王妃の紋章の作品情報・感想・評価

「王妃の紋章」に投稿された感想・評価

豪華絢爛がすぎる。そしてお決まりのワイヤーアクションもすぎる。すぎるを使いすぎるとシラケる。もったいない。
確かに豪華絢爛で美しいけれど、予算に頼った感じがしてオリジナリティーの面でチャン・イーモウ映画として観ると「HERO」と比べてやや物足りなく感じてしまう。

また土台となるストーリーが面白かっただけに、むしろ派手なワイヤーアクションがリアリティを打ち消してしまったような気がした。
ダイナ

ダイナの感想・評価

3.3
宮廷ものを描くなら
これぐらいド派手にやってもらいたい。

映像美を楽しむ映画なので
映画館で観たかったなー。
キャストよりも衣装や舞台に
目が行ってしまう…

ストーリーは人間の欲が
ドロドロと蠢いております。
こういう映画によくある展開かな。

だけど、ワイヤーアクションとか
格闘シーンとかも派手なので
最後までワクワクしながら観られました。
Canape

Canapeの感想・評価

3.3
記録 豪華絢爛金まみれ。愛憎。菊の花。クライマックスの総動員したもの凄いスケールの戦い。母と息子の気持ちが辛くて泣きそう。やるせない。
かりん

かりんの感想・評価

3.2
字幕翻訳
ストーリーどろっどろだけど
とにかく豪華で綺麗!!!
豪華絢爛美術のパワーすごい。眩しい。ゴージャスという言葉では足りない豪華さ。その見た目とは真逆の、王族のどす黒さが更に際立つ。コンリーの美しさも絶品。
戦闘シーンもザ・チャイニーズ映画らしくてワイヤーアクションがすごいかっこいいよね。権力を見せつけた国王軍の圧倒的パワーはすごかった。
n

nの感想・評価

3.0
絢爛にして陰惨なる王朝地獄絵巻。巨匠の美意識も悪趣味もここに極まれり…。見終わる頃には血管から毛穴まで金箔が詰まって窒息します。
このジェイ・チョウは面白すぎでしょ…(悪い意味で)と思ってたけど、主題歌『菊花台』が良すぎてエンドロールで土下座した。
KYOKO

KYOKOの感想・評価

3.5
豪勢すぎて、まがまがしい。
贅沢すぎて、うっとうしい。
豪華絢爛とはまさにこのことというくらい圧倒的な画面の派手派手しさ。
それに反して、出てくる人たちがなんとさみしいことか。誰かに怯え、誰かを恨み、誰かにすがり、誰かを求めて、殺したり殺そうとしたり。
壮絶な規模の殺戮の後、あの片付けのシーンなんて虚しさの権化でしかなかった。
でも観てよかった。悪い意味でものすごいインパクト
馮美梅

馮美梅の感想・評価

2.0
映画の物語は、遠征に出ていた王(チョウ・ユンファ)と、外地に赴いていた第二王子が、重陽節の為に戻ってきた朝から夜までの物語。

とにかく、全てが金ピカで、この時代、こんなもんあったん?と突っ込みを入れながら、そして、その家族の人間関係のドロドロさが半端ないのに、また突っ込みを入れずにいられないというか…

なんで王は、そんなに王妃を憎むのか?王妃は異常なほどに皇太子・祥に執着しているのか(それも肉体的に)殺そうとする側も殺されされそうになる側も、ドロドロし過ぎだけど、その本質的部分がなんだかなぁ~

キャストスタッフは良いのにと思いつつ、まばゆい豪華絢爛な気分は味わえるけど、なんだか大変ですねという感じです。
datenao

datenaoの感想・評価

2.5
宮殿の内装や衣裳の豪華さに圧倒されます。
そしてストーリーはドロドロの愛増悪。。。
ラストの壮大なスケールの戦闘シーンには目が離せません。
いちいちかっこよく登場してくるし戦いかたも何だかかっこいい。
それだけでも観る価値があるかも?
母親思いの第二王子には同情しちゃいます。
>|