君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

決して一人で観てはいけません。カップルが多さを気にしてしまう可能性があるから。
決してジャージで観に行ってはいけません。この映画にジャージ姿での鑑賞はふさわしくありません。
時間の経過によって広い世代に共感できる作りです。むしろ70代以上に響くような気がします。
メイ

メイの感想・評価

3.8
原作未読。
病気を患う少女の物語と聞いてはいたが、予想外の終わり方にいい意味で裏切られた。
主人公の高校生役の二人がとても良かった。
Umeco

Umecoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

良かった。
内容も展開もしっかりしていて、イメージしっかり出来上がっちゃったので小説まではいいかなって思った。

ただ、ヒロインの演技がこってこてで最初入りづらかったな〜・・・
演技というよりもそういうキャラ作りっていう印象だったけどᕱ⑅ᕱ"

桜良ちゃんの亡くなるシーンも「何の因果もないただの通り魔」っていうのがあっけなさを象徴しててよかったなー。

小栗旬さんは新しい作品を見る度に振り幅の凄さ。
あ、あとガムいる?の矢本悠馬さん、最近よく見る気がするけど、好き。

最後の最後に、あぁふたりは本当に、しっかり、両思いだったんだな〜って。
夏目漱石にとってI love youは月が綺麗ですねだったけど、この映画の中では君の膵臓をたべたいだった。
white

whiteの感想・評価

3.9
原作を読んでの鑑賞

過去と現在が錯綜するストーリー

割と原作に忠実な展開で好感もてた
というのも最近はオリジナルストーリーを展開するものが多いので

役者さんが良かった作品だと思う
主人公もヒロインもそのキャラを殺さずに演じられていたと感じた

泣かせにくるBGMに肥えた自分が我に変えることもあったけど、純粋に感動した

ラストに繋がる展開が個人的にはgood
作風はベタだけど病と青春上手く表現されていた

原作を知っていたから急展開に頭が対応したけど知らないと、え?ってなるかも

でも良い余韻。
友達に泣けるよと勧められたので、時間やりくりして劇場まで行ってきた。

【僕】志賀春樹(北村匠海)は病院で「共病文庫」を拾う。それは偶然にもクラスメイトの山内桜良(浜辺美波)のものだった。そこには膵臓の病気でもうすぐ死ぬと綴られていて…

母校で教師になった現在の【僕】が、高校生の【僕】について語るという形式で、過去と現在を行ったり来たりしながらストーリーは進む。

病気で余命いくばくもない女子高生なんて設定は泣いてくれと言わんばかりで、正直泣けないんじゃないかと思ってた。

ところが…
ストーリーの進み方も丁寧で感情移入しやすかった。感情移入するのはもちろん【僕】。正直ラストは最初から読めてしまうんだけど、でもそこへ行くまでに一捻りあるし、読めてても良かった。
ただ桜良がアニメみたいな声で、顔とかは可愛いんだけど、ちょっと聞き辛かった。

一番泣いたのは長野里美と北村匠海のシーン。嗚咽。

このレビューはネタバレを含みます

1日の価値は皆一緒
今の自分は自分の選択の結果
生きるとは人と心を通わせること

心に残った。
1人で大泣きした。
隣の韓国人にガン見された。
王道感動作品って感じでした…! 病気系は涙なしではみれません
なんか青春!甘酸っぱい!な部分もあって楽しめました
Kaho

Kahoの感想・評価

4.0
あそこで泣くのはずるいな〜
浜辺美波と北村匠海がとにかく可愛くて、画面を直視できなくなるくらい照れた。
根暗男子が可愛い女の子に振り回されるお話はライトノベルやゲームみたいだなーと思いつつ、こういうの良いなと素直に感じた。多分キャストが好みだったのだと思う。
期待せず何の気なしに観たからかもしれないけど、想像よりずっと楽しめた。