君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

kyo

kyoの感想・評価

4.4
女の人がよく、恋愛ものを見てキュンキュンするって言うのをふーんって思って聞いてたけど、これ男の人がキュンキュンするやつだ。
このさくらという登場人物は、なんか心をワクワクさせてくれる。この物語の言葉一つ一つがキラキラ煌めいてて心にグッとくる。あー後味も良い映画だった!
勝手に涙が…と思ったら花粉症やった。死に方予想外。北村匠海くんの雰囲気が、陽だまりの彼女のときとそっくり。
YUKIKO

YUKIKOの感想・評価

3.3
普通に泣いたけど、最初から桜良のファンタジー喋りが気になりすぎて辛かった。多分想像上のマドンナってあんな感じなんだろうけど、実際あの子が教室にいたらって考えたら、、な感じ。ソロモン先週見たばっかりだから子役の演技力ってやっぱ大事だなあとひしひし
Hikari

Hikariの感想・評価

3.9
原作がとても好きで観に行ったが、すごく良かった!主役の女性の声も凄く綺麗で引き込まれます。
HARUSUI

HARUSUIの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

女の子死んでしまうやつですね。
クラスの人気者とクラスの地味な子の恋(多分)ありますね。
女の子が死んだ後に見つかる手紙ありますね。
基本通り、そのままストーリー突き進むのですが、映画のタイトル。これは…これは、賛否分かれると思います。このセリフ、原作で重要な台詞なので、そのままタイトルにした感じですかね?
確かに意味重要だからタイトルにって、わかるけど〜気持ち悪いじゃない。
あとは、女の子がつけている日記のタイトル。文庫はいいけど、その共病って…残念です。
人気女子が日記を落として地味男子が拾うって有りがちだけど、あれは落としたというより上から落ちてきたよね?
原作ありの邦画らしく、まーツッコミ所満載です。
ただ、自分はラスト大泣きしました。
女の子、浜辺さんの演じ方がいじらしいというか。小栗さんの朴訥とした演技。もう泣けます。観終わって、はーなんか爽やかな気分になりました。

邦画でいい映画久しぶりに見た!
めちゃくちゃ泣ける

2.3日ブルーな気持ちになった(笑)

このレビューはネタバレを含みます

浜辺美波さんの演技力が素晴らしいと思います 観る前は病気がテーマで重い内容になっているかと思いましたが彼女の笑顔は病気を忘れさせるようで純粋な恋愛映画として進行していきました 彼女の死は衝撃的な終わりでしたが 仲良し君が大人になっても彼女を心の中で想い続けていることに とても嬉しくなりました
学園物はあまり観ないのですがこの作品はとてもよかったです。

膵臓の病気で死期が近い女の子と周りとあまり関わらない同じクラスメイトの少年の交流を描いた作品。

柔らかく、切なく、そしてゆっくり流れる回想シーンはとても暖かく丁寧につくられていると思いました。

「君の膵臓をたべたい」。タイトルの意味がラストでわかります。

久しぶりに泣けた作品に会いました。
SOH

SOHの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

この作品が描きたかったのって、女の子が亡くなってしまうという事実ではなく、通り魔にあってしまうという結末でもなく、命の大切さでもなく、「特別な関係にはしたくないほどに大切」な人がいたという現実と、流れゆく日常に甘えていたという現実だと思う。

それゆえのあの泣かせっぷり。

公開前までは「好きな人が死ぬ」っていうよくある話かと思ってたのに、すごい裏切りだった。メインキャストの2人もバッチリハマってて完璧だったね。

約1年前だけど。
なんなんでしょうね。悲しいを通りこおして憎い。
切ないの一言です。
それにしても主演2人の演技は爽やかでしたね。よかったです。
加えて北川さんも小栗さんもいい味出してました。
しかし、好きでもない人とくっつけられても・・・困っちゃいますね。
しかもベッドシーンまであるとは・・・。
まあ何事も生きてるうちにやるべきだということなんでしょう。
この作品の素晴らしいところは病気になった人ほど明日はどうなるかわからないということを訴えてるような気がします。
明日はないと思って生きるべきなんでしょうね。
大切なものは失って初めてわかるとも言いますね。
三度目の殺人のレビューのときも書きましたが生きるべき人間が死に死ぬべき人間が生き続けるそういうのが世の中なんでしょうかね。
非常に虚しいです。
しかしこれはガキドラの金字塔です。