ゲット・アウトの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

さー

さーの感想・評価

3.7
真相を知ってなお、この体にまとわりつくような気味の悪さから逃れられない。奇抜な設定ではあるけれど、「絶対ありえへん!」と断言できない妙なリアリティがまたなんとも後味を悪くしている。

「ヴィジット」や「ドントブリーズ」など、人が怖い系サスペンスホラーに分類できそうだけど、今作の気持ち悪さはピカイチ。ドントブリーズの盲目ジジイもかなりえげつなかったけど、今作も十分戦えそうなアウトぶり。家政婦のNoNoNoのシーンだけで普通にちびりそうだったよ。

伏線の多さもピカイチ。見終わってから解説見たら半端ない量の伏線あって、ほとんど回収できてないのに、なんでこんなに楽しめたのか謎だ…
情報によると北米の大手批評家レビューサイトのRotten Tomatoesでなんと99%の批評家から支持を得ているらしいがその通りの傑作だった!
映画を見てて最初から最後までひたすら衝撃的だった。見終わって振り返ると序盤からの伏線の多さにまた驚く。
アメリカの歴史や社会が作品に反映されていて、すごい皮肉でよかった。
ゲットアウト見た人と語り合いたいそんな作品。
ITは見ていないが確実にゲットアウトの方が怖いと思う。。。
でも鑑賞前に注意しときたいのが
彼女の実家に挨拶に行くのが怖くなる。
hana

hanaの感想・評価

-
ゴールデングローブ賞でコメディ部門にノミネートされることになり、それに対して監督が“Get Out is a documentary.”とコメント
どんな価値観の違いだよと思っていたけど観たら納得
何映画なんだろ?
サスペンスホラーとしてはかなりいい出来。だれることもなくスピード感も良いが早い段階で黒幕が分かってしまうのが傷物。面白い映画。
Kasha78

Kasha78の感想・評価

3.7
英語じゃなきゃ理解できない伏線がすごく多い。これは仕方ないか、、
噂通りに良く出来た映画。
ジャンルを勘違いして見たから、なおさら驚いた。
needmakeme

needmakemeの感想・評価

3.9

伏線っぽいのは幾つかあって、途中でピンとは来たしこれといって斬新って訳でもないけどすごく惹かれたのは雰囲気かなあ。「気持ち悪さ」が止まらない。人間らしさが感じられない。未知の異常の中に蝕まれる主人公の視点のため観ているこちら側まで不安に駆られる。

ラストの畳み掛けで個人的にはカメラワークと音楽が好きだった。お父さんの鹿嫌いという伏線の拾い方もツボ。個人的には一番そこがコメディ。

ホステルが好きな人は好きかと、
チヒ

チヒの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

開始からクライマックス前までずっと不快感が続く映画だった。
その不快さが上手いなーって。
新しい形で人種差別を描いてる様に感じる。暴力や排除の様な分かりやすい否定では無くて、肯定の差別。
登場する白人達は確かに黒人の能力を羨んでいたんどと思う。(でなきゃ敢えて黒人を選ぶ必要がないから)
けどそのあからさまな言動も違和感があって、主人公と一緒に観客も不安になっていく。
特別意識して肯定する事も差別だし、皮肉的に差別を表現した形なのかもしれないけど、とても良かったと思う。

様子がおかしい黒人がみんな頭部を隠してたり、ダーマーの話題を出すあたりで「ロボトミーかな」と予想してたけど、まさか意識を移植してるとは笑
想像を超えたとんでも展開だったけど、本体の意識だけ残ってるっていう残酷さがホラー度を上げてくれているので良い!

後から思えばあの行動はそういう事か!ってのが沢山あってもう一度見たくなるし、
ラストもバッドエンドかなーと、思ってたらスッキリ爽快なハッピー?エンドだし!
面白かったなー。
持つべきものは良い友人!
サスペンス、ミステリー系を観たくなったついでに鑑賞
色々突っ込みたくなったけど満足
westtribe

westtribeの感想・評価

3.3
サスペンス?ホラー?思ったよりテンポが緩やかで眠くなってしまったけど、最後は怒濤だった。
主人公があんぐり口を開けて涙を流すシーン、あのワンシーンでカルト作の匂いがプンプンしましたが、蓋を開けたら非常に正統派なホラーで見応え十分。観ていて嬉しくなってしまった。
伏線の置き方、映像・音楽の使い方、全ての映画内の出来事が観客を意識した作り方をしていてすごく真摯だな〜と感心。
終盤にかけてサスペンス要素が盛り上がってきますが、中盤の家族の全容が明るみになってくる辺りが憶測で物語を読むしかなく、面白い。ホラー映画というのはこういう人間の潜在意識を描いたものが一番怖いのであります。