モリのいる場所の作品情報・感想・評価・動画配信

モリのいる場所2018年製作の映画)

上映日:2018年05月19日

製作国:

上映時間:99分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「モリのいる場所」に投稿された感想・評価

希林さんのいた場所

希林さんの演技が観られる。それ以外は特に得る物のないゆるい映画です。
沖田さんは3本に1本くらい大当たり狙って後はかなり力抜いてるような。それが確信犯ならかなりの強者ですな。
亡くなるまでのおよそ30年にわたり、庭の動植物を観察して描き続けた洋画家・熊谷守一をモデルに、晩年のある夏の1日を描いたドラマ。


面白かった!!
なんでもっと早く観なかったんだろう(笑)
大きなことは起こらないんだけれど、それがいい。
マイペースな守一、ちょっとガンコな妻、ひっきりなしに訪れる客人たち…
どのキャラもみんな素敵。というか、面白い(笑)
山崎努と樹木希林さんの掛け合いは本当の夫婦みたいでとってもほっこりしました。

沖田修一監督の作品が苦手じゃなければ、オススメ!
mika

mikaの感想・評価

3.0
ほのぼのとしたシーンの中にきりんさんが醸し出す笑い?
夫婦って、こんななんかなぁ・・・と、しみじみしますね。
MYKKN

MYKKNの感想・評価

3.8
ものすごいドラマがある訳ではない。
だからこそ自宅の庭の冒険はおもしろいんだろうな。
sheevsan

sheevsanの感想・評価

3.5
実在の画家、熊谷守一の日常を描いた物語。
冒頭は自然ドキュメンタリー映画かと思うような映像ではじまり、仙人が住む森の中かと思ったら、少し歩くと実は町の中にある小さな庭だった事にびっくり。
ゆったりほっこりとした世界観と山崎努にとても癒される。
箱庭のような俯瞰映像でお庭の全貌が映し出されるラストシーンがまた味わい深い。

「下手でいい。上手は先が見えちまいますから。下手も絵のうちです。」
すごい良かった、当たり前に良かった

フィクションであることを念頭に「僕は生きるのが好きだ。」と真っ直ぐ言う人を初めて見たかもしれない、泣きそうになる

あと人生で初めて「一本締め」がしっくりきたなあ、あのシーンは良いよね
風月

風月の感想・評価

-
たぶん全邦画で一番好きかもしれない
何も起こさない映画だったように思う
一番好きな小説が夕べの雲というものなんだが、それと雰囲気が似ている気がした。

余談だがおれが夕べの雲を読む時主役は小林桂樹を想像している。
ウニbonz

ウニbonzの感想・評価

3.5
思いやりと静けさの森
愛情と失念の森
いつか過ごした日を思い起こさせる
下手が良い下手で良い
まだまだ成長出来うる事を思わせる

ウニのポエム

(反省/カレーうどんの香りが出せた方が良かったかな→あの恐ろしくゆったり過ごす時間を表現したかった→おなかへった→変なとこもあったけど全部許せる静かな時間が過ぎて行く)

このレビューはネタバレを含みます

老夫婦の奇妙な1日を描いた作品。自らの作った庭からほとんど出ぬまま30年、そこに生える草花や、住む虫たちを観察することを生きがいとする男。彼の家には、何故かひっきりなしに人がやって来る。自らの好きな物を愛し、自由に生きる彼に、人々は惹かれ愛するようになる。どこか日常的で、かと思えば 非日常的、クスッと笑えるホノボノ系映画。

家の 玄関から庭を映す場面がかなり出てくるが、どれも 奥行きがかなりあるように感じられ、とても広い、森のような庭なのだなと感じる映し方をしていた。そして、モリ自身も この庭は自分には広すぎると語っており、更には 池まで遠すぎてたどり着けなかったとも語っていたので、かなりの広さがあるものだと錯覚していた。が、物語のラストで、上空から家が映されており、庭の全貌が初めて見ることができ、その小ささに驚いた。庭の広さは 家3個分程しかなく、玄関から池までに至っては 家1個分程の距離しか無いからだ。モリのセリフとカメラの映し方で 広いと錯覚していたのだ。これは、観客に モリの目線で 庭を見せようという制作側の意図だろう。また、これによって、この程度の広さでも 広すぎると感じるほど この庭に満足していること、いかに観察に時間を割いているのか ということが分かる。毎日 見ているその庭では、彼は 些細な変化も見逃さない。新しく生えていた小さな植物や、いつの間にかあった石ころでさえ 最近までなかっただろうと気づく。どれほど庭を愛しているのかも よく分かる。

モリと透子との関係も素晴らしい。2人の演技力が素晴らしく、愛情をさらに超えた 2人独自の夫婦間を完璧に表していた。互いに干渉はせず、それぞれの時間も大切にする一方、互いの言いたいことも素直に言い合い、上辺だけでなく心から向き合っていることが分かる。2人の会話を聞いていると、若いカップルのイチャイチャを乗り越え、夫婦の安定期も乗り越え、もう一度巡ってきたイチャイチャ期のようだ。写真を見て「鬼ババだ」と馬鹿にするモリに対抗して、「あなた仙人だったんですかー?」と言い返す2人のやり取りなど 観ている こっちまで幸せな気持ちになった。
また、互いに相手には言わないまでも、互いの事を本当に心から愛しているのだと伝わる場面が それぞれに設けられている所も素敵だ。物語のラスト、「オレはもう一度 人生をやり直したい。」と語るモリに、「私は 疲れるからもういいですよ。」と透子が返す場面。モリからは、自分に振り回されるせいで透子が大変な思いをしていると知っているので、もう一度やり直せたら もう少し 透子の意見も尊重してやりたかった。という思いが伝わってくる。一方、透子からは 今の、モリに振り回される生活にとても満足しているので わざわざやり直す必要なんかないわ。という思いが読み取れる。互いの性格もよく分かる上に、互いを心から愛している事が分かる最高の場面だと思う。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.6
「モリの居る場所」
日本を代表する画家の熊谷守一。彼は自宅の庭から外へ出ることもなく、30年以上草木とそこに生きる生き物たちを観察していた。そんな彼と、彼と共に生きた妻と、周りの人たちの話。

まず主演お二人が大好きなので、もうそれだけで見てよかった映画でした。山崎努さんと樹木希林さん。お二人の間に流れる空気とか、最早本当に夫婦なのではと言いたくなるくらいの距離感。お二人の演技が凄すぎて、ドキュメンタリーのようでもありました。

彼のような画家が居たことや、彼の作品も、この映画を見てから知ったのですが、彼の作品は、彼にしか描けないだろうなと思いました。ゴッホみたいにパッと目を引く作品な訳でもないし、モネのように鮮やかな色使いなわけでもない。

一見、本当に子供が描いたような絵にしか見えないのだけど、彼の絵は切り絵のようでもあり、ステンドグラスのようでもあって、「絵は上手ければ上手いほどいい」という固定概念を覆してくれるような作品でした。

というか、ご本人と山崎努さんが本当に瓜二つすぎて驚きましたー。もう本人じゃないかあれは。本当に、あんな風に日々を生きていた人がいたのだなぁと、不思議な気持ちになります。

ちょこちょこ笑っちゃうシーン多くて私は好きでした。特に好きなのは、写真を見せ合うところと、カレーうどん食べてるところ。あと樹木希林さんが、お手伝いの方?がプールから帰ってきた時に、「痩せた?」って聞くのが好きです。

とにかく主演がこのお二人じゃなきゃ成り立たなかった映画だろうと思います。樹木希林さんはやっぱり凄い人でした。
>|

あなたにおすすめの記事