生きてるものはいないのかの作品情報・感想・評価

「生きてるものはいないのか」に投稿された感想・評価

papikO

papikOの感想・評価

-
要所要所で大笑いしてしまった。
ラストシーンの目が本当に美しかった!
a

aの感想・評価

-
渋川清彦
手の使い方。

一瞬の出来事

人間がいなければ美しい世界

誰もが、最後になりたくない 日本人的思考。
ホラーコメディの形はとっているが意外な重要作だった。
2011年製作というが、3.11以前だったら凄い。
いずれにせよ3.11以降、死の概念が変わってしまった
現在を表現して、黒沢清「回路」のような感触を持った傑作。
いきているひとなんていないのかもしれないという気持ちにさせてくれた作品なんて素敵な景色なんだラストのあんな空をぼくは見たことがない
Guy

Guyの感想・評価

2.3
全然思ってた映画と違った。
前編シュールな人間模様を映したコメディ調。
上映前に岩井岳龍さんが挨拶に来てて解説やら経歴を説明してくれてたんだけど、自主制作感が否めなかったかな。
好みの問題だと思うけど、
音楽の多用と不倫した男の子の演技にあざとい人間模様に正直笑えなかった…
この手の作品ならもっと自然体の形でやってほしかったなぁ
でも音楽はtoddleなんですね。
記録

記録の感想・評価

-
ほんとに演劇が映画になってる
見たあと普通の会話が不自然になる
haruka

harukaの感想・評価

3.5
吉祥寺バウスシアターにて
高校生の時、初めて観た商業用?ではない映画で、それ以来ミニシアターに通い続けているから、私にとっては思い入れの強い映画。
脚本が五反田団の前田司郎なのも、個人的にはポイントが高かった。
人がバタバタ死んでいくくらいにしかストーリーを覚えてないんだけど、
あまりにも普通な人たちが不条理に死んでいくから、帰り道に今私は生きているんだろうか?生きているってなんだっけ?みたいなことをダラダラと考え続けてた気がする…
よく分からないけど、なんか思考が止まらない映画が好きなので、私は好き。
yukko

yukkoの感想・評価

2.7
染やんの出演作品を片っ端から観まくっててたどり着いた作品。
だがしかしハマらず。
染やんは映画のチョイスがどーなん?センスがわからん。
kura

kuraの感想・評価

2.0
タイトルに惹かれたのと染谷君を目当てに観賞

ん?なんなんだこれは…
D

Dの感想・評価

3.6
死に際のカッコつかない感じとか出てくる人たちの生っぽい芝居にとてもリアリティを感じて、面白おかしくてどこか愛しくなってくる映画でした
>|