ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

観終わったあと、大切な人をもっともっと大切にしたいと思った。

スティーブ・グリーソン選手に心から敬意を込めて。
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

4.2
人生の現在と未来へ繋げるドキュメンタリー。
病気の苦しさや、なにもしてあげれない苛立ちや不安、これからの恐怖。を伝える為じゃない
生まれてくる我が子へ
育っていく我が子へ
リヴァーへ送る(贈る)ラブレターそのものでした。
もがいていても仕方ない、いま出来ることを全力でする。
ベストを尽くした時、つぎのステップへ。
素敵なパパじゃないですか!
ビデオに映る彼は紛れも無い素敵なヒーローでした!
愛と希望と絆で溢れる最高のドキュメンタリー。
何が泣けるのか分からない。
闘病の生々しさ。

自分自身色々と抱えてるから
重なる部分があって心が痛かった。
彼は真の父親像。

でも自分は95%の内の一人だと思う。
kahooo

kahoooの感想・評価

4.0
中盤から所々でわんわん泣いた😭
ALSという病気は、一時期流行ったアイスバケツチャレンジで名前は知っていたものの、病状を詳しく知らなかった私には衝撃的な映像で…
ドキュメンタリー映画は苦手だけど、この映画を通して何か感情的に得られるものがあった気がして、見て良かったなと思えた作品。
父から子の愛情は素晴らしくて、胸が熱くなった
映画ではなくドキュメンタリー
職業柄とても勉強になった。
色んな人がいるし、いろんな考え方がある。それを否定せずに支援していきたいなと感じた。
いいときも悪いときもすべてさらけだして魅せてくれたなと思う。

『どんな時でもユーモアを忘れないわ。』という言葉がいいなと思った。

とても愛にあふれた映画だった。

ノンフィクションという感じだった。
私もこうありたいなと思った。ただ、こう出来ない時もあると思う。まぁ、その都度後悔しないように生きればいいのかなぁと感じた。
andlove804

andlove804の感想・評価

4.0
この映画のポイントは「前向きに生きてるように見える人もそうじゃない瞬間がある。」
というところかな。と。

こどもの日だし、親と子をテーマにしてるものをチョイスしてみました。去年公開されたドキュメンタリー映画です。
アメフトのスター選手 スティーブグリーソンが病気になってからいまに至るまでをビデオに撮影したもので構成されています。
彼が宣告されたのは、筋 萎縮性 側索 硬化症 通称ALS という病気。筋肉への伝達機能が徐々に失われて数年のうちに歩くことも、言葉を発することもできなくなってしまうのがALS。診断を受けてからの平均寿命は2年から5年と言われています。
そんな病気を宣告されてから、わずか6週間後に、奥さんであるミシェルが妊娠していることを知ります。
もしかしたら、我が子をこの手で抱けないかもしれない。生きているうちに、元気なうちに、お父さんとして何かを残したい。そう思って始めたのが、ビデオレター。
妊娠してからいまに至るまで、嘘偽り何もなく、たくさんの時間や思いを撮り溜めて、
息子へメッセージを残しつづけている、ってゆうドキュメンタリー。

息子にだけではなく、ALSという病気を知ってもらうための啓蒙活動を行い功績を残したり。アメフトのヒーローが病気と闘う姿を、多くの人たちに発信していたりしていて、すごい素敵なんだけど、ドキュメンタリーなのでね。全部が真実なんですよ。
病気が徐々に進行していく様子や、弱音、表にいる時の前向きな発言と裏腹に言いようのない不安や絶望も、全部ビデオに残しているんですよね。
そして、その全てを、父親として、子に残すという思いでやり続けて、なんと4年間のビデオレターは1500時間にも及ぶそう。
元気だった初期の頃から、体が動かなくなり、声も出なくなるラストまで。
病気と闘う彼もすごいんだけど、 彼のことを守り続け、生まれたばかりの子供を逞しく育ててる、奥さんのミシェルの愛情の深さに感銘を受けまきした。
病気になった彼も、彼を支える家族も、いつでも前向きでハッピーに見えるし、人々に勇気を与え続けているけど、
もちろん、そうじゃない瞬間があって、その苦悩をのりこえていく姿が、
きっと息子さんへのメッセージになるんだろうなぁと。感じました。
家族の絆を感じてください
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.5
まさに邦題の通りで、アメフトヒーローが重い病気になり、その記録を撮りためたドキュメンタリーのような映画。 彼には素晴らしい奥さんがいて、彼に重病が診断され、今度はまさかの数週間後に彼らの子供がおなかに宿った。
その生まれてくるであろう、子供へ向けたビデオレター作りが主に軸となっている。
とても見応えありました。
PI

PIの感想・評価

4.0
かつてヒーローだった人が、病気に冒されたとはいえ、だんだん弱っていく姿を、ありのままに公表したというのは、とても勇気のいる事であっただろう。
その闘う姿に感動し、勇気をもらえた人は多く居ただろうけれど。
でも私は、献身的に支え続けたミシェルの大きな愛や、苦しみ、怒りに心打たれました。

病気にかかった人が辛いのは理解できる。何故、俺なんだ、周りの人に迷惑をかけて申し訳ない、痛い、苦しい。
でも、実際に起こる苦しみはそれだけじゃない。本人と同じくらい辛い人が周りにいるっていうところにも焦点を当てて欲しい。

リアルな闘病の映画って、全然泣けないんです。
色んな人がいるから、
病人にずっと寄り添うことができない人がいるっていうのは当然です。
何も悪いことじゃない。

「博士と彼女のセオリー」「アリスのままで」そしてこの作品。良い意味で泣けなかったです。

配偶者が病気になったから、はい自分の人生を全て捧げます?動けない、上手く喋れない相手に一生を捧げるんだぜ?

口でいうほど簡単じゃないと思います。けど、それを家族で乗り越えようとしていく素晴らしい映画。
ドキュメンタリー映画。

今まで出来てい事が少しずつ出来なくなっていく日々の中で、人間の弱さも強さも赤裸々に語ってくれている。
観てると色んな感情が溢れてきましたが、人間って凄いなーと実感。

父と息子がキーワード。
息子くん、君の両親は凄いよ。

ユーモアを忘れない、日々の生活と周りの人を大切にしようと改めて感じさせられました。