利休の作品情報・感想・評価・動画配信

「利休」に投稿された感想・評価

三船敏郎、奥田瑛二の千利休 本覺坊遺文と同じ日にレンタルしてしまい
三国連太郎の弟子が奥田瑛二だった記憶になっていた。
勅使河原宏大会@ヴェーラ。
豪華俳優陣に、ぜいたくな美術セットと小道具をからめた、究極の個人映画。
完全に勅使河原宏のプライベート・フィルムであり、感性が合うひとには、たまらない内容だろう。
私個人としては、もう少し、秀吉(山崎努)のコミカライズを抑えてほしかった。
封切り時よりは、さすがに私も歳をとったせいか、物語や美術をじっくり堪能できたが、それでもやはり、この題材は、熊井啓さんの『本覚坊遺文』にとどめを刺すような気がする。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
美化し過ぎな気がして話はあれだけど衣装やインテリアにはうっとりくる。
茶々役の山口さんもっと見たかった気がするけどこの食い足りない感じが良いのか。
しかし政治的困難は茶会で解決って言うの何度聞いてもマジかよってなるな…。 
秀吉も身内同士だと、名古屋弁が出ていてリアル感ありでした。成り上がりから狂気じみていく(化粧も!)山崎努さん、流石!
重厚な三国連太郎さんの利休も、関西弁で喋ってほしかった。

大物俳優さんが、貫禄と気品ある歴史に残る武士役(徳川家康、石田三成)で、なかなかの存在感!

元首相の細川護煕さんもチラッと出演されていたのだが、そのシーンでは、やたらデカイプードル犬に目が行って、見損ねました。笑笑
雪

雪の感想・評価

-
赤瀬川原平のエッセイを読んで以来ずっと見たかった『利休』やっと見られた。思っていたより大河だった。
赤瀬川は本の中でたしか「千利休は漁業組合の組長のような存在だった」みたいなことを書いていた思うんだけど、なるほどこの作品の三國連太郎は漁業組合の組長のようでした
kanz

kanzの感想・評価

3.0
三國さんと山崎努さん名優お二人による演技合戦!とまでいかなんだ…大事そうに茶器を扱うなと感心して見てたら、実際の国宝・重要文化財らしい…
茶室のアサガオ一輪のために庭のアサガオ全部切るとこと鉢に梅の花落とすとこ綺麗

そして、茶々姫がネネの岸田今日子より空気感出すなぁおもてたら山口小夜子やん!スーパーモデルはおるだけで凄いな
桃

桃の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

千利休をクリエイティブディレクターと例える話をきき、興味を持ち鑑賞。

有名な逸話の、朝顔を秀吉に魅せる為に1輪だけ残して全て切り落としてしまった話や、秀吉が用意した特徴的な器に対して梅の花をしごいて落として魅せた話も取り入れられていて画としても楽しめました。
(ラストの竹林の演出も印象的でした。)

千利休がクリエイティブディレクターとすると、秀吉は経営者だったり、広告代理店で言うと営業兼総合ディレクター?
経営の視点でみても面白かったです。

秀吉はまるでアルパチーノ演じるマイケル・コルレオーネのように先代(織田信長でありヴィトー・コルレオーネ)を超える発展を成し遂げるものの、裏切りや不信に苦しむ。
(ゴッドファーザーでいうと3で出てこずに先代からの絶対的信頼を置かれていたトムあたりが千利休かな。)

秀吉としては弟の秀長(フレド・コルレオーネとは少し違うかな?)と、千利休と3人で経営をしていくつもりだった。
しかし、ある時からバランスは崩れ、没落の道を辿る。
当作品及び原作小説で語られるのは、秀吉に本気で仕えるからこそ唐攻めを止めて無駄な戦をなくすよう命をかける利休。
秀吉としては自分にない才能をもつ利休に対し、ある種尊敬するが故のコンプレックスを持ちながら、自分のすぐ近くに置いて自分と同じ姿勢であることを期待する。
大組織のトップ故の孤独から。

人にとっての成功とは何なのか。
組織のトップまで上り詰めることなのか、否、あくまでそれは過程の話、
あらゆるステークホルダーのエンゲージメントをどれだけ高められるかではないだろうか。
利休は自分のポジションにおいての最高のパフォーマンスを披露し続け、慕われていたけれども、
その分同僚からの嫉妬で貶められた部分もある。

…と映画の感想から大分脱線してしまったが、
各茶室のシーンが、アートと融合したもの、自然と融合したもの等どれも美しく、それだけでも見応えがあり、茶道の魅力を「日々是好日」とは別体験として楽しめた。
令和の禁酒時代のいま、ディスタンスをとりながら茶会をしたいなと思った。
「為るようにしか為りませんから」と言う達観した利休と周囲が反対しようが朝鮮攻めは譲れないギンギラ秀吉

どの時代も文化、芸能は権力を持つ人によって良いように利用されてしまうんだな

利休は初め、何を考えているか掴めないように見えるけど、実は肝が座っている
一方で秀吉は威張っていながらも、本当は怖くて仕方がない

おじいちゃんになった三國連太郎って身体は大きいけど、大きい背中が寂しく見えて、こういう孤独な役が似合います
オヤケ

オヤケの感想・評価

3.2
港区女子ってある意味女中なのではと思っちゃった
私が知ってる日本史って豊臣秀吉の周りの出来事でしかなくて"日本"の歴史を知りたいなっておもった
alsace

alsaceの感想・評価

-
初鑑賞。
バブルの絶頂期に製作されたからなのか、
色んな意味で豪華絢爛な感じ。

衣装・美術・俳優達。

特に主演の2人の演技の静と動な対照的な部分は、作品を見やすい感じにしていると思う。
>|