WE ARE Xの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

全く興味なく観たのですが、彼らの生きざまは本当にドラマチックすぎる。
やはりYOSHIKIのスペックに感服です。
ソロとしてのhideは好きでCDも全て持っていますが、X JAPANとしての顔をあまり見た事がなかったので焼き付けて観ました。
motcha

motchaの感想・評価

-
インディーズ時代の映像のうち10秒くらい見たことのないのシーンがあった。その10秒分の価値はある。
10年前なら「映画作るよりアルバム作れ」と言っただろうけど、今はもうそんな無茶は言いません。
(180209レンタルDVD)
kaz

kazの感想・評価

4.0
面白かった。

YOSHIKIの目から見たX JAPAN。

YOSHIKIの生死観。

当時中学生だった私は、hideの「HIDE YOUR FACE」、滅茶苦茶聴いたなぁ。

眼鏡でもやしっ子でひ弱な中学生の私は、hideの格好良さに打ちのめされた。今でも眼鏡でひ弱だけど。

だから、Xとhideには、人並みに思い入れはあるだろう。「Rusty Nail」なんて中2の私には刺さりまくり、美術の宿題で「Rusty Nail」の自作のCDのジャケットを作ったことを思い出した。

あと、家族旅行に行く車の中でポータブルCDプレイヤーを持ち込み、着くまでずっとリピートして聴いていたら、オカンに「アンタ、その曲何回聴くの?」って心配されたなぁ。

懐かしいなぁ。

私の中では、Xといえば、hideだったんだ。YOSHIKIはドラムセットを破壊する、身体の弱い芸術家というイメージだった。しかし、本作を鑑賞し、YOSHIKIの偉大さを再認識した。

ドキュメンタリー作品として、よく出来ていたと思う。

星は4つだ。

音楽と思い出は繋がっている。
その時の曲を聴くと、あの日が蘇る。

音楽は偉大だ。
飛行機でヘッドホン暗闇の中
絶好のシチュエーション!

音楽であがってHIDEのとこでは泣ける

すてきなドキュメンタリーだった
くくれ

くくれの感想・評価

3.5
エモい。

エモく、ショッキングで、そしてとてもパワフル。

Hideさんの件のシーンではすすり泣く声があちこちから聞こえたし、実際初めてあの映像を見たけど、とてもショッキングで怖かった。

しかし、死や運命を乗り越えての、現在のX JAPANなのだなと。
ころ

ころの感想・評価

3.8
96分の中に、X JAPANというバンドがしっかりと収められています。

X JAPANをよく知らない人が見てもわかりやすいですし、ファンが見ても楽しめると思います。

デビュー前からの貴重な映像が盛りだくさんなのと、海外から見たX JAPANの姿を見れたのが面白かったです。
このドキュメンタリーを通してXを「不死鳥」と観るか、「修羅」と観るのか、どちらの比重が大きいかで、鑑賞後の感情は大きく変わってくると思います。

個人的には様々な痛みを抱えたメンバーが、心身を酷使しつつ、それでもあの日観た理想を追い求めていく姿は、夢に取りつかれた「修羅」であると感じました。(作品の中では「般若」でしたが)

自分たち観客はそんな彼らの姿だからこそ、熱狂してしまう・・・
そんな悲劇めいた関係性に切なくなってしまいますが、しかしそこから多くの人は力を貰っているのでしょう。

X JAPANを知らない人でも普遍的なメッセージを受け取ることができると思いますし、X JAPANを知っている人は、監督のスティーブン・キジャックさんの、アーティストへの愛を感じる映像をかみしめることができると思います。
日本刀

日本刀の感想・評価

4.0
今でもHIDEのメロディーを思い描くと自然に語ってたYOSHIKIに泣いた。十字架を背負ったバンド。当時の姿と現在の形。切なくて優しい。
a

aの感想・評価

4.3
期待以上!楽しかったー。
HIDEとTAIJIがいる時のX JAPANって、
ファンの熱狂ぶりも物凄い。
当時の映像とかもはや日本とは思えないレベル。
ドキュメンタリーとしてもおもしろいので、ファンじゃなくても楽しめる…と思う。
YOSHIKIの能力高すぎ、hideかっこよすぎ。
何度見ても今のTOSHIの髪型はおかしい。笑
Xは元気が出るテレビに出てた頃から知っていて中学生の頃よく聴いてたけど洋楽にハマるにつれてビジュアルのせいもあり自然と聴かなくなりました。再結成、リマスター盤を機に再び聴くようになり今何度目かの再ブームきてるので観ました。Xはバンドストーリーも興味深く最近好きになった方は楽しめると思うけど、古くからのファンは浅く感じると思います。音楽的にもビジュアル的にもtaiji,hideが揃ってる頃がやはり凄かった。新曲なんかも良いけどここでhideのアレンジがあればなぁなどと思ったり。はっきりわかってることはtoshIの髪型は今が1番変。
>|