を通して分かる。
人生はこれからも続いていくんだよな
MoeNegishi

MoeNegishiの感想・評価

4.7
苦しみとか過酷さとか、本人のも奥さんやお父さん周りの人のも、今までに見てきたドキュメンタリーの中で1番素直に脚色なしに映されてて伝わってきた
でも1番伝わってきたものはリヴァースへの愛、家族愛
もうボロ泣き😭😭😭😭😭
mgmgmg

mgmgmgの感想・評価

-
本当のドキュメンタリーと知らなくて観始めたから、中盤くらいまでドキュメンタリー風の役者さんの演技だと思ってた。ALS診断前の心境のシーンとかあったから余計に。
本人の映像であり現在進行形の話なんだと理解して、映画が進むにつれスティーヴの身体が痩せほそっていくこともあり、中盤から観る気持ちがどっと重くなった。決して元々他人事だと軽い気持ちで見始めた訳では無いけれど。
本当にALSに限らず癌でも何でも自分もいつ発症するか、ならないか、分からないから決して他人事じゃない。怖い。
ALSを含め色んな難病の治療法ほんとに見付かってほしいと願う。
生きたい人には生きていて欲しい。
おじいちゃんおばあちゃんになるまで満足いくまで生きていて欲しいなあ。
わたしも長生きしたい。一生懸命生きなきゃな。

こうゆう映画にスコアはつけづらいのでつけない。
でもALSについて、また少し知らなかったことを知れたし、生活がどう変わるか、診断された後自分や家族のために 何が出来るかなど知ることが出来たので、こうゆう映画を作ってくれて、リアルを教えてくれて、ありがとうという気持ち。観てよかった。
観ていてお腹の奥が締め付けられる様な感じがした。ALSがテーマのドキュメンタリー映画。

強さ、優しさ、愛、家族、親子、人生、いろんなことを考えさせられる。自分も頑張ろうと思える。

ALSを発症した元アメフト選手が、これから産まれてくる我が子供へビデオを残す、といったドキュメンタリー作品。

当たり前のことですが、リアルです。
撮影が進むにつれ、身体中の筋肉が少しずつ言うことを聞かなくなり、ついには喋ることもできなくなってしまう。
その過程が残酷なまでに記録されていました。
産まれたばかりの子供が成長していき、出来ることが増えていくのにマイナス比例して、自分は何も出来なくなっていくという状況に切なさを感じました。
本人達も感じるでしょう、不安感。
そのことから生まれる弱音。
しかなしながら弱音は決して「弱さ」ではなく、他人を思いやる「優しさ」から来るものなんだなと。
そして、作品を通して決して綺麗事を提示しない彼らの姿勢からは立派な「強さ」を感じることができましたよ。僕は。
megu

meguの感想・評価

4.0
作り物ではないから…
ドキュメンタリーだから
やっぱりガツンときました。
ありのままの姿を見せ続ける。
子供の為にとっておいたこの映像が
映画になるってすごい。
何よりこの病気と戦って諦めないと決めた本人の精神力がすごい。
彼を囲む人達、奥さん含めて
とにかく明るい。奥さんすごいや。
深く落ち込み涙する時もある。
辛いよ。
本人もまわりも、
でも、彼を失う方がもっと辛い。
まだまだ頑張ってほしい。
頑張って生き続けてほしい。
子供の成長を見続けてほしい。