君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

Ally

Allyの感想・評価

3.5
今、この一瞬を大切に。
自分の意思で選んで、決めて、
生きていく。
naomi

naomiの感想・評価

3.9
原作を読んだ後だったので不安でしたが、原作のイメージのままの登場人物に驚きました。

桜良役の浜辺美波ちゃんの演技、原作を読んでいなかったらちょっとなと思っていたかもしれませんが、本当にそのままの桜良の雰囲気!!素晴らしかった。

原作と内容の違う部分があるのはキャストを見てわかっていたのでそこも不安な部分でしたが、原作壊すことなく作られていたのでそこも良かった。

今ある時間を大切にしようと思える映画です。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.6
No.6

ヒロインの子のアイドル芝居が鼻に付くが最後はそれを忘れるくらい感動した
定番といえば定番だけどあれは泣くよね

原作はきっと面白いんだろうと思い読んでみます

「私たちは自分たちの意思で出会ったんだよ」

偶然でもなく必然でもなく運命でもなく
LilyKamata

LilyKamataの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

初っ端から タイトル 君の膵臓をたべたい について語られたので、 え? 早くね? これ 大丈夫? 予想外やん と思った。すごいドラマチックな話だが、すごい まとまり感がある。そして、やっぱりちゃんとこのタイトルの本当の意味が最後の最後に わかるようになっていた。ので、初っ端のあれはオーケーだった。最後の画面オフ黒での声オンリー とっても良かった 感動 鳥肌 何が来るのかはわかっているが。

途中たしかに だらだら ちょっと飛ばしたいなと思うところあったけど、それでもまとまりがあって丸。多分この映画 原作をだいぶうまくまとめてるんじゃないかな。

まぁ わりとアンリアリスティクな所-親が家にいない? 病気の娘を置いてきぼり? 小栗の親全然でてこないけど? そんな簡単に外泊させるか?-もあった。でも映画だし って感じで観れる。
ゆう

ゆうの感想・評価

5.0
後輩に絶対泣くと勧められた映画。
今まで映画館で泣いたことなかったけどこの作品は感動して泣いてしまった。
今年の秋に公開のアニメ版も観に行きたい。
PiyoBird

PiyoBirdの感想・評価

3.3
まじで泣いた…
途中予想外すぎでびっくりしたけど、
泣いたわ…
とてもいい映画でした。
ラストこのタイトルに涙した
るん

るんの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

みたいみたいと思っていてやっと見れた
タイトルはグロい感じだけれど
進みはなんとも爽やか
原作は未読。漫画は途中までとゆう中途半端な知識で読んだのですが
面白かったー

クラスで3番目くらいに可愛い女の子がとにかくかわいかった
ああゆうわがままお嬢さんみたいな子すきです

高校生の演技はぎこちなく、でもそれもいいかなと思える初々しさがよかった

ただ最後のほうの共病文庫みつけて読むシーンとか手紙見つけて読むシーンとかの盛り上がりに欠けた気がする
ちょっと泣いたけどちょっとしか泣けなかった
えのき

えのきの感想・評価

4.0
薄命のヒロイン山内桜良が超高校生級の精神性を持っているため物語が陳腐化しない。それを演じる浜辺美波さんの演技も素晴らしかった。主人公との掛け合いも知性を感じる素敵なやり取りが多く、よく見られるティーン層向けのお涙頂戴映画とは一線を画している。"恋空セカチュー"と同質だと思っていて猛省。
映像が綺麗、何より浜辺美波さんが透き通って見えた。
はるきくんは地味で友達がいないようには見えないし、さくらちゃんもなかなか男をコロコロできるようなやり手だし、委員長の必要性、とツッコミは多々ありながらも、綺麗にまとまってスッキリした感じ。
ちょす

ちょすの感想・評価

5.0
原作を読んで大好きな作品だったので、映画化を心待ちにしていました。

よく、映画化すると満足しない方がいらっしゃるのですが、全然そんなことなく、原作の世界観を壊さずに作られていたと思いました。

浜辺美波ちゃんの自然な演技も、北村匠海くんの優しさ溢れる演技も、どちらも最高でした!

映画を観て泣いたことなかったけど、初めて泣きました!