WE ARE Xの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.2

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

ドキュメンタリーはあまり見ないけどこれは集中して見れた。バンドとしての今後や未来、そしてメンバーの過去が凄くよくわかった。それと同時にメンバー同士の固い絆を垣間見れてとてもよかったです。
T

Tの感想・評価

4.1
とてもよくまとまったドキュメンタリー。惹き付けられる。バンドの特性としての「色」が画面を映えさせる。ライブ風景がネオンのようだし、YOSHIKIは天使でも悪魔でもあった。
meg

megの感想・評価

4.5
X JAPANの名前と数曲しか知らない状態で観ましたが、とても感動。いろんな想いを抱えた中でこれしかないというものを追い求めていけるのは凄いし、素敵なことだと思った。ぜひまた観たい。
X JAPANのことが好きだけどライト層なので
この映画を観ることでまた好きになれた
ドキュメンタリーでここまで集中して観れた作品が初です
hamadon

hamadonの感想・評価

4.3
X Japan のドキュメンタリー映画We Are X を観てきました。
川崎のTOHOシネマズで公開日の翌日に観たのだがこれがかなり良かった。

まぁ、僕は青春時代はXと共に過ごして、Xのギターのコピーして音合わせしたりもしたっけなぁ。
hideギター使ってhideパートを完コピしてみたりもしたので、X は青春の1ページそのものでした。
去年、一昨年とビジュアルサミットやルナフェスでXのライブには参加してみたし、Toshlの洗脳の本も読みX熱が再燃中。

そこにWe Are X の映画がドーンと心に響く内容になっていてかなり良かったです。
特にTAIJI , HIDE に対しての気持ちやお墓の前での何気ない会話とか語られていないこともあったかも。
それに、特に嬉しかったのは横須賀サーベルタイガー時代のhideのライブ映像。
貴重映像でした。

終始Xの曲が流れていて、長い曲は上手にダイジェスト化されているので、
昔の曲から今の曲まで映画館の大音量で聴けるだけでもファンとしては嬉しい内容でした。

制作はハリウッドなので、アメリカから見た日本という意味合いも含めて作られている。
YOSHIKIと周りの人の死が主題になっているところも多いので、全体的に暗い内容にはなっているが、堆肥として圧巻のライブパフォーマンスが引き立って見えるのがカリスマ性を煽っていて良かった。
サントラもUKロックチャートで1位を獲得するなどかなり売れているみたい。

最近は
VANISHING LOVE
I'LL KILL YOU
などの昔の曲にハマり中(笑)

何も考えずにもう一度観たくなってきた
We Are X。なのでした。
"X"という文字は、"/"がバンドで、"\"がYOSHIKIを表してるのかな、そんなことを思いました。

唯一無二で、日本を代表するX JAPANというバンド、特にそのリーダー:YOSHIKIの過去と未来を映し出すドキュメンタリー。
個人的にX好きです。自叙伝「YOSHIKI」にも書いてたが、やはりステージの上が彼のホーム

“Being on stage...
I felt...I'm home.”

人生について前向きに考えさせられる映画です。
とも

ともの感想・評価

4.5
とても良くできてたと思います。
映像もきれいで、
流れも良かったです。

X JAPANを知らない人でも
楽しめそうなところが
良かったかと思います!
心が持っていかれてしまう映画。

満点に対し-0.5のスコアは、もっともっと見ていたい、聞いていたいと感じたから。

そう言う意味で、私にとっては、2017「奇跡の夜」6days開演前に流され、当該Liveにて「初めて生きたいと感じた。決して負けない。決して諦めない」と語ったYOSHIKIさんの言葉、表情で完成した感があります。

心が折れそうな時に、人に、見て欲しい、そう言う映画です。
小川

小川の感想・評価

3.0
X JAPANのドキュメンタリー映画。
自殺は辞めてくれ〜〜!
>|