ションヤンの酒家(みせ)の作品情報・感想・評価

ションヤンの酒家(みせ)2003年製作の映画)

LIFE SHOW

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.3

「ションヤンの酒家(みせ)」に投稿された感想・評価

tzz

tzzの感想・評価

-
大学生の時から中国にハマり、留学したり様々な地方を旅行したが、その中でも最も好きな都市が重慶だった。そのきっかけとなった映画が、これ。重慶の映像美に溢れる映画。
どんよりと曇った空、湿気の多い空気感、静かなる長江の濁流、廃墟と高層ビルが混在し、退廃的な街角、赤い提灯に照らされた、ションヤンの酒店……どこを切り取っても最高な風景…。
ストーリーは…特に面白くも退屈でもなく、「どんなにつらくても生きていくしかないんだよなぁ」的な内容。1回目観たときは面白かったけど、2回目以降は重慶の空気を感じたくて鑑賞している。主人公のお姉さんが美人。
coco

cocoの感想・評価

-
全然面白くないけど中国屋台の下町文化が見れて良いですよ~。そうそう屋台と飯と家が見たかったんだよ。「吉慶街の情緒を背負っている」て言葉良いな。
あまり人には自分の観た映画を押し付けませんが、99年「山の郵便配達」は是非是非目にしていただきたいなぁと・・・そのフォ・ジェンチイ監督によるこの「ションヤンの酒家」(酒家といっても屋台ですが)
舞台は重慶、ここにも中国の都市開発の波が押し寄せます

ここでは、ションヤン イコール “女”が主役・・・というより、彼女中心で世界をまわしています
女の強さとしたたかさ、そしてやはり弱さを見事に描いています

【脱線】 彼女の看板メニュー“鴨の首”が気になってしかたありません
Goodman

Goodmanの感想・評価

2.3
懸命に生きるションヤン。ただ周りの人々の描き方が一面的でリアリティがなかった。不幸な私ションヤンが見える偏狭的な世界を観せられてるようだ。
移ろいゆく重慶の姿が感慨深い懐古主義的な映画。旧市街の屋台料理が美味しそう。台湾の夜市に似た吉慶街は、すっかり変わってしまったのかな 確かめに行く。旅先リストに追加。
hiragino

hiraginoの感想・評価

3.2
観たのはだいぶ前だけど、記録。
たくましく生きる女性の姿が印象的だった。
映像と雰囲気が好きな映画。
若い頃から弟と妹の親代わりとして働き、離婚も経験したションヤンの話。昼間は甥っ子の世話をして、夜は出店(でみせ)で鴨の首料理を出して日銭を稼いでいる。
男勝りで向こう気が強く、やり手なところは、まさに中国人女性の典型。しかし、露骨なまでに自分の思い通りにしようとする姿には、遂にひいてしまった。(笑)
結論、私は日本女性が好きです。(^。^)

ここまで言っておいて今さらだが、それなりにいい映画だと思う。頼るすべない彼女の孤独を思えば、こうならざるをえないとは思ったかな。

中国人の感覚、常識の範囲内のストーリーなので、それを知らないとやるせなさが分かりにくいと思う。オススメするなら、、、中国人?(笑)
どうしようもない中年同士のSEXシーンと重慶の街の複雑な光と闇の美しさが良かった。
桔梗F

桔梗Fの感想・評価

4.1
女子力A!

重慶の場末の屋台街で、アヒルの首料理を出す酒店(屋台)を切り盛りするションヤンの生き様を観ろ!

「山の郵便配達」のフォ監督作

ひたすら、ヒロインの生活の様子を追い続ける映画なので、ストーリーは地味です(;´_ゝ`)
派手な展開やエロを期待するとアウト!

こちらは、超複雑な家庭環境にもめげず、激動する中国情勢にも負けず、ひたすら強くたくましく生きていく女性を観る映画です(*^^*)

まあ、女子が観た方が圧倒的におもしろいです(n‘∀‘)η
わたしは女子でよかった♪

ヒロインは、早くに母親を亡くし、父親は別な女を作って家を出る。
自信も流産で離婚バツイチ。

兄は根性悪い嫁の尻に敷かれ、母親がわりとして育ててきた弟はジャンキーになり薬物更正施設暮らし…(´д`|||)

その他、甥っ子が転がりこんできたり、モト冬木似の冴えないおっさんと恋をしたり、家の権利問題を争ったりと、それだけの話なんですが。

しかし!見所は、
・映像の美しさとカメラワーク!
監督は「ブレードランナー」を意識してると思います(*´-`)
暗い寂れた中国の夜の街にネオン、スモークの美しさ。

ところどころ上から撮る独特のカメラワークに暗い中での鮮やかな赤の活用など素敵なセンス。

・女子の強さとヒロインの色気
まあ、色々な問題を一人で処理し、逆境にもめげずに一人生きていくションヤンの人間くささと生命力。

ずば抜けて超美人じゃないんですが、そこそこ美しく、仕草や雰囲気がいやらしくていいです(*/ω\*)

料理より、ルックス目あてで、通う男性客もそりゃ出ますわ(;゜∇゜)
自分も毎日通います!

エロシーンもありますが、おつぱいが見えないのが残念…
※規制の厳しい中国映画なのでやむおえず

また、屋台での料理や仕込みシーンもたいへん美味しそうで◎

ヒロインも、清廉潔白な人間ではなく、卑怯だったり、狡猾だったりときれいごとで片付けないのがいいです♪

女子使用人には、弟をとられたくないがため、けっこうエグいことも…

ラストまで、様々なことが未解決で終わります。よく言えば、余韻の残し方がうまい。

エンタメ要素やエロを期待すると爆死ですが、中国の市井の人たちの暮らしの様子、規制が厳しい中国で、たくましく生きる女性の生き様を描いた点は見ごたえあり!

人によっては飽きるので、あまり一般お勧めはできませんが、女子にはお勧め!

中国女子もみなさん同様、超がんばって生きてるんです( ;∀;)

原作小説も日本で売られてます(*´-`)
moon

moonの感想・評価

4.7
大好きな映画 花様年華 のような、雰囲気の映画。
屋台、雨、はっきりしない男女の関係…。
カメラワークも好きでした。
こん

こんの感想・評価

3.4
店先に立つションヤンの背景が、ぼやけた光の玉で溢れてるシーンは素敵だった。
重慶の、下町とビル街の混ざった雰囲気は魅力的。
吉慶街に行ってみたい。

登場人物の誰にも共感はできなかった。

屋台の食べ物が美味しそう。
卓さんみたいなジャンルの顔はわりと好き。

ネオンと長江(多分)が、素敵でした。
>|