君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

あかり

あかりの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

浜辺美波ちゃんが可愛い。
本当に…こんな女の子が周りにいたら毎日癒されて幸せ…。

余命は約束された残りの日数ではない。人はいつどのタイミングで命を落とすかわからないのだ。
偏見で観ないのは勿体無い作品。感動モノとして泣かせようとしてる感がある宣伝が勿体無い。泣くために観るのではなく、ただ少女と少年とその周りの人の物語として観てほしい。ただよかった。あと、ヒロインの女の子がひたすらにかわいい。
HONEY

HONEYの感想・評価

5.0
大好きな作品がまた一つ増えた。最高でした。全てが愛おしい。言葉一つさえも。主人公の桜良と春樹が。二人を演じた浜辺美波ちゃんと北村匠海くんが。ストーリーは言わずもがな素晴らしいし、演技もお見事だった。自然と泣けた。浜辺美波ちゃんの声が好き、口調が好き、顔が好き。大好きになった。この映画の中の桜良は可愛すぎる!また心が洗われた。人間にとってとても良い刺激を受けた気がする。見て良かったと思える作品。
Makana

Makanaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

夏休み一緒にみに行けたー

泣いてるのばれないよーにしくしくないた笑
ほ

ほの感想・評価

3.0
君が今までしてきた選択と、私が今までしてきた選択が、私たちを会わせたの。
私たちは自分の意志で出会ったんだよ。

泣いたー。
オススメされてみた
桜の天真爛漫さにドキドキした
玄関でずぶ濡れになった春樹にさくらが言った言葉が良かった
まる

まるの感想・評価

3.5
原作を読んでから本作を観ました。

泣けない人間なので、ラストあたりぐっとくるものがありましたが涙はてませんでした。

原作に忠実につくられており、良かったとおもいます。
ナカヲ

ナカヲの感想・評価

3.0
原作の大ファン
キャストは割と良かったと思う
浜辺美波いい女優さんだと思った
矢本悠馬もナイス👍
ちょっと後半の畳み掛け方が弱いかな〜

また読みたくなった笑
sacc

saccの感想・評価

3.2
原作では泣いたけど、映画じゃ泣けなかった。

それより浜辺美波が死ぬほど可愛いからストーリーはどうでもよくなった
ななな

なななの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原作を読んでいて、文字ならではの表現だなと思った所が多々あった作品だったので、映画に一抹の不安を抱いていましたが、予想に反してめちゃくちゃよかったです。原作のイメージを保ちつつ、映像ならではの表現を駆使していていい実写化だなと感じました。

原作でも大泣きでしたが、映画も相当大泣きで、ラストの「君は嫌がるかもしれないけれど、やっぱりあたしは君の膵臓をたべたい」で鳥肌が立ちました。

今を大切に生きようと思える作品です。