たたら侍(2017年製作の映画)

上映日:2017年05月20日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:120分
    監督
    錦織良成
    脚本
    錦織良成
    キャスト
    青柳翔
    小林直己
    AKIRA
    田畑智子
    石井杏奈
    高橋長英
    甲本雅裕
    宮崎美子
    品川徹
    でんでん
    氏家恵
    橋爪遼
    菅田俊
    音尾琢真
    早乙女太一
    中村嘉葎雄
    佐野史郎
    豊原功補
    山本圭
    笹野高史
    奈良岡朋子
    津川雅彦
    あらすじ
    戦国末期、1000年錆びない鉄を作る幻の村があると噂されていた。出雲の山奥にあるその「たたら村」では、古来より門外不出の高度な鉄作り“たたら吹き”によって出鐵鋼(いづものはがね)と呼ばれる貴重な鋼が作られていた。天下無双の名刀を作り出すその鋼を求め、刀匠ばかりでなく諸国の大名に取り入る商人たちも躍起になっていた。“たたら吹き”を取り仕切る村下(むらげ)の息子、伍介は、一子相伝の技を受け継ぐ宿命だったが、幼い頃に鋼を狙った山賊に村が襲われて以来、強くなって村を守りたいと思うようになっていった。諸国の大名が鉄砲の数を競う中、村に鋼を求めて訪れた商人の惣兵衛から、農民でも侍になれる時代がきたことを知らされた伍介は、「村を出て侍になりたい」と村の掟に背いて旅に出る。しかし、そこには厳しい現実だけが待っていた。

    「たたら侍」に投稿された感想・レビュー

    jill
    jillの感想・レビュー
    3時間
    2.0
    眠かった…
    オババが最高でした。
    ごはん
    ごはんの感想・レビュー
    9時間
    2.5
    うーーーーーーーーーーーん??????????????????


    最初のシーンは昔の時代劇みたいな空気でちょっと期待できたんだけどなぁ……


    きちんとお金かけてて綺麗な映像だったので、そこはすごくよかった!金持ってるとこは違うね!

    あとは脚本かな…脚本……結局なんなの?誰なの?みたいな感じだったので、もう無理矢理史実に絡めないでもいいんじゃない?
    信長の味方だけど羽柴は許さん!みたいなのはわからないでもないけど、そしたら毛利のくだりとか本能寺のくだりとかいらなくない?いる?あ、そうですか…

    演技は悪くないよ!青柳くんのすっきりしない感じとかキャラにあっててすごいよかったです。


    あとは…そうですねぇ…脚本ですかね……別のひとに頼んでもよかったんじゃない?脚本くらいは……うん…

    これで内容よかったら3.5なんだけどなぁ…うん…脚本、いい人見つけてね……




    ……てか侍ちゃうやんけ!
    きき
    ききの感想・レビュー
    14時間
    1.0
    記録
    ナガセ
    ナガセの感想・レビュー
    19時間
    2.5
    ストーリーとキャラクターは0点だけど、凄い美しい。セットも凄い!どんだけカネ掛けてるんだ!こんなにつまらないのに後悔しなかった映画は珍しい。いや、本当につまらないんだけど。
    LDHPICTURES…初めて聞いたけど一発目だったんだね。良い作家さんがつけばいいね。こんなやり方いつまでも続くわけないけど次も期待しちゃう。
    さくらこ
    さくらこの感想・レビュー
    1日
    3.8
    美しい風景と本当の強さとは?
    Uske
    Uskeの感想・レビュー
    1日
    3.8
    レビューをみてるとあまり評判良くないようですが。
    気になった点は、出雲の話なのに数人のおばちゃん以外は全員現代的な標準語だったこと、村が小さ過ぎたこと、いきなり冒頭でモントリオールなんとか賞をとったと紹介されたことくらいかなと(もうその時点で萎えるが)。

    主人公の設定はこれまであまり見なかった類だ。時代劇ならではの剣術無敵キャラではなく、商才に秀でているわけでもない。武士でもない。所謂キラリと光るものを持っていない人間だ。

    個人的にそこが妙にハマった。ここぞという時に固まってしまったり、敵を攻撃することなくひたすら逃げたり。ただ決して「間抜け」なのではなく、村を守るために真面目に強くなろうとしている。でもそれに結果が付いてこない。

    人生においてカラ回りしている期間は誰しもあると思うが、この映画はまさしくその期間だけに焦点をあてたような内容。

    真剣に頑張っていながら、期待したところにたどり着けない苦しさを味わったことのある人にオススメです。
    tkhstkm7
    tkhstkm7の感想・レビュー
    1日
    2.6
    【この馬鹿野郎の暴走を早く止めてくれよ琥珀さん!】

    LDH PICTURESが贈る『HiGH&LOW THE MOVIE』とは打って変わって今回は時代劇っすか琥珀さん!
    ハイローはお祭り映画としては楽しめたから今回もちっとは期待してたんすよ琥珀さん!
    モントリオールで芸術賞受賞しただけあって絵面は文句ないっすよ琥珀さん!
    でも後半から物語が破綻しちまってるじゃねーすか琥珀さん!
    しかも終盤は主人公のこと喰っちまってるじゃねーすか琥珀さん!
    つーか結局あんたは誰だったんすか琥珀さん!






    ※EXILEファンでもアンチでもないフラットな人間のレビューですからね。大目にみてくださいね。

    僅かに抱いていた期待はものの見事に打ち砕かれた…。流石はEXILE。流石はLDH。
    ですが総合的にみれば然程悪くはないです、本当に。
    製作費数十億円 (←マジで…?笑)掛けただけあって絵面は安っぽくは見えません。勿論美術さんのスキルもあるでしょうかお金を掛ければこれだけ美術が映えるのです。
    演技も決して絶賛出来るレベルではないですが酷いだなんて思いません。脇を固める名優らが作品そのものを引き締めてくれます。

    ではここまで言っておいて何故このスコアなのか……、理由は脚本です。






    ※ここからネタバレ全開でメッタメタにこき下ろしたレビューとなりますので本作が好きな方はスルーしてください。

    後半に差し掛かると見事に脚本が破綻してしまった本作。主な原因は主人公である伍介 (青柳翔)の立ち回り方です。
    天下無双の鉄を生み出す技『たたら吹き』。
    名刀を生み出す鉄、玉鋼。生まれたその時から玉鋼を作ることを宿命づけられた男が、侍に憧れ旅立つのですが…。

    武士になりたい(°▽°)→村人が商人(?)に差し出すのを断った出鐵鋼を賄賂に織田家の武士になるチャンス取り繕ってもらう。
    (私の怒り指数:50%)

    チャンスを貰うも戦の悲惨さ目の当たりにし、『死んだら終わりや‼︎』と感化されて村に帰還。家族や村人もそれほど叱らず寧ろお帰りなさいムード♡
    (私の怒り指数:70%)

    『織田家が出鐵鋼を奪いに村に攻めてくるでー‼︎』という詐欺全開の誘いに乗り、『俺たちの村は俺たちで守る』と闘志を燃やして火縄銃作りに精を出す。伍介と一部の村人だけの意見だけで強行採決。罪のない村人まで巻き添えにする。
    (私の怒り指数:90%)

    『お前は騙されとる‼︎』という幼馴染の新平 (小林直己)に忠告されるも無視。やがて伍介も騙されていたという真実を知るも時すでに遅し。あーだこーだ戦闘になる中で新平や真之介 (AKIRA)といった主要となるキャラは犠牲となる。それでも『俺には残された村人を守る務めがある』ばりのテンションで幕は閉じる。
    (私の怒り指数:100%)


    はい。後半のこの一連の流れが低評価の主な原因でございます。
    なんか、外れた道を突き進もうとしてる子供に周りの人間が注意や忠告をしないで放置してたら、取り返しのつかない事態になってしまいました的な映画でした。
    失った者が大きい云々の前に、お前がもっとまともな選択が出来ていればこんな事にはならなかったんだよ…。

    そんで琥珀さん。
    終盤の戦闘シーンだけひょこっと顔だして贅沢なアピールしておいてその死に方はねぇぜ…。そしてあんたマジで何者だったんすか…。


    鑑賞中はもっともっと色々な文句があったはずなのですが、この後半の脚本破綻度に度肝を抜かれて忘れましたすみません。
    せっかく予算があるのだから、突き詰めた映画作れば良作になるかもしれないのに…。
    自己満足で映画撮るんなら、会社の会議室で流しておいてくれよ琥珀さん!








    P.S.
    今回のレビューでしつこいくれぇに呼ばせてもらったぜ琥珀さん!
    え、琥珀さんを知らねえ?!
    だったらハイロー観るしかねーっすよ琥珀さん!!!!
    (因みに私は楽しめた派ですが一本の映画としては決して褒めてはおりません。)
    ちぃ
    ちぃの感想・レビュー
    1日
    2.2
    記録
    17-33
    >|