ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 77ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

ひさびさにすごく怖くて、面白かった。
でもひっかかるとこがいくつかーーー
なぜ、身体修復されるのに、最初の解剖の時臓器傷ついたままだったんだろう?

2回目…2回目でも怖いー
カルト密室スリルホラー

リアリティラインがスリラーからすぐにカルトに映る感じがスマート。造形もあくまで死体までに徹して超常的なものではないのがいい。下手な悪魔とか幽霊とかはでずに、死体だけでいかに怖くできるかと追求できていて非常に好感がもてる。
もう少し話の緩急と人物の感情を掘り下げられたらまごうことなき名作。
あるこ

あるこの感想・評価

2.8
死体は綺麗なよりも気持ち悪い得体の知れないものの方が良かったんじゃないかと思うけどそれはそれで流れが読めてしまうからダメなのかなあ…
夜

夜の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初はミステリーかと思いきや、神秘的な綺麗さをもつ女性の死体がある殺人現場から見つかる

それの解剖に携わった親子(父、息子)が、その女性を解剖していく中で女性について知っていく

その中でホラー的要素がバンバン出てきて、効果音とか上手いなと思いました。

女性の正体は、魔女とされ拷問を受けて自分自身を悪魔にしてしまった可哀想な人だった。

そして、その復讐となる者は、彼女を解剖したもの、彼女と共にいる者に起こる悲劇だった。

この親子も巻き込まれただけだったのだ。

18禁レベルの解剖のグロさと女性の裸を見せるエロさがあるので、子どもには良くないかと
mimi

mimiの感想・評価

3.8
『人体パンドラの箱』

ある日、バージニア州のとある一家で殺人事件が起こった。死亡した3人の遺体の死因ははっきりしているがどうも可笑しい。とりわけ可笑しいのは地下室で見つかった美しき身元不明死体« ジェーン・ドウ»。彼女の死因を突き止めるべく、警察の死体解剖を請け負っている検視官のトミーとその息子オースティンが解剖を開始する。

彼女の遺体は、まるで生きているかのように美しいのに、解剖を進める度に常識ではありえない不可解な謎が増えてゆく。逃げ場のない夜の遺体安置所でトミー親子は« ジェーン・ドウ»の死因を突き止め、朝日を拝むことができるのか。。。

グロテスクさも踏まえて、丁寧に美しく解剖をする映画は今までで観たことがない。結局何だったのか。どうすればよかったのか。しっとりと冷たくまるで死体の肌のような感触がする映画だった。
りぃ

りぃの感想・評価

3.7
ヲチがファンタジーすぎたけど、解剖シーンがとてもよく出来てて怖い!ワクワク!怖い!!
t

tの感想・評価

3.6
冒頭からカットのシャープさやカメラを下手に動かさない姿勢で好感。死体そのものは動かず、常にそこにあって、解剖によって核心に迫っていく構成も良い。鈴の音の接近も。
説明的になるにつれ尻すぼみ感が増す。父と息子2人だけで理性的に解決していくのだが、もう少し破綻が欲しいところではある。恋人はだいぶ気の毒
紫屋

紫屋の感想・評価

3.8
陰気なおっぱい映画

一緒に借りたアイム・ノット・シリアルキラーも検死官家族の話でしたけど、あっちのギスギスした感じと違って今作の親子は和気藹々としてて良いですね
遺体の身に起こった不可解な出来事をひとつひとつ解いていくにつれ恐さが増していく。終盤のバタバタがいかにもホラーって感じでちょっと残念な気もするけどかなりビビりながら観れました。
ある女性の検死解剖を通して起こる恐怖を描くホラー。

一体何者か
なぜ死んだのか
解剖が進む度、より不可解さが増すその存在
同時に巻き起こるハプニング

中々、テンポが良くて良かったです!
一番の見どころは、序盤のミステリアスな解剖!引き込まれます!
ホラーシーンはド定番って感じなので、怖さはあんまりです。
唯、オチは含みがあって自分としては好きでした!