モリのいる場所の作品情報・感想・評価

モリのいる場所2018年製作の映画)

上映日:2018年05月19日

製作国:

上映時間:99分

3.8

あらすじ

自宅の庭には草木が生い茂り、たくさんの虫や猫など、守一の描く絵のモデルとなる生き物たちが住み着いている。守一は30年以上、じっとその庭の生命たちを眺めるのを日課にしていた。普段、守一は妻の秀子と二人の生活をしているが、毎日のように来客が訪れる。守一を撮ることに情熱を燃やす若い写真家の藤田くん、看板を書いてもらいたい温泉旅館の主人、隣人の佐伯さん夫婦、郵便屋さんや画商や近所の人々、そして、得体の知…

自宅の庭には草木が生い茂り、たくさんの虫や猫など、守一の描く絵のモデルとなる生き物たちが住み着いている。守一は30年以上、じっとその庭の生命たちを眺めるのを日課にしていた。普段、守一は妻の秀子と二人の生活をしているが、毎日のように来客が訪れる。守一を撮ることに情熱を燃やす若い写真家の藤田くん、看板を書いてもらいたい温泉旅館の主人、隣人の佐伯さん夫婦、郵便屋さんや画商や近所の人々、そして、得体の知れない男・・・。今日もまた、モリとモリを愛する人々の、可笑しくて温かな1日が始まる。

「モリのいる場所」に投稿された感想・評価

ミーー

ミーーの感想・評価

5.0
以前から熊谷守一の絵は好きなので、映像化には期待と不安が半々くらいだったけれど、映画もとてもよかった。
主演ふたりの演技が(お二方とも大御所だから当然だとはいえ)本当にすばらしい。これみよがしな夫婦愛ではなく、ふたりでいることがただ自然な様子で、ちょっとしたやりとりにも歳月の積み重ねが感じられた。
画家の日常生活を追うことで、その風変わりな人となりや、世界へのひたむきな視線が浮かび上がってくる。一方で、制作風景は一切出てこない。芸術と向きあう時間は芸術家だけのものであって、カメラもそこまでは立ち入れないということなのだろう。
ピエロ

ピエロの感想・評価

4.3
すごく癒される映画

BGM鑑賞っていまいち理解できてなかったけどこういう作品のことをいうのかな?なんて考えたりして

熊谷守一という画家のちょっと変わった生活をずっと眺めるような感じ
特にモリ(山崎努)と奥さん(樹木希林)の演技は自然で会話もちょっとした仕草も何もかもがこの家と一体化していてさすがの一言

眠たくなる。だけどつまらないとかじゃなく心地よさで眠気がくる

なんといっても加瀬さん!!!!!
あんなにカメラが似合う男はいない
あんなに茶色のポロシャツが似合う男はいない
普通が似合う男性って最高や
「天狗か仙人じゃなきゃ何だ」って声、耳が惚れる///

あまり知らないけど会話でドリフ?が出てきてそのネタがタライ落としっていうのは知ってたけれども…ここできたかっ!

モリはいつまでも庭の守り神だな、きっと
mako

makoの感想・評価

4.0
《2018#154》

沖田修一監督のティーチイン付で鑑賞しました。
沖田監督は大好きな監督の一人なので直にお話が聞けて嬉しかったです。

熊谷守一の事はこの映画を観るまで知らなかったです。
こんな画家がいたんですね。
晩年の30年間、正門から外へは出たことがないそうです。でも一度だけ垣根づたいに勝手口まで散歩したそうです。

映画は昭和49年のある1日を描いた映画です。
実在の人物で画家の映画ということでお堅い映画かなと思いきや、そこは沖田監督なのでクスッと笑え、ちょっとファンタジーな場面もありで面白かったです。

庭には草や木が繁り、そこには猫や蝶や蛙、蜥蜴(かな?イモリかな?)、蟻、池にはメダカ等いて、それを守一は飽きることなく眺めるのを日課にしていました。
この庭が実によくできていました。

守一は人(外部)と接するのが苦手なようで、奥様の秀子さんが間に立って守一をサポートしていました。
文化勲章を授けるという電話に、守一は「いや、いい。そんなものもらったら、人がいっぱい来ちゃうよ。袴履きたくないし。」と言い、秀子も「ああ、いらないそうです」と受話器を置くシーンが物語るように欲も名誉にも興味がない人物だと分かります。なので、世間からは仙人のようだと言われていたそうですが、本人はそれを嫌っていたとか。

熊谷守一を演じた山崎努が何とも言えない不思議な魅力でした。
奥様の秀子を演じた樹木希林は安定感があり、守一を大きく包み時に守り、尊敬する様を上手く演じていました。

劇中の音楽が西部劇のような曲が流れたりしてそれも面白かったです。

家に訪れる人達も個性豊かでそれぞれハマってました。

印象に残った言葉がありました。
近隣に建設中のマンションのオーナー(吹越満)と現場監督の岩谷(青木崇高)が来た時に、岩谷が偶然守一とトイレの前で出会うシーンがあり、その時に守一が言った言葉です。
岩谷の子供の絵を見せてもらい感想を聞かれた守一は「下手だ。 下手でいい。上手は先が見える。下手も絵のうちです」
普通ならお世辞を言うと思うけどそんなことはなく、でもちゃんと絵を認めてあげている温かさを感じました。

この映画を観て熊谷守一の絵を観たくなりました。
素朴で単純化された画風を観た昭和天皇が冒頭で仰る「これは、…何歳の子供の描いた絵ですか?」にはウケました。
昭和天皇役が林与一だとは気づかず後で知り驚きました。

ほんわかした気持ちになれる映画でした。

パンフレットに監督のサインを頂けるということでパンフレットを買いました。
このパンフレットの内容も良かったです。


✤上映後、沖田監督のティーチインがあったのでその時のお話を書きます。コメント欄にネタバレ表示で書きますので興味がある方は見てみてね😊✤


劇場鑑賞#75/2018
ibuko

ibukoの感想・評価

3.7
ほんわか ゆるーい映画(^^)
モリさん、仙人だわ~。飄々とした奥さんもとても良い。老後は こんな生活 良いかも。
山崎努と樹木希林の重厚感、ハンパない。
けど、優しい気持ちで見られる映画。
とっても良かった。
乃子

乃子の感想・評価

4.5
山崎努が自宅の庭で1日過ごすだけの映画…のはずなのに、世界観から登場人物から間から長回しから、なんか物凄く癖になる作品。
個人的には大好物。
途中いらん演出が唐突に出てくる等残念なところもあったけど、それを差し引いても傑作の部類だと思います。
最後のワンカットとエンドロール(映画館ならではの音響設備で聞くべし!)を見ながら「面白かったな〜」と自然に思える映画。
めちゃくちゃ癒されました。
疲れた時に見たいので、円盤出たら買います。
mura

muraの感想・評価

4.0
庭が宇宙につながる。いや、庭こそが宇宙ということか。

草や木に囲まれ、鳥や虫が生きる庭。画家・モリ(熊谷守一)は庭を徘徊し、細部まで観察することを日課とする。そうして30年間、家と庭から出ていないという。仙人、天狗、超俗の人などとよばれるが、なぜだか家には人が集まる。そして食べる。ところが隣にマンションが建ち、庭に陽が当たらなくなるらしく…

まるで生物系ドキュメンタリー映画のよう。また途中でカメラマンも登場するように、ポートレイト写真集のようでもあって。

この風変わりな家とモリに当初は戸惑いを見せていた人たちがしだいに気持ちを寄せていく。ここがいい。ホッとする。なかでもマンション建設工事の現場監督とかわす一本締め。心に残るシーン。

狭いと思うところに、小さいと思うものに、無限の可能性が広がる。問題はそれに気づくかどうか、気づこうとするかどうか。まるで禅問答のようで。

三上博史が最高。
STAR坊主

STAR坊主の感想・評価

3.9
長年一緒に夫婦
言葉少なくとも愛しくも色んな人生だったんだろう。
草木が生い茂る家の庭に30年も自分の居場所を狭い世界の中で目をこらせば、そこには頑張って生きる昆虫や鳥に爬虫類に魚にそこは不思議な世界。
宇宙‥‥‥‥笑
まで

年老いたらこんなゆっくり流れる時間の居場所を見つけられたら良いなと思った。
まずはそれを理解する良き妻を探したい。笑

名優の演技力が素晴らしい。
SU

SUの感想・評価

3.0
映画序盤からこれは苦手なスローな語り口の映画かあ、2時間この調子だとちょっとつらいなあと思ったら、そのままゆったりと進んでいった。
沖田監督は過去にキツツキと雨や横道世之介など、その年の個人的ベスト級の良作を撮っている好きな監督の一人であったが、近年はあまりハマれず、同じく苦手であった滝を見にいくと同じような地味な印象。
見た後に知ったが実在の人物が主人公だったようだか、途中ドリフやファンタジーの要素を盛り込んだ意図がよくわからず、なんなら作品のテイスト的にあっていなさそうな気がした。
n

nの感想・評価

3.9
かまきり、とかげ、めだか、蟻、石ころ…熊谷守一の絵の世界に入り込んだようで、ひとつひとつ眺めているだけで楽しい。お庭が主役の映画。欲を言えば、猫がもっと出てきたら嬉しかったな。

浮世離れしているけど偏屈ではない、風格と愛嬌が同居する山崎努によるモリさんのポートレートも素晴らしく、全体的に丁寧な映画で良かったんだけど、三上博史のあれは完全に余計だった…。「天狗か仙人か」という雰囲気はファンタジー要素がなくたって十分表現できていたと思うので惜しい。
>|