君の膵臓をたべたいの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

君の膵臓をたべたい2017年製作の映画)

上映日:2017年07月28日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に…

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

「君の膵臓をたべたい」に投稿された感想・評価

hamadon

hamadonの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

国際線の飛行機の中で視聴。
ありきたりな病で命を落として系の、感動映画かと思いきやラストは良くも悪くも予想外の結末。
インパクト残したいだろう題名にもなっているテーマが狙い過ぎていて少し無理があったような。
程よく感動。ヒロインはかわいすぎていて天使でした。
飛行機の中で鑑賞。主人公の女の子がひたすら可愛かった。男の子に関しては、あんなイケメンがクラスの地味キャラなわけない!って思ってしまいました。
さや

さやの感想・評価

2.8
2017/8
個人的に好きではない
ヒロインがどうしても苦手
青春って素晴らしい✨
ヒロインの演技にただただ脱帽です💡
ふみか

ふみかの感想・評価

2.0
韓国の映画館で鑑賞。
久々に日本の街並み、景色を見ることができて良かったです。
韓国でもキミスイはすごい人気のようです。
2人の演技と原作には敵わなかったのであまり高得点ではありません。
オチは分かっていたのであまり感動しませんでしたが、桜良が家を出発する時の母との「行って来ます。行ってらっしゃい。」の最後の会話がとても辛かった。
なつ

なつの感想・評価

3.0
ありがちな感動作といった感じで拒否反応もなく飛び抜けてここが良いという点もない万人受けしやすい作品かと思います。
もえ

もえの感想・評価

5.0
これは感動
原作を読んでいたので、分かっていたけど、それでもかなり泣ける
原作を読んでいる人にとっては、「え、そんな重要なところ変えるの?」というとこもあったと思うけど、それでもなお、それも含めて良い映画になっている
ほんとに思い込みというか、人間いつ死ぬか分からない、ということを痛感する
日々大事に生きなきゃって思う
最後はみんなこの映画のタイトルに涙すると思います
サンジ

サンジの感想・評価

4.5
最初は高校生の甘い恋愛物かな?と思って見ていたが、少年がクラスのマドンナと接するなかで芽生えていく感情。
人が人を思いやる気持ちの素晴らしさが表現されていて映画の途中からジワジワと、ラストに向かう流れで思いきり泣いてしまった!
いつか小説も読んでみたい。
平凡な作品。観客を舐めてるとしか言いようがない。本気で戦う気なら、出直してこい!
特に脚本。おっさんから見ても、こんな都合の良い女子高生いないわ。リアリティゼロ。
誰にも感情移入出来ない時点でアウト。
脚本と演出に恵まれなかっただけで、俳優陣の気合は十分感じられたので、この得点。
関係者は腐らずに精進してもらいたい。
sana

sanaの感想・評価

4.5
原作未読。
北村匠海くんの演技にやられて、たくさん泣きました。想像通りのラストでも悲しかった。
撮り方(角度や目線の高さなど)もすきでした。
ただ、最後の大人になった場面はない方がまとまったかなと。